大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

過去の記事

最新情報

Sep29

勝ったのは安倍さん

 きのう予想した通り、岸田さんが勝利。河野さんは議員票が想定以上に伸びず、決選投票でも高市票がほぼ岸田さんに乗った形で決着した。高市票の中にも造反票は20人以上いただろうけどね。
Nスタ.png 私も朝から投開票の会場、グランドプリンスホテル新高輪で取材。結果判明後の主な議員へのぶら下がり取材では野田さんの後ろでテレビに映ってた。
20210929_120916.jpg 岸田陣営中心に取材してきた私。根本匠元復興相や小野寺五典元防衛相に聞いたら「岸田は党員票110議員150、河野さんの党員票は170」との読み。
20210929_122433.jpg 実際、岸田さんは110と146、河野さんの地方票は169。見事に読み切り、決選投票になったときの高市陣営との打合せも万全だったということだ。
20210929_125415.jpg それにしても安倍さんの票の動かし方は見事。今回の総裁選で本当の勝者は安倍さん。岸田さんはいい人だけに操りやすい。安倍傀儡政権が続くということか。
20210929_150407.jpg 個人的には大竹まことさんのワイド番組で十分解説できたから満足。明日から人事が固まっていけば、次は衆院選モード一色になるね。
20210929_161541.jpg 河野さんを支持した菅・小泉側は敗北。小泉環境相からは悔しさがのぞく。発言が安倍さんの逆鱗に触れてきたから、石破さんとともにしばらくは冷や飯を食うことになるんだろうな。

Sep28

決戦前夜

 あすは写真下のホテルが自民党総裁選挙の会場。ここで事実上、次の総理が決まる。あすは私も現場に行って「大竹まことゴールデンラジオ」で中継する。投票箱を開けてみないとわからない選挙なので楽しみだ。
総裁選新高輪.jpg 一時は圧倒的優位だった河野さんは、若手中堅の「党風一新の会」が開いた意見交換会で、議員たちの政策立案過程を「ギャーギャー言ってるだけ」と本音を述べてしまい墓穴を掘った。
総裁選票読み2人.png 下の図は共同通信がまとめたものだが、党員・党友票では半分近く獲っても議員票が100票にどれだけ上積みできるかどうか。仮に勝って第100代の総理になれても党内基盤は極めて弱い。
総裁選票読み.jpg 逆にきょうの派閥の緊急総会で勝利モードになっているのが岸田さん。幹部からは「勝った」との声も上がっている。岸田派(宏池会)は昔からお公家集団と呼ばれ詰めが甘いが、相応の手応えはあるのだろう。
総裁選高市.jpg 高市さんは僅差の3位なら大健闘。安倍さんのメンツも立つ数になる。数々の討論会で岸田⇔高市の質疑が一切なかったのは、決選投票での岸田さんとの2位3位連合に備えているためか。
総裁選おのでら.png そんな岸田陣営からは、岸田内閣の官房長官は女性の上川法相か写真上の小野寺元防衛相との声が上がる。幹事長候補は萩生田文科相。見た目は河野さん、実際には岸田さん優位で本番を迎えようとしている。

Sep27

親知らずを抜きます!

 数日前から奥歯が痛み出し、東京・浜松町駅近くにある歯科医へ。世界貿易センタービルにあった頃、何度か通った感じの良いデンタルクリニック。
20210927_155030.jpg 今は隣の新しいビル内に引っ越したため、とてもきれい。診察が予約どおりに始まるのも私の仕事には便利。
20210927_155121.jpg 歯の画像を待つ間、モニターを見ていたら、人間って28本ある歯が70代で半分になるという話が。
20210927_155033.jpg 来週には痛みの元である左下の親知らずを抜く。そうすると貴重な歯が1本減るんだな。痛そうだし。
20210926_135728.jpg このところ何となく堅いものは避けている私。寿司とか刺身定食ならどうにか平気。
20210926_141757.jpg ハンバーガーも辛うじて大丈夫だけど熱いコーヒーやアイスコーヒーはちょっと滲みる。
Screenshot_20210421-120649_Yahoo!.jpg 自民党総裁選挙が終わったら衆院選の前に完治させないとね。
 歯の話をすると心なしか痛むので別の話題を。
 ダイヤモンドオンラインが私の中国や台湾に関する記事を掲載してくれることに。
 私の記事は春にも2本掲載していただいた。ラジオでは話せないこと、著書では入れられない最新ネタを伝える場があるのは実にありがたい。
 
