大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Sep28

慶立戦⇒ラグビーW杯

 奇跡を超えた奇跡。ラグビーW杯、日本代表がティア1のチームで優勝候補のアイルランドに勝利。しかし理想的な試合運びだったなあ。
20190928_161504.jpg 東京・有楽町のファンゾーンは大混雑。外でパブリックビューイングを見に来たアイルランド人とパチリ。
20190928_161233.jpg「弱くても勝てます」とは野球などにも言われることだけど、最高の舞台で世界を驚かせたね。
20190928s00044000299000p_thum.jpg まだケガが完治していない福岡の魂の逆転トライ。次のサモア戦も期待。(写真:スポニチ)
20190928_131444.jpg 有楽町に向かう前に神宮球場で東京六大学野球、慶應対立教の試合を観戦。ドラフト候補を見にね。
20190928_144338.jpg 慶應はドラフト候補の柳町や郡司の長打で逆転。娘が在籍中にもう1度、優勝してパレードができるかも。
20190928_174803.jpg 神宮⇒有楽町のラグビーW杯ファンゾーンと移動したあとは、丸の内のKITTEで伊達の牛タン。仙台の名店。慶應と日本代表勝利に乾杯!

Sep26

首都圏AM局でV2!

 きのうはサブキャスターとして担当する番組にフル出演。きょうは、アメリカのトランプ大統領の弾劾訴追の可能性について解説。
さき925.png 他にも消費税増税をめぐる軽減税率の微妙な部分を解説したり、それなりに忙しい1週間だ。
sakidori20190924%20(5).jpg「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」は8月の聴取率も在京AM局でトップを維持。
サキドリちゃん写真20190923%20(12).jpg 好調なので、来年以降も継続は間違いないところだけど、私の去就はまだわからない。
サキドリちゃん写真20190923%20(9).jpg ただ、去ってもいいように、今のうちにチームを勝てる軍団にはしておきたいものだ。
文化放~1.JPG 教会を改装した東京・四谷の社屋時代から報道生活25年。毎日、悔いなく放送しよう。
20190920_2.jpg あすは石川真紀アナと全国ネット枠のデスクだ。国内外ともに動きがある日なので、ベテランデスクの真骨頂を見せるかな。あ~腹減った。

Sep24

熊谷でラグビー観戦

 ラグビーワールドカップ、日本と同じプールAのロシア対サモアの試合を見てきた。場所は埼玉・熊谷スタジアム。4年に1度ではなく一生に1度だからね。
20190924_201059.jpg 試合は集散が素早いサモアの完勝。日本はアイルランド戦の次に当たるが、かなりの難敵と見た。
20190924_200511.jpg 熊谷の街はラグビー一色。うちわ祭りで有名な街だけに和のテイストでこんなディスプレイも。
20190924_193328.jpg ここにもパブリックビューイングができるファンゾーンが設けられ、出店には行列ができていた。
20190924_193402.jpg ファンゾーン横からスタジアムを結ぶ無料シャトルバスが出ていて、その案内も親切。
20190924_193506.jpg 試合だけならテレビのほうがよくわかるけど、足を運んだほうがワールドカップは堪能できる。
20190924_200301.jpg 感動したのはボランティアの笑顔とノリ。よくここまで訓練し統一したものだ。組織委やそれぞれの会場の積み上げてきた苦労も感じられた夜。

Sep22

4本目のロレックスは?

 腕にしているのはロレックスのサブマリーナ。ベゼルがコーポレートカラーの緑であることから、通称グリーンサブと呼ばれているもの。
20190923_175016.jpg 著書がベストセラーの基準とされる10万部を超えたタイミングで買ってきたので、全部で3本ある。
20190923_193234.jpg 写真右が47刷になった作品。そして写真左が17刷になっている作品。おかげさまでベストセラーだ。
20190923_193400.jpg 他にビジネス系のものが1冊10万部超え。左のヨットマスターも右の青サブもその記念のようなもの。
20190921_203957.jpg 最近、2社に打診されて新作のプロット作りを進めているけど、4度目の10万部超えはあるだろうか。
20190921_204217.jpg 最近と言えば、術後の体調はほぼ復活。どんな食べ物も受け入れられる体が戻ってきた。
20190916_192716.jpg 左脚の痛みは若干残るものの、ジムでも前のように追い込めるまでになった。けがで運動も執筆も満足にできなかったけど、ようやくエンジンがかかってきた。

