大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

過去の記事

最新情報

Jun29

暑さには強い方だけど...

 きょうは群馬県伊勢崎市で40度超え。東京都心もビルの照り返しなどもあってモーレツな暑さ。
atu7.jpg ラジオ、執筆、大学とこなすのが精一杯。これだけ暑いと自主的にバリバリやる気が失せる。
atu1.jpg 食欲もないので、ランチはもりそば。きのうはコシのある麺が自慢のうどん店で豚肉うどん。
atu2.jpg 暑さに加え、パソコン仕事とジムで体がだるおもだったので、マッサージ1時間コースもやってきたよ。
atu.jpg そんな中、文化放送参議院選挙開票特番の準備は進んでる。メインは長野智子さん。
atu6.jpg 選挙の行方はもう見えた。関心は完全に選挙後に移った。細かな情勢はあすのウェブマガで全部見せるね。

Jun26

炎天下の中のヤー巨戦

 きょうの東京都心は36度超え。あぢぃ。とにかくあぢぃ。そんな中、ヤクルトー巨人戦を観に神宮球場へ。よりによって酷暑の中のデーゲーム。
tuba4.jpg 席は1塁側ヤクルトベンチのすぐ上。つまり午後の太陽が容赦なく当たる場所。よく3時間耐えたわ。
tuba1.jpg これで投手戦=貧打戦だと飽きるのだけど、両軍が最終回まで打ち合い、11対10というスコア。
tuba2.jpg 試合を決める村上の26号や、丸、中田の一発も見られたので、どうにか9回まで居られたよ。
tuba.jpg とはいえ、私も妻も、顔や首回り、両手は日焼けで真っ赤。昔はよく夏の甲子園で数時間も居られたもんだ。
tuba3.jpg それでも執筆とか個人的な仕事をすべて休んで、プロ野球観戦や買い物ができて楽しかったな。
tuba5.jpg 本日の締めは牛タン。「ヤクルトは清宮じゃなく村上を獲って正解」とか話しながら。明日からはまた参院選特番の準備だ。頑張ってる後輩を助けないとね。

Jun23

今度はダイヤモンドオンライン

 きょうは長女の誕生日。おめでと! そんな日にダイヤモンドオンラインに拙稿が掲載された。編集者のMさん、いつもありがとうございます。
suku.jpg 中国とロシア、そして参院選後の日本の防衛費増額に関してまとめた記事。ご一読くださいませ。
suku2.jpg 参院選よりも選挙後のほうが興味深い。物価対策もそうだけど安全保障の問題は今ほど大事なときはない。
suku6.jpg 対中国を思えば、「増額するならそれを社会保障や教育費に」といった青木理さん的意見はマジで勘弁。
suku1.jpg そんな中、PHP研究所から、拙著の中国語版が届いた。翻訳版は10数冊目。中国最高!(ホント?)
suku5.jpg ありがたいことに学研からも電子書籍化された拙著の印税が振り込まれるという。誕生祝いしなきゃ、か。
台湾有事3.jpg ありがたいと言えば、拙著第49弾『台湾有事』平凡社新書も順調なこと。今、書いている拙著第51弾も良いものにするね。

Jun22

ゼレンスキー本、発売1か月

 拙著第50弾、『ゼレンスキー勇気の言葉100』が発売されてから1か月。ワニブックスの編集長によればコツコツ売れているらしい。
saku771.jpg 拙著は類書とは違い、単に彼の言葉を並べただけでなく、世界の安全保障が理解できるように書いている。
ジュンク堂広島駅前店@ゼレンスキー勇気の言葉100②.JPG これは編集長から送られてきたジュンク堂広島駅前店の写真。ビジネスマンのヒントにもなる作品。
ジュンク堂福岡店@ゼレンスキー勇気の言葉100.JPG こちらは同じジュンク堂でも福岡店。まあまあ良い棚に面陳されているのはありがたい。
広島蔦屋書店@ゼレンスキー勇気の言葉100①.JPG こちらは蔦屋書店の広島店。蔦屋さんは特に力を入れてくれている。博多の方も広島の方も、わが地元、愛媛の方も是非お願いします!

Jun19

Father's Day!

 拙著第51弾の原稿はきのうで半分終わったので、今朝からオンライン用の原稿を執筆。その後は妻子と義姉の4人で、Father's Day&著書50冊を祝うランチ。
chichi1.jpg ちょっと高めのランチだけど「何を注文してもいい」というのでよさげなご膳にすきやきを追加。
chichi2.jpg 何はなくとも仲良し家族というのはありがたい。記念日を大切する習慣があるのもわが家の良いところ。
chichi.jpg 拙著50弾は発売1か月。書店では話題書になっているので、さらに多くの方に読んでもらいたいなあ。
chichi4.jpg ワニブックスも写真提供のアフロさんも力を入れてくれた作品。もっと売れたら寿司でお祝いかな。
chichi5.jpg きょうは高校野球愛媛大会の組合せが決まった。今年は10数校に甲子園出場のチャンスがある。
chichi3.jpg わが今治西は、小松や松山商と同じゾーン。総合力は互角。エース松田以外に1年P3人が良く打線も強力。来年が勝負だが今年も古豪の意地は見せてほしい。

