大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Nov30

さあ、次は論文だ!

 来年3~4月に出版予定の原稿が完成!入院中に書き終えたものを、一応、最初から見直して完了。近々、編集者にメール送りするよ。
L2T6QQPeSbYKs.3-48653-1-attach-d3.jpg 本の執筆はマラソンと同じ。
 途中でしんどくなるけど終わったあとの解放感は格別。
 1つヤマを越えたので、次は論文に取りかかる。まさかの入院で1カ月ロスしたからねー。
9784569762906.jpg ただ、同じ苦行でも論文より本のほうが楽しみが多い。
 まず多くの方に届くのがいい。
 論文は学会誌や紀要に掲載されたとしても届かないもんね。
 文庫や単行本の場合はどんな表紙になるのかも楽しみ。
 PHP文庫での私の子育てシリーズは、ほとんどが上田三根子先生の手によるもの。そのおかげで累計40万部超え。
9784569679617.jpg 又吉直樹さんの「火花」には遠く及ばないものの、私としては十分に感動的な数字。
 本当に幸せなことだなと思う。
 次も上田先生かな。それとも別の方のイラストになるのかな。
 いずれにしても多くの方に読んでいただけたら嬉しい。
 と言いつつ、論文を書かないと夢につながらない。そこがツライとこなんだよねー。さあ、ゼロからのスタートでどこまで仕上げられるか...う~ん。

Nov29

新・いつまでもデブと思うなよ(11)

 フィットネスクラブ通いを再開したよ~!(パチパチパチ!) 実に1ヶ月ぶり。
20151129_155445.jpg まだランニングはできない。
 腹筋も無理。
 そこできょうはウォーキング40分とチェストプレスを少々。それでもなまっていた体が目覚めてくる感じ。いつまでもデブと思うなよ。
20151129_121909.jpg でもその前のランチがこれ。
 大宮駅の中に仙台の名店がオープンしていたから。
 牛たんの「利休」。これはエキナカオリジナルの「牛たんボウル」。廉価版だけどおいしそう。
20151129_121820.jpg こちらが定番の牛たん定食。
 あ~たまらん。
 肉厚の牛たん焼きを食べちゃうと薄いのは食べられなくなるね。ただ、こんなランチ食べちゃうとジムに行くしかないっしょ?
20151129_105453.jpg 久しぶりにジムに行って感じたのは、当面走るのは無理っぽいこと。
 太らないよう食べる量を抑えるか、走れないけどジムに通うか。まあ、通うしかないわな、デブに戻らないためには。

Nov28

いい天気でお出かけ

 いい天気だったのでお出かけしてきた。デジカメが古くなったので、ライカの技術を搭載したパナソニックの新製品を購入。
20151128_123641.jpg 前のはロンドン五輪に間に合わせるため適当に買ったカメラ。
 望遠が4倍までしかなく、スマホの性能を下回る有様。
 そこで、綾瀬はるかさんがCMをやっているLUMIXのいいやつにしたわけ。
 まだ使ってないけど、これでどこへ出かけても大丈夫。当ブログに載せる写真だって、LUMIXを使ったときは鮮明になるかも...。
20151128_140502.jpg 出かけたついでに昼食。
 入院中は一日三食だったからお昼を抜くとお腹が空く。
 前から食べたかったすき焼き御膳の大盛り。肉が柔らかくてまいう~。(これだよ、これ!)
20151128_133850.jpg いつまでもこんな感じだと太る。
 でも今は栄養を摂って治しなさいと言われているからね。
 来週末からはジム通いを始めるので、体重をキープするくらいはできるだろう。
 きょうもきのうよりは少し回復した気がする。
 ロキソニンを飲まなくても痛くないし、歩く速さも普通の人レベルに。この分だと、もうすぐ運転もできそう。
20151128_104140.jpg 大型電器店に行く前に病院へ。
 巨額の入院費と治療費を支払う。
 それと保険の手続き。
 私がいた病室は空いてた。退院して1週間。お世話になった看護師のCさんに挨拶もできた。Uさんの姿が見えなかったのが残念。
 