 
 
 
 

Sep23

新刊の書影

 10月15日に発売される拙著第49弾『台湾有事』(平凡社新書)の書影が金澤編集長から送られてきた。帯のバイデンVS習近平がいい感じ。
台湾有事1.jpg 友人の中林美恵子さんが書いた小学館新書を見せてこんな風にとお願いした帯。
 中身に関しては後日紹介するけどこれまでに出版されている台湾本の中では良い出来の部類。
 今年はこれで4冊。
 今は第50弾と51弾のプロットを書いて出版社と打合せをするところだけど、これらはいずれも来年の発売になりそうだから。
20210922_170706.jpg 周りは出版続き。作家の古谷経衡さんが『敗軍の名勝 インパール・沖縄・特攻』(幻冬舎新書)を発売。
20210922_171414.jpg 太平洋戦争中、敗色濃厚の中、信念を貫いた4人の指揮官の決断と行動を描いたノンフィクション。
20210922_171421.jpg 経済ジャーナリストの荻原博子さんに頂戴した文藝春秋の単行本も読み応え十分。集大成みたい。
202110605_145930.jpg 私の場合、写真の子育て本をまだまだ売りたいところだけど、とりあえず平凡社新書を重版にしないとねえ。
ホワイトハウス南.jpg あすは中国包囲網として安倍前総理が提唱した日米豪印首脳会合がある。系列局を集めた会で総裁選をテーマに講演をするので台湾有事の話も盛り込もう。

Sep22

習近平はどう動く?

「新たな冷戦は求めない」。78歳のアメリカ合衆国大統領、ジョー・バイデンは初めて臨んだ国連総会での演説でこう語った。これを受けた中国の習近平もビデオ演説で「新たな国際秩序が必要だ」と返した。
国連バイデン1.jpg ここだけ見ると米中の緊張は緩和に向かうように見える。二酸化炭素削減でも共同歩調をとったところなどは対立から対話へと舵を切ったように思える。
国連習近平.jpg しかし習は「小さなサークルは排除すべきだ」と、バイデンが構築しようとしている中国包囲網に難癖をつけた。民主主義国家に結束されると困るのだ。
国連恒大.jpeg 習は、不動産バブル崩壊に直面している。自身が進めた不平等是正で不動産価格を抑制してきたことが恒大グループ経営危機という事態を招いている。
国連天安門.jpg 放置すれば金融危機や世界同時株安を引き起こす恐れがあり、救済すれば庶民の反発を招く。3選がかかる党大会を前に頭痛の種だ。(写真:産経)
国連香港選挙委.jpg 影響力を強めようとTPPに加盟申請し、香港の選挙人選びは民主派を排除した。台湾に対してもパイナップルに続く果実の禁輸で揺さぶりをかけている。
国連UFJ.jpg 北京にはユニバーサルスタジオを開業させコロナからの復活をアピールした。そこに降ってわいた恒大の破綻危機。これをどう乗り越え、再び牙を向くのか、自民党総裁選よりはるかに大きな注目点である。

