大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Jan17

メディア批判を許さない?

 阪神淡路大震災から四半世紀。今年は職場でこの日を迎えた。現地には行けなかったけど、式典の主宰者に出演していただくことができた。被災地に向けて合掌。
1171.jpg きょうのブログはきのうの放送のお詫び。担当する報道ワイド番組でキャスターが、「またメディア批判ですか!」とコメンテーターに食ってかかる場面が。
1178.jpg 精神科医の和田秀樹さんが「安倍政権暴走の原因の1つはメディアの責任」と言いかけたところに先ほどの発言。同録を聞いて呆然としてしまった。
1176.jpg 調査報道より発表報道中心の取材、要人会見のあとは記者同士でメモ合わせの習慣、政策よりも政局や政治家不祥事に重きを置いた報道姿勢。
1173.jpg どれも叱責されて当然で、メディア人は外からの批判に真摯に向き合うべき。にもかかわらず「メディア批判されるのは嫌」というのはどういう了見か?
1174.jpg 官邸から声がかかれば被取材者にご馳走になってしまう解説委員。桜を見る会の問題を見過ごしてきた政治部記者。自省も込め批判は受けなければなるまい。
117.jpg 職場では彼の発言を問題視はしても追及する姿勢に乏しい。
 この姿にも落胆してしまう。
 メディア批判を許さないキャスターを不問に付してしまえば報道機関としての文化放送は終わり。
 もしかしたらこのブログは波紋を呼ぶかもしれないが全然構わない。間違っていることはただすのが責務だと思うし、それがジャーナリズムだと信じている。


TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.