大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Dec31

見るより出たい紅白歌合戦

 毎日ほぼランチ抜きの私は、昼休みに職場近くの増上寺までお散歩に。ご存じ、徳川将軍家の菩提寺。東京タワーも近い観光スポット。
ねんまつ3.jpg もう雰囲気が大晦日と言うより元日。
 広い境内では露店が開店準備。
 初詣客を迎える準備が着々と整いつつあった。正門の上のほうにはすでに「謹賀新年」の看板が...。今年もあとわずかだね。
ねんまつ2.jpg 増上寺と大きめの書店に寄って職場に戻った私。
 午後用のニュースを3本書いたのでやることなし。あとは帰宅して「紅白歌合戦」を見るだけだわ。いつか出たいなー。歌手でも審査員でも(^^)。
ねんまつ1.jpg スポーツチームは箱根駅伝中継に備えて大忙し。
 報道チームの私はこれにて仕事納め。
 でも早速、元日の明日、文化放送昼ワイド「くにまるジャパン」(正午すぎ)と「ニュースパレード」(夕方5時すぎ)が初喋りだよ~。
 
 

Dec29

いろいろ納めてます(^^)

 サブデスクの合間に文化放送昼ワイド「くにまるジャパン」の収録。約25分、ニュースの解説をして今年の喋り納め。(写真は野村アナ&加納アナ)
納め5.png 講演も先週の衆院選総括で独演会納め。
 今週はいろいろ納めてます。
 執筆関係も今年は早めに終わったので書き納めも完了。明日、デスクをこなし、あさってサブデスクが終われば仕事納め。
納め2.jpg 番組収録後はマッサージ納め。
 腰痛からようやく完全復活。
 1年の疲れをほぐしてオシマイ。
 年明けは、民主党代表選にドイツ出張と続き、想定していなかった京大大学院博士課程の受験まである。
 著書新作の企画も考えないといけないし、来年も忙しそう...。一気呵成にいくためには休むときは休まないとね。
納め.jpg 夜はフィットネスクラブ納め。
 明日から年末年始休業だから。
 いつの間にか経営者がダンロップに変わってたジム...ここで30分走って少し筋トレしたら今年は終わり。正月の間に怠惰なデブにならないよう気をつけなくちゃ。
 

Dec28

研究計画書、完成!

 世間は正月準備や大掃除にいそしむ中、私は朝から大学院入試に備えて研究計画書の作成に取りかかった。2月決戦だからねー。
冬の京大.jpg 京大入試は論文と研究計画書が勝負。
 あと修士時代の成績が評価対象。
 修士の成績はオールA以上だし論文も悪くはないけど、きょう仕上げた研究計画書はちょっと甘いかも。
20141228_182031.jpg 早稲田のときは1万字も書かされた。
 京大は2000字。
 文章は短いほど難しいので、それなりにはまとめたつもりだけど、概略だけになった感もある。あとは口頭試問でカバーかな。
20141228_182316.jpg 2次に必要な書類はすべて揃った。
 10代の頃から何度もしてきた受験。
 おそらくこれが人生最後の受験。
 それにしては急に思いついた感があるけど、1次審査に間に合った=京大には縁がある、と思って勝ちにいく。
 きょう、研究計画書を完成させたことで今年やるべき作業は99%終わった。華麗なる転身はまだ夢のままだけど、今年も精一杯やった。その点だけは悔いなし。(町田樹は早稲田の大学院かぁ...)
 
 
 
 


Dec27

今年も取材納めは菅官房長官

 きのうは官邸主催の忘年会、そしてきょうは経済対策の決定...内閣の舵取り役は大変。その菅官房長官の収録が無事終了。
菅事務所2014-1.jpg 後藤謙次さんと菅義偉さんとの対談番組。
 ブッキングが遅くなり全国ネットする余裕がなかったので文化放送を聴ける方は聴いてね。1月1日元旦の午後1時から2時まで放送しま~す。
菅事務所2014.jpg 菅官房長官がメインの特番は2年連続。
 顔見知りになったせいか国家権力を握る者としての重圧とか、沖縄問題や拉致問題の解決に向けた本音を聴くことができた。いい内容!
菅事務所2014-3.jpg 現在スタジオで番組制作中。
 箱根駅伝が政治家としての原点。
 ストレス解消は歩くこと。こんな菅官房長官の素顔が見える部分を聴き直しているとこ。これが終われば、私も特番続きの重圧から解消されるなー(やっほー)。

