大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Jan25

疲れたら...肉

 90分間立ちっぱなしで講演をしたり、ジムで1時間走ったあとは疲れるもの。そんなときは焼肉にかぎるということで、家族でお気に入りのお店へと出かけた。
20200125_192325.jpg 今年の初め、娘が抽選で見事に引き当てた希少部位の肉が食べられるセットをいただくため。
20200125_192405.jpg これがその写真。牛の形のプレートに部位ごとに肉が盛られている。こいつはうまそうだ。
20200125_202523.jpg とはいえ希少部位なので量は多くない。2人前のセットなんてすぐに平らげ追加の注文も。
20200125_192306.jpg 好物でしかもローカロリーの牛タンを締めにいただいて完了。これで足腰の張りまで取れるといいのだけど。
北海道3.png きょうはたまたま新たな発見。北大の校歌と同志社の応援歌が実は同じメロディーという話。
北海道4.jpg どちらもクラーク博士という共通項があり、彼から伝わった旋律に歌詞をつけたのだそう。明日は、出版社に送るプロットに手を入れて頭が疲れる日になりそう。

Jan24

星ヶ岡

 文化放送「ニュースワイドSAKIDORI!」金曜チーム恒例、荻原博子さん宅で新年会。左は金曜のサブキャスター、西川文野アナ、右は竹田有里記者。
20200124_213611.jpg 荻原さんとのお付き合いはかれこれ25年になる。テレビや出版の世界でフロントランナーを走り続けられているのは本当にすごいことだ。
20200124_210031.jpg 荻原さんの手料理によるもてなしは毎回豪華だ。ローストビーフに牛タンなど。今回は、新岡瑞佳Dが作ったきりたんぽ鍋もあってこれも絶品。
20200124_194904.jpg きょうは昼間、職場を国会近くのキャピトル東急ホテルへ。政治記者時代よく来た中国料理「星ヶ岡」で大物政治家事務所と待ち合わせ。生臭い話を少々。
20200124_122546.jpg その大物政治家の派閥に所属していた金子恵美さんもフジテレビの生放送を終えて駆けつけてくれた。政治が動く店で私的な話をお願いすることになろうとは。
かねこさん1.png 永田町で政治関係者に会うと「え~っ」と思う話がいくつも聞けるものだ。問題はあまりにインサイダーすぎて加工しないと放送できない点かなあ。
1579852198640.jpg そうだ、きょうは選抜出場校が決まったね。番組では国士館と21世紀枠の磐城高から中継。四国は私学2つだから応援する高校が少ないのが少し残念。

Jan22

京大の先輩学長

 半休をもらって群馬県の高崎商科大学へ。渕上勇次郎学長や中村雅典学科長ら3人のお歴々と面談、そして模擬授業。飾ることなく自分らしくできた。
たか1.jpg 群馬県に行くときはいつもクルマなので、高崎市から上信電鉄に乗るのは、富岡製糸場が世界文化遺産になったときの取材以来、人生で2度目。電車がレトロ~。
たか2.jpg ゴトゴト揺られること10分、無人駅の「高崎商科大学前駅」に到着。うん?建物はどこにあるんだ?森と田んぼしか見えないぞと不安になってきた。
たか3.jpg 電車を降り踏切の前に立つと、少し前方に大学の建物群と思しき風景が。「そうだよな、駅から徒歩4分と聞いていたしな」と思いつつ歩くと正門に到着した。
たか4.jpg 面接は15分程度。授業もミニサイズで同じく15分くらい。学長自らが出てこられたのは大学HPを見ていたのですぐわかった。皆さん、とってもいい方。
たか5.jpg 高崎商科大学は短大を含めても小規模な私学。とはいえ、京都大学で博士号を取られた渕上学長をはじめ優れた研究者が思った以上に揃っている。
たか6.jpg 面談で、体験談から「京大の文系は、早稲田より教授陣が揃ってない」とディスったのはまずかったかな。いずれにせよ、少し遠い以外、教えるのには良い環境。

Jan21

カンクン

 アメリカ大統領選挙の予備選状況を探るため、甥っ子を連れてニューヨークへ向かうまであとひと月。寒いだろうなあと思っていたら、メキシコからLINEが。
カンクン2.jpg なんと高級リゾート地、カンクンの観光名所、マヤ文明の遺跡の写真ではないか。いいねえ。
カンクン3.jpg さらに送られてきた写真はカンクンのビーチサイドにあるホテルからの風景。うらやましいなあ。
カンクン1.jpg なんだこれは?ピンクの湖だ。ところ変われば品変わると言うけれど、地球って広いなあと思う。
カンクン.jpg どちらかと言えば海や山より街へ出かけることが多い私。
 ビーチリゾートはハワイとプーケットくらいだ。
 今度はホテルのレストランの風景が送られてきた。
 寒い日本を脱出して温かいカンクンで過ごせるのは何とも贅沢。メキシコは1度も行ったことがないので先を越されたなあ。
カンクン4.jpg まあこちらもニューヨークの旅が控えているので負け感はない(笑)。問題は東京よりも寒いってこと。
カンクン5.jpg セントラルパークはこんな感じか。アメリカ本土は初の大学生の甥を、もう十数回目で現地に住んだこともある先生=私が案内してやるとするか。

