大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Nov29

新・報道ワイド番組始動

 韓国の朴槿恵大統領が予想より早く辞意表明。びっくりしたよー。五輪会場見直しの動きも同時に進んでいたので、デスクとしては歯ごたえがあったなー。
kyo_origin_1_1_thum630.jpg 辞意は辞意でも条件付き。
 野党だけでなく与党も同調する動きが出ていた弾劾訴追をひとまずかわして長期戦に持ち込む考えか。
 大統領を辞めれば即逮捕なのでそうならないよう時間を稼ぎ法廷闘争を有利に運ぼうと考えたのかな。まだまだ韓国政局のヤマ場は続くなー。
20161129_140652.jpg そんな中、斉藤一美アナと一緒に広告代理店に新番組の内容をPRする代理店会議に出席。
20161129_113834.jpg 彼をメインに平日夕方、報道ワイドを作るからねー。タイトルは「SAKIDORI」(先取り)。
20161129_180254.jpg 無事クリア。オバマ大統領愛用のCANARIのコートを着てご機嫌で退社。(かな~り高いよ)
20160214_152403.jpg ご機嫌な理由はもう1つ。春のAKB48の写メ会、人気NO.1のさや姉をはじめ全部当選!サッシー以上に楽しみ。竹内美宥ちゃん待っててね!

Nov27

再びニューヨークダービー?

 きのうは1日中、会社以外の仕事。無事やり終えたので、ジムで汗を流したあと、妻と一緒に寿司を食う。お目当ては穴子。(そこそこ、まいう~)
20161126_195107.jpg 寿司なんて、先月、愛媛に帰って以来。和食が人気のアメリカはもちろん、UAEでも回転寿司店を発見したけど、さすがにね...。
20161126_193702.jpg さて、アメリカが再び熱くなり始めている。サイバー攻撃で開票結果が改ざんされたという疑惑。再集計となれば次期大統領はヒラリー?
sty1611090015-f1.jpg ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシン3州の選挙人は合計46。これがすべてヒラリーだったら、トランプは敗北ということになる。
P1000212.JPG そうなると各州で訴訟になって大混乱するから、またニューヨーク取材かな。その一方で韓国の政局も風雲急を告げてきたな。
koukamon.JPG ソウルに行く度に散歩している青瓦台へとつながる大通りがデモで埋まったとか。朴槿恵は辞任すれば逮捕されるから居座っているだけ。
20161126_193519.jpg どちらも来月半ばあたりがヤマだな。余裕がある今のうちに、講演準備や執筆はしっかりやっておこう。(ねぎとろ巻も、そこそこまいう~)

Nov24

11月なのに雪レポート

 11月なのに首都圏は54年ぶりに雪。私が生まれた年に降って以来ね。そんな中、西銀座で年末ジャンボ発売の風景を取材してきたところ。
ゆき.jpg 前後賞合わせて1等が10億円かぁ...。私は宝くじ頼みなどせず、自分の力でチャンスを掴みます。(それが苦戦してるんだけど)
ゆき1.jpg さいたまも朝から雪。私のメル2号や妻のメル1号も雪化粧。きょうは遊軍(なんでも取材する係)なのでJR大宮駅前で乗客のインタビューから。
yuki1.jpg 雪はたいしたことないけど、帰りの路面凍結に気をつけよう。それにしても寒い。首都圏の秋は短い。夏のあとすぐ冬が来る感覚。
NxK0vs2prioV5d3jZArmRtV1.3-55117-1-attach-d311.jpg 最高気温32度のらくだの国にいたからきつい。外取材2発で体が冷え切っちゃった。そしてついさっき、詩人のアーサー・ビナードさんとバッタリ。
vCTjDXy8obEELJqGR.RsYsc.3-55170-1-attach-d3.jpg トランプ勝利を予見してきたアーサーさんに、「ダメなアメリカ人だなあ」と述べてきた非礼を詫び、師匠と呼ばせてもらうことにしたよ(笑)。

Nov23

日本のニュースに追いつこう!

