大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Sep28

小池総理誕生か?

 衆議院が解散された日、最大野党の民主党は、東京都の小池知事率いる希望の党への合流を選択した。
 各議員の表情から笑みが見えたのは、泥船から勢いのあるクルーザーに乗り移れそうな安堵感からか。
小池総理1.png その船長はこの人だ。政界きっての勝負師。かつて行動を共にした小沢さんの大胆さと小泉元総理の勝負勘を兼ね備えた人物である。
小池総理3.jpg 思えば8月、小沢一郎自由党代表を番組にお招きした頃から、野党再編は予測できた。見事に実現させた小沢さんと小池さん、実を取った前原さん。
PAKSdwe84_TP_V1.jpg 自公政権には想定外のこと。
 とはいえサプライズはこれだけではとどまるまい。
 稀代の勝負師はおそらく次なる手に出る。
 それは東京都知事を辞職し国政に復帰することだ。
 65歳の小池さん。都知事のまま政権を奪取しても総理になれない。年齢的に次を待つのでは遅い。ヒラリー・クリントンだって65歳で勝負をかけたではないか。
小池総理2.png 希望の党が第2の新進党化すれば天下は遠のく。都議会が禁煙条例を可決して閉幕する来月5日から衆院選公示日までの間がXデーだ。
オフサイド20170927.jpg 政局で忙殺されている中、番組では、コメンテーターの春香クリスティーンさんが卒業。とても残念。
 ただ、振り返ってはいられない。ひとまず選挙特番に向けて毎日必死でやるしかない。

Sep26

選挙準備は楽勝!

 衆院選の焦点は、あす、パークハイアットで設立会見を開く希望の党。小池都知事が代表になるのはよしとして、右派の中山夫妻まで参加させたのはどうか。
国会柵.png ある参加議員曰く、いろんな人たちが入り込んできて「豚汁みたいになってきちゃった」。言い得て妙。あすの会見に出てくる顔ぶれが楽しみだな。
サキドリ2017-0925%20(1).jpg 結果、都議会で公明党の小池離れが起き、国政でもトンデモ議員が多数誕生して、第2の維新にみたいになって、小池神話崩壊の序章になる気がする。
20170926_1.jpg 私はすでに選挙特番の体制を整えた。ただ、民進党が希望の党に吸収されて消滅する情報もあるので、あす以降の動きに注意しないと。
秋京大.png 職場では報道ワイド番組と選挙特番の両立は大変ですねとの声。
 別にそれほど忙しくない。
 さすがに今は京大の大学院に復学できる余裕はないけど遊びの予定もたくさん。
 そう言えば、早大大学院時代の仲間からもお誘いが。会いたい仲間ばかりだし選挙の前週なので行くことにした。同期は結束力が強くていい。
早稲田大学秋.jpg ちょうどその頃は早稲田の杜でOBを対象にした稲穂祭がある時期。大隈講堂周辺の木々はこんな感じになっている頃か。選挙も遊びも楽しむ秋にしよう。

Sep24

思索に耽る初秋

 ロンドンで動き回っていた疲れからか、帰国して以降は、神宮球場の慶應対法政戦にも行かず、執筆などもせず、ジムで汗を流す程度の週末。
20170924_140100.jpg ネットで高校野球愛媛秋季大会をチェックしているだけだと体がなまるので、きょうは庭いじりを少々。今週末は甥っ子の大学受験特訓もないし。
20170924_140118.jpg 日日草が咲いているので夏の風情を残してはいるものの、木々は落葉への準備を進めている。異常気象が続いても、木々は季節を忘れないね。
20170924_135843.jpg 自慢のヒメシャラは葉が黄色を帯びてきた。
 南側にあるハナミズキも紅葉を始めている。
 これからは私にとって大きな転機になるかもしれない秋。
 庭の花木が揃って葉を落とすころには来年以降、どこで何をしているかの答えが出ているんだろうね。今、できることと言えば、毎日を後悔なく過ごすくらいかな。自分の意思だけではどうにもならないから。
ロンドン小3.jpg 思索に耽りながら軽く剪定したりしていると、一番上の写真のようにきれいになった。英国で見たイングリッシュガーデンとはいかないけど。
20170923_165201.jpg これからメル2号でジムに行ってくる。頭を使わない日は体ぐらい使わないとね。でも、英国で買ってきた本も読もう。しだいに夜が長くなってきたしね。

Sep23

無事帰国!さあ選挙だ!

