大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Feb14

減災はブロック塀撤去から

 昨夜の地震は揺れた。これだけの揺れを体験したのは取材中に経験した熊本の5弱以来。6強の福島県で死者がいないのが救い。(写真:毎日)
福島宮城.jpg「ラジオの仕事は二の次」化してる私だが、有事となると話は別。家が遠いため「いざ鎌倉」ができず残念。
福島宮城1.jpg「6強」と聞いた瞬間、これはやばいと思い、福島の知人に電話。停電中と言う方を放送には出せたみたい。
2021329_125439.jpg これは数年前、宮城県名取市でのもの。東日本大震災10年を前に準備しているさなかの地震。
20210329_125640.jpg 考えれば、阪神淡路→芸予→新潟中越→東日本→熊本と5~6年周期に大地震に見舞われている。
福島宮城4.png 2016年4月の熊本城。全員が減災に努め、行政は高コストでも山斜面強化や電柱地中化を急ぐべき。
福島宮城3.jpg ブロック塀もどうにかしてほしい。見栄えも良くない塀が倒壊して被害を拡大させる。撤去費用を補助する自治体にお住まいでなくても撤去してほしい。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.