Jan19

最後のセンター試験

 きょうは最後の大学入試センター試験2日目。英語民間試験や記述式問題の導入は延期されたものの、来年からは大学入学共通テストに変わる。
sennta-1.jpg 小雪舞う中行われたきのうの初日から、受験生の思考力を問う問題が散見されるので、来年はかなり様変わりするのではないだろうか。
sennta-2.jpg もう1つの特徴は、おそらく2次試験で国立大学を回避したり、難関校を避け安全策に出る受験生が増えそうなことだ。(写真上2つ:リセマム)
sennta-.jpg 東大や京大は志願者を減らす。
 私学最難関の早稲田や慶應義塾も去年より志願者数が減少する見通しだ。
 本来なら合格できる受験生が安全策をとって下位の大学に行ってしまう現象は、文科省主導の定員削減と大学入試改革による悲劇だ。各大学にはそれぞれ選抜方針=アドミッションポリシーがあるので、文科省はそれに任せておけばいいのだ。
sennta-4.jpg それなのに文科省が次に狙っているのが、「eポートフォリオ」なるものだ。受験生が高校時代の活動記録を電子化するというもの。(写真:日経)
sennta-5.jpg こんなものを入試に活用したら、そのためだけの偽ボランティアが急増し、留学等の機会に恵まれる子とそうでない子の格差がもろに出てしまう。
sabukyasu.png いつも文科省はずれている。明日からの国会ではこうした論戦もしてもらいたいが、カジノだの桜を見る会だの河井夫妻の問題で費やされるんだろうね。

Jan17

メディア批判を許さない?

 阪神淡路大震災から四半世紀。今年は職場でこの日を迎えた。現地には行けなかったけど、式典の主宰者に出演していただくことができた。被災地に向けて合掌。
1171.jpg きょうのブログはきのうの放送のお詫び。担当する報道ワイド番組でキャスターが、「またメディア批判ですか!」とコメンテーターに食ってかかる場面が。
1178.jpg 精神科医の和田秀樹さんが「安倍政権暴走の原因の1つはメディアの責任」と言いかけたところに先ほどの発言。同録を聞いて呆然としてしまった。
1176.jpg 調査報道より発表報道中心の取材、要人会見のあとは記者同士でメモ合わせの習慣、政策よりも政局や政治家不祥事に重きを置いた報道姿勢。
1173.jpg どれも叱責されて当然で、メディア人は外からの批判に真摯に向き合うべき。にもかかわらず「メディア批判されるのは嫌」というのはどういう了見か?
1174.jpg 官邸から声がかかれば被取材者にご馳走になってしまう解説委員。桜を見る会の問題を見過ごしてきた政治部記者。自省も込め批判は受けなければなるまい。
117.jpg 職場では彼の発言を問題視はしても追及する姿勢に乏しい。
 この姿にも落胆してしまう。
 メディア批判を許さないキャスターを不問に付してしまえば報道機関としての文化放送は終わり。
 もしかしたらこのブログは波紋を呼ぶかもしれないが全然構わない。間違っていることはただすのが責務だと思うし、それがジャーナリズムだと信じている。


Jan15

今年度最後の勝負

 通常国会が20日に召集されるのを前に色々な動きが出てる。きょうは小泉進次郎環境大臣が育児休業の取得を表明。中身は薄くても見せ方は相変わらずうまい。
小泉環境.jpg 結婚という個人の話を官邸で堂々と報告したにもかかわらず、女性問題については「個人のことだから言えない」と口をつぐむ小泉さん。
小泉環境3.jpg 辞めた大臣は説明しない、政府は疑惑があっても煙にまく。お笑い芸人はちょっとの不祥事で断罪されるのに政治家は甘いなあ。
小泉環境2.jpg こちらは昨夏初当選した河合案里参院議員。運動員に法外な報酬を払った疑惑があるのに説明しない。家宅捜索→国会召集前の逮捕となってほしいものだ。
小泉環境1.jpg 情けないのは与党だけじゃない。立憲と国民も再婚話がまとまらない。枝野さんも玉木さんも腹がくくれない政治家だ。となると合流しようがしまいが期待薄。
小泉環境5.jpg そうした中で私もこの春以降どうなるのか最後の勝負を迎えている。
 担当番組の責任者は長くて3年と決めている私。
 身を引いて新たな分野に進むには頃合いだし数年前からそう念じてきた。放送局の報道プロデューサーという仕事は外から見ればとう映るかわからないが、私にとっては現状のまま終わると「負け」。
小泉環境4.jpg 国会もだけど、私もこれから来月がヤマ場。ここで成果がなければ今年度の勝負は終わり。京大をどうするかという課題はあるが、あとは来年度勝負になる。