 ロンドンから無事、帰国したよ。世の中、すっかり解散ムード。前から「25日にサプライズがある」と知っていたので、こっちもすでに選挙特番モード。
20170921_181354.jpg 各メディアは「大義なき解散」と論評する。しかし解散に大義などない。時の権力者が都合に合わせて打つのが解散なのだ。私が安倍さんでも今やる。
abe1.jpg 小泉さんの郵政解散も前回の消費税先送り解散も、総理のジコチュー解散。そういうものなのだ。野党の態勢が整っていないのは野党がだらしないだけ。
abe4.jpg 新たな区割りの下、定数10減の465議席で争われる選挙。前原民進党や小池新党(党名は希望か)の戦いぶりなど注目度の高い戦いになる。
abe3.jpg 安倍さんも憲法改正の発議に必要な3分の2を失うリスクをとって解散に踏み切るので、こちらも他メディアの低レベルな論調に流されず報道していく。
が0るず1.png ロンドン滞在中、LINEでこんな写真が届いた。担当番組を彩るサキドリガールズたち。先のことはわからないが、「今はここがホームなんだな」と実感。
20170915_1.jpg 私が仕切る最後の選挙特番。みんなの力を借りて良い内容にしたい。番組聴取率も、首位のTBSに僅差まで迫っているので頑張らないとね。

Sep22

英国・ロンドンの旅⑤~物価編

 ロンドンで買い物と言えば、紅茶やチョコレートなどのほか、陶器、そしてバーバリーやダンヒルなどのブランド品が代表格だろう。
20170919_014539.jpg しかしあまり購入できなかった。物価が高すぎ。地下鉄なんて普通に買えば1区間で600円以上する。
20170919_022744.jpg 世界的に有名な百貨店、ハロッズにも出かけてみたのだけど、買いたいもので買えそうなものは無し。
20170920_015226.jpg そこで、と、コヴェントガーデンに出かけて雑貨も探してみたのだけど、購買意欲はそそられなかった。
20170920_004536.jpg 何もかも高くて現地の人はよく生活できるなあ。安いと感じたのはタクシー初乗りの300円くらい。
20170918_215827.jpg 五輪をコンパクトに終えて成功させた英国は、2019年3月までにEUとの離脱交渉を終える。
20170918_190601.jpg その数年後には、英国はどんな国に変わっているのだろう。時間をおいて訪ねてみたいものだ。さあ、日本に帰れば番組制作と総選挙が待っている。


Sep21

英国・ロンドンの旅④~食事編

 夏休み、ロンドンの旅の続きね。「英国にうまいものなし」と言われるのは正解。テムズの景色や重厚な建物などはとてもいいのだけど、食生活は...。
20170918_221537.jpg テムズ川の名所、観覧車「ロンドン・アイ」の足下にある店で名物のFISH&チップスをいただく。
20170918_223441.jpg タラが不漁で高級食材化しているようだけど庶民の味の定番。五輪取材時は醤油をかけて食べてた。
20170918_230244.jpg まずくはないけどうまくもないレベル。強いてうまいものを挙げればローストビーフくらいか...。
20170920_004438.jpg こちらは老舗百貨店、フォートナム&メイソンの入り口。ここでのアフタヌーンティーだけは良かった。
20170919_224108.jpg スコーンにケーキ、自慢の紅茶などがお替り自由。48ポンドもするのだけど金額に見合う満足感。
20170920_020605.jpg 1度くらい行こうと思いながら機会がなかったのがパブ。COSTAなど英国のカフェには何度も寄ったのだけど、飲まない人間にとってパブは無用の長物。