Sep20

プジョーe208もいいね

 職場の同僚が奥さん用のクルマに、とプジョーを購入した。LINEで写真が送られてきたのだけどいいね!
フランス車らしく色が日本車にはない良い色。
プジョー横.jpg ドアハンドルに鍵穴が見えるのだけは難点だけど、このクルマ、EV(電気自動車)なんだよね。
プジョー.jpg フロントグリルも精悍でライオンの牙のようなインジケータ―がいい。
 夜は室内に流行のアンビエントライトが灯るらしい。
 今の欧州車は故障もあまりしなくなりインテリアが極めて豪華になった。
 所有しているという喜びを感じさせてくれる点は、メルセデスもBMWもプジョーも同じ。良い買い物をしたと思うしEVなのがうらやましい。
プジョーゴルフ.jpg ご近所さんはフォルクスワーゲンの小型SUV、TーROCを購入。ドイツ車らしいデザインで良い。
プジョーEQA.jpg 私の次の狙いはメルセデスのコンパクトEV、EQAだ。650万円するけど補助金でどうにかなるかな。
プジョーポスター.jpg 一方、自民党総裁選は佳境。読みでは、党員+議員で河野280岸田280高市150野田40ってとこか。
プジョーしゃもじ.jpg 読めないのが二階派の動向。
 宮島杓文字を飾っていても憎き岸田さんにはいかないというのが通説。
 しかし二階派は岸田陣営以外全ての候補者に推薦人を送り出している。
 高市陣営には派閥の事務総長まで出しているから情報は得やすいはず。
 来月頭まで幹事長として公認権を握っているだけに二階さんの力は侮れない。場合によっては派閥を挙げて決選投票で岸田さんに、もあり得ると見ている。

Sep17

『台湾有事』校了!

 総裁選が告示された日、自民党の衆議院議員たちは4候補の推薦人以外は地元に戻った。総裁選の行方よりも自分自身の選挙対策に入ったわけだ。
1631870516577.jpg 肝心の総裁選だが、4候補の演説会と会見を聞き、世界のスタンダードをクリアしているのは河野太郎さんと高市早苗さんだけだと実感した。
1631851432729.jpg 河野さんと高市さんは前を見て語る。バイデンやNZのアーダーン、ドイツのメルケルと同じ。岸田さんと野田さんは下のメモを見過ぎ。
演説会.jpg 直前になっての野田さんの出馬はどの陣営にも衝撃だろう。しかし、その野田さんも言葉に力がなく正直期待外れ。特に対中国は全くダメ。
20210917_215130.jpg そんな中、拙著第49弾『台湾有事』の原稿が校了になった。これで修正は終わりで印刷所へ行く段階。10月8日には見本ができ中旬には全国の書店に並ぶ。
20210917_215148.jpg 中国がTPPへの参加表明、北朝鮮も鉄道ミサイル実験でアメリカを揺さぶる中での出版。安全保障が論点になる中、良いタイミングで出せる。
20210917-OYT1I50097-1.jpg 総裁選に話を戻せば、コロナ対策や経済対策は似たようなもの。誰がやってもほぼ同じ。国を守る、中国には毅然と向き合う候補が勝ってほしい。

Sep16

吾輩は犬である(107)

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。14歳の女の子。ご主人さまは在宅勤務。自民党総裁選挙の立候補予定者インタビューが入りそうで入らないため、終日、在宅。
20210916_174535.jpg 仕事時間が終わった途端、メル3号でお出かけしたワン。出かけた先はさいたま市内の体育館。
20210916_161056.jpg 三橋運動公園という大きな公園の中にあって、設備は古いけど空いてるからね。
20210916_161703.jpg 木曜はジムが休みだし自宅にいるだけだと体がなまるらしく、先週に続いて2回目。
20210916_163243.jpg トレーニングエリアはきょうもご主人さまのほかに1人いただけ。これならノーマスクでいけるかな。
20210916_161526.jpg まだ、次の著書をガツガツ書く気にはなれないみたいで、体を動かしながらモチベを高めているみたい。
20210916_171849.jpg アタシとしては、午前中、散歩に連れ出してもらえたから十分。何やら台風の影響でお天気が悪くなりそうだから、行けて良かったワン。