Sep20

行け!桜の戦士たちよ

 スポーツの中でもっとも熱くなるのがラグビー。いよいよ日本でのワールドカップがまもなく始まる日本対ロシアの試合で幕を開ける。
ラグビー日本代表.jpg 場所は調布の味の素スタジアム。夕方の全国ネットのニュース番組を生送出してすぐ帰ってきた。
ラグビー味の素.jpg 勝ち負けに加えてトライ数でポイントが加算されるのがサッカーとの違い。4トライは獲りたい。
ラグビー有楽町.jpg 同僚が取材した有楽町のファンゾーン。ここも今、相当な賑わいを見せているのではないかな。
ラグビー清水.png 技術やパワーに加えてメンタルも勝敗を左右するのがラグビー。桜の戦士たちの魂に期待したい。
ラグビー早稲田.jpg ラグビーで一番好きな大学ラグビーも秋から本格化。対抗戦は母校の早稲田と帝京、明治の三つ巴か。
ラグビー慶應.jpg 創部120年と最古の慶應義塾も応援している。タイガー軍団復活にも期待だ。さあいよいよ日本対ロシアの試合が始まる。さあ集中!(写真:日刊スポ他)

Sep18

災害報道の課題

 きょうは涼しい。Tシャツの上に今治西のユニフォームを羽織って出社。弱いとは聞いていたけど、早くも敗退したレクイエムだよ。
ちば1.jpg 田舎の公立校で、毎年そこそこのチームを作り上げるというのは難しいことなんだろうね。
chiba1.jpg さて担当する報道番組では連日の千葉県特集。
 鋸南町と木更津市に記者を送り生活情報も含めて伝えさせた。
 どの記者も想像以上のひどさに驚く。
 どの自治体も高齢化で屋根の修理すらできないもどかしさが聞かれるのが共通点だ。各電力会社の作業員は頑張ってくれてるんだけど。
chiba.jpg 電気が復旧しているのは市街地が中心。
 ポツンと一軒家みたいな山間部は復旧がかなり遅れる見込みだとか。
 倒れた電柱を起こすだけでは完全には復旧せず再び停電する地域も相次いでいる。そんな中、私は、テレビやラジオの報道姿勢に大きな疑問を感じてしまう。
chiba2.jpg ある局は宮根某が現地から中継するだけ。
 首都圏のキー局でも被害状況を映しながら惨状を伝えるだけだ。
 テレビもパソコンも使えない被災地の方にとっては有益な情報にならない。もっと徹底して、どこに行けば風呂に入れるのかとか生活情報を伝えるべきではないのかと怒りを覚える。
chiba3.jpg しかも同じ自治体に様々な報道機関が集結している問題もある。
 上の写真と左の写真は横浜市の港湾部のもの。
 台風どころか大地震でも襲ったのかと思うような光景だ。
 ところがそれはあまり報道されない。せめて私が担当している番組だけでも色濃く生活情報を伝え、千葉県以外にも目配りしていきたいと思う。
 
 

Sep16

報道ワイドは疲れるけど

 担当する報道ワイド番組で長引く千葉県の停電について伝えた。同僚が館山や南房総でしっかり取材をしてくれたので、どうすれば情報として伝わるかに腐心した。
PK2019091302100053_size0.jpg テレビは現場の雑感を伝えてるけど、それでは被災地域の方に有益な情報にはならないから。
AAHn7sl.jpg 他にはサウジアラビアの石油施設を親イラン組織が攻撃した事件。備蓄が尽きれば原油価格の高騰は必至。
2019091501001739.jpg そして香港の大規模デモ。5大要求を通すまで折れない民主派を中国がどう封じ込めようとするか。
IMG_4328.jpg 毎日こんなこと疲れる。世界も変わらない。ただ、教授に転職するとドキドキ感はなくなる。退屈しそう。
さき20190909%20(7).jpg それに信頼する新岡Dほか一枚岩のチームや金子恵美さんらと仕事ができなくなる。それだけに進路は悩む。
20190812_134816.jpg そんな矢先、母校の今治西が愛媛の秋季地区大会で敗退。秋の紅葉もまだなのにもう春が終わった。「野球を気にせず悩め」という神のお告げか...。


Sep13

おかげさまで47刷!

 PHP文庫から発売の拙著『頭のいい子が育つパパの習慣』が重版になった。12年前に出した本が増刷を重ねて実に47刷。超ロングセラーだ。
61+OY065KGL.jpg 大学入試改革に合わせて変化する小中高のカリキュラム。
 新テストで学力の定義も変わるため売れているのだ。
 父親力が子どもの学力や職業観を左右する時代、興味がある方は読んでいただきたい。『頭のいい子が育つママの習慣』も子育て中の母親には目を通してほしい1冊だ。
20190913_6.jpg さて、きょう職場では、取材するアイテムを絞って千葉県の停電に人員とコストを割いた。
1568366060942.jpg 南房総市や市原市の取材現場から送られてきた写真。
 台風どころか直下型地震に見舞われた被災地のよう。
 山間部では電気の復旧が今月末になるところもあるとか。
 医療施設や学校の問題、生ごみ処理をどうするかなど課題は多い。細かな情報を届けていきたいとあらためて思った。
1568366042390.jpg もう1つ複数の記者を投入したのが、MGC=マラソングランドチャンピオンシップ出場選手の会見。
1568366075460.jpg 日曜のレースで五輪代表が決まるとあって、会場には女子マラソン界のレジェンドが勢ぞろい。
永野さん20190905.jpg この週末、千葉県はどこまで改善されるのか、MGCで勝ったのは誰か、そして香港や韓国のデモはどうなった?など、月曜にしっかり伝えたい。