Sep20

英国・ロンドンの旅③~五輪編

「ロンドンに来たら、やっぱりココ!」ということでオリンピックパークへ。今はサッカープレミアリーグ・ウエストハムの本拠地になっている。
20170920_211202.jpg 先月は世界陸上の舞台になったスタジアム。周辺の公園は5年前のままだけど、一帯は工事現場と化してた。
20170920_184154.jpg 取材仲間で丸ノ内線と呼んでいた地下鉄セントラル線に乗ってストラトフォード経由でカニングタウンへ。
20170920_185148.jpg ここは五輪取材で私を含めたラジオチームやNHK取材班の宿舎になってたホテル。当時のままだった。
20170920_192917.jpg ゴンドラに乗ってテムズ川を渡り、体操競技などの会場だった場所に向かう。内村が金を取った会場。
20170920_231832.jpg そのあとはストラトフォードの巨大なモールで買い物をし、映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台へ。
20170920_231640.jpg 瀟洒な建物やカラフルな家並みが特徴のノッティングヒル。5年前から「行きたい」と思っていた場所へようやく足を踏み入れることができて最高!

Sep19

英国・ロンドンの旅②~観光編

 2012年ロンドン五輪のときは、3週間以上もいたのに、市の中心には2回しか行けなかったから、今回は堪能しようと出かけてみた。
20170918_222449.jpg ホテルがラッセルスクエアだったので、地下鉄のピカデリーラインでほぼ観光名所をカバーできる。
20170918_183227.jpg こちらはホテルから徒歩で行けた大英博物館。ロンドン6度目にして初。エジプトのお宝に魅了された。
20170918_181036.jpg 地下鉄で2駅、ピカデリーサーカスまで出て目指したのはナショナルギャラリー。
20170918_212054.jpg どちらも無料なのがうれしい。とはいえ、地下鉄テロが起きたばかりなのに警備が手薄。
20170918_213043.jpg それでもゴッホの代表作「ひまわり」や、モネ、レンブラントの作品を堪能できた。
20170919_185045.jpg こちらはロンドンブリッジ。前回は遠目で五輪マークが垂れ下がる風景を写メしただけだったけど、ちゃんと散策できて満足。さあ、あすはどこへ出かけようか。


Sep18

英国・ロンドンの旅①~学術編

 秋の風情が漂う英国・ロンドン。訪れるのはロンドン五輪以来だ。5年ぶり6度目。万国旗や五輪旗がそこかしこに見られた当時とは違い、落ち着いた雰囲気。
20170918_190813.jpg ロンドンは学びの街だ。近郊のオックスフォードだけでなく市内にもロンドン大学などが点在する。
20170921_181543.jpg さほど広くはない構内を歩きながら、こういうところで学ぶことができる学生たちを羨ましく思う。
20170921_181744.jpg 下の写真はアジアやアフリカ地域を研究しているロンドン大学SOAS校の建物。
20170921_182141.jpg 院生としては、瞬間的に訪問するのではなく、腰を落ち着けて学べたらいいなと思ったね。
20170920_153517.jpg 街ではフォートナム&メイソンの隣にある書店でメイ首相の政治手法や生き方を描いた本を購入。
20170919_214016.jpg 狙っていたのは「メディアと地方創生」に関連する本だったのだけど。あすは、五輪取材のとき、見て回ることができなかったロンドン市内の観光編ね。