Sep15

右旋回する3候補

 石破さんが出馬断念を今夕表明するね。何度も番組にお招きした方だけど、今回の不出馬劇でリーダーとしての評価を落としたと私は思う。決断遅い、派内まとめられない、支持拡大ができない云々。
20210914-00000068-jij-000-8-view.jpg まあ自分も、今治市長選挙に出馬しなかったわけだから、石破さんをとやかく言える立場じゃないが。
kawano9.jpg 結局は三つ巴で岸田さん高市さん河野さんの争い。
 日本テレビの最新自民党員調査では河野25石破21岸田19高市16の割合だ。
 右派の高市評が意外に高いが石破票の大半が河野に流れれば細田派など議員票で上回る岸田との勝負になる。1発で決めれば河野さん、決選になれば派閥の締めつけが効いて岸田さんとなる構図は変わらない。
1631500878306.jpg コロナ対策や皇室問題は誰が総理になっても似たようなもの。差が出るのか経済政策と外交安保か。
1631500928913.jpg その外交安保も親中派と見られてきたハト派の岸田さんまで中国を意識して大きく右旋回している。
20170114171149.jpg 自衛隊法の改正や海保と自衛隊との連携強化を進めながら、近く生じる台湾と尖閣有事に迅速に動けるか。
20210913_141129.jpg 今週は全国枠で安保関連で月曜火曜と続けて解説。松山の「すしまる」の巻き寿司の差し入れもあったので元気。きょうはこれから遅出勤務。石破さんの出馬断念会見をじっくり聞くとしよう。

Sep12

9.11から20年

 記者生活を続ける中、これまでで最も驚愕した出来事が、阪神淡路大震災、9・11テロ、東日本大震災。
 取材中、身の危険を感じたのが、雲仙普賢岳噴火、湾岸戦争、ボスニア紛争、そして9・11テロ。
d199e953b2d6a6cafc19d6157b8c01fd_1.jpg 両方に属するのがアメリカ同時多発テロ事件。追悼式典には歴代の大統領が集まった。(写真:AP)
911207.jpg あれから20年。私たちは賢くなれただろうか。国際社会でテロの脅威や紛争はなくなっただろうか。
img_3ceafc7f741ff6e6c4979237f2ae38ff571905.jpg 答えはNO。今も各地でテロの脅威は消えず、テロは単独犯やホームグロウンテロに形を変えている。
911204.jpg NYを訪れるたび必ず立ち寄るグラウンドゼロ。その度に感じるのはアメリカの出口戦略の欠如である。
911202.jpg 現地には新しいWTCの建物がそびえ立っている。復興はできてもテロとの戦いはこの先も延々と続く。
911201.jpg 第2次世界大戦以降、アメリカは、朝鮮戦争やベトナム戦争、中東やアフガン紛争で事実上敗北続きだ。
 手はつけるが片づけないアメリカに任せていては何も解決しない。脅威は国際社会で抑止する時代だ。

Sep11

河野は「言うだけ番長」

 岸田さんとのインタビューがまた流れた。理由はどうあれ延期は二度目。ラジオとはいえ全国ネット用の収録だから下手なテレビ番組より効果あるのにな。
d27e895c370c328397a094a7889571e1_1.jpg ガッカリしたのは河野行革相の出馬会見。「安倍さんに日和ったの?」と記者からヤジが飛ぶのもわかる。ただ会見荒らしのフリーランス記者は勘弁。
1631256468566.jpg 脱原発のはずが現実的な策として容認、女系天皇に前向きだったのが男系男子に舵を切り、森友問題は再調査しないと言い放った。
hw414_AS20210910002162_comm.jpg 私と同い年で候補者の中では若く、言葉も態度も明快なので一定の期待値はあるものの、かつて野党にもいた「言うだけ番長」の要素が多分にある。
安倍総理大臣1.png 安倍さんのコピペ候補、高市さんはもとより、安倍さんとのディスタンスが注目。河野さんの場合、勝つために猫をかぶっているだけならいいけど。
1631156738317.jpg 河野小泉新勢力VS安倍麻生旧勢力という構図。とはいえ、安倍さんとソーシャルディスタンスをとると勝てず、総理になってもうまくいかないということ。
20210908_104338.jpg 私が住む埼玉5区は、自民候補が菅との2ショットポスターを小泉さんに変えた。選挙は近い。その顔を選ぶ戦いはこれからが佳境。岸田さんも忙しいはずだわ。