Sep12

9・11から18年

 台風15号の影響で停電が続く千葉県。千葉市や市原市などはきょう中に大半の地域で解消されるらしいが、南房総地域はあす以降になりそう。
千葉市原市20190910%20(1).jpg 中継クルーをどこに出すか悩み中。テレビ各社は君津市か鋸南町あたりだけど。
usa9111.jpg さてきょうはアメリカ時間で9月11日。3000人が命を落とした同時多発テロから18年になる。
usa911.jpg グラウンドゼロには新しいタワービルが立ち、911テロミュージアムも旅行者でにぎわいを見せている。
usa9113.jpg あの日から世界は大きく変わった。旅客機に乗るときのセキュリティの厳しさ。移民に対するヘイトなど。
usa9115.jpg アメリカでは大統領選の動きが活発化しているけど、政治だけで世界は取り戻せるのだろうか。
usa9112.jpg 来年、選挙が熱を帯びてくる頃、NYを訪れる予定の私。台風や地震も恐いがテロも相変わらず脅威。再び現場に立ったとき、何を感じるのだろう。

Sep11

嗚呼、入閣ならず(笑)

 きょうは第4次安倍再改造内閣が発足。ひそかに文部科学大臣で入閣なら拝命しようと思っていたけど、さすがに甘くなかったか(笑)。
政治取材風景 - コピー.jpg 下の写真は、官邸からの電話を待つ当選6回組の菅原一秀さん。昨夜、LINEで「経産相、頑張ります」とメールをくれたけどそわそわ。
DSC_0572-thumb-3840x2160-48177.jpg ダンスの達人で、高校時代は早実で補欠ながら甲子園に3度出場。いろいろとよくしていただいている議員の1人。経済通でもあるから経産相は適任。
DSC_0571-thumb-2160x3840-48179.jpg 菅原事務所には入閣を見越してモーニングが用意されていた。
 一秀さんに限らず待望組は長い1日だったはずだ。
 出揃った顔ぶれを見るとどうしても小泉進次郎環境相に目が行くが安倍さんの思惑が色濃く出た内閣に。対韓政策は不変、負担増になる社保改革は進める、憲法改正を成し遂げてレガシーにする、ついでにポスト安倍候補を競わせる...。
DSC_0554-thumb-3840x2160-48171.jpg そんなことを番組で伝えながら、ちょっとした異変に気づく。ベルトが胆嚢除去手術跡を直撃して痛む。スーツを着た日に擦れたのか腫れている感じ。
さきどり201909090 (1).jpg スタジオで喋っている内容は、政治だったり国際情勢なのだけど、きょうから再びゴムの入った短パンに逆戻り。下半身まで写真に写らないからいいんだけど。
sakid20190910 (1).jpg ラフな格好が許される放送局でも、さすがに短パンは少数派。自民役員と新閣僚を見れば、「解散やりますよ内閣」にも見えるし、早く治さないとね。

Sep09

弘兼憲史さん誕生会

 生放送終わりで恵比寿のMLBカフェへ。漫画家、弘兼憲史さんの72歳の誕生日と講談社漫画賞受賞を祝うパーティーに招待されたから。
20190909_183626.jpg 司会は同期でテレビ朝日の松井康真くん。読売テレビの結城豊弘くんにも会えて良かった。ただ会場で天敵を発見し早々に退散。
20190909_190101.jpg 前横浜市長の中田宏さんとも久しぶりに話ができたけど、「絶対に来てね」と電話までくれた弘兼さんに挨拶できなかったのだけは残念。
1568023903617.jpg さて、みんな、きのうの台風は大丈夫だった? 私は「ジムで1時間走れた」ブログをUPしたあと、電車が止まらないうちに会社へGO。
20190908_233019.jpg 港区界隈は、すでにどのホテルも、首都圏のJR私鉄が翌朝から計画運休するとあって満室。やっと高めの三井ガーデンが予約できた。
20190908_234305.jpg 室内は広くて最高。窓の外は激しい風雨。きょうは台風一過、駅構内への入場規制をしている浜松町駅で取材をし通常勤務へ。もうこんな経験ないんだろうな。
IMG_4329.jpg きょうは大妻女子大の玉井先生が、私の授業風景の写真を送ってくれた。派手でスリリングな今の世界を取るか、人の成長を感じる教授職を取るか、う~ん、悩む。

