大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Sep30

愛しのゴムパンとお別れの季節

 早いもので9月もきょうが最後。そろそろ衣替えの時期だねー。でも、アタシは、オフの時間、いまだにゴムパン履いて歩き回ってる。
ゴムパン2.jpg ゴムパンはホノルルのクレイジーシャツ製。
 ベルトやひもで締める短パンとは違い、履いた瞬間、適度なゴムの締め付けがお腹周りに伝わってくるのがイイ。
 特にデブは、普通の短パンよりゴムパンのほうがくつろげるんだわ。
 アメリカ綿のふんわり感、今風のデザインとは違って股上も十分なので、履いた瞬間、気持ちいい...たまらん。
ゴムパン1.jpg これがアタシ自慢のゴムパン。
 クレイジーシャツのものは今夏2枚補強して3枚。
 このゴム部分がいいんだよ。もちろん普通の短パンも何枚かあるけど、適度に締め付けてくれる感がサイコー。1度履いたらやめられない(笑)。
ゴムパン.jpg 10月の声を聞くとさすがに秋。
 夏の終わりはもの悲しいものだけどゴムパンとの別れもサビシイ。来年5月くらいまでサヨナラかぁ...。さあ、仕事仕事!御嶽山に拉致、錦織に代表質問...テニス以外は得意ネタなのでビシビシいくよ。

Sep28

ハロウィーンで染まるディズニーランド

 東京ディズニーランドで1日遊んで帰宅。首都高が空いてたから、舞浜から自宅(さいたま市)まで1時間弱で帰ってきたよ。
20140928_131806.jpg きょうはプレス招待日。
 ねずみの王国で遊ぶにはもってこいの秋晴れ。
 ハロウィーンオレンジ一色に染まったディズニーランドは、訪れる度に新しい感動と発見をくれる夢の王国。(おっ、坊ちゃんスタジアムでは今治西×宇和島東戦か)
20140928_162824.jpg しかしこれまで経験したことのない混雑。
 人が多すぎてパーク内を歩くのも大変。
 プロジェクションマッピングとか新しい呼び物もあるしね。(なにぃ?宇和島東が先制?しかもうちの先発は、きのう13回を投げた杉内?ハァ?)
20140928_090054.jpg 私と妻はお気に入りのバズライトイヤー。
 それから150分待ちのスプラッシュマウンテン。
 ここまで待たなきゃ乗れないというのが、リゾートとしては最大の欠点。(試合は7対4での辛勝。相変わらずバット寝かして打ってるみたいだし)
20140928_111227.jpg このところディズニーシー続きだったので、ランドに行けたのはよかった。
 おかげで少しハロウィーン気分を先取りできたしね。(さあ、次は準決勝。松山聖陵戦かぁ。打力のチームらしいけど主力を沖縄の子で固めたチームには負けられん!)
 
 

Sep27

きょうは子どもの運動会

 秋晴れの下、子どもの運動会。いつものように正門から始まる並木道を抜けグラウンドへ。(ちょうど松山では母校の野球の試合も始まった頃か...)
20140927_151220.jpg 子どもの学校の運動会は学年対抗が売り。
 高3が強く中1が弱いとは限らない下剋上が魅力。
 子どもの学年の色は...紫かぁ。(紫って天理みたいだな。おっ、坊ちゃんスタジアム、苦戦しておるわ)
20140927_093257.jpg 競技だけでなく審判も務める子どもの姿を探す。
 今年は保護者席をキープできたので午前中は椅子に座って観戦。(今治西先発、杉内好投。でも今治北の投手を打てず延長へ...まさか負けちゃう?)
20140927_094444.jpg 子どもが「見て」と言ってたダンス。
 その中にAKBばりのキレのいい踊りをする子を発見。えっ?ダンス部?なるほど...。(13回裏、ようやくサヨナラ。ふー。今治北も強かった)
20140927_122644.jpg ランチは例年、早稲田の26号館15階にあるレストラン。
 運動会を見終わった後は妻と高田馬場をちょこっと散策。子どもの溌剌とした姿や、やんごとなき方の御姿も見られ、学生街も散策できいい休日。(さあ、明日の宇和島東戦も祈必勝!)
 
