大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

過去の記事

最新情報

Jul27

旅先が決まらない(泣)

 甲子園も遠いけど海外も遠い。9月半ばから約1か月に及ぶリフレッシュ休暇。コロナ&サル痘で高飛び先が決まらない。
かんこわいきき.jpg 第1候補はハワイ。感染リスクを思えば、現地に友人がいて、そこそこ清潔で、すでに土地勘もあることがポイント。
かんこはわい.jpg 1人でワイキキを歩いて楽しいか?と言われれば疑問だけど、ラジオの仕事と執筆業でよどんだ心身をほぐすには最適な場所。
かんこ肉.jpg ソウルで本場のブルコギもいい。とはいえ、韓国もコロナ感染者が1日で10万人超え。ケンタウロス株も見つかっているのでリスクはある。
かんこすおん.jpg 毎年数回行っていたのにもう3年行っていない。今は査証が必要で、その申請が超混んでいるらしい。それも面倒くさい。
かんこ2.jpg 思い切ってニューヨークという手も。直近の外遊が2年前のニューヨーク。空前のインフレだから、現地での飲食費が高くつくんだろうな。
かんこめがみ.png 女神さまと呼んでいる早川茉希アナはもう帰国してしまって不在たけど、シェリーさんやアメリカの母もいるから考えてみよう。

Jul23

新田6-5今治西

 甲子園は遠いなあ。激闘の愛媛大会準決勝、優勝候補の第4シード新田を一時リードしながら敗退。
kabu4.jpg 地力では新田が数段上だったので、今治西は良くやったというべきか。お疲れさま。
kabu7.jpg チャンスにもう1本が出なかったのは残念だが、新しい今治西の片鱗は見えた戦いぶりだった。
kabu5.jpg 主軸以外は1、2年生主体のチーム。主戦松田くん以外にもう1人、Pが育てば秋以降楽しみ。
kabu.jpg さて、わが家のカブトムシは至って元気。オスばかり数匹死んじゃったけど、ケースの中が適正な数に。
kabu1.jpg きょうは好ゲームに熱中して疲れたから何もしないけど、明日からカブトムシの世話して原稿も書こう。
すしくう.jpg お祝いの寿司とはならなかったけど、4強はよくやった。秋季大会の前祝いだな、こりゃ。

Jul21

大妻女子大学をご案内~

 新型コロナ感染者の増加が止まらない。この分だと大妻女子大学の夏季集中講座が去年に続いて中止に追い込まれてしまう。
tuma3.jpg それでも準備はしなければと、ゲスト講義をお願いしている日銀出身の玉木教授、経企庁出身の二松学舎大学の中垣教授を訪ねた。
tuma2.jpg 大妻はいつものG棟ではなく本部のE棟に初めて入った。千代田キャンパスは本当にきれい。学生たちが自由に過ごせるスペースも多い。
tuma1.jpg 創始者大妻コタカの名前を取ったコタカカフェ。ちょうど授業中だったので閑散としてるけど、雑然としている京大や早稲田とは違うなー。
tuma.jpg 他の棟には屋上に語らいができるミニラウンジなどもあって、中堅私大を目指すなら大妻という選択肢もあるなあといつも思う。
大妻_壁紙04.jpg 学生の成長に寄与できるよう準備をし大学側の判断を待つことにしよう。フィールドワーク付きの最高の授業なので開講できるといいなあ。
tuma5.jpg さてきょうは、まぐまぐニュースで私の記事が配信されたよ。「まぐまぐ清水克彦」で検索していただければ、過去の記事も読めるよ。

Jul18

沖縄学院ではないか!

 職場のデスク席にはパソコンが2台。時事と共同の記事や速報を見るためのものを、1つ、バーチャル高校野球に。いやぁ楽には勝たせてもらえないな。
imabari7.jpg 今治西1-0吉田。吉田はいいチームだった。サヨナラ勝ちで4強。でも今年はここまでかな。
imabari.jpg 準決勝の相手はおそらく第3シードの新田。打力は互角でも投手の枚数で新田が上。
imabari11.jpg 愛媛は私学6校が強い。松山学院などは先発9人のうち7人が沖縄で東京が1人。これで愛媛のチーム?
imabari2.jpg 点が入ると沖縄風の口笛が鳴るベンチ。他県出身者は1校3人とか規制すべき。各県代表の意味がなくなる。
imabari6.jpg そんな中、コロナ第7波は身の回りにも押し寄せてきている。同僚らが次々と感染。
imabari9.jpg この3連休で爆発的に増えるんだろうな。高校野球もコロナ辞退は気の毒。各地区ともに無事に行われることを望む。(写真:YAHOOニュース)

Jul16

カブトムシ(笑笑)