Sep08

曲芸師とドアマット

 きょうはジムで1時間、走ってきた。1時間走れたのは、左脚の痛みが出た2月以来。ちょっと感動。腹筋もやってみた。完全復活に向けて少しずつ回復。
20190907_194718.jpg 食べ物も脂っこいものは避けてきたけど、普通にトンカツが食べられるまでになった。
20190907_194700.jpg まだ切開した臍の部分が引きつる感じは残っている。これさえ解消すれば復活かなあ。
abeseihuyotou.png さて今週は11日に自民党役員と内閣改造人事だ。すでに半分程度は、その顔ぶれが見えてきた。
20190906_133031.jpg これは大妻女子大でもらった「ホテル総支配人の必須条件」。総理総裁にも求められる要素に感じる。
abeseihuyotou5.png 曲芸師のように驚かせる手法、批判を受けても踏んづけられても耐えるドアマットのようなタフさ。
reiwa301.jpg 前に私の著書でも述べてきたことだが、安倍さんには外交官や独裁者の要素は備わっている。
 議院内閣制で、野党も存在する以上、民主主義者の要素も身につけてきたはずだ。
 あとは曲芸師とドアマットの要素があるかどうか。特に曲芸師の要素だ。景気にかげりが見られる中、期待値を高める人事ができるかどうか、まずそこに注目だ。

Sep06

大妻女子大学で講義

 大妻女子大学で2コマ教えてきた。夏季集中の「地域文化理解」という講義。インバウンドの課題や日韓関係などの外交問題についてね。
20190906_131015.jpg 写真は2コマを終えてのティータイム。井上副学長ら大学の皆さんがサンドイッチを用意してくれた。
20190906_124214.jpg 英国製の素敵なボーンチャイナで軽食。私のこれからの進路のことなども相談できて良かった。
20190906_083715.jpg 大妻の学生さんたちは感じがいい。加えて、講義全体を取り仕切る玉井先生、いい方と知り合えたと感じた。
20190906_121259.jpg 学生の中には、番組に学生レポーターとして出演してくれた子も。その体験が影響を与えているみたい。
20190906_121907.jpg 外交の話は少し難しかったかもしれないけど、「楽しかった」と言ってもらえてひと安心。
おおつま.png 局のスタジオで政治や国際情勢を語る仕事も悪くはないが、見える世界は変わらない。見事な造りの校舎を後にしながら、次のステップへの意を強くした。

Sep03

国内外が一気に動く

 今年6月、担当する番組に生出演してくれた香港民主派の女神、アグネス・チョウさん(=周庭さん)。先週の逮捕・起訴を受けて抗議デモが先鋭化している。
香港6.png 言論の自由を力で封殺する中国当局と香港政府の姿勢は到底許されるものではない。
香港3.jpg 新学期を期して始まった大学などでのボイコット運動が、この先、どうなっていくのか注目している。
香港2.jpg 番組でもヤマ場がいつになるのか見極めながら、誰を現地に出すか考えなければいけない。
1998b64fb1738fec2591beeac4ef42c6.jpg 香港以外にも、米中、日韓、米イランの動きからも目が離せず、スタジオではトランプの出方を解説。
政府与党1.jpg 来週11日には自民党役員人事と大幅な内閣改造もあるので、安倍政治総仕上げの顔ぶれにも注目だ。
武雄温泉物産館 1-1.jpg 並行して次回聴取率の準備も。佐賀・武雄市に住む今治西の後輩のおかげで聴取者プレゼントはほぼ決まったので、あとは中身だな。

Sep01

悩む本音はハングルで

 즐거운 8월의 월은 고민하는 9월. 이대로 문화방송에 남을 것인가,아니면 대학교수에게 전직하는 것일지 판단이 재촉받는다.
だいがく6.png 여태까지는 스튜디오가 주전장. 이제부터는 그것이 교실로 변하는 것인가?
だいがく.jpg 이전부터, 대학교수에게는 쭉 동경해 왔지만, 결단한다가 되면, 정말 고민하는 것이구나.
だいがく3.jpg 정확히(딱) 문화 방송에서는, 조기퇴직 우대 제도를 실시하고 있다. 전직한다면 호기다.
だいがく4.jpg 단지, 매스 미디어 업계에 미련은 있고, 모르는 토지에서 제로로부터라고 하는 불안도 있다.
だいがく5.jpg 게이오나 와세다와 같은 유명 대학이 아니어도, 도쿄 근교의 대학이 이상이고.
shimizu03.png 이라고는 해도, 지금의 직장에서는 진보가 없다. 말을 걸어 준 대학에 갈 것인가, 9월은 고민하는 매일이 될 것 같다.

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.