Sep16

ジャンヌ・ダルクたちへ

 大妻女子大学のマネジメントアカデミーで「就活」をテーマにした講演。1年生から3年生およそ100人を前に、「個」を輝かせる手法について話をした。
20170911_132914.jpg 教室へ入るなり、明るく元気な挨拶が次々と降り注いできた。さすがは伝統校。行き届いてる!
20170911_150824.jpg 家庭教育や生き方、政治での講演は多々あるものの、「就活」は久々。時間配分が結構難しかったな。
20170911_143237.jpg それでも女子学生たちは前のめりで聴いてくれたし退屈させないよう笑いも取れたのでまずまずか。
20170911_132452.jpg 大学周辺は靖国神社のほか滝廉太郎の居住地跡などもあって閑静。いいところだなと実感した。
20170911_170109.jpg 私の夢は大学教員になること。いずれはこんな大学で教壇に立ち、未来のジャンヌ・ダルクたちを指導できる日が来たらいいなとつくづく思う。

Sep15

いいチーム!番組慰労会

 番組コメンテーターやスタッフで慰労会。いいチームになったなと改めて思う。下の写真はスタジオ担当の青山明誉Dとリサーチャーの青柳まゆみさん。
20170915_184338.jpg 番組制作が決まったとき、私が誰よりも先に声をかけたのがこの2人。そしてこちらは、私の女房役の新岡瑞佳ディレクターと仲良しの河合薫さん。
20170915_195157.jpg 私は、左の新岡Dがいなくなれば、きっとチーフプロデューサーなんて辞任しちゃうね。河合さんも昔からの付き合いでマルチな才女。
20170915_185349.jpg こちらは今度また遊びに行くことにした和田秀樹さんと荻原博子さん。きのうも書いたけど、これまで長いお付き合いに感謝。
20170915_184113.jpg このほか、斉藤一美キャスターや竹田有里サブキャスターら出演者の面々。いい仲間に囲まれ、最後にひと勝負できたことは幸せなことだな。
20170915_204221.jpg 中継担当の天海Dと鈴木敏デスク。楽しい会だったけど、宴会は今年8回目。年10回までと決めてる私。もし自分の送別会があっても出られなくなるな。

Sep14

最強コメンテーター

 4月から始まった文化放送の午後の報道番組「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」が、2クールを終えようとしている。
サキドリ-20170911%20(6).jpg 優秀なスタッフや聴取者のおかげ。それと同時に、コメンテーター陣の知見によるところも大きい。写真は月曜の政治学者、姜尚中さん。
サキドリ2017_09%20(5).jpg 火曜の石田純一さんもいい。何よりラジオを楽しんでくれている。コメントの中身も深い。接してみて勉強家なのだなと感じさせられる方。
はるか.png 水曜の春香クリスティーンさん。コメンテーターの中では最年少。来月から堀口ミイナさんに代わるけど、またいつか出てほしいな。
サキドリ-20170914%20(2).jpg 木曜の精神科医、和田秀樹さんは博識。灘高⇒東大理Ⅲのすごさを感じる。公私ともにお世話になっている兄貴分で、物書きとしての師匠。
20170908_4.jpg 金曜の経済ジャーナリスト、荻原博子さんとは一番付き合いが長い。あすは放送後、河合薫さんも加わって番組慰労会。宴席が苦手な私も楽しみだ。

Sep12

もうすぐ、やっと夏休み!

 職場では夏休みをとった同僚たちが次々と戻ってきている。私の夏休みはこれから。
DSC01107.JPG 報道の現場で、毎日、時間との戦いを繰り返していると、休日はリゾート地へ行きたくなる。
126.JPG 数年前まで毎年ハワイに行っていたのがウソみたい。超人気で価格が高騰。とても行けない。
P1000358.JPG そこで去年はUAEのドバイで、砂漠をRV車で走ったりしたのだけど、これは楽しかった。
dd165c78f41256d9ce0fdee8d0b5cd514e15555a_579ef4b87b6f3_p.jpg 今年の旅先は前にも書いたけど英国・ロンドン。まだ十分に計画を立てていない。
296.JPG それが終われば秋の韓国・ソウル。先に楽しみがないと頑張れないから予定だけは決まっていく...。