 
 

Sep25

外国から観光客を呼び込め!

 東京・有明の東京ビッグサイトに行ってきた。きょうは「AKB48握手会」ではなく「ツーリズムEXPOジャパン」の取材。
エクスポ.jpg 有明やお台場周辺は、いかにも台風という空。
 しかし観光客誘致は、国を挙げての重要政策。去年、インバウンド(外国⇒日本)の観光客数が1000万人を超え、各自治体や観光協会がさらにどんな誘致を考えているのか見てみたかったのだ。
エクスポ1.jpg 中国や韓国と東南アジアからの観光客を奪い合う現状。
 誘致に成功すれば地方創生にもつながる話。取材した中では、北海道岩内町の「雪を見たことがない国の方たちに札幌でも函館でもない北海道を見せたい」という熱い言葉が印象的だった。
エクスポ3.jpg 会場のビッグサイト東ホールには各地のブースが並ぶ。
 欧米やアジアのもあれば国内各地のも。京都や奈良のように放っておいても外国人が来るところとは違い、和歌山などは力が入ってるぅ~。ブース自体が派手だもん。
エクスポ2.jpg 原発事故の影響が懸念される福島もがんばってる。
 福島って温泉もお城もあるのでオススメなんだけどな。どこも、ビザ発給の緩和や円安、格安航空会社の就航を受けて誘致熱は高い。この催し、土日が一般公開。全国&世界のうまいものもあるよ!

Sep23

GO!WEST!

 センバツ出場に向け、母校・今治西は好発進。投手力が不安で、練試も負け続きで心配していたんだけど、強豪・丹原に13-2(5C)なら悪くない。
DSC_6180.jpg きょうは軟式中学日本代表の杉内が好投。投手陣は核となる選手がいないものの、秋川、吉本、安藤と4枚いるので連戦になれば有利かもね。
DSC_0404.jpg 済美がいない今年の愛媛は混戦。地力で言えば、小松、新田との争いか...。四国大会へ行けば、明徳、高知中央、鳴門との甲子園をかけた戦いが待っている。
DSC_6159.jpg 今治西の新チームは強力打線。下位でも本塁打が打てる。来月、済美の安楽くんのドラフトがどうなるかと合わせ、今秋の楽しみだ。(写真は今治西野球部HP)

Sep22

石破茂・地方創生担当相に聞く

 内閣府が入った合同庁舎8号館から戻ってきた。きょうは石破茂地方創生担当大臣へのインタビュー。地方創生と女性活躍は一番の注目だからね。
石破大臣.jpg 石破さんは、私が番組プロデューサー時代に何度もご出演いただいた方。
 論旨が明快で政策通、それに茶目っ気もあって、政治家としても人間としても魅力を感じてきた。きょうも約20分、広~い大臣室で気さくに応じていただいた。
石破大臣1.jpg 大臣に就任して半月が経過したけど、大臣室は就任を祝うランでいっぱい。
 半月が経っての手応え、70人の官僚をどう使うのか、そして何からどう始めるのか、今、地方には何が足りないのかなど、聞きたいことは一応聞けたかな。
石破大臣2.jpg「このままでは日本が限界国家になる」
「楽しくやらなきゃ仕事じゃない」
 石破語録が盛り込まれた対談は、あす23日から25日、夕方5時の全国ネット番組「ニュースパレード」で放送するね。あすは私、あとの2日は同僚のY記者が聞き手だよ。
 