Sep09

再校ゲラチェック完了

 在宅勤務の日は、ともすると心身のキレがなくなるので、勤務を終え体育館のトレーニングジムへ。いつも通っているフィットネスクラブは木曜休みだから。
じむ909.png ホテルにあるジムもそうだけど、機材が異なるので勝手が違う。同じ運動量でも消費カロリーも異なる。
1631171520314.jpeg それでも小1時間汗を流すとサッパリした。公立の施設は快適とは言えないものの、たまにはいいかも。
20210909_180415.jpg 夜は近くの焼肉店へ。パラリンピックのメダル量産キャンペーンでまた格安だったから。
20210909_180811.jpg わが家はきょうが正式な結婚記念日だったのでラッキー。カルビやロースなど6皿分が無料。
8622287943ff9ed5095969a254cbaff6.jpg 朝は拙著『台湾有事』の再校ゲラも仕上げた。日本と友好関係にある台湾は日米や諸国で守らないとね。
20210905_144906.jpg 自民党総裁選挙では中国に備えた安全保障も大きな論点。それも加筆して原稿を平凡社に送ったので、あとは本になり書店に並ぶのを待つだけ。

Sep07

総裁選は三つ巴か?

 自民党総裁選挙は、岸田さん、河野さん、高市さんに絞られた感がある。石破さんは出馬の可能性を探っている間に、自派閥以外の推薦人を取られてしまった。
こうのマスク.jpg 石破さんの強みは地方での人気。今や河野さんのほうが人気が高く、出馬をしても決選投票に持ち込めない恐れが出てきた。惨敗だと政治生命が終わる。
こうの本.jpg 対して河野さんはどうか。
 河野さんの近著では、箱根駅伝を目指した話からお父さんへの生体肝移植の話などが出てくる。
 防衛相や外相経験者でもあるので、台湾や尖閣という安全保障への造詣も深い。
 麻生派をはじめ自民党のベテラン議員には毛嫌いされているものの、石破さんが支援に回れば地方票で圧倒できるはず。対する岸田さんは決選投票に持ち込めれば、安倍&麻生両氏の支援が期待できる。
こうの石破アップ.jpg 今回の選挙は突き詰めて言えば、安倍一強体制と決別できるか、それを踏襲するかの争いだ。キングメーカー安倍さんの底力を測る選挙でもあるのだ。
こうの仕事.jpg 今回の選挙が、安倍政権と菅政権で続いてきた長老支配に終止符を打ち、新しい行政モデルを打ち出す起点となるのかどうか注目したい。
こうの原稿.jpg 私は総裁選挙とは別に、英国軍の会見を見て解説。中国をけん制するため英国もインド太平洋地域に空母を派遣する時代。日本の新総理にも覚悟が問われる。
こうの自民党.jpg 自衛隊はどこまで米英と協力するのか、尖閣で当事者となった場合、中国と戦火を交えるのか。河野さんなり岸田さんが直面するのはコロナだけじゃない。

Sep05

ウェスティンで結婚記念

 9月9日の結婚記念日を前に、娘の招待で東京・恵比寿のウェスティンホテル東京へ。こういう記念日を大事に思ってくれる娘に感謝。
20210905_125520.jpg 聞けばブッフェスタイルだという。新型コロナウイルスの感染拡大以降、ブッフェ形式は初めて。
20210905_115017.jpg 着いてみてホテルの感染対策の万全さに驚いた。全ての料理が小分けされ蓋付き。
20210905_121304.jpg 料理を取りにいくときはマスク着用でビニール手袋も用意されている念の入れよう。
20210905_121246.jpg「これならまず感染しないな」という安心感の中、美味しい料理を妻と堪能できた。
ウエスティン.jpg 腹ごなしに家族3人で恵比寿から代官山へと歩く。最後は渋谷の人気スポット、宮下パークへ。
20210905_154321.jpg きょうも渋谷のスクランブル交差点界隈は密で、さすがにすぐ退散したけど、たまのオフを久しぶりに街中で過ごせて楽しい一日。

