大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Jan19

最後のセンター試験

 きょうは最後の大学入試センター試験2日目。英語民間試験や記述式問題の導入は延期されたものの、来年からは大学入学共通テストに変わる。
sennta-1.jpg 小雪舞う中行われたきのうの初日から、受験生の思考力を問う問題が散見されるので、来年はかなり様変わりするのではないだろうか。
sennta-2.jpg もう1つの特徴は、おそらく2次試験で国立大学を回避したり、難関校を避け安全策に出る受験生が増えそうなことだ。(写真上2つ:リセマム)
sennta-.jpg 東大や京大は志願者を減らす。
 私学最難関の早稲田や慶應義塾も去年より志願者数が減少する見通しだ。
 本来なら合格できる受験生が安全策をとって下位の大学に行ってしまう現象は、文科省主導の定員削減と大学入試改革による悲劇だ。各大学にはそれぞれ選抜方針=アドミッションポリシーがあるので、文科省はそれに任せておけばいいのだ。
sennta-4.jpg それなのに文科省が次に狙っているのが、「eポートフォリオ」なるものだ。受験生が高校時代の活動記録を電子化するというもの。(写真:日経)
sennta-5.jpg こんなものを入試に活用したら、そのためだけの偽ボランティアが急増し、留学等の機会に恵まれる子とそうでない子の格差がもろに出てしまう。
sabukyasu.png いつも文科省はずれている。明日からの国会ではこうした論戦もしてもらいたいが、カジノだの桜を見る会だの河井夫妻の問題で費やされるんだろうね。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.