大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Dec08

70分、走りきれた!

 2月以降、夏場あたりまでずっと悩まされてきた原因不明の左脚の痛み。まだ違和感はあるのだけど、ほぼ完治。きょうはジムで70分走ってきた。
jim4.jpg 長い時間を走る足ができていないので、たとえゆっくりでも1時間以上走るのはつらい。
jim.png でもようやく走破できるまでに回復した。きのうは50分、きょうは70分。まあ合格点だな。
jim3.jpg あとは年明けに近くの整形外科に行き、予約してあるMRI検査を受けて異常がなければもう安心。
jim5.jpg そうなるとデスクやプロデューサー稼業だけでは物足りなくなってくる。やっぱり外で取材したい。
jim2.jpg 首里城炎上のとき現場へ行こうとしたら、「総大将はデンと構えていて下さい」と諭されアウト。
jim6.jpg しかし足も良くなってきたし、今週は京都・清水寺で発表される「今年の漢字」に行くよ。京アニの事件現場も見てこよう。まだ無理はしないけどね。

Dec06

コバセツ先生

 憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節先生がご馳走してくれるというので内幸町へ。プレスセンターの中に、弁護士・小林事務所があるのでそこに集合。
20191206_195228.jpg 節先生お薦めのNHKの斉藤仁美ディレクターも一緒に、高級なすき焼きを食べながら楽しい宴になった。
20191206_213258.jpg 鳥取の老舗蔵元が作ったお店。内幸町は取材でよく行くけど、こんな素敵な店があったのかと驚いた。
20191206_212840.jpg 節先生は心底尊敬できる方。先々のことも心配してくれて力になると言ってくれたのは心強い。
20191206_190211.jpg 季節感があふれる料理をいただく。斉藤さんも素晴らしいメディア人。制作した番組を見てみたい。
20191206_173700.jpg 節先生らとの食事の前には、職場でコピーライターの川上徹也さんと再会。脳科学者の茂木健一郎さんとも。
20191206_174628.jpg 茂木さんとは「今は本が売れない時代だ」という感想で一致。今夜は酔っぱらったけど、いい方に会えて良い夜だ。コバセツ先生、ご馳走さまでした!

Dec04

年内最後の聴取率週間へ

 来週から首都圏のラジオ各局は聴取率ウイーク。担当する報道ワイド、SAKIDORIもAM局V4をかけて正念場の1週間に臨む。
榊原英資.jpg 今年を振り返るこの時期。
 各曜日ともに論客をお招きしている。
 月曜日はミスター円こと榊原英資さん。
 早稲田で院生の頃、榊原さんは経済学だけでなく農業も教えていたな。財務省の元財務官と農業のミスマッチが不思議だったけど、院生仲間の間では大人気だった方。
竹下隆一郎.jpg 火曜日の竹下隆一郎さんはハフポスト日本語版の編集長。
 別の番組で知り合い話し方や識見の深さが気に入っての起用。
 政治から社会問題まで何でも語ることができる若手の論客。
 こういう人材が増えてくると、私としては座を脅かされることになるのだけど、競い合いたいもんだね。
山本太郎.jpg 水曜日はれいわ新選組を率いる山本太郎さん。
 今年の夏の参院選では見事に旋風を巻き起こした。
 彼が唱える消費税減税には大反対なのだけどパワフルさと奇想天外な動きには脱帽している。レギュラーコメンテーターの茂木健一郎さんとの化学反応が今から楽しみだ。
田中眞紀子.jpg 木曜日は元外務大臣の田中眞紀子さん。会うとまた言われるかな、「今治市長選挙に出なさい!」って。
出口保行.jpg そして金曜日は犯罪心理学者の出口保行さん。
 私自身パンパン歯切れよくコメントするタイプだがこの方の喋りを聞くと負けた~と思う。
 それくらい明快に語ってくれるコメントの達人。こういった顔ぶれとともの被災地プレゼントもあるのでお楽しみに。
夕刊フジ.jpg すでに夕刊フジに掲載する番宣用の紙面も出来上がった。文化放送の各ワイド番組の中では最も元気な番組なのでお聞き逃しなく!

Dec02

流行語大賞

 スタジオで微笑むのは担当番組のご意見番、政治学者の姜尚中さん。これは前に出演されたときのものだ。姜さんが選考委員を務めているのが「流行語大賞」。
サキドリ20170821sw%20(3).jpg 帝国ホテルの壇上に上がった姜さん。その前にホテルに横付けした中継車に招いて今年の傾向をうかがった。
流行語.jpg 私はあまり流行語大賞を重要視してはいない。
 作為的なものを感じることもあるしそれほど聞いたことがない言葉が含まれていたりもするからだ。それでも今年は、大賞やトップ10に入ったワードを見てびっくりした。軽減税率での登壇者としてまさかの秋葉さん。
1575272882631.jpg その言葉を流行させた当事者が壇上で表彰されるのだが、その中に秋葉弘道という名前を見つけたから。
 秋葉さんはテレビやラジオの報道番組で野菜価格高騰などの際に出てくるスーパーの社長。番組でもよくお世話になっている方ではあるが、なぜ?
1575274159187.jpg 軽減税率は確かに流行した言葉だ。
 それならドンキホーテの社長とか大手量販店のCEOとかのうほうが適任ではないか。
 さっそく携帯電話に電話したら「今、帝国ホテルに向かっているところなんですよ」と、いつもの秋葉さんより上ずった声が聞こえてきた。
66277374_667683303638414_8022728633277424016_n.jpg これが秋葉さんへの取材風景。依頼を断らず的確に答えてくれるところがユーキャンにも受けたのかな。
さき20191128%20(2).jpg さて、流行語大賞だが、ラグビーW杯から、「ONE TEAM」に決まった。これは納得できる。うちの番組もONE TEAMにしていかねば、と改めて思った。

Dec01

全勝対決の早明戦

 関東大学ラグビー対抗戦グループは、早稲田大学と明治大学が25年ぶりに全勝対決。プラチナと呼ばれるチケットをもらったので秩父宮ラグビー場へ。
20191201_110207.jpg 早明戦は何年ぶりだろう。W杯でのラグビー熱の高まりもあってものすごい人。明治の売店も熱い!
20191201_120954.jpg スタンドで待つこと2時間。試合が始まると拮抗していたのは前半15分まで。明治の重戦車は強かった。
20191201_133350.jpg わが早稲田も、齋藤、岸岡のハーフバック陣を中心に展開。しかし徐々に地力の差か、得点差が開いていく。
20191201_144006.jpg 終わってみると7対36。明治の完勝。故・北島忠治監督時代の「前へ」のチームカラーそのまま。
20191201_152932.jpg 絶叫したり明治の反則を野次ったりすることもなく終わってしまった。大学選手権でリベンジだな。
20191201_154345.jpg バックスタンドを出て絵画館前に出ると、ご覧のように銀杏の黄葉が見頃。試合は完膚なきまでに叩きのめされたけど、晩秋の風景を堪能できて幸せな日曜日。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.