Sep04

選挙の顔選び

 平凡社から来月15日に発売される拙著第49弾『台湾有事』の再校ゲラが送られてきた。ジャーナリストとしてこれまでの全てを注ぎ込んだ作品。
20210904_215246.jpg 校正者からどれくらい赤が入れられているか恐るおそる中を開けてみる。案外多いなー(汗)。
20210904_215325.jpg 菅に関する記述もあるので、出版される段階では「前総理」になることが確定しただけでも良かった。
今年1ban1.png 菅が辞めそうという空気は伝わってきていたので再校ゲラに反映できて助かった。
 今年は平凡社新書で4冊。
 小学館から出版した右の家庭経済本に始まり我ながらよく頑張れた。
 この平凡社新書の原稿もゲラの修正まで気を抜かず、納得のいく、そして読者の皆さんに有益な1冊に仕上げたい。
岸田1.jpg さて自民党総裁選挙のほうは混とんとしてきた。岸田さんには近くお目にかかって話を聞く。
河野.jpg 河野さんが出たら若手議員や地方の党員票では一番人気か。
 内政だけでなく外交や安全保障にも強いので期待できる。
 何より発信力があるのが買い。
 ただ既得権益や党内の序列を破壊する力もあるので、文化放送での私のように上層部から毛嫌いされている点がどう出るか。
高市.jpg 高市さんは安倍さんの支援を得たのが大きい。自民党は選挙で勝つために社会党とも手を組んだ政党。総理というより選挙の顔選びだから読みにくい。

Sep03

令和おじさんの末路

 報道陣の前でわずか2分、総裁選不出馬を告げて執務室へと入っていった。令和おじさんと呼ばれ、かつては人気もあった菅義偉。その後ろ姿は哀しいものだった。
菅辞意.jpg このところ、4日連続で小泉進次郎環境相と会談した菅。総裁選に出ると言ったり辞めると言ったり、きのうは錯乱状態だったと聞く。
菅小泉.jpg 同じ神奈川で無派閥の進次郎氏を幹事長にと動き、二階に「あんな若造を」と一喝されたことで退陣の決意を決めたというのが実情。
菅二階.jpg これで自民党総裁選挙の構図は白紙に戻った。きのうまで押せ押せムードだった岸田陣営もうかうかできない状態になってきた。
菅岸田.jpg 石破さん、河野さん、高市さんらによる混戦。総裁選後には国会召集や組閣もあるし、衆院選の日程が10月17日投開票から後ろにずれる可能性も。
菅ねこ.jpg 菅の辞任は当然。党内外で不評を買い人事も解散もできないというのは30年前の海部政権と同じ。人気のネコパンでもかじりながら選挙の準備をするか。
菅ハワイ.jpg 菅退陣は嬉しいけど忙しくなる。政局が落ち着いたらどこかに遊びに行こう。国内なら松山。海外ならハワイかニューヨーク。楽しいこと考えないと頑張れない。

Sep01

政局の秋

 昨夕は私が「ニュースパレード」(文化放送ほか全国33局ネット)で解説してから永田町の動きが二転三転した。衆院解散や総裁選をめぐるゴタゴタ。
石破官邸.jpg 議員からもメールやLINEが来て、菅が破れかぶれ解散に踏み切るとの報が駆け巡った。
石破菅.jpg かつては尊敬していた菅総理。新型コロナ感染者が爆発的に増える中で解散を考えたとは。
石破菅解散しない.jpg 岸田潰しと安倍麻生両氏をつなぎとめるために踏み切った二階降ろし。
 おそらく二階氏の地元和歌山3区の後継に息子をと世耕王国にしないための確約もしたのだろう。
 そして総裁選を先送りし衆議院を解散するという決断。後手後手に回ってきたコロナ対策に比べ、何と素早く、かつ大胆なことか。(写真:時事)
石破党本部.jpg 党内や公明党の反発を受け、総裁選前の解散は思い止まったようだが、菅離れはさらに加速するだろう。
石破1人.jpg 自民党役員人事と小幅な内閣改造はあり。幹事長は石破さんではなく私の読みでは野田さん。
石破距離.jpg いずれにしても政局の秋だ。文化放送衆院選開票特番のチーフプロデューサーはまたしても私に。さっきから誰をメインに、とかキャスティングを考えている。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.