 今年はカブトムシをゲット。クワガタではなくカブトムシ派の私。しかし夜は暴れてうるさそう。
kunigi1.jpg これだけでなく、実はもう1ケース。オスが30匹あまり、メスも10匹ほどいる。
kunigi2.jpg カブトムシがいるクヌギ林は「あ、いるな」という匂いがする。そんな場所も減ったけどね。
kunugi.jpeg ホームセンターで飼育セットを一式購入し、マットやとまり木をセッティング。
kunigi6.jpg 昼間、暑さをしのぐため潜ったり、戦いに敗れたオスが避難できるようにして完成。
kunugi5.jpg カブトムシは転倒して起き上がれないと死んでしまうので、足が引っ掛かるような工夫も。
kunigi3.jpg 何匹かご近所におすそ分け。でもまだ30匹以上。ゼリーを分け合わず戦うか交尾ばかりしておる。

Jul15

まだ夏は終わらない

 高校野球愛媛大会、7年ぶり14度目の夏甲子園を目指す母校・今治西が、第1シード松山商に競り勝った。
matuima.jpg バーチャル高校野球を見ながら、4番篠宮が初回に2ランを叩き込んだときは万歳したね。
matuima1.jpg 松山商も好チームだった。地元の愛媛朝日テレビが作る「夏の輝跡」という動画が泣ける。
matuima5.jpg 大野康哉監督「きょうの負けで君らが失くしたものは何一つない」。負けから得ることの方が多いから。
matuima2.jpg 松山商には、林くんという1年生の好投手がいるから秋が楽しみ。3年生も人生の夏はこれからだ。
matuima3.jpeg 敗退を覚悟していたら準々決勝に進んだ今治西。次戦は吉田。その次は向井くん擁する新田。
matuima4.jpg 甲子園には届かないかもしれないけど1つでも上を目指してほしい。(写真:Yahooニュースほか)

Jul12

安倍晋三さん、安らかに

 安倍元総理の葬儀会場、増上寺に行ってきた。取材と言うより経済政策や安保政策で思いが同じだった安倍さんを送るため。(原発と加計は違うけど)
増上寺正面.jpg 増上寺はものすごい人。箱根駅伝以上に沿道が人で埋まり、出棺の際は「安倍さ~ん」という涙声も。
増上寺境内.jpg 境内に入ると献花台へと続く長い列。午後3時まで献花の予定が1時半に短縮されたほど続々。
増上寺献花台.jpg まだ実感が湧かない。良い部分も悪い部分も取材対象として安倍さんは特別な存在だった。
増上寺メディア.jpg ジャーナリストの多くは安倍さんに否定的。私はトリクルダウンもアクティブディフェンスも評価している。
増上寺西大寺.jpg 奈良の西大寺駅前の現場。
 今後は警備の手薄さや方法の問題が検証されることになる。
 それにしても巨星落つという事実は消えない。
 安倍さんが政策の旗を掲げ、自民党リベラル派との間で調整するという流れが大きく変わる。今後は岸田さんが強い旗を掲げられるのだろうか。
増上寺安倍.jpg 少なくとも外交・安保は、私も伝え手の端くれとして継承していく。ラジオ、出版、ネットを通じ、改憲と防衛費増額は訴えていく。安らかにお眠り下さい。

Jul11

岸田総理の最難関は...区割り

 参議院選挙開票特番が無事終了。私は出社する前に投票。社民党が残って良かったと思うと同時に、有名人なら誰でも通る選挙制度の問題点も感じたな。
さんいんかんばん.jpg 岸田自民は予想通りの勝利。ただ、物価高や防衛費問題以上に、衆議院10増10減と区割りはモメる。
さんいんとうひょう.jpg 全国140か所も選挙区をいじるのだから議員にとっては死活問題。仕切る幹事長が誰かが重要。
さんいんびじねす.jpg きのうは、講談社「現代ビジネス」に安倍さん死去に伴う拙稿が掲載された。依頼を受け真夜中に書いた。
さんいんやふー.jpg ネットにアップされたと同時にYAHOO!画面のトップに来て関心の高さを感じたね。
さんいんすたじお.jpg 特番自体は、できる限り、チーフプロデューサーのお手伝い係。私でなくとも良い特番になった。
さんいんせんなか.jpg 長野智子さんと荻原博子さん、スタジオ出演者は全部女性。まぁこれで選挙特番の制作に回るのは最後かな。
さんいんべんとう.jpg いつものようにお弁当を食べて4時間の生放送を終えたら、何かすっきりした。次に関わるとすれば、現場記者か解説役がいいな。

Jul09

ハンパない喪失感

 安倍元総理の死去で喪失感がハンパない。「森友・加計・桜」で真相に迫れなくなったこともあるが、安全保障の柱を失ったことが大きい。
7903.jpg 3つの問題と原発再稼働には反対だった私だが、外交安保には他を寄せ付けない力があった人。
安倍総理大臣3.png だからこそ第2次安倍内閣が誕生したあと、彼の政治手法について分析する本を書いた。
7098.jpg 今、書いている新書も安倍さんの安保政策に関する記述が多いので、死去を受けて一部差し替え。
7092.jpg そんな中でも明日の参院選開票特番の準備は進めなければならない。気持ちが重い中、投票日を迎える。
7904.jpg 事件を受け各地の遊説は警備が強化されてる。菅前総理の場合は、背後を意識し壁の前に立つ形。
7091.jpg 救いは、集英社オンラインが評判が良いことと、あす朝、講談社「現代ビジネス」に安倍さん死去の拙稿がアップされること。追悼の意も込めたのでご一読を!