Dec25

Silent night Holy night

 サンタからの私への贈り物。ツムツムのミッキー&ミニー。聖なる夜は大切な人と...。皆さんはいかがお過ごしですか?
20141225_220024.jpg これでツムツムのコレクションは6個に。
 メル2号のリアウィンドウに並べておく。
 家族で過ごすクリスマス。無死満塁のピンチも、あとは菅官房長官をゲストに迎える新春特番を残すのみ。
20141225_214924.jpg 食卓には大好物のバターデコ。
 このために走ってきたようなものかな。
 泣き所の腰痛は少し治ってきた。大好物は美味しく食べて、またガンガン、トレーニングすればいいか...。
20141224_135504.jpg 独身時代のクリスマスもいいのだろうけど、家族で過ごす聖夜はまた格別。
 今年も何ごともなく聖夜を祝えることに感謝。
 明日から街は一気にお正月モードになるね。
 今年達成できたこと、できなかったこと、どちらもたくさんある。
 ただ、普通に仕事があって、普通に家族で過ごせることが、実はもっとも大事なことなんだよね。2014年もあと1週間...笑顔で過ごしたいな。
 
 

Dec24

2014年、今年のワタシニュース②

 クリスマスイヴなのに腰痛っす。ジムで走りすぎたかなあ。さてワタシニュースのプライベート編。ひと言で言えば、去年よりは良い1年だった。
わたし4.jpg 厄年でもないのに2013年は近年で最悪だったからねえ。
 趣味の海外旅行は2回。
 去年と同じソウルとホノルル。毎年行ってるけど飽きない。韓流ブームが下火のソウルは、日本人が減って良くなった。
わたし3.jpg ハワイではディズニーアウラニリゾートに行けたのが良かったなー。
 妻と仙台や会津若松に行けたのも良き思い出。来年は...ドイツは仕事なので、それ以外で高飛びしたいもんだ。(金ある?)
わたし1.jpg 著書は例年以上に5冊出せた。
 今は本が売れない時代。
 出版界全体にかつての勢いがない。来年は、これまでどおりお金目当てでなく、中身の濃い作品を2つか3つ出す戦略でいこう。
わたし5.jpg 講演や雑誌の取材は例年並み。
 写真はサイン会の模様。
 誰も来ないと思いきや列ができてびっくり。取材や研究をしてもアウトプットしなければ意味がないので、来年もほどほどに続けていくつもり。
わたし8.jpg こちらは集英社の雑誌「週刊プレイボーイ」の撮影。
 こんな感じで1年が終わったわけだけど、今年のトップ3は、①九州朝日放送など新規の仕事が増えた、②依然として夢は叶わず3勝40敗、③家族仲良く過ごせた、かな。
 2015年は、自分を一度リセットするつもりで挑戦する年にしたい。どんなシーン、どんな人、どんな街に出会えるのかワクワクする。では、皆さま、素敵なクリスマスを!
 
 

Dec23

2014年、今年のワタシニュース①

 2014年も残すところ8日。あっと言う間だったね、今年も。文化放送の仕事では、沖縄出張で始まり、沖縄出張と衆院選特番で終わった1年。
わたしにゅーす1.jpg これまでなぜか1度も行ったことがなかった沖縄。
 取材で行くと実情がよくわかる。
 ラジオ沖縄や沖縄大学に得難い友人もでき、政治に対する見識を広げる意味でもプラスになった。
わたしにゅーす8.png 報道部に戻って3年。
 ワイド番組で出演機会が増えてきた感じ。
 写真は昼ワイド「くにまるジャパン」の加納有沙アナ。こうしたワイドで1つ1つ出番を増やせていけたらいいんだけど...。
わたしにゅーす2.jpg こちらは朝ワイド「福井謙二グッモニ」での水谷加奈アナ。
 先々のことを考えて、何も見ないで喋る、短いセンテンスで語り切る...とても難しいことだけど、この2つは自分に課していきたい。
わたしにゅーす5.png デスクや解説業務が増えた反面、政治家への取材が電話中心になったのは反省点。
 自民・井原巧参院議員へのインタのように、もっと永田町に足を運び、裏事情も含めて語れるようにしなくては。
山梨講演.jpg 個人的に印象的だった取材は、①沖縄県知事選、②広島の土砂災害、③消費税増税と見送り、そして衆院解散。
 海外では、①韓国旅客船事故、②イスラム国設立、③ウクライナ紛争。
 来る2015年はドイツ出張でスタート。国内的には安倍政権の景気対策や野党再編の動向、海外では米大統領選に向けた動きに注目したい。まあ来年も会社の仕事は楽しくできれば言うことなし。明日はプライベート編ね!
 