 

Nov27

順調に回復している...らしい

 きのう、西大宮病院で、退院後初の検診を受けてきたよー。エコーおよび血液検査の結果、順調に回復しているらしい。(ほっ)
IEe2EEe5vyOM2.3-48610-1-attach-d3.jpg これが外科の診察室。
 引きつる感はかなりあるものの、それは日を追うごとに消えていくんだとか。普通に風呂に入っていいし、プールやウォーキング程度ならOKだって。(ほっ)
IEe2EEe5vyOM2.3-48612-1-attach-d3.jpg 入院してから1か月。
 病院の外観を、何とも言えない気持ちで何度眺めてきたことか。
 来月、あと1回、通院すればオシマイ。体と相談しながら、ジム通いも再開させるか。
99TZSIkWbzdIU.3-48617-1-attach-d3.jpg あと、海外旅行をキャンセルしたところには、京都行きの日程を入れた。
 今年度中に、A4で15枚程度の論文を教授に提出しないといけないから。
 資料集めや取材をしないと書けないからね。
 ただ、京都は1月でも混んでる。ホテルは2連泊で予約するのが精一杯。観光名所は人・人・人なのかなー。(今月の伏見稲荷)
IEe2EEe5vyOM2.3-48613-1-attach-d3.jpg それでもコミュニティーFMめぐりをしなくちゃいけない。
 FMを核にした地方創生がテーマだからね。関西は面白い局が多いので、大学院を京都にしたのは正解だけど、超混雑は大誤算。(バスで京都駅⇒大学が1時間かかるもん)
 

Nov26

SEKAI NO OWARI

 出社したら、文化放送のロビーにクリスマスツリーとポインセチアが飾られてた。入院している間に、季節はかなり進んじゃったなー。(寒いし)
jLtqBMePcDmq6.3-48598-1-attach-d2.jpg 隣は弊社のゆるキャラ、キューイチローの模型。(よろしく)
 さて、入院して以降、行動や食事が制限されてきた私。
 もちろん、動けないから車や電車には乗れないし、食べられないのだから、好きなものも食えない。
 それでも意外と不自由さは感じなかった。私の場合、奪われると活力を失うのは、海外旅行と執筆・発表の機会。
jLtqBMePcDmq6.3-48598-1-attach-d5.jpg この2つを失うと電池切れ状態になる。
 きょう年明けに予定していた旅行をキャンセル。
 溜まっていた代休の大半を、入院で消化しちゃったからねー。あと1つ失えば完全にアウト。
jLtqBMePcDmq6.3-48598-1-attach-d3.jpg 入院中、食べられなかった好物は退院後に食べれば済む。
 しかし先々の楽しみである海外旅行とか執筆を失うと痛~い。
 仕方がないことなのだけど、旅行をキャンセルしてから体温まで低下した気がするんだよなー。
「○○があるから頑張ろう」と耐えてきたことが、耐えられなくなりそう。(大人しく論文書いてろって?)
jLtqBMePcDmq6.3-48598-1-attach-d6.jpg きょうは午後早退して病院での検診。
 再び西大宮病院だ。
 早く完治させたいけど、「治すぞ!」って思えるインセンティブがほしいなー。せめて執筆・発表の機会だけはキープしないと、SEKAI NO OWARI。(それにしても寒い)
 
 