Sep10

北がレッドラインを超える日

 北朝鮮がICBMを発射した場合に備えて出社。先月29日には、三沢基地に米軍のレーダーがあるため、その上空を通過させ襟裳岬沖まで飛ばした。
20170909-00000002-wordleaf-03a26e5a435fa6761faed9e2621ea1802.jpg「高性能のレーダーなんていつでも潰せますよ」というメッセージ。次に飛ばすとすれば、アメリカ本土を意識した3段式の火星13号か。
_97648289_041423379.jpg その場合、アラスカ沖に落とせば、さすがにロシアも黙っていないので、先月の予告どおり中四国上空からグアムの沖に着弾させるかも。
pyonnyan.png ただ撃つとすれば、早くても、国連安保理で決議が採択され、アメリカが9・11テロ追悼の日を迎える11日か12日ではないかな。
torannpuhiowaitohausu.jpg もしミサイルがアメリカ本土近くまで飛べば、完全にレッドラインを超える。そのとき、トランプ大統領がどんなリアクションを見せるか。
prm1703130007-p2.jpg 北は金王朝存続のため、建国70年を迎える来年の今日までにICBMを実戦配備するはず。しばらくは気が抜けないな。(写真:ロイター&産経)

Sep09

ニコライ・バーグマン

 上海にいる娘からフラワーBOXが届いた。有名なニコライ・バーグマンのもの。思えばきょうは妻との結婚記念日。ありがとうね。
20170909_191737.jpg でもそんなムードじゃない。甥っ子の大学入試本番があすに迫り、朝から最後の特訓。
20170909_182521.jpg 本番そっくりの模試を2パターン作ってやらせ、今なお面接の想定問答を特訓中。
20170909_183835.jpg 寿司店で記念日のお祝いをしつつ、甥っ子にはスタミナがつくものを食べさせた。
d83c6606.jpg 初戦は法政大学経営学部。私も娘にも実体験がない大学だから難易度がわからない。
20170905_223607.jpg それでも合格させたいな。それが終われば上智大学対策。その後はロンドンへ高飛びだーっ。その前に明日は出社して北朝鮮の挑発に備えなきゃ。

Sep07

日々是決戦

「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」水曜コメンテーターの堀口ミイナさん。彼女のインスタグラムにも同じ写真が掲載されている。
サキドリ-20170906%20(1).jpg 多士済々のコメンテーター陣は番組の一番の売り。いろんな出来事が起きているけど、私は「今、なぜ夜間学部が人気なのか」を解説した。
サキドリ2017-0906.jpg 世の中の関心は民進党のジャンヌダルク、山尾志桜里議員のW不倫問題。きのうは2か所から中継。きょうも議員辞職が囁かれていたので中継した。
yamao.jpg しかし、期待の星が不倫で政治生命を絶たれるなんてね。衆院補選を控え、のるかそるかの前原執行部にとっては大打撃だ。
DJCzXvEVwAI8yhW.jpg そんな中でも看過できないのは加計獣医学部問題。きのうは今治市議会で加計幹部への参考人質疑があったけど、市議レベルでは追及など無理。
IMG_1566.jpg と偉そうなことを言いつつ、番組で特集した梅干しのしょっぱさに唖然。
 耐えきれずにいるところを加納有沙アナに撮られてしまった。
 本番が終わった直後だけがひと息つける瞬間。
 北朝鮮がICBMを撃つ可能性は十分あるし、山尾さんはひとまず離党で済ませたけど、辞職すると愛知7区も補選になるので、気を引き締めていかないとね。
 
  

Sep05

荻原博子さんとまぐろ三昧

 テレビでおなじみ、経済ジャーナリストの荻原博子さんと、サンデー毎日の編集委員と3人で新橋の「まぐろ奉行」で打合せを兼ねて会食。
20170905_210415.jpg まぐろが自慢のお店。この桶から小さな鉢に1分間で移せた分だけ食べられるルール。
20170905_185501.jpg トロを移す間に、小鉢の外に落としてしまうとゲームオーバー。割とうまく15個くらいは移せた。
20170905_193531.jpg 黒豚のしゃぶしゃぶもまいう~。打合せもいい感じで進み、サン毎さんにご馳走になってしまった。
サキドリ2017090%20(2).jpg 仕事そのものも順調。きのうは北朝鮮核実験、きょうは全国ネット枠で民進党執行部人事を解説。
20170905_223549.jpg 帰宅したら11月に京都と名古屋で行う講演の参考資料が届いてた。すでにパワーポイントは作成したけど一読して話のネタに織り込みたい。


Sep03

トランプのお尻から...