Dec22

京大、1次突破!

 帰宅したら京都大学からの封書が届いてた。おそるおそる開けてみたら合格の知らせ。(志願がギリギリで焦ったけどチャレンジした甲斐があったよー)
きょうと1.jpg 1次審査は社会人としての実績と適性をみるもの。
 時間がなくて15分で書き上げたものを評価していただけてありがたい。入試要項の送付を急いでくれた事務局の方にも感謝だね。
20141222_191641.jpg これが京大からの通知。
 審査突破でひとまず安心したものの、富士山登山に例えれば、まだ三合目か四合目。
 2月中旬の二次試験では、修士課程での成績、入学以降の研究計画、それに提出した論文の中身が問われる。
 厳しい口頭試問をクリアしなければ"合格"の2文字はない。相手は天下の京大...甘くはないはず。
京大グッズ.jpg 教授推薦で合格できる早稲田ではなく京大の門を叩く私。
 その分やりがいがあると思って準備しよう。とはいえ、新春特番やドイツ出張があるのでそんなに時間はない。在校生としてこのTシャツが着れるように受験対策だー!
 
 

Dec21

連休、ひさびさ~

 この土曜日曜は久々に連休。きのうはメル友のキトーちゃんが牡蠣鍋で盛り上がると聞いていたので、こっちはしゃぶしゃぶ。
20141220_180733.jpg ただ、食べ放題に行く日は、フィットネスクラブで1時間以上走り込み、入念に筋トレもこなしてる。
 そうしないとすぐデブに戻ってしまうからねー。
 京都大学からまだ一次審査の合否が届かないので、二次対策をする気分になれず、「ならば、ひとまず目先のことをやろう」と、来年2月に出る新刊の再校ゲラだけ仕上げた。
20141220_112925.jpg PHPの校正には定評がある。
 再校なのに初校のときと同じくらい多くの指摘が並ぶ。
 出版社の編集者や校正者って、著者より頭が良くて集中力がないとできないなっていつも思う。
オレンジジャケ.jpg 実はもう1つ雑誌のゲラを確認しなくちゃいけない。
 でもひと区切りついたのでこれから近くのモールに買い物に。
 先日、生まれて初めてヒートテックのインナーを買ったら、なるほど軽くて暖かい。
 これまでユニクロで自分の服を買う習慣がなかった私。真冬の到来や極寒のドイツ出張に備えて数枚補強して来る。ヒートテックフリースTシャツ1枚が790円だからねー。
 
 
 

Dec18

ドイツ女子

 横浜でインターンシップ中のドイツ人女子学生に会ってきたよ。ベルリン出張の準備も進めなくちゃいけないからねー。
20141218_184222.jpg 写真のルイーゼさんはベルリン自由大の学生。
 東西ドイツ統合の前の日に生まれたという女の子。ベルリンの壁崩壊などは実体験としては知らないけど、いい話が聞けた。
20141218_184149.jpg 特に旧西ドイツの人たちに残る頭の中の壁の話。
 統一から四半世紀。
 東も西に追いついてきたとはいえ格差は残る。それ以上に「偏見」という壁が残っていると彼女は言う。
冬のベルリン.jpg 現地でコーディネーターを務めてくれる方からもメール。
 徐々にベルリンでの取材予定が固まってきた。古都ドレスデンや自然エネルギーだけの村での取材、それにメルケル首相の官邸など。寒そうだけど楽しみになってきた。
 


Dec16

コレクション

 職場で「何かこだわりを持って集めているモノってある?」という話に。たいした趣味もなければ小遣いも乏しい私だけど、結果的に揃ってきたのは腕時計。
ROLEX1.jpg ロレックスが3本。
 これがベストセラー記念に買ってもらった青サブ。
 ベゼルや文字盤のブルーがとてもきれい。ゴールドが効いているので目立つ。何より丈夫で使いやすい。
ROLEX2.jpg 2本目がグリーンサブ。
 これは大学院入学祝い的な品。
 グリーンはロレックスのイメージカラー。比較的廉価版だけど、購入した金額より今売るほうが高い。現行モデルよりお気に入り。
ROLEX4.jpg 3本目がこちらヨットマスター。
 銀婚式の記念。
 プラチナのベゼルと藍色の文字盤に映える赤の秒針がいい。洋服などは安く抑えても小物は案外ポイント。しいて言えばそれがこだわり。あとは...高級品なんて全然持ってないなあ。
 

Dec15

さあ、次は新春特番!

