大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

過去の記事

最新情報

Apr28

市ヶ谷でブラタモリ?

 木曜はリモートワークなので陸自関係者の取材に市ヶ谷へ。写真は元陸将の渡部悦和さん。「日本はすでに戦時下」という見方に納得。
senkaku2.jpg 松山東出身の渡部さん。陸将と言えば自衛隊トップ級の階級だが同郷でもありじっくり話が聞けた。
senkaku3.jpg 防衛省にはたまに行くけど、近くにこんなホテルがあるなんて知らなかった。出歩けば発見があるものだ。
senkaku5.jpg 取材を終えたあとは市ヶ谷を散策。靖国~九段界隈は大妻女子大学の帰りに散歩しているので別方面へ。
senkaku4.jpg 市ヶ谷には法政や日大もあり学生街なのだけど、少し入ると歴史的な神社もあったりするのが魅力。
senkaku6.jpg 地下鉄南北線の駅のコンコースには江戸城址の石垣も残されていて、こんなふうに間近で見られる。
大妻_壁紙06.jpg 歴史探訪をしているとNHKの「ブラタモリ」のような気分になる。今度は、半蔵門寄りの大妻通りをじっくり探訪してみるか。(写真:大妻女子大学)

Apr27

カジノ=悪か?

 元衆院議員の逮捕や横浜市長選での大臣経験者の敗北と紆余曲折を経て、あす、カジノ統合型リゾートの設置計画書の申請が締め切られる。
カジノワカヤマ.jpg 大阪府はすでに承認。長崎県は大阪府に続き議会で承認したものの、和歌山県はまさかの否決。
カジノマリーナ.jpg 二階さんや仁坂知事も支援していたのに覆ったのは、運営主体のクレアベスト社の資金不足が原因か。
カジノベガス2.jpg もともとマカオのサンシティ―が請け負うはずが、習近平の反腐敗政策で社長が逮捕されてとん挫。
カジノベラッジオ.jpg ラスベガスのような健全なカジノシティーが誕生するまでには、国の審査の前に色々あるんだね。
カジノMGM.jpg 前にも書いたけど、ラスベガスは深夜まで安心して遊べる街。写真のMGMにも家族で泊まって楽しんだ。
カジノパリス.jpg もちろん依存症などへの懸念はあるので、厳しい審査は不可欠。詳しくは近くウェブマガで書くね。(あ、知床遊覧船の社長の会見始まった)

Apr25

手土産にケーキは要らない

 下の写真は10数年前、妻と娘が知床半島の遊覧船から撮影したもの。その場所で起きた事故。行方不明者のご家族の声がいたたまれない。
sire.jpg 現地に記者を出さず、系列のSTVさんと斜里町の漁業関係者への直電で乗り切ったものの、後輩記者を行かせれば良かったとの後悔もある。
sire4.jpg それだけの海難事故。運航会社はやはり問題あり。過去に2度も問題起こしているし、事故原因の調査が待たれる。(写真:YAHOOニュース)
sire5.jpg ウクライナ情勢でも動きがあった。アントニー・ブリンケンらアメリカの閣僚がキーウ訪問。ゼレンスキー曰く「手土産にケーキは要らない。武器が欲しい」
saku77.jpg そんなゼレンスキー大統領の言葉を集めた拙著の原稿が無事校了。欧州を軸にした安全保障だけでなく話し方のヒントにもなるはず。5月20日発売です!
sire1.jpg ニュースサイトの「まぐまぐニュース」にも拙稿が掲載。この先、第2、第3弾とアップされるので読んでみてね。編集担当のSさんに感謝。

Apr23

外遊計画スタート

 勤務先の文化放送にもリフレッシュ休暇制度というものがある。実質1か月休める上にお小遣いまで貰える嬉しい制度。こいつをいつ、何に使うか検討中。
mid40.jpg 今年のGWは、ハワイ旅行の予約が3倍増になったとか。もうコロナも減らないからねえ。
mid38.jpg ロシアを迂回する欧州線を避けるとなると、わが家もハワイが第1候補に挙がってくる。
mid33.jpg 入国制限が緩いという意味ではアメリカが最適。となるとニューヨークも候補かなあ。
mid2.jpg もう2年余り行ってない。街を歩いているだけで楽しい。ただ円安がネックにはなる。
mid37.jpg 今年秋までにリフレッシュ休暇と夏休みを合わせて5週間も休む必要がある。
 そのうち一部は大妻女子大学での夏季集中講座にあてるとしても残り4週間。
 さらに年末までに働き方改革休暇を5日取らないといけない。
 海外旅行なら2回は行けそうだし、本の執筆ならもう1冊は書けそうな時間がある。う~ん。
mid36.jpg 考えてみれば、娘が小さいとき3度も行ったラスベガスもいい。治安が良くて歩いているだけで面白い。
mid35.jpg 本当は再来年にしたいのだけど、安全になったワシントンDCも悪くない。まあ旅行は、どこに行って何をしようかと考えているときが一番楽しいよね。