 勤労感謝の日は出勤。さきほど昼ニュースで、砂山アナを前に、アメリカでトランプ氏当選後、株価が急上昇している理由を解説してきた。
NxK0vs2prioV5d3jZArmRtV1.3-55142-1-attach-d3.jpg 問題は日本で関心事となっているニュース。なにしろ先々週はニューヨークにいて、先週もドバイにいたものだから追いつくのに必死。
m2zqHj7DewIss.3-54949-1-attach-d3.JPG いまだにトランプ次期大統領誕生のニュースがかなりのウェイトを占めてくれているので助かるのだけど、別ネタも理解しておかなくちゃね。
アブダビ9.jpg ドバイ&アブダビの旅の余韻と疲れはまだ残ってるけど、雑誌の記事執筆やら講演の打合せ、それに正月特番などの準備もあるし...。
2ca0bd6155aa150113ecff970ad7e30d.jpg へえ、一橋大の学生が殺害されたのか...。私に何かあったら、京大がコメントを発表してくれるのかな。「優秀な院生だったのですが」なんて。
こうかもん.jpg 韓国の朴大統領についても見ておかないと。弾劾どころか辞任もあり得る話。日本の国会もTPPと年金で延長されそうだし、追いつかないと(汗)。

Nov22

魅惑のアラビアンシティー④~デザート

 きょうは福島沖の地震とトランプのTPP脱退発言で大忙しだった。さて、UAEアラブ首長国連邦の旅ファイナル、砂漠(=デザート)編。
P1000360.JPG 未来都市ドバイからクルマで30分も走れば砂漠。4駆のSUVで砂漠を駆けるツアーに参加。
P1000363.JPG 道なき道を駆け抜けたあとは砂漠に沈む夕陽。ムハンマドも見たであろうか、神秘的な光に息を飲んだ。
P1000372.JPG 日没後はベドウィン族のキャンプでらくだ乗り。現地ツアーに参加した目的はキャメルライド。
P1000377.JPG 背中にまたがり、らくだが後ろ足でスクッと立つ瞬間はかなり怖い。らくだ自体はおとなしいけど。
P1000394.JPG 次はアラブ料理にシーシャ(=水たばこ)。湾岸戦争のとき、通訳に水たばこを教えてもらったっけ。
P1000398.JPG おしまいはセクシーなベリーダンス観賞で締め。よくここまで効率よくプログラムを組んだなと感心。
20161118_172539.jpg 家族で遊び尽くしたUAE。デザート違いだけど東京にはない美味しいデザートもあるし見所も豊富。
20161118_170049.jpg ただ、セレブが多い国なのでタクシーを除けば物価は高め。街も工事中で統一感ゼロ。エミレーツ航空もいまいち。1度行くには最高の街...と総評しておこう。

Nov21

魅惑のアラビアンシティー③~アブダビ

 きょうもUAEの旅の続きね。ドバイで2日遊んだあと、陸路、最大都市の首都アブダビへ。お目当てはシェイク・ザイード・モスク。
アブダビ.jpg アラブ諸国でも最大級のモスク。82のドームと1000本を超える円柱が純白で美しい。
アブダビ7.jpg ドバイの高層ビル群を横目に高速を北上すること2時間弱。白亜のモスクが目の前に...。
アブダビ1.jpg 白鷺城とうたわれる姫路城より白く、しかも壮大ではないかーっ。白と青のコントラストに絶句。
アブダビ2.jpg 中に入れば、4万人の教徒を収容できる広さと重さ9トンのシャンデリアに目を奪われた。
アブダビ6.jpg アブダビ市内は王宮などイスラムらしい建物のほかに高層ビルが林立。勢いを感じたね。
アブダビ4.jpg 帰りがけ、屋内型テーマパークのフェラーリ・ワールドにも立ち寄り絶叫マシンに乗ってきた。
アブダビ5.jpg ここの印象はまあまあ。同じ屋内型ならソウルのロッテワールドのほうが上。ただ、アブダビを満喫できたので満足。あすは砂漠編だよ~。


Nov20

魅惑のアラビアンシティー②~豪華ホテル

 油田発掘前と後で大きく変化したUAE。治安がよく誰もが安心して遊べる注目の旅行先。その理由の1つが目的に合わせて選べる豪華ホテルの存在。
P1000271.JPG まずはペルシャ湾を埋め立てて作った人工島の突先にできたアトランティス・ザ・パーム。
20161116_180522.jpg これが正面。中は宿泊者以外入れないけどウォーターパークを併設しているので家族向き。
P1000304.JPG こちらは3つのホテルがクリーク(運河)でつながるマディナ・ジュメイラ。アラビア感でいっぱい。
P1000313.JPG で、私が宿泊したのがJWマリオット。350メートルの世界一高いホテル。58階からの眺望ね。
P1000349.JPG 遠くにバージ・アル・アラブが見える。ドバイは2020年の万博を控えどこもかしこも工事中。
20161119_051155.jpg 夜はリッチな人々の社交場と化すホテル。普通の市民はどう見ているのかとふと気になる。
P1000353.JPG 住民の9割が外国人というから違和感はないのか。あと、計画性なく奇抜な街づくりが進んでいる点も懸念材料。あすは首都アブダビ編ね。