 52・66%という低投票率の中での総選挙。朝刊ごとに見出しのニュアンスは異なるものの、自公で325議席と衆院の3分の2以上の勢力を確保した。
tokuban2.jpg 都市型政党の民主党は首都東京の小選挙区で2勝23敗。
 候補者擁立の不足と160億円の政党助成金支出をケチったことが問題。前者は比例票を減らす原因になり後者は小選挙区で競り負ける要因を作ったね。(あ~ん、海江田さ~ん...)
tokuban5.png うちの選挙特番『みのもんたの総選挙開票スペシャル』は好評。
 みのさんはさすが。
 政党幹部とのやりとりで質問がずばっとストレートなのがいい。相手におもねる質問がない。短い質問で痛いところを突く話術はお見事!
tokuban.jpg 選挙特番でオンエア前にあんなに入念に打合せをしたのも初めて。
 写真は番組の風景。
 白石真澄さんに歳川隆雄さん。コメンテーター2人もそうだけど同期の太田英明アナも良かった。何よりバックヤードのスタッフがよく動いてくれて助かった。
tokuban1.jpg 未明の3時にホテルに入り休息。
 与党圧勝とはいえ,、自民は5減で公明は4増。
 無党派層があまり投票しない公明の伸びは、「民主党などの野党よりは与党でいいけれど安倍自民には一定の歯止めをかけたい」という有権者の声か。
冬の国会議事堂.jpg さあ選挙が終わったので次は新春特番だ。
 大物政治家に出演交渉をしているのでこのハードルも決して低くない。むしろ選挙特番より高い。「これからが大変」という意味では、私も共産党を除くヘボ野党とおんなじだなー。(く~、ピンチ)
 

Dec14

吾輩は犬である(43)

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。8歳の女の子。ご主人さまはこれから選挙特番だって。プロデューサーの権限で豪華弁当にしたらしいワン。
20141214_113930.jpg なんでも他局と弁当で見劣りすると現場の士気にかかわるんだとか。
 アタシのごはんも豪華にしてよ~。でも、さっきまで政党幹部の出演時間でモメてたみたい。特番、ダイジョウブかしら?
senkyoda.jpg すでに投票は済ませたみたい。
 誰に入れたのかしら?
 そのあとジムで走ってきたみたいだけど、徹夜に近い特番を前に元気だこと!まあ、あとは喋り手しだい...ってとこかしら。
20141214_112718.jpg 選挙結果ってアタシにも影響あるかしら?
 きっと夜は奥さまとお嬢さまがテレビを見るはず。
 アタシも注目しておくことにするワン。だって、アタシのごはんにも軽減税率を適用してほしいもん。今のうちにうんこして夜に備えよーっと。
 


Dec13

選挙前のフツーすぎる休日

 珍しくきのうの段階で選挙特番の準備がほぼ完了したので、きょうはフツーに休み。最後の遊説は見ない主義の私...平穏な休日。
20141213_192303.jpg リビングの片づけをしたあと連載の原稿を2本仕上げてジムへ。
 夕食はピザ食べ放題店。
 最後の遊説を見ないのは、どの政党も盛り上がるので、有権者の反応を見誤るから。しかし行かないと選挙の実感が湧かないね。
20141213_191729.jpg きょうフツーに休めたことで別のことがかなりできた。
 子育て本用の資料をひとまずしまい、次の作品や論文執筆用の資料にチェンジ。来月、ベルリンから帰国するまで執筆できない連載用の原稿も前倒しで完成。(ジュウジツカン!)
20141115_125106.jpg さて明日はいよいよ衆院選の投開票日。
 振り返るとアベノミクスや消費税に比べ基地やTPPなどの議論は、立地選挙区を除けば盛り上がらなかったな。解散のタイミングもそうだけど、選挙戦も与党ペースで終始した感じ。
1408331930808.jpg 原発問題も同じ。
 下馬評どおりの結果になれば原発は次々再稼働し安保法制はどんどん可決される。自民だけで仮りに全議席の3分の2にあたる317議席を占めれば改憲も視野に入る。明日は日本の未来を左右する大事な日になるなー。