Sep21

発見!森のレストラン 

 今夜の夕食は自宅で、の予定が、「やっぱり食べに行こう」という話に。そこで、さいたま新都心にある森のレストランへ。
20140921_204313.jpg エントランスがライトアップされて良い雰囲気。
 さぞかし高いのだろうと思いきやディナーAセットが1290円。サラダにパスタ、ピザ食べ放題にドリンクバーがついてこの価格!(えっ?ピザ食べ放題だってぇ?)
20140921_194223.jpg それもそのはず、前にお気に入りのイタリアンレストランが閉店したと書いた(6月20日参照)けど、同じチェーン店。メロンソーダもあれば、テリヤキチキンピザももちろんあり。閉店した店より混んでるし、なじみのスタッフもいないけど味は同じ。
20140921_181412.jpg しっかり食べちゃったよ。
 店に行く直前までジムで走ってきたのだけど不調で40分しか走れなかった。ピザ食べ放題に行くつもりなら、あと20分は走り、腹筋も150回でやめずに300回くらいしておきたかったわー。

Sep20

小平で講演&サイン会

 東京・小平の嘉悦大学ホールで講演を終え、拙著の手売りとサイン会。想像していた以上にたくさんの方が購入してくれてありがたかったなー。
20140920_171029.jpg 中には写真の若いご夫婦のように、過去に買ったという私の本を持参して来られた方も。
 さて、小平青年会議所主催の講演。若かりし頃、一橋大入試に遅刻、不戦敗となった地。きょうも最寄りの花小金井駅から迷い、打合せ時間に10分遅刻(笑)。
20140920_151308.jpg それでも講演自体は喜んでいただけた感じ。
 講演&サイン会のあと食事までご馳走になり帰宅。自分からは「文化放送の...」とは名乗っていないのだけど、「これから聴くようにしますね」と、文化放送ファンを増やせたのも嬉しい。
20140920_141012.jpg 何より驚いたのが駅から会場の大学に向かう道々で貼られていた私のポスターの数。
 居酒屋から食堂からマンションの外壁まで、まるで小平市長選にでも出てるかのよう。準備をして下さった青年会議所の皆さんに感謝!

Sep19

英国分裂回避も「並み」の国に

 スコットランド住民投票、独立反対派が勝利。英国分裂は避けられ、ポンド下落やユーロ安も一応回避されたね。(英国の威信は低下し、並みの国家になったけど)
スコットランド.jpg ただ45%の住民が独立を望んだ事実は重い。
 英国政府はその声を軽視できなくなったし、スペインやベルギーなどの独立意識が強い地域に波及していく可能性も十分ある。
東短.jpg そんな中、円安が進んでる。
 知人のエコノミスト、東短リサーチ代表取締役社長の加藤出さんに取材。円安は日米間の問題だけど、欧州不安が加われば、さらに不透明感が増すところだった。
写真.jpg スコットランド問題や円安を追いかけたあとは専門の米大統領選の調査。
 ヒラリー・クリントン大統領誕生への課題を、28日の朝、文化放送「週刊ニュースルーム」で解説するね。(あ~、まだ頭の中はバグパイプの音が流れてるぜ)

Sep17

困難な選択

 ヒラリー・クリントン前国務長官が、アイオワ州で「大統領選を視野に入れている」と明言した問題。仕掛けが早いのでびっくりしている。
ヒラリー4.jpg 写真左は今年6月、著書『困難な選択』を発売したときのもの。(朝日新聞より) 彼女の対中国、対中東についての考え方がよくわかる作品。日本未発売だけど、大失敗と言われたリビア大使館襲撃事件にも言及しているとか。(老けたなあ)
ヒラリー1.png 7年前に出した自叙伝は初日で何十万部も売れた。しかし今回は初日で9万部弱。
「彼女が出馬表明すれば勝つ」という下馬評とは違う印象をヒラリー自身が持っているのかも。
 それともう1つは選挙資金問題。NYに本拠を置く金融機関が共和党への献金を増やす中、早めに意思表示をすることで、その流れを変える戦略かな。テレビとネット戦略勝負だから、勝つには500億円以上が必要だからね。
ヒラリー2.jpg アメリカ初の女性大統領になるには、共和党候補(ブッシュ弟?)に勝たねばならない。
 それ以前にオバマ民主党政権の不人気が最大の敵。ただ、彼女が正式に「困難な選択」をすれば、ヒラリーびいきの私は、現地に行きたくてムズムズするだろうね。
 