Jul08

安倍晋三元総理大臣、死去

 参議院選挙の選挙戦終盤、安倍晋三元総理大臣が暴漢に撃たれ亡くなった。驚いた。こんなこともあるのかと思った衝撃を受けた。
安倍1.jpg 写真はおととい、横浜駅西口で安倍さんの応援演説を見に行ったときのもの。これが見納めになるとは。
安倍ひと.jpg 演説者と聴衆が近く、最後にグータッチまでできる距離感が仇になったか。本当に残念。
安倍西大寺.jpg こちらは一報を聞いて現地に派遣した同僚の石森則和記者からの写真。数時間経っても騒然としてる。
安倍撃たれる1.jpg 首と胸を撃たれ横たわる安倍さん。凶器は銃というよりは爆発物に近い。容疑者に強い怒りを覚える。
安倍みはら.jpg こんな衝撃は滅多にない。安倍さんの死は、今後の経済対策、防衛費増額問題にも影響を与える。とても選挙特番準備の気分じゃない。

Jul05

注目は参議院選挙のあと

 参議院選挙も終盤戦。手元には全国紙や政党による情勢調査の結果が。期日前投票の最中だし、本番は10日なので詳しい論評は避けよう。
ほてるいくいな.jpg 参議院選挙は政権選択選挙ではないので自民をメインに取材。岸田自民が安泰ってことは確か。
ほてるかんばん.jpg 問題は選挙後だよ。詳しくはあすのウェブマガに書くけど、安倍VS岸田のせめぎ合いが始まりそう。
ほてるきしだ.jpg まずは内閣改造と自民党役員人事。
 最大派閥を率いる安倍さんとしては相応の配分を求めるだろうし争いを避けてきた岸田さんも独自色を出したいはず。
 補正予算や来年度予算でも積極財政派の安倍さんと財政規律派の岸田さんでは水と油。
 何より防衛費の大幅水増しを狙う安倍さんは、予算だけでなく防衛大綱など戦略3文書見直しでも物を言いそう。
ほてる.jpg 選挙特番の準備もしなければならないので、特番後にホテルに泊まるスタッフの支払いを済ませてきた。
ほてるまく.jpg 選挙結果は見えてきたものの、若者をはじめ投票率が上がると、野党、特に小政党や諸派には有利か。
ほてるぱん.jpg きょうはこのあと全国枠のニュースを出したあと特番の打合せだ。またランチ抜きなので、帰ったらきのう購入した高級食パンを食べようっと。

Jul03

いよいよ夏の大会が始まる

 参議院選挙の選挙戦も佳境だけど、夏の甲子園を目指す地区大会もこれからが本番。わが故郷、愛媛は公立対私立が拮抗し本命不在の混戦となりそう。
bocchann.jpg 優勝の可能性があるのは、松山商、西条、新田、松山学院のシード校に、今治西、小松、松山聖陵、済美。混戦とはいえ、これ以外はたぶんない。
bocchann2.jpg どの記事を見ても母校・今治西の評価は高くない。しかし好投手の松田に1年生も加えた投手陣は夏向きでメジャー打法の打線も強力。シード校と遜色ない。
bocchann3.jpg 春は県内屈指の好投手、西条・高橋くんを打ちあぐね惜敗したものの、2回戦で小松に勝てば、次の松山商戦はエース清家くんを打てると思う。
bocchann4.jpg 愛媛中学野球の中心選手がほとんど今治西に入学したので期待は秋以降だけどね。総合力ではやはり新田だろうな。向井くん森くんと好投手が2枚いるし。
bocchann1.jpg 松山学院は勉強も運動もダメ学校だったのに、修徳から阿保監督が来て、沖縄から選手を集め急に強くなったな。それは松山聖陵も同じ。
bocchann7.jpg こういう沖縄学院や沖縄聖陵には負けたくないな。済美も力はある。今治西に14回目の出場を決めてもらいたいけど、松山商か西条に頑張ってもらいたいな。

Jul01

7月も値上げラッシュ

 ウェブマガに書いたように、参院選は自民が強い。ざっくり60議席~65議席行くのでは? ただ、相次ぐ値上げが比例に影響するかも。
temi1.jpg メル3号にガソリンを入れてきた。ハイオクは177円。6000円で34リッターしか入らない。
temi2.jpg ジムの下にあるスーパーでも、きょうから菓子パンや小麦粉、オリーブオイルなどが値上げだよ。
temi3.jpg 9月にリフレッシュ休暇を取るので海外を調べていたら、どこも高い。航空券も現地の生活費も。
temi4.jpg ロンドンやローマは避けよう。そうするとハワイか。マルチビザが出るようになった韓国とか?
temi5.jpg 私が記事を書いた雑誌が届き、ありがたいことに原稿料もいくらかいただけるのだけど焼け石に水だな。
temi.jpg 猛暑だしコロナも増えてるし、外に出ればお金もかかるからおとなしく家にいよう。夜は政党幹部の出演時間を決める線引き会議だ。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.