Dec11

特番準備、5分の4を超す勢い

 きょうも朝刊に、「自公3分の2超す勢い」の大見出し。ただ、首都圏に限れば、民主党現職のベテランが激しく追い上げ、逆転した選挙区も出てきたよ。
民主オワタ.jpg そんな中、私はYahoo!の選挙サイトで政党相性診断をやってみた。
 そうしたら何と自民党。集団的自衛権行使は賛成、消費増税も賛成、最低年金保証制度には反対の私。原発問題以外は全部、自民の主張に合致。(ありゃ)
民主オワタ1.jpg そんなことをしつつ選挙特番の準備は9割方終了。
 あとは構成作家からの台本を待って手直しをするのみ。
 今夕には全スタッフを集め、当日の段取りと注意事項を説明すれば、ほぼ終わりかな。
 衆参両院の選挙は10回以上経験しているので、割とサクサク準備が進んだなー。S部長やMデスクのヘルプ、現場の記者たちの頑張りに感謝。あとは、みんな風邪引かないでよ~っ。
みのもんた.png「みのもんたの総選挙開票スペシャル」
 12月14日午後7時55分~15日午前0時30分まで放送。
 みのさんの知名度もあり6局ネットがついた。
 開票速報と各党の獲得議席を正確に報道すること。
 そして選挙の総括と安倍政権の今後をきちんと伝えること。この2つを柱に、民放にありがちな過度な演出は排除して、伝わる番組にできたらいいと思ってる。(これで最後だし)
 
 

Dec10

総監督は語れない

 AKB48総監督、高橋みなみの卒業宣言...私もAKBファンは来年いっぱいまでかな。総監督は大変な重圧。こっちは選挙特番の総監督というだけで大変なのにね。
たかみな引退2.jpg この写真は握手会のときのもの。
 今度は来年5月の写メ会が当たったので、それと夏コンに行ったら、私も二本柱の会(=AKBファンクラブ)を卒業させていただきま~す。草創期から引っ張ってきた高橋みなみがいなくなるんじゃねえ...。
たかみな引退1.jpg 私も選挙特番の総監督はこれが最後にしようと決めている。
 番組パーソナリティーのみのもんたさんを軸に、微力を振り絞って番組をワッと盛り上げ、選挙特番は卒業。選挙に関わるなら、やっぱり解説役か現場記者がいいなあ。
日曜プレス最終回画像.jpg 先日の日曜日、松江市内のホテルで目覚めたときのこと。
「やばい南海放送に行かなくちゃ」と一瞬焦った。番組(写真上)にスタジオ出演していた頃は、日曜の朝、松山市内のホテルから局入りするのが習慣化されてたから。(7年半の習慣はオソロシイ)
nankai.jpg もう出演してないし番組自体もない。
 場所だって松江と松山では違うのにね。
 先月の那覇でも同じ感覚に。それだけ意気込んでやってた裏返しかも。あ~南海放送で木藤隆雄さんら仲間たちと仕事したいなあ。(喋れない総監督より語れる一兵卒だよ)
 

Dec09

私の著書がベトナムに?

 衆院選投票日まで5日。全国紙の報道どおり「与党圧勝、野党伸び悩み」の構図。自民側から見れば、安倍さんがテコ入れに入る選挙区は激戦区ということに。
選挙直前.jpg わが選挙区、埼玉5区には、今夕、安倍さんが来る。
 ここは埼玉屈指の激戦区だからねー。
 共産以外は厳しい野党。
 代表や幹事長クラスでも当選安全圏に入っている人はほとんどいない。
 今朝、九州朝日放送の朝ワイドでも話したけど、完全な「逆・桶狭間」。数で勝る与党に解散という奇襲攻撃を受け、兵力の少ない野党が後手に回っている状態。
線引き.jpg 情勢調査の傍ら選挙特番の準備。
 ここでも共産以外の野党の対応は遅い。
 武士の情けでどの党がひどいとは言わないけど、マスコミ対応もろくにできない政党に政治主導なんてできるのかなあ?
線引き2.jpg そんな中、出版社からプチ嬉しい情報。
 拙著がベトナム語に翻訳され販売されるらしい。拙著第13弾『頭のいい子のパパが話していること』。中国や韓国、台湾やタイはあるけどベトナムは初。私の作品がホーチミンの本屋さんにも並ぶのか...(嬉)。
 