Nov19

魅惑のアラビアンシティー①~初ドバイ

 ドバイから帰国。最高気温32度とはいえ、この時期はカラッとしているので、快適に遊び尽くすことができた。UAEアラブ首長国連邦の旅をご報告~!
20161115_205452.jpg 中東は湾岸戦争以来4度目。でもUAEは、ヨルダンやエジプトなどとは全く違う発展度合い。
20161115_142257.jpg ペルシャ湾に面して建つバージ・アル・アラブ。ドバイ市内で最高級のホテルはその象徴。
P1000261.JPG 羽田からまず降り立ったのはUAE第2の都市、ドバイ。こちらは歴史を感じさせるジュメイラモスク。
P1000269.JPG 途中立ち寄ったスターバックスには見慣れないアラビア文字。中東に来たんだなと実感。
P1000282.JPG 旧市街でアブラと呼ばれる水上タクシーに乗りスーク(市場)へ。ここはスパイススーク。
20161116_004219.jpg こういうアラビアンな雰囲気と超近代的な要素を併せ持つのがドバイの魅力かな。
 こちらが828メートルと世界一の高さを誇る建物のブルジュ・ハリファ。
 ここまで高いと神を冒涜するような思いにかられるけど、ただで噴水ショーが見られたり、ずっと眺めていても飽きない。
20161117_013842.jpg ブルジュ・ハリファの足下には世界一の広さを誇るドバイモール。中には水族館やスケート場も。フルに楽しめるので旅行会社が力を入れるはずだな。


Nov13

今度は灼熱のアラブへ

 ニューヨークから戻り北海道講演だったので、さすがに頭と体がぼーっとしてる。ピアノの上にはワシントンDCで買ってきた大統領選グッズ。
20161113_125139.jpg ヒラリーの敗戦がいまだに信じられない。ただ、彼女の敗戦のスピーチ、その足跡には敬意を表したい。
20161111_092343.jpg 2つ買ってきたトランプ帽子の1つは、職場で石川真紀キャスターにプレゼントした。
m2zqHj7DewIss.3-54946-1-attach-d1.JPG 紅葉が綺麗だったワシントンDCとニューヨーク。走り回った疲れがやや出ているかな。
20161112_123549.jpg そしてきのうは北海道北斗市で講演。アメリカと日本で寒暖の差が少なかったのは救いだな。
Arabian_Adventures_400x300_tcm263-1516046.jpg さて、あすはデスクを務めたあと、夜便のエミレーツ航空で灼熱のアラブ首長国連邦に飛ぶ。
20161110_215303.jpg アメリカで一時迷子になってたバゲージに荷物を詰め替え、高層ビルと砂漠が待つドバイで家族水入らずの夏休み(笑)。次の更新は旅行のあとね。

Nov12

函館北斗、日帰り講演

 初めて北海道新幹線に乗って日帰り講演。場所は北海道北斗市。わかりやすく言えば函館市の隣。きょうの北海道南部は気持ちのいい青空。
20161112_160518.jpg トラピスト修道院で有名な北斗市。新幹線の駅まで迎えに来ていただいて講演会場へ。。
20161112_123746.jpg ニューヨークの老舗百貨店Bloomingdale'sで購入したイタリアの名品CANARIのコートを着てね。
20161112_123909.jpg 講演は2020年の大学入試改革に向けて家庭教育のあり方について話をさせていただいた。
20161112_143702.jpg 主宰者側が用意してくれた昼食。函館北斗らしい海の幸がてんこもり。
20161112_130022.jpg 北斗市をあげての大会。皆さんいい方ばかりで気持ちよく講演を終えることができた。感謝!
20161112_160902.jpg しかし新幹線は時間かかるね。大宮から3時間半。今回は日帰りだったけど、次に函館方面に行くときは1泊するか飛行機にしよう。