Sep15

グレートブリテン消滅の危機

 英国からスコットランドが独立するのか?その是非を問う住民投票が18日に迫ってきた。独立しちゃったら、GBR(=グレートブリテン)って言えなくなるね。
GBR.jpg つうことは、このポロを着てるとカッコ悪くなるわけ?
 スコットランドが英連邦に入ったのは300年ほど前。
 もともとイングランドとは確執があった上、1975年に見つかった北海油田の富を、イングランドに持っていかれているという不公平感が噴出した形。
 スペインのカタルーニャ州などもそうだけど、民族意識の強さに経済的不満が重なると、分離独立の流れになっちゃうんだね。
ロンドン2012夏.jpg ロンドン五輪から2年。
 英国の全人口の8%にすぎない530万人の判断に世界の目が注がれている。私の担当番組「ニュースパレード」では、あす、知人でBBCの記者に中継で伝えてもらう予定。全国ネットだから聴ける方は聴いてね!
GBR2.jpg 海外の動きで注目はヒラリー・クリントン前国務長官のアイオワでの遊説。
 2000年の上院選では選挙スタッフを務めた私。2016年こそ米国初の女性大統領誕生...となるか。専門分野なので番組で解説できる機会があるといいんだけど...。
 

Sep14

新・いつまでもデブと思うなよ(4)

 来年2月発売予定の拙著第40弾となる原稿執筆に着手。きのうときょうで30数ページ分書いたよ。(疲れた~っ、ブログ更新する気もしねえ...) 
20140914_182828.jpg それでもフィットネスクラブで走り込み1時間と筋トレ15分。
 ハワイで太ったかと思ったけど今日現在で80キロ前後をキープ。目標は75キロだけど、あと5キロがなかなかねえ...。
20140914_194348.jpg 原稿書いては走り、走っては執筆というのはあまりにストイック。
 ありがたいことに3冊抱えているので休日の外食だけが楽しみという生活が続く。その先にご褒美がないと頑張れないよ。
20140913_134615.jpg ちょっとでも楽しい気持ちになろうとネット通販で慶応義塾Tシャツを購入。
 OBでもないのにね。ただあつらえたように着やすくて、フィットネス用にはベスト。執筆中は運動量が減るので、これを着て走らなくちゃ。いつまでもデブと思うなよ。
 

Sep11

北朝鮮はどう出るかを取材中

 拉致問題の取材を続けてる。きのうは特定失踪者問題調査会の荒木和博代表にインタビュー、そしてきょうは、東京・中野で横田早紀江さんに話を聞いてきた。
中野1.jpg 政府や自民党の関係者、それに北朝鮮の専門家からも情報収集中。
 相手が北朝鮮だけにいずれも憶測レベル。ただ、北朝鮮の宋日昊大使が「日本に報告できる内容は十分ある」と語ったほどの結果が得られるかどうかは現状では疑問。
中野2.jpg 12年前、北が「未入国」とした拉致被害者を「調べたらいました」とするのはハードルが低い。一方、金正日が「死んだ」と公表した方々を、息子の金正恩が「あれは間違いでした」と言えるのかどうか。もうちょい各方面に探りを入れてみるね。
中野.jpg さて、きょう早紀江さんに話を聞きにいった中野。
 私が大学を出て独身時代に住んでいた街。
 サンプラザは昔のままだけど、周辺はずいぶん変わったね。明治大や帝京平成大の建物が並んでる。当時のアパートまで行く時間があれば良かったなー。
 