Dec08

初の山陰、島根の旅②~松江編

 前夜の雪が雨に変わった松江。「雨の中の観光は厄介だな」と思いつつ松江城へ。関ヶ原の戦いで功を挙げた堀尾吉晴が築いた名城。
しまね3.jpg これがその天守閣。
 中は犬山城や宇和島城などと同様に昔のままのたたずまい。
 天守閣は小ぶりに見えるけど外郭の大きさに圧倒される。平城の割には本丸までの坂道が急。今治城なら3千の手勢で落とせそうだけど、ここは難攻不落。
しまね4.jpg 雨にもかかわらず観光客は多い。
 出雲大社に行って松江に移動し、宍道湖温泉か松江市内に泊まってお城へ...という私と同じパターンなのかも。
 松江城はお城の周りも魅力的。
 小泉八雲の旧邸宅。武家屋敷。それに外堀の運河沿いには、下の写真のようにオシャレなお店が並んでいる。小ぢんまりした県都だけど、いいわぁ~、松江。前夜に食べた松葉ガニも美味だったし...。
しまね5.jpg 水の都というだけあって遊覧船も出てる。
 リピーターで再訪しても楽しめそう。
 出雲大社と松江城は観光の核ではあるけれど、まだ表面をざっと見ただけって感じだもんね。「何か出張ネタになるものは...」と探してたらあったよ。
しまね.jpg 島根と言えば竹島。
 しかも私には島根で働いている韓国人の友人もいる。「竹島問題で揺れる中、島根で日韓交流に努める韓国の若者」みたいな企画ならいけそう。まあ、そんなこと考えなくても、JALとホテルを抑えて、妻と遊びに来れば済む話か。
しまね6.jpg こちらは帯同してくれた盛川くん。
 愛媛・西条高野球部OB。
 盛川くんには来年も話す機会を作ってもらって、愛媛コンビで講演の旅に出られたらいいんだけどな。
 さあ、島根の旅が終わったので、私の中ではやっと選挙モードになってきた。
 正確に言えば、選挙の趨勢は見えたので、選挙特番モードね。出演機会がないプロデューサーの仕事は、ホント、自分には向かないんだけどねー。
 

Dec07

初の山陰、島根の旅①~出雲編

 初の山陰、島根から帰ってきた。きのう、出雲市立河南中学校で講演があったからねー。330人の生徒と30人ほどの保護者が対象。
20141206_164428.jpg 学校規模や周囲の環境が私の母校に酷似。
 まるで今治に帰省したような感覚でお話しできた。
 ただ、公立中の体育館には暖房がない。おまけに、その日は集会続きだったそうで、生徒さんたちは疲れたんじゃないかな。
20141206_143744_2.jpg 学校側からは大きな花束と出雲の洋菓子をいただいた。
 校長先生には、みぞれが舞う中、クルマで松江市まで送っていただいた。
 道すがら学校現場の話もいろいろ聞けた。
 毎度思うことだけど、行く先々でよくしていただいて恐縮しちゃうなー。
 それにしても、これまで取材でも旅行でも訪れる機会がなかった山陰。それがこうしてご縁ができる...これも出雲の縁結びの神様がなせる業かな。
20141206_121839.jpg もちろんその出雲大社にもお参りしてきたよ。
 講演前に行っておかなくちゃと朝一番の飛行機で羽田から出雲へ。きのうは晴れ間がのぞく参拝日和。昨年の式年遷宮以来、ブームは続いているらしく、圧倒的に女性参拝客が多い中、お祈りしてきた。
20141206_121403.jpg 縁って恋愛ものだけじゃないから万人受けするよね。
 志望校に合格できますように。
 希望する会社に就職できますように。
 別の職場に転職できますように。
 いい家が見つかりますように。
 これらすべて縁と言えば縁。
 少し足を伸ばせば、城下町の松江や世界遺産の石見銀山、それに玉造温泉などの観光資源を抱える出雲。人気は落ちないんじゃないかなー。
20141206_112952.jpg 出雲市内のお店にはこんな張り紙が。
 ご成婚でブーム再燃もあるんだろうね。
 結局、きのうは、出雲大社~河南中学校~松江と移動。夕方から雪になり、宍道湖に沈む夕日は見られなかったけど、松江もまたいい街。その様子は明日ね!
 