Jan12

早稲田も蔡英文もV字回復

 大学ラグビー選手権で早稲田が見事優勝したのでお祝い。8年連続で帝京ごときに連覇を許し、齋藤、岸岡、中野とスターが育ってきた去年も明治に苦杯。
20200111_201244.jpg きょうは、先月の対抗戦で明治に大敗した教訓から修正。前に出る気概と守りへの意識が高かった。
EOBEznFUwAAcUxm.jpg 大型CTB中野の戦列復帰も大きいが、意識の変革と基礎の徹底が早稲田を変え、V字回復させたのだ。
20200111_201300.jpg 決勝の相手が天理ではなく明治で良かった。竣工して間もない新国立で明治を撃破できて最高の気分だ。
1578760761030.jpg こちらは後輩の吉田涙子記者を派遣している台湾総統選挙。蔡英文総統が予想どおり韓国喩候補に完勝。
1578760832421.jpg こちらも去年の今頃は政策の曖昧さなどから低支持率に苦しみ再選など不可能と言われたにもかかわらず圧勝した。
 やはり中国が香港での民主化デモに圧力をかけたことが大きい。
 シンプルに「台湾を第2の香港にはしない」と唱える民進党の蔡候補への支持がV字回復した結果だ。
1578760901074.jpg これまで反中国の民進党と親中国の国民党が交互に政権を担ってきた台湾。
 民進党には元行政院長で人気がある頼清徳という切り札もある。
 中国の習近平主席は台湾で蔡政権の次も反中政権が続く可能性がある現実を直視すべきだ。選挙で韓陣営を支援してきた中国は戦術の転換を迫られる。蔡総統再選に勢いづく香港情勢も含めて注目だ。

Jan10

ニュースデスクは退屈

 きょうは、全国ネット枠「ニュースパレード」のデスク。退屈やなあ。ニュース原稿なんて人の3倍速で書けるので、夕方5時の本番を前に1時でほぼ終了。
PH.jpg それでも、サブキャスターを務めたきのうと同様、イランだのカジノだのと大ネタはあるので頭は疲れた。
PH1.jpg 写真は、精神科医の和田秀樹さんを交えたスタジオ風景。少し日産をディすりすぎたかな。
PH5.jpg そんな中、反中国か親中国かが争点の台湾総統選挙があすの投票日に向けて最後のヤマ場を迎えている。
PH4.jpg 記者を派遣したが、反中国の蔡英文総統が再選されれば、香港デモ等への影響は相当なものになる。
20200110_9.jpg 石川真紀キャスターと準備中。あとは台北からの中継と河野防衛大臣の会見が入れば完璧。余裕!
PH6.jpg きょうは首都圏トップを切って埼玉で私立中学受験が始まった。大学入試が揺れる中だけに取材したいのだけどデスクは動けない。あ~つまんない。

Jan09

えっ!高崎商科大学

 高崎商科大学からありがたいオファーを頂戴した。大学教員になる→大ヒット本を書く→紅白歌合戦の審査員席に座る、がこれからの目標だからねー。
高崎商科2.jpg ウェブサイトで見ると校舎は綺麗だ。ここで時事問題を教え論文指導をするのは悪くないな。
高崎商科1.jpg ただ採用担当の方と話す限り条件が合わない。返事が迫っているので数時間のうちに考えよう。
高崎商科6.jpg そんな悶々とした中、大妻女子大学での講義は今年も継続が決まった。若い世代と向き合えるのは嬉しい。
高崎商科5.jpg きのうは仕事や新年の挨拶等が終わったあと、少しの時間だけど神田で側近の後輩ディレクターと食事。
高崎商科3.jpg 大好きなベルギーの大好きなムール貝などがメニューに並ぶ店。選んだのは私だけどごちになっちゃった。
高崎商科4.jpg 去年は目標どおり10回で抑えた飲み会。今年はこれが1回目。今年も側近たちと番組を盛り立てながら、いくつかの大学で教える年になりそうだな。