Nov25

心強い味方

 昨夜、系列局が集まる「ニュースパレード」総会があり、基調講演でお招きした慶應義塾大学名誉教授の小林節さんとお目にかかった。
Z98PNFDUk2Qiw.3-48580-1-attach-d3.jpg 小林先生は私のよき理解者。
 きのうも「君は大学の先生になるべき」「何か耳に挟んだら必ず連絡するから」と励ましてくれた。
 憲法改正や安保法制で取材させていただいただけじゃない。
 先生の講義に出させてもらったり、逆に慶應の大学院で講演までさせてもらった恩人でもある。手書きで推薦状まで書いて下さったことも。
Z98PNFDUk2Qiw.3-48582-1-attach-d3.jpg 1ヶ月近い入院で攻めの気持ちが減少気味。
 せっかく入った大学院も「休学か中退しようかな」と弱気になっていた。
 ところが小林先生は「博士号取得はともかく、3年頑張れ」「京大で3年やれば箔がつく」と背中を押して下さった。
 そして、「たとえ60歳を超えても大学教授になりなさい」とも。心強い言葉、ありがたい...。
ダッシュKEIO2015-3.jpg 今はもう慶應の法学部で教えていないのが残念。
 三田は職場から近いので迷いが生じたら相談に行けたのに。ただ、小林先生という心強い味方がいることは財産。その言葉を励みに精進する気になってきた。もちろんラジオの仕事も全力でやるぞ!
 
 

Nov24

ベルギーと大阪

「海外旅行でどこが一番良かった?」と聞かれたら、ベルギーと答えてきた私。パリのテロで、ベルギーが注目されているのは残念。
ブリュッセル.JPG 美しい首都のブリュッセル。
 グランプラスは大好きな広場。
 ここから車でわずかな距離のモレンベークがテロリストの巣窟とは。移民政策の失敗。自治区に手を出しにくい行政の弱さ。
ブリュッセル1.jpg ドイツなどもそうだけど欧州全土で移民&難民反対運動が激しくなりそう。
 数えてみれば、ベルギーには過去4回行っている。ブリュッセルだけでなく、ブルージュやアントワープも最高!
ZPLO8qn7bg6dQ.3-48559-1-attach-d3.jpg これは96年のもの。
 妻とベルギーの主だった街を回ったときの写真。
 中東系の人が結構多いなとは感じたけど、それが約20年後、厳戒態勢が敷かれるほどになるとはね。
 対ISは、アメリカ大統領選をはじめ来年の国際情勢に大きな影響を与えるのは確実だね。一方、国内を見れば、大阪W選挙で2戦2勝の「おおさか維新」。
維新毎日.jpg 橋下さんは当面引退しても来年必ず表舞台に出る。
 安倍さんは岸&池田両政権がやった安保と所得倍増を一代でやる腹。通常国会を7月まで延ばして参院選を衆院選とWにするかも。そのときこそ橋下さんの出番かな。(写真:毎日新聞)
 

Nov23

職場復帰したよー!

 ほぼ1ヶ月ぶりに職場復帰。祝日で、通勤電車が満員じゃないので、リハビリとしてはちょうどいい日。いいわあ、やっぱ、職場は...。
8HHwlcWwILjtc.3-48554-1-attach-d3.jpg 報道スポーツセンターの仲間が出迎えてくれて、やっと戻れたのだなと実感。今週中はまだローテに入ってないけど、そこそこやれそう。
8HHwlcWwILjtc.3-48556-1-attach-d3.jpg 上下の写真は、LINEで送ってもらった京都大学の風景。そうだ、この3連休、京大の学園祭「11月祭」だったな。(行きてえなー)
8HHwlcWwILjtc.3-48557-1-attach-d3.jpg 紅葉が見頃なので、京都市内は、東京ディズニーランドか明治神宮の初詣並みに大混雑しているらしい。(それでも行きてえなー)
8HHwlcWwILjtc.3-48558-1-attach-d3.jpg 長期離脱している間に、私の記事が掲載されてる雑誌も届いてた。PHPさんからはありがたいことに更なるオファーまで。(感謝だね)
8HHwlcWwILjtc.3-48555-1-attach-d3.jpg まだ完治には遠い感じだけど、出社したらシャキッとしてきた。最近の出来事は十分把握しているので、ダッシュしない取材ならできる!

Nov22

自宅はいいね!