Nov11

燃えるアメリカ⑦~ヒラリー敗戦

 JFK空港発の全日空機で帰国。体調はとても元気なのだけど、敬愛するヒラリー・クリントン候補まさかの敗戦に気持ちが落ち込んでいる。
P1000175.JPG 既存のワシントン政治への不満がトランプ氏を押し上げたね。女性への偏見も根強いしね。
mcb1611100637028-f1.jpg クリントン候補の本部前からエンパイアステートビルを眺めてた頃は勝つと信じてたのにな。
m2zqHj7DewIss.3-54980-1-attach-d3.jpg 上院選でスタッフをして以来、一貫してヒラリー推しできた私。トランプ氏の品性は完全にNOだ。
P1000246.JPG ニューヨークでは、トランプNOを訴える人垣ができてたけど、アメリカ社会はまた分断されるね。
P1000245.JPG 得票数ではトランプ氏の負け。議会を共和党で抑えたのはプラスだろうけど、反トランプの声は大きい。
P1000176.JPG それでも彼が勝てたのは、彼の派手な言動とそれに乗せられた軽薄な有権者が大勢いたから。この国民にしてこの大統領あり...アメリカに失望した。

Nov09

燃えるアメリカ⑥~さあどっち?

 アメリカ東海岸の投票が締め切られ、各地で開票が始まった。私は今、クリントン候補が開票を待つジャビッツセンターから帰ってきたとこ。
P1000240.JPG ガラス張りの会場にはヒラリーのHの文字が浮かび上がり、かなりの数の警官が周辺を規制してた。
P1000236.JPG その前にはマンハッタンの投票所を取材。ニューヨークはほとんどがクリントン支持。
P1000238.JPG ただ全体では僅差か。TBSの金平茂紀さんたちは先ほど専用車で取材に出て行った。
P1000244.JPG テレビは5人前後のチーム。私はニューヨークの母とも慕う市岡中さんと速報体制。
P1000173.JPG すでに私の生レポは2本。これからトランプ候補がいるヒルトンホテルに向かう。これから忙しくなるので次の更新は帰国後かもね。

Nov08

燃えるアメリカ⑤~決戦前夜

 出張6日目。ニューヨークはきょうも快晴。きょうは大統領選取材の合間に見た街の様子を。さすがに四六時中、取材してるわけじゃないから。
P1000203.JPG 今朝は同じホテルに宿泊しているTBS「報道特集」キャスターの金平茂紀さんにお目にかかった。こちらも負けちゃあいられないと取材へ。
P1000188.JPG 寝不足の体に心地よいのは晩秋の美しい風景。ロックフェラーセンターはクリスマスの装い。セントラルパークの紅葉は今が見頃。
P1000190.JPG きのうはここでニューヨークマラソンに遭遇。昔、有森裕子のゴールを見たっけ。ただ、すぐ現実の世界に戻されるのが今のニューヨーク。
P1000213.JPG NYPDによる警戒の強化。支持者のボルテージの高まり。街をそぞろ歩いているだけで中継レポートのネタが拾える状況。
m2zqHj7DewIss.3-54949-1-attach-d2.JPG 上の写真はグリニッジビレッジ。SOHOの隣の地区でとてもきれい。おいしいカップケーキ店などもあって少しだけ心が和む。
P1000220.JPG さあ投開票日はあす。トランプ氏が来るヒルトン前にはCNNなどの中継車がスタンバイ。私もあす、6~8回は中継レポの予定。いよいよ決戦だな。

Nov07

燃えるアメリカ④~ロストバゲージ

 きのう(5日)、ニューヨークに到着。35歳のとき留学していた大好きな街。ブロードウェイでさっそくスパイダーマンと遭遇。
P1000180.JPG 彼と遭遇したときの気分は最悪。ワシントンから着くはずのスーツケースが、ニューヨークではなくヒューストンに行っちゃったから。
P1000178.JPG 着替えもパソコンもない状態で失意の中、トランプタワーで取材。土産店で星条旗カラーのパンツを買ったもののブログの更新はできなかったよ。
P1000183.JPG ロストバゲージはつらい。航空会社がホテルへ届けてくれることがわかりホッとしながら、NHKアメリカ総局長の傍田賢治さんと朝食。
P1000196.JPG 傍田さんと別れたあと、クリントン候補の選挙対策本部へ。接戦なので、ニューヨーク市民にではなく、フロリダ州民に電話で支持を呼び掛けてた。
P1000195.JPG 選対の幹部は、クリントン勝利に自信を見せていたけど、彼女がいい候補なら楽勝だったはず。さあ本番まで中1日。(スーツケース着いた~)