Jun17

超デカ盛りチャーハン

 これはさいたま市大宮区で人気の中華料理「大吉」のチャーハン。めっちゃ大盛で美味と評判の逸品。初めて寄ってみた。確かに超デカ盛り。
uma1.jpg 近くの会社員や馴染み客が集まる普通のお店。チャーハンはあまり食べないのだけど美味しく食べられた。
uma.jpg きょうは拙著51弾の原稿を書き、リモートワークもこなしつつ、近くの警察署まで免許更新に。
uma4.jpg 考えてみれば、20年ほど前、上尾警察署の真ん前でマツダ車にノーブレーキで追突されたなあ。
uma5.jpg 私も妻子も無傷で済んだのはメルセデスの頑強さによるもの。以来、命を守る意味でずっとメルセデス。
uma2.jpg 大盛りチャーハンで忘れていたのだけど、警察署の裏のお洒落なパティスリーで家族分のケーキを購入。
uma3.jpg しかし今は何も食べたくない。ジムで相当頑張ってこないと、昼のチャーハンで満腹状態。ケーキを美味しく食べるために、そろそろジムへ出かけますか。

Jun15

参院選、防衛費増額論議を!

 きょうで通常国会が閉幕。物価高対策と対中国を想定した安全保障問題が争点となる参院選が始まるね。パンやナン、ピザが好きな私としては厳しいねえ。
参院選ピザ.jpg 防衛費増額も現実に即した論争をしてほしい。「GDP2%にするなら社会保障費に回せ!」みたいな青木理さん的ご意見はホント勘弁してほしい。
参院選看板.jpg 私の見立てでは、自民が躍進、維新がやや躍進で、公明と共産は現状維持。立憲と国民がやや議席を減らすというのがここまでの情勢。
参院選フライング.jpg 32ある注目の1人区は自民が強い。危ないのは、青森、山形、新潟、長野、沖縄の5つ。取りこぼしもあるだろうけど、MAXで自民が27勝5敗。
参院国会.JPG 詳しくはウェブマガ(当HPの表紙から入れます)に書くけど、複数区と比例で60台には乗せ、単独過半数に届くかどうかといったライン。
参院選引き1.jpg 参院選特番の準備もこれから佳境に入る。今回はチーフプロデューサーではないので気分的には樂。政党幹部の出演時間が決まる線引き会議だけ注目。
参院選引き2.jpg 文化放送の特番キャスターは長野智子さん。出演者はコメンテーターを含め全員女性で固めた。それはそれで楽しみ。お気楽に選挙の開票状況を楽しめそう。


Jun13

医師ヨハン

「最近、韓国ドラマは何を見てるの?」と問い合わせを受けたのでお答えを。今、見ているのがネットフリックス第1位の「医師ヨハン」。
ヨハンテソン.jpg 主演のチソンとイ・セヨンがいい。医療ドラマは「医心伝心」「ドクター異邦人」など名作が多いね。
ヨハン2人.jpg 並行して見てるのが、エリート教育を題材にママたちの確執を描いた「グリーン・マザーズ・クラブ」
ヨハングリーン.jpg 先日、見終わったのがBSフジの「復讐せよ」。このあたりは格付けで言えば関脇・小結クラスかなあ。
ヨハン復讐.jpg その前に見た「相続者たち」はパク・シネほか人気俳優が共演する鉄板モノ。見て損はない。
ヨハン相続者たち.jpg そう言えば、日本で「梨泰院クラス」のリメイク版で「六本木クラス」が始まるんだね。
ヨハンいて.png それにしても韓国ドラマを見ていなければ、もっと執筆のペースが上がるんだけどな。そう言いつつ、今夜もきっと「医師ヨハン」の続きを見ちゃうんだろうな。

Jun12

実は「地味」な毎日

 メルセデスに乗り、ロレックスをはめ、バレンシアガのスニーカーを履いていると、ブランド志向と誤解されがち。しかし、平素の生活はいたって地味。
dotto2.jpg 土日は朝から拙著第51弾となる新書の原稿執筆。難しい話を易しく書くのって結構時間がかかる。
dotto5.jpg 先月、沖縄の与那国と石垣を取材した詳細や日米の防衛関係者を取材した中身を散りばめて執筆中。
dotto1.jpg そんな中、元朝日新聞記者で大東文化大学教授の野嶋剛さんがnippon.comに拙著の書評を載せてくれた。
dotto3.jpg こういうことがあると「次もいいものを書こう」というインセンティブになる。それでも食生活は地味。
dotto4.jpg 回転寿司の「はま寿司」に「やよい軒」。フレンチとか高級店の料理は口に合わず量も少ないからね。
dotto6.jpg 食事なんて安くてそこそこなら満足。地味といえば選挙特番の取材と準備が本格化する。これこそ地味な裏方仕事。今回は後輩のPを支えよう。