 妻が運転するメル1号で、24日ぶりに自宅に生還したよ。おー、わが家じゃ。庭の木々は落葉し、予想どおり、すっかり冬支度。
20151121_144038.jpg やっぱり自宅はいいね。
 看護スタッフによるお茶のサービスや上げ膳下げ膳はないけど。
 若い看護師さんが、1週間ごとに変えてきた3本のロレックスを見て、「ひょっとしてお金持ちさんですか?」と言ってはくれないけど。
 ナースコールもできなければ、楽に起き上れるパラマウントベッドもないけど、それでもわが家が一番。
20151121_144119.jpg ひと月前は想像もしていなかった展開。
 ドラマでしか見たことがなかった検査。
 手術を受け、毎日、点滴をし、右腹部に当てたガーゼを何度も取り替えてもらい、浣腸攻撃まで...。
20151121_205404.jpg 鎮痛薬のロキソニンによる副作用でむくみ、夜中に胃が痛くなったことも。
 初物づくしの壮絶な体験だった。
 退院から一晩明けての実感は、まだ体調は60~70%ってとこか。
 自宅では入院中に9歳になったアプリがお出迎え。
 ソファーに座ると、ちょうど右腹部に乗っかってくるのがキツイわ。それでも自宅はくつろげる。
20151121_143518.jpg 留守をしている間にたくさんのお届け物。
 中にはこんなものも。
 指原莉乃さんの写メ会、当たったんだったな。いろいろなことを少しずつやっていく中で、今もかなり感じている右腹部の引きつった感じが消えていくといいな。
 
 

Nov21

ああ、入院生活⑦~退院編~

 退院の朝。さいたま市は快晴。やった~!ついに退院だよ~!24日間だもんね。まさか、ここまで長引くとは思わなかったよ。
20151121_0734071.jpg 今朝の西大宮病院。
 担当医の2人の先生や看護師の皆さんには本当に良くしてもらった。
 治ったほうがいいので名残惜しく思っちゃいけないけど、深く感謝してる。
 体調は?というと、まだ回復度は80%くらい?
 数分前、担当医のN先生が、右腹部から最後の管を抜いたけど、抜いたばかりのためか、違和感は結構ある。
20151118_195553.jpg 当面は文化放送で勤務に復帰しつつ通院かな。
 この病室とももうすぐおさらば。
 隣の病室の93歳のおじいちゃんが、今治西の前身、旧制今治中のOBとわかって驚いた。
20151115_164014.jpg 文科省を退官されたのだとか。
 越智という名で高校野球の話をしていたので判明。
 上の写真は私の個室。もうすぐ妻が来て、ここを引き払う。お世話になりましたね...。
20151117_081109.jpg 病院食もお昼を食べたら終わり。
 絶食が流動食になり、流動食が粥になり。
 まあ3週間余りの入院生活で、いろんな勉強になった。病院は、高齢化が急速に進む日本の縮図。
20151118_095112.jpg 治癒の見込みが感じられない高齢患者の多さ。
 次々と入れ替わる入院患者に救急搬送されてくる患者の多さ。
 病室で淋しく亡くなっていく人。
 交替制で働き続ける看護師と眠らない病院。
 1億総活躍なんて絵空事!
 勉強になったし原稿も書けたし、無駄ではなかった...と思おう。ありがとう!西大宮病院。(写真は散歩コースで赤い実をつけたソヨゴの木)

Nov20

ああ、入院生活⑥~晩秋編~

 テレビを見ていると、お散歩番組が多い。ただ、いざ散歩してみるといいもんだね。写真は、西大宮病院から徒歩5分の三橋総合公園。
20151119_134525.jpg 娘が小学生の頃よく来た公園。
 紅葉が見ごろ。
 きれいだけど、まさか三橋で晩秋を感じることになるなんて...。来年の晩秋は、アメリカ大統領選取材で、セントラルパークの落ち葉を踏みしめていたいものだな。
20151118_095158.jpg いつもの定番お散歩コースのハナミズキも落葉。
 たぶん、わが家の庭の木々も冬支度しているんだろう。
 入院中、職場には迷惑をかけたし、家族にも負担を負わせてしまった。
 ただ、右腹部の痛みは、私の受験生時代、そして湾岸戦争取材時にも感じてきたので、その不安が払拭できたと思えば、プラスにも考えられるか...。医師や看護師さん、みんないい人だし、全てがマイナスではなかったな。
20151119_141610.jpg 散歩ついでに清水家の墓がある墓苑に。
 青葉園という埼玉屈指の広大な公園墓地。
 歩いて行ける距離だったので、ご先祖さまに「早く治して!」とお願いしてきたよ。きょうの検診で退院の許可が出ればいいのだけど。
20151118_1909001.jpg 数日前から病室の机の上に学生証を出してる。
 職場はもちろん京都大学にも復帰するぞというインセンティブを高めるため。退院しても、すぐにバリバリとはいかないけど、自分なら50%の力でも人並みにはやれるだろう。(たぶんね)
 