Jan08

中東緊迫でフル稼働続く

 年明け間もないのに、ゴーン被告逃亡やカジノ汚職に加えてアメリカとイランの緊張。働き方改革休暇等で人員が少ない中、何とかやり繰りしている。
コメン.jpg きょうはプロデューサー業務でイラン&植松聖裁判。きのうは竹田有里キャスターとペアで最後まで出演。
コメン2.jpg 幸い、中東情勢も経済も得意分野なので、石田純一さんともどもどうにか乗り切った。
コメン3.jpg おとといは、プロデューサー兼構成作家兼サブキャスター。大ネタがある日に3役はきつい。
コメン5.jpg 加納有沙アナが器用なのと金子恵美さんがうまく合わせてくれるので助かった。
コメン4.jpg 子年は、干支の格言は「繁栄」だけど、経済に波乱があり国内外でも大きな動きがある年。
コメン6.jpg 正月気分もほとんどないまま戦場に放り出された感じだ。今夜はゴーン会見とトランプ大統領の声明に注目。それを受けてあすもフル出演、大変になりそう...。


Jan04

こいつは春から縁起がいい

 新年4日目、年末年始はずっと仕事だったので、やっと正月がきた気分。中国地方を旅行中だった妻も揃ったので家族でカラオケ。
20200104_160638.jpg 年に2回から3回しか行かないカラオケ。それでも職場で新曲が流れているから割と歌える。
20200104_160744.jpg 職場の仲間と行くと「若い!」と感動される。歌唱力も、昔、クラブ歌手のバイトやってたからOK。
20200104_164759.jpg そのあとはメル2号で今年初のジム。5日間ブランクがあるので軽めにこなし、再び家族で焼肉へ。
20200104_200806.jpg いつも行く近所の焼肉店。店の前は順番待ちができる人気店。安くはないけど、その分、味は最高。
20200104_201431.jpg なにせ正月気分なので遠慮なく飲んで(ノンアルだけど)、食べた。そして支払いの際、ドラマが。
201807121152469724.jpg 娘が1度のくじ引きで写真の高級部位セット2人前を当てたのだ。引き換え券をもらったので次回はこれが堪能できる。こいつは正月から縁起がいいや。

Jan03

箱根駅伝はすごい!

 きょうはチーフプロデューサーを務めている報道ワイド番組でコメンテーター兼構成作家。生放送までかなり余裕があったので箱根駅伝の応援に。
20200103_130022.jpg 徳川家の菩提寺、芝の増上寺前はただでさえ初詣客でごった返すのに沿道は応援するファンでぎっしり。
20200103_130107.jpg 厚底シューズの影響で異例の高速レース。目の前を先頭の青山学院の選手が飛ぶように駆けていった。
20200103_131630.jpg 割れんばかりの歓声と打ち振られる小旗。そして大学の応援旗。待つこと10分、母校の早稲田が来た。
20200103_131937.jpg 駒澤との競り合い。予選会の惨状を思えば総合7位は大健闘。箱根駅伝にはエンジにWの文字がよく似合う。
20200102_165233.jpg こちらは中継をしていた文化放送第1スタジオ。選手もだけど中継班もよく頑張ったな。
saki20200103%20(1).jpg きょうはイランと台湾情勢くらいしかまともにコメントするネタがなかったけど、解説してくれた3代目「山の神」の神野大地さんらとも話せて駅伝デーだ。

Jan02

おみくじは...「末吉」

 きのうの元日は、仕事始めの前に、娘と大宮の氷川神社で初詣を済ませた。参拝後、おみくじを引いてみると「末吉」。「吉」より下で「凶」よりは上らしい。
20200101_111352.jpg おみくじは運勢より中身が大事らしいので読んでみると、「仕事よし」で「旅行よし」。悪くない!
20200101_110123.jpg 思えば元日に初詣は近年では初めて。埼玉でもっとも人気のある神社なのだけど、案外スムーズに終了。
20200101_105011.jpg 大宮駅から参道まではかなりの人混みだったものの、境内が広いせいか待つこともなく参拝できた。
20200101_105959.jpg 中国地方を実姉と旅行中の妻は出雲大社にお参りできたのだろうか。とにかく家内安全が第一。
20200101_130809.jpg 娘と別れ文化放送に着いたら局前に鳥居が設けられていてびっくり。本物じゃないから拝まなかったけど。
ENLsE8kU4AAWAsW.jpg 仕事のほうはさっそく北朝鮮の挑発について解説。新年2日目のきょうも、北朝鮮やゴーン被告逃亡問題が中心になるんだろうな。「末吉」なりに頑張る!

Jan01

恭賀新年

 新春のお慶びを申し上げます。本年も当ブログならびに清水克彦をよろしくお願いいたします。
20191227_140205.jpg 今年の目標は、①著書を出す、②転職する、③番組では自分に誇れる仕事をする、の3つ。
20191227_084924.jpg 元日からさっそく仕事。今年こそは幸運に恵まれますように。皆さまにとっても良い年でありますように。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.