 ジムで1時間半ほどトレーニングしたあと駐車場に出たら、秋の空に月が浮かんでいた。
20170903_180958.jpg 風が心地よい。まだ百日紅は咲いているものの、夏の終わりって感じだよね。とんぼも飛び始めた。
20170903_181037.jpg 屋内トレーニングとはいえ走りやすくなったし。そんな中、ワシントンから娘が帰国。
1504439410410.jpg 聞けば、フジテレビの支局だけでなくアメリカ議会にも行ったそうな。留学時代を思い出すなあ。
1504439416997.jpg こちらが元フジテレビの笹栗実根さん宅。
 アーリントンの閑静な住宅地。
 私も昨秋はここで取材音をパソコンで職場に送り原稿を書いた。
 娘にとっては初めてのホームステイ。
 ご主人のデビットさんはじめご家族の皆さんには心から感謝。おかげで今や私よりワシントン通。
20170903_193700.jpg その娘からのお土産。ワシントンにふさわしく、トランプ大統領閣下のキーホルダー。
20170903_193716.jpg 腹部を押してみると尻から×××が。ジョークがキレるアメリカ。トランプらしくていい。


Sep02

秋晴れのワシントンDC

 アメリカ合衆国の首都、ワシントンDCにいる娘からLINE。大学2年の夏休みの思い出にと数日前から出かけている。おー、ホワイトハウス。
1504227643618.jpg アメリカ南部は大型ハリケーン「ハービー」の被害で大変みたいだけど、ワシントンは快晴。
1504219975001.jpg 緑地帯のナショナルモール西端にあるリンカーン記念堂にも行ったのか。うらやましいなあ。
1504263382419.jpg 今度は食事の写真が送られてきた。「アメリカにしては上品」と思っていたら、案の定、あのホテル。
1504219929770.jpg これはトランプ大統領が中央郵便局を改修して作ったトランプインターナショナルホテル。
 去年の秋に行ったからすぐわかる。
 ワシントンで一番の高級ホテル。
 アメリカ議会やスミソニアン博物館にも行ったらしい。元フジテレビ記者の笹栗実根さん宅にステイしているので、フジの支局も訪問したとか。
1504219918735.jpg これはジョージタウン大学だな。こっちは留学経験があるとはいえ、仕事でしか行ったことがない街だから娘のほうが行動範囲が豊富。いやあ、うらやましい。

Sep01

秋の気配

 今週も月曜から金曜まで無事オンエア終了。この仕事疲れるわ。ニュースの処理のスピードには自信がある私でも相当きつい。はっきり言って無理。
20170901_174043.jpg まだきょうは、写真のTシャツがそうだけど、昨夜のサッカーW杯出場の余韻が残り、ネタ決めや人繰りが効率良くできたほう。
20170901_2.jpg 民進党代表選もあったので、北海道選出の徳永エリ参議院議員に来てもらって、前原新体制の課題などを伝えることができた。
サキドリno0830 (1).jpg それでも総じて考えると限界。優秀なスタッフに支えられているから何とかなっているものの、制作して出演してのスーパーマンは長くはできないな。
20170901_1.jpg ただ誰か代わりが来るまでは、番組の質を落とさないで続ける努力をするしかないのかな。私なんて社内では凡才なんだけどな。
サキドリPH20170831 (2).jpg きょうから9月。季節は暦どおり秋めいてきた。この秋はいつもの秋以上に、身の振り方を考える季節になりそうだ。そうしないともたないな。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.