大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Feb01

中高一貫校の天下

 私が籍を置く京都大学でも入試ミス。先日、さんざん阪大をディスっていた私、報道部内で立場なし。「京大だってダメじゃん!」と言われ防戦一方。
20171104_134315.jpg 受験生の人生を狂わせる大問題。京大もダメだな。さて、子どもの人生がかかると言えば中学受験。東京でも本格的に始まった。
skd2018131%20(2).jpg 2020年大学入試改革を見据えて、早慶など有名私大の附属校に人気が集中。その代表格、早稲田中学に細木美知代記者を出した。
SKD-2018131%20(4).jpg 首都圏で15%の小6生が受験ということは85%が受けないので焦る必要はない、難関校に入ると学内評定が低くなり推薦で大学に行けなくなる等、解説。
yellow-01.jpg ただ、行けるなら中高一貫校に行くべき。思考力や表現力が問われる大学入試を思えば、中学と高校3年ずつで区切られる公立校ではきつい。
kFgeDi52FiC5DsuD_sbzqY61_3-56348-1-attach-d3.jpg 中高一貫校なら6年間で弾力的に生徒を伸ばせる。今年は早慶MARCHの附属校のほか、学校改革が進んでいる私立校の志願者が増えている。
kFgeDi52FiC5DsuD_sbzqY61_3-56350-1-attach-d3.jpg あすは女子学院中などで合格発表。地方の公立校に頑張ってもらいたいけど、首都圏の私立校には勝てなくなるなあ。(写真:去年の駒場東邦、芝、女子学院)


TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.