Sep10

銀婚式

 東京・新宿のセンチュリーハイアット。シャンデリアがひと際目を引く、今なおスタイリッシュなシティホテルである。ここが私と妻の結婚式&披露宴の舞台。
ハイアット.jpg 司会はテレ朝の松井くん。
 2人をドラマ化した映像あり、武田鉄矢さん、早見優さん、イルカさんらのメッセージありの派手婚。
 あの日から25年。つまりは銀婚式だったわけ。
 円満で心休まる環境を作ってくれている妻に感謝。
 で、そんな日に娘から驚きの演出。結婚当初から現在までの写真を、1冊のブックレットにまとめてくれたのだ。(涙)
銀婚式.jpg いつの間に?って感じだよ。
 ページをめくると若い頃の思い出が甦ってくる。
 こんな時代があって今があるんだなと実感する。家族でケーキを食べながら、「こういう雰囲気がずっと保たれているから頑張れるんだな」とまた実感。
銀婚式2.jpg 25年後の金婚式まで元気でいよう。
 さて家族と言えば、拉致家族。
 北朝鮮の再調査報告が遅れている。きょうはその取材に行く。北が出したものを日本政府は否とは言いにくい。でも見通しは明るくない。詳しくは慎重に取材した後でね!

Sep09

いつか会心のガッツポーズを!

 ジャ~ン、ご存じ、日清食品のチキンラーメン。これ、錦織圭選手が所属する日清本社で行われたパブリックビューイングを取材した記者からの戦利品。
日清1.jpg テニスの全米オープン、錦織は残念だったね。
 朝は通勤族がスマホで速報に見入り、テレビも台風や選挙ばりに画面の一部を使って速報体制。4大大会で日本人が決勝を戦うこと自体が快挙だよ。
日清.jpg これが錦織応援のためのスティックバルーン。
 世界ランク8位までUPしたからトップ5入りは目前。
 私はスポーツの中でゴルフとテニスは門外漢。やったことがないからね。
 それでも、フェデラーやナダルらが下降線の今、優勝したチリッチもそうだけど、錦織ら24~25歳前後の選手が取って代わる世代交代を迎えているのは確かだなと思う。
にしこり.jpg 今回は準優勝だけどいつかはこんな笑顔が見られるはず。
(写真はフリー画像より)
 錦織の快挙は、当たり前のことを日々当たり前にこなしてきたたまもの。私も別の世界で精進して、近い将来、思いっきりガッツポーズできたらいいんだけど...。
 

Sep08

吾輩は犬である(40)

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。7歳の女の子。ハワイ旅行と広島出張のあと、ご主人さまは超多忙みたい。遊んでくんないし毛もカットしてくんない。フン!
yZ2WWPFBFFQz6.3-42820-1-attach-d3.jpg 聞けば、全米テニスで急きょNYに飛ぶ話もあったみたいよ。
 話だけで終わってよかったわー。テニス経験ゼロだし、錦織圭選手よりも9・11テロのその後とか取材しそうだし...。(文化放送さん、今、ご主人さまを派遣しちゃダメ!)
yZ2WWPFBFFQz6.3-42822-1-attach-d3.jpg そうでなくても忙しそうなのよねー。
 週末は学研から出る本のゲラにかかりっきり。
 親はどう生きるべきかがテーマの本で、マイケル・サンデル本的なテイスト。かっこいい本みたいだけど、アタシからすりゃあ遊んでもらってなんぼ。
yZ2WWPFBFFQz6.3-42821-1-attach-d3.jpg 同時にPHP研究所との図解本の打合せも進行中。
 さらにPHP文庫の執筆に、gooで連載中の子育てコラムの一般書籍化の話も。「犬の手も借りたい」と泣きついてきたら、ビスケット5袋で手を打つわよん。ギャラしぶると隠れうんこしちゃうわよーだ。

Sep07

見なくなったプロ野球

 終盤を迎えたプロ野球ペナントレース。神宮球場でヤクルト対巨人を観てきた。席はなんとバックネット裏の前から5列目