Apr21

もうすぐ校了

 下の写真は私が今一番注目している宰相、フィンランドのサンナ・マリン首相36歳。ロシアの脅しにひるむことなくNATO加盟に舵を切った人。
3118984f8c0c94be6d79bab82dad772c88f48.jpg ロシアと1300キロも国境を接している人口550万の小国。しかし肝は据わってる。言葉も熱い。
img_5806d74df082c49183b8a31dc56575b719910.jpg スウェーデンのアデンション首相もだけど、小国の宰相のメッセージ力がすごいんだよ。(写真:Forbes)
O7LAVTGEUZLZDFN553E56JLZ4Y.jpg どちらも中立国というよりは西側寄りの国だけど、反ロシアに舵を切った度胸もすごい。
20220420_160646.jpg そんな中、拙著のダミー本が完成。きょうはゲラを最終確認し編集者に渡した。もうすぐ校了。
20220421_125054.jpg 大妻女子大学からはシラバス等が届いた。印税は寄付だし大学も身入りは少ないけど楽しい。
kotoshi14.jpg やはりオンデマンドではなく対面授業がいいなあ。きょうは「まぐまぐ」も2本書いたしひと安心。あ、明日はオンラインでプチ講演か...。

Apr18

ゼレンスキー勇気の言葉100

 拙著第50弾『ゼレンスキー勇気の言葉100』(ワニブックス)の表紙が完成。前にお知らせしたのとわずかに変わっている。(さあ、どこでしょう?)
わに表紙.jpg ウクライナカラーの「小麦」を表す黄色が効いてる。「売り上げは寄付」の青は「空」をイメージ。
ワニ本帯ナシ.jpg 単行本は新書と違い、自由に表紙のデザインができるところが魅力。帯を外してもいい感じ。
ワニ全体.jpg アマゾンのURLはこちら。是非ご予約くださいませ。→https://www.amazon.co.jp/dp/4847071980
ワニマリウポリ.jpg こうしている間にもウクライナの各都市はロシア軍の猛攻にさらされている。5月20日に発売される拙著の売り上げが、武器以外で現地の役に立つことを望む。

Apr15

またダイヤモンドオンライン

 拙著第50弾の原稿が全部終わったので、家族で近くの焼肉店に。かーっ、解放感!
20220414_190032.jpg ニュース原稿が短距離、オンライン記事が中距離だとしたら、本はマラソンレース。
20220414_192445.jpg 今回は単行本で7万字程度だけど、8~10万字くらい書くこともあるからねー。
Screenshot_20220415-125046_Yahoo!.jpg 中距離にたとえたオンライン記事。きょう、ダイヤモンドオンラインに拙稿が掲載されたよ。
ootumajosi.jpg これでひと息つけると思いきや、大妻女子大学から書類が届いた。今年は対面で授業が始まるんだなー。
ootumajosi1.jpg どれも手を抜かず、微力のすべてをぶつけるのがモットー。ラジオも執筆も大学の授業も頑張ろー。

Apr14

表紙と原稿、ほぼ完成!

 埼玉は午後から雨になった。それでも春たけなわなのでチューリップがきれい。街路樹のハナミズキも紅白ともに満開になってきたよ。
saku2.jpg ワニブックスの岩尾編集長から完成版に近い拙著の表紙が送られてきた。原稿もきょうで100%完成した。
saku7.jpg これで見るとわかりくいけど背表紙や裏表紙は青なので、空と小麦を表すウクライナ国旗カラーになってる。
saku1.jpg ゼレンスキーの言葉をフックにした安全保障に話し方のテイストも混ぜた私ならではの内容。
saku4.jpg これで一段落ついたので、これからは尖閣モード。来月には沖縄の与那国島に取材に行く予定。
saku3.jpg その前に今月末には、自衛隊活用論に舵を切った共産党の志位さんにインタビューできそう。
saku.jpg わが家の南庭のハナミズキも咲いてきた。あす15日は、ダイヤモンドオンラインに拙稿が掲載されるよ。新しい視点なので読んでみてね。

Apr11

ゼレンスキー本、完成間近!