 

Nov19

ああ、入院生活⑤~寿司編~

 当初、11日に退院の予定だった。それが大幅に遅れている。でも、21日退院説が出始めた。何とか今週中には出たいなー。
20151116_192636.jpg 昨夜、右腹部に入っている2本の管のうち1本を抜いた。
 膿瘍が減った証拠。
 あとは元気で食欲も出てきたので、差し入れの蟹寿司を食べたりしてる。(シャバのメシはまいう~)
20151116_192613.jpg これがそれ。
 比較的ローカロリーで美味。
 病院食は、やっと粥から普通のご飯に戻ったけど、飽きたなー。家族は毎晩来てくれて、差し入れをしてくれてる。ホント感謝。
20151116_115757.jpg こっちが病院食ね。
 鮭が嫌いな私。
 これだと何も食べられない。
 ただジムに行けない状態では食べ過ぎるわけにもいかず、ふりかけで食べてる感じ。(ふりかけ、ご飯に最高!)
IMG_4109.jpg そんな中、うちの加納有沙アナからお見舞いメールが。
 写真が付いていたので開けてみると和服姿。
 番組の仕事で、箱根での和文化ツアーに参加しているらしい。
 おー、一服の清涼剤じゃ。
 本来なら、私もきょうあたりからW選挙の取材で大阪出張だったかな。もしくは、S部長に、「パリに行かせて~」と直訴していたか。あ~、むずむずする。
 
 

Nov18

ああ、入院生活④~土浦編~

 入院生活もすでに3週間。さっき、担当医の検診で膿瘍はかなりおさまったとか。それ以外は元気だし、雨降らないうちにまた散歩行くか...。
20151114_142725_5.jpg でも、ただ入院しているわけではないよ。
 前に書いたように文庫本1冊、書き上げて、今は別の作品にチャレンジ中。
 今、できることにベストを尽くす主義だから、なんてね。
 14日の土曜日には、医師の許可をもらって、前から決まっていた土浦日大高の講演に、茨城県土浦市まで行ってきた。痛み止めの薬、飲みながらね。
20151114_143625.jpg 途中まで妻がかばん持ち。
 事務所から盛川くんも来てくれたので、かばん持ちしてもらった。
 この状態で2時間、立ったまま喋れるか心配だったけど、講演はライブだからスイッチ入るね。
 土浦日大の関係者の皆さんにも大変良くしていただいて、伝えたいことは伝えることができたと思う。(写真は講演開始前。ホテルマロウド筑波)
20151114_144344_3.jpg 入院していると色々考えるけど、やっぱり自分は取材したり、研究したことを自分の口で喋ってなんぼ、の人間。
 野球で言えば、犠牲バントは大の苦手。
 監督からサインが出たら、セーフティバントをするか、無視して打ちに行くタイプ。
 まあ、こんな状態では、試合にも出られないので、講演で元気になったし、実際、回復もしてきているので、完治させるしかない。(あっ、高松商、優勝オメ!)
 