Jun10

旅行・観光業界にようやく「光」

 きょうから水際対策が大幅に緩和され、まだツアー限定だが外国人観光客の入国が許可されたね。写真は東京ステーションホテルの藤崎斉総支配人。約1年ぶりにいろいろな話をすることができた。
annko.jpg 大妻女子大学の授業の打合せだったのだけど、文化放送用にインタビューもしてきた。「お客様はきっかけを待っていた。爆発的な需要が見込める」そうだ。
annko1.jpg 経営者として尊敬する藤崎さん。話も面白い。9月の授業での再開が楽しみだ。きょうは羽田にあるJALのオペレーションセンターにも行ってきた。
annko4.jpg 国内線の便数を通常に戻し採用も再開するJAL。やはりインバウンド需要をにらんで、担当者の表情も明るい。2年も厳しい時期が続いたんだもんね。
annko6.jpg 2社を訪問する合間に、久々にメガ書店の丸善に寄った。ありましたよ、拙著の隣に、周りから拙著と酷似していると言われる宝島社の本が。
annko2.jpg ゼレンスキーの言葉を100個並べたところも同じなら印税を寄付するのも同じ。でも、開いて10秒で読むのを止めた。ほとんど写真集だわ。
annko3.jpg ウクライナの第1人者、岡部芳彦先生が監修ではなく著者だったら、もっと良書になったろうに。昨秋発売した拙著『台湾有事』は「話題の書」のところに野嶋剛さんの新刊と隣合せで面陳。これは光栄!

Jun07

「何事も全力投球」で露呈した限界

 神奈川新聞の日曜版に私の記事。著書の数が節目の50冊に達したのを機に、特別編集委員で政治記者仲間の有吉敏さんが取り上げてくれたのだ。
かながわしんぶん.jpg 神奈川の方は6月5日の朝刊をめくってください。何か自分がうそのように立派に見える記事。
かながわですく.jpg そんな私は非常に疲れている。執筆やラジオ、大学やジム、全て全力投球というのは無理があるのか。
かながわぎゅうどん.jpg 昼はがっつり牛どんを大盛りで食べてみた。コロナでも風邪でもないのに体が重い。足腰、背中がきつい。
かながわぜれ.jpg でも、本も売らないとなあ。『ゼレンスキー勇気の言葉100』(ワニブックス)、是非、お読み下さい。
かながわまぐ.jpg これは直近でネットにアップされたまぐまぐニュースの私の記事。あ~疲れた。頭も体もだるい。それでも今夜もジム行って、ウェブマガ書いて...くぅ。

Jun04

吾輩は犬である(111)

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。15歳をとっくに過ぎた女の子。人間で言えば80歳だもんね。最近、何かときついわー。散歩もつらい。暑いし。
yuu2.jpg ご主人さまは雑誌記事1本とネット記事1本を仕上げてたみたい。このところ休みなしね。
yuu3.jpg お疲れのご主人さまの目が輝いたのは、ジムの駐車場でメルセデスの新型Cクラスを発見したとき。
yuu6.jpg アタシ的にはどーでもいいけど、中にはパソコンみたいなのが付いてて、ちょっといいわねぇ。
yuu4.jpg 前に代車でうちに来たGLBって背の高いやつのほうが、アタシとしては好きかなぁ。
yuu5.jpg さすがに5台連続Cクラスはないでしょ。このGLAだかGLBだっていいと思うわよ。
車両番号.jpg でも次もメルを買うには、記事をあと200本くらい書かないとダメね。まだまだ先のことだけど、あれっ?アタシ、その頃、生きていられるっけ?

Jun01

講談社「現代ビジネス」寄稿

 講談社のニュースサイト「現代ビジネス」に寄稿。今朝、私の記事がアップされた。「現代ビジネス、清水克彦」で検索してみて。
yama9.jpg 午後には出版社の副編集長と拙著第51弾となる書の打合せ。私の筆致を買ってくれる方でひと安心。
yama5.jpg 私は右でも左でもない。ただ、この穏やかな八重山の海が戦場と化し犠牲者が出るのは防ぎたい。
yama7.jpg 中国海軍は近く3隻目の空母を進水させる。外交努力でどうにもならない事態には備えないと。
yama2.jpg ラジオの仕事では参院選特番の準備が始まる。平日の憩いはデイリーヤマザキでパンを買って食べること。
yama1.jpg コンビニでしょ?と侮るなかれ。浜松町の高層ビルに入ったこの店はパンが焼きたて。独自商品もある。
yama3.jpg 公私ともに遊んでいる時間はない。その分、気に入ったパンを3つ買って、木立ちの中を散策するのが目下の唯一の楽しみ。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.