 ロシアがウクライナに侵攻して1カ月半。ロシア軍はキーウをひとまず後回しにして東部への攻撃を強化してる。プーチンとしては戦果をあげたいと必死。
ぜれEU.jpg そんな中、おととい英国のジョンソン首相がキーウを訪問して街を歩いたのは見事なメッセージだった。
ぜれジョンソン.jpg ウクライナ国民にはキーウを奪還し安全になったと言えるし、ロシアには「見たか!プーチン」となる。
ぜれますく.jpg 私はウクライナ応援マスクをつけて、全国ネット枠のニュースを書いているところ。もうすぐ完成。
ぜれゲラ.jpg もうすぐ完成と言えば、拙著第50弾『ゼレンスキー勇気の言葉100』(ワニブックス)の原稿も。
ぜれ写真.jpg あと5ページで終了。編集長からはもう書いた部分のゲラがメールで送られてきた。敏腕!
ぜれ表紙.jpg ウクライナへのチャリティー本でもあるので発売をお楽しみに。今週中の完成に向け、きょうも家に帰ったら1つは書かないとね。(写真:東京新聞)

Apr08

執筆は順調だけど無機質な日々...

 しばらくブログが更新できなかった。その反面、拙著第50弾の原稿は予定よりはるかに速いペースで進んでる。すでに200ページ近く。
me6.jpg ウクライナにもポーランドにも取材に行けない中、どうにかこうにか書いてるよ、ゼレンスキー本。
me2.jpg そうこうしているうちに先月発注していたウクライナ国旗マスクが届いた。ハートマークが恥ずかしい。
AS20211213002127_comm.jpg 火中の栗を拾おうとしない習近平に関する情報も集めつつ、残り20ページ、書き上げないと。
me3.jpeg 気がつけば東京や埼玉では桜の季節は終わり。今年はこんな風にお花見も行けなかった。
1mer.jpg 本の原稿書いて、メル3号でジムに行って、オンライン記事書いて、またジムに行って、の無機質な毎日。
me4.jpg ただ、今夜は、ゼレンスキー本の完成が見えてきたので、ここからNetflix三昧。明日と明後日でさらに進むので、来週には原稿完成だな。

Apr04

職場はスタンド花だらけ

 きのうネットにアップされたプレジデントオンラインの拙稿がかなり反響を呼んでいる。新たに別のニュースサイトからも執筆依頼が来た。ありがたい!
花1すた.jpg さて、文化放送のスタジオフロアは、きょうから3つの新ワイド番組が始まるのでお花だらけ。
花2すた.jpg 今田耕司さんら著名な芸能人のサインも並べられている。いかにも放送局という感じの光景。
花サイン.jpg ただ、報道ワイド番組がなくなったので私はひま。新番組に関わってないからどんな番組なのかも知らん。
花こちょう.jpg 西川文野アナや坂口愛美アナなど期待の若手が頑張るので、是非聴いてやってください。
花看板.jpg そんな中、高校野球春季愛媛大会では、今治西の後輩、大野康哉監督率いる松山商業が優勝した。
花デイリー.jpg 松山聖陵を鮮やかに逆転しての優勝は見事。わが今治西は有望な新入生が複数加わる夏が勝負。私もこれからが勝負だ。(写真:デイリースポーツ)

Apr03

再びプレジデントオンライン

 今朝、プレジデントオンラインに私の記事が掲載された。先週火曜に依頼を受け書き上げたもの。こちらで。
https://president.jp/articles/-/56186
jouhou1.jpg ロシアと中国の情報統制がテーマ。アップされてすぐYAHOO!のトップ画面にきて反響にびっくり。
jouhou.jpg 1週間前から拙著第50弾となる原稿も書き始め、順調に130ページちょっとまできた。
jouhou4.jpg ワニブックスさんの岩尾編集長からは早くも表紙の案が届いた。ゼレンスキーがド~ンと全面に。
jouhou 2.jpg 他の案もあるのでどれがいいか打合せをしながら決めたい。来月下旬には発売なので急いで書かないとね。
jouhou5.jpg さらにきょうはメールで雑誌からの執筆依頼もきた。ウクライナと台湾、頑張って書かせていただきま~す。
guNUG5cqT5C5TVIIgiTl5Um0.3-96877-1-attach-d2.jpg 明日からは担当するニュース番組も新体制。ラジオと執筆、両方しっかりやる。あ、プレジデントを読まれた方は「ポチっ」とお願いします!

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.