 

Nov17

ああ、入院生活③~散歩編~

 きのう(16日)、病室(個室だよ~)で担当医による簡単なオペ。膿瘍が溜まっている場所にパイプを1本通す手術を受けた。(痛~い)
20151110_184247.jpg 盲腸を切った跡はホントに切ったの?というくらいキレイ。
 見た目も元気。
 なので膿さえ出切ればめでたく退院⇒完治なんだけどなあ。早く職場復帰したくてうずうずしている状態。パリと国会がとても気になる~。
20151112_141710.jpg 右腹部の一部を除き元気なので頻繁にお散歩。
 病院から歩いて10分ほどのところにオシャレなレストラン&カフェを発見。「大宮の三橋にこんなとこがあるの?」と驚くほど瀟洒なフレンチ&ベーカリーカフェが。
20151112_141803.jpg 三橋の森レストラン。
 退院したら行ってみたいな。
 散歩でもしないと体力を消費しないので夜眠れない。この間は見舞いに来た娘と小1時間歩いたけど、きょうも雨さえ降らなければ、少し遠くまで探検に行ってみるか...。
20151113_132255.jpg きょうで入院生活19日目。
 一番嫌なのは面会時間が終わって以降の夜。
 侍ジャパンの試合とかニュースでパリのテロ事件の続報を見ているときは気が紛れるけど、家族が帰り、テレビを消したあとが長い夜。
 散歩中に見つけた看板じゃないけど、淋しさと怖さで寝られない夜が何晩もあった。今は夜中にナースコールしなくて済む体調になったけどね。とにかく早く退院したいな。(今はそれだけ)
 

Nov16

ああ、入院生活②~牛歩編~

 パリでの同時多発テロ、大阪W選挙から年末にかけての野党の動き...気になる。得意ネタなのに、療養中につき、なすすべなし。
20151104_113443.jpg これは今月4日の写真。
 術後2日目だから点滴で栄養分と抗生剤投与中。
 まだ右腹部に痛みがかなり残っている状態。歩けるけど、スピードは牛歩なみ。6日にS部長が見舞いに来てくれたときも必死で元気さを装ってみた。
20151105_075658.jpg これが絶食が解除されたあとの食事。
 といっても飲み物だけ。
 泣きたくなるわい。
 でも、時間を無駄にはしてられない。来春出る文庫の原稿を、ベッドの上で1冊書き上げた。(看護師さんたちビックリ) 今は次の作品を執筆中。
20151109_080623.jpg 今月7日ようやく形がある食事になった。
 ここまでくるとあとは回復を待つのみ。
 職場に早く復帰したいという思いと、それ以前に、まず家に帰りたいという気持ちが背中を押している。(膿瘍さえなくなれば退院なんだけどなー)
20151108_180356.jpg 家族は毎日面会に来てくれてる。
 ある日などは医者に隠れて寿司を食う。
 病院食、きついわ~。想像よりは上なんだろうけど、苦手なブロッコリーや茄子が多すぎ。くっそ~、負けないぞ。あともう少しがんばるか...。
 

Nov15

ああ、入院生活①~オペ編~

 久々のブログ更新~♪。結局、10月29日に、さいたま市内の病院に入院。急性虫垂炎のひどいやつ。腹膜炎の一歩手前って感じ。
20151029_105438.jpg CT検査にMRI検査。
 いろんな検査を受けた結果、100%癌ではないことが判明し安心。
 ただ、11月2日に手術を受けた。要は盲腸なんだけど、中年になっての虫垂炎は厄介とかで開腹手術。
20151029_174954.jpg 入院なんて人生初。
 点滴もだし手術前の絶食も。
 ただ治さないとどうしようもないので担当医にお任せしたよ。手術は約2時間。全身麻酔を打たれたらすぐにわからなくなった。
20151102_171238.jpg 終わった直後はこんな感じ。
 生命維持装置みたいなのをいっぱいつけられて身動きが取れず。それでも日ごとに、自力でできることが増えていき、今はもう一歩のところまで回復。
20151031_120539.jpg しかし、絶食のあとは、流動食に三分粥。
 写真は術前のハロウィーンの日の食事だけど、泣けてくるよ。
 文化放送報道スポーツセンターのみんなには迷惑かけて申し訳ない。
 今月は雑誌の撮影取材を受ける予定とかあったのだけど、さすがにキャンセル。現在はもう普通の食事ができる。病院の先生方や看護師さんはとてもフレンドリー。でも、もう飽きたな、入院生活。
 
 

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.