 

Dec05

久々のプチ同窓会

 文化放送の朝ワイド「福井謙二グッモニ」のコメンテーターを終えたとこ。次世代の党の平沼党首らへのインタビューがメイン。
ウルフ5.jpg まあこの時期は情勢解説がやりにくい部分があるからね。
 ご無沙汰してた新党改革の荒井代表とも話ができたのでよかった。写真は福井さんと水谷加奈アナ。好きな番組なので、またお役に立てる機会があればいいんだけどねー。
ウルフ1.jpg さて昨夜は大学院時代のプチ同窓会。
 会場はなんと六本木の超高級レストランのウルフギャングステーキハウス。なにせ一番安いステーキでも5000円だからねー。それでも満員。世の中には金持ちがいるもんだ。
ウルフ3.jpg 学位授与式以来という同期もいて楽しかった。
 自民民主の区議やNHK記者と衆院選の話もできたし。やっぱり早稲田の仲間はいい。会ってなくてもすぐに溶け込めるのは同じ釜のメシを食べた間柄ならでは。
ウルフ2.jpg これがウルフギャングのステーキとロブスター。
 アメリカサイズなのでデカい。
 一品一品は高額でもビッグサイズなので数品頼めば満腹。しかも美味。同期たちとは来年早々に「肉第二弾をやろう」ということで散会。早くも楽しみ!
 

Dec02

ひと晩のお宿をおねげえしますだ

 今月14日(日)の選挙特番で電車で帰宅できない記者やアナのためのホテルを確保した。プロデューサーの仕事ってマジ大変。
浜松町2.jpg 当日はどの順番で各政党の開票本部に機材と記者を送り込むか。
 放送が終わればどんな手順で撤収させるか。深夜に誰と誰を同じタクシーに乗り合わせて帰宅させるか、とかね。
浜松町3.jpg そんな中、私はあさっての晩、泊まるホテルを探し中。
 選挙取材のあと同窓会に出て、翌朝は文化放送「福井謙二グッモニ」のコメンテーター。泊まったほうが楽で番組的にも安上がりだから。
浜松町5.jpg ところがどこも満室なのよ。
 ネットでも直電でも全然とれない。
 12月4日、平日にいったい何があんの?忘年会で泊まるとか?(まさかね)
 もう10数か所トライして全部アウトだよ。
 数時間寝るだけだから、外資系のセレブなホテルじゃもったいないし。
 選挙になると、番組出演と特番制作が私に集中するので、先々も外泊もあるだろうけど、ホテル確保に四苦八苦じゃあやんなっちゃうなー。

Dec01

しわす

 今日から師走。衆院選開票特番のプロデューサーにまたしてもなってしまった私は、「みのもんたの総選挙スペシャル」に向けて調整作業が山積み。
にく1.jpg 昨夜はしゃぶしゃぶ。
 このところ疲れが溜まっているなと思ったので肉。
 逆に食べ過ぎて今朝は胃がもたれてる(哀)。明日の公示の党首第一声をどうするか、特番内の詰め物をどうするか、もうとにかく大変なのよ。
にく2.jpg 大変になる前に、来年2月に発売されるPHP文庫の初校ゲラのチェックを終了。
 今週末の島根県出雲市での講演の打合せも完了。
 ついさっき、1月のベルリン出張の旅費も支払った。
 京大の1次審査に合格すれば、2次に向けた準備が始まるし、雑誌の取材も入っているので、今できることをガンガン片づけている。師走(しわす)=しんどいわ~、わけわからんわ~、すかんわ~状態。
にく.jpg 無死満塁的な忙しさは慣れっこ。
 どひま状態よりは幸せなことと考えよう。
 問題は肉を食べても抜けない体のだるおもさ。風邪ではないのですぐに復活すると思うんだけどな。選挙終わっても多忙さは続くので早くシャキッとしたいんだけどなー。
 
 

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.