Nov05

燃えるアメリカ③~さらばDC

 ワシントンは快晴。きのうは、与党によるTPP強行採決で、全国ネット枠での私の中継レポがなくなったらしい。気を取り直して取材開始。
P1000170.JPG 私の後ろに見えるのがホワイトハウス。次の政権で日米関係はどう変化するのかがテーマ。
P1000148.JPG バイデン副大統領の側近でマンスフィールド財団のフランク・ジャヌージCEOに取材。
P1000152.JPG 一度ホテルで着替えたあと、話のタネにトランプ氏が先月オープンさせたホテルへGO。
P1000159.JPG 中は超豪華。元フジテレビの笹栗実根さんとランチ。2人で54ドルならまあまあ。
P1000162.JPG ペンシルベニア通りで大統領選グッズを購入。負けた候補のグッズは75%OFFだって。
P1000161.JPG 店主に話を聞いて首都での取材は終了。笹栗さんや村井さんには心から感謝。さあ明日からニューヨーク。パソコンのトラブルがないといいな。

Nov04

燃えるアメリカ②~差はわずか

 ワシントンDCは曇り。外は意外に暖かい。着いた日にあえて頑張り、疲れて眠れば時差ボケを感じなくなる私。きょうも元気に出撃。
P1000136.JPG まずは、15thStにある重厚な建物のユニバーシティークラブで、連邦政府と関係がある有識者とランチをしながらのインタビュー。
P1000141.JPG 全員がクリントン候補の支持者だけど、共和党員なのに今回はクリントンに投票するという弁護士の話などどれも興味深かった。
P1000143.JPG きょう現在、クリントンとトランプが互角の戦いをしている州は5つ。もう少し広く言えば11。ただ、オハイオはトランプに傾いた。
P1000137.JPG 両候補の差はわずか。両党のマスコットをかたどったオブジェも登場するほど首都での関心は高い。どっちが勝つかで生活を直撃するからねー。
P1000144.JPG どの方もシャープで話が簡潔明瞭。あすもバイデン副大統領の側近に取材予定。早くも大統領就任式典の工事が始まったエリアにも出かけてみよう。

Nov03

燃えるアメリカ①~初日から全力

 全日空機でアメリカに到着。19年ぶり3度目の首都ワシントンDC。ダレス空港からホワイトハウス近くのホテルに向かい、着いたらすぐ取材。
P1000122.JPG 元フジテレビの笹栗実根さんのクルマで郊外のジョージタウンへ。さっそくS&R財団の久能祐子理事長にインタビュー。
P1000129.JPG 続いてバージニア州アーリントンで期日前投票の様子を取材。有権者の4割が期日前に投票するっていうから動向は無視できない。
P1000130.JPG でもアメリカ人ってメディアの質問によく答えてくれるので助かる。聞けば「トランプに投票した」と答えたのは1人だけ。
P1000131.JPG 最後は笹栗さんと夫のデビットさんご家族の自宅で夕食。世界銀行の村井暁子さんも来てくれて、選挙話で盛り上がることができた。
P1000118.JPG ただ入国手続きの遅さとネットがつながらないトラブルには閉口した。宿泊ホテルは新感覚でいいのだけど、ハイスペックすぎてオジサンにはきつい。

Nov01

さあアメリカが待っている!

 全国ネットのニュース番組のデスクをしつつ、アメリカ出張の準備をしているとこ。完璧なようで何か忘れているようで、旅の前はいつもそう。
p1DbS0VJ0F536.3-54790-1-attach-d3.jpg アメリカ使用のポロを着て気合いは入れてみるのだけど、まあ出たとこ勝負。
DC風景.jpg 何せワシントンは19年ぶり。白い建物に映える紅葉が慌ただしい取材の癒しになるはず。
NY風景.jpg ニューヨークも12年ぶり。それまでは毎年のように行ってたけど今は勘が鈍ってるかも。
p1DbS0VJ0F536.3-54789-1-attach-d3.jpg 妻からのLINEによれば、ラゲージがぶっ壊れたらしい。まだ新しいサムソナイトなのに。
p1DbS0VJ0F536.3-54779-1-attach-d3.jpg 旅はハプニングも楽しいもの。アメリカの現在地を伝えるべく行ってまいりま~す。湯たんぽのアプリは連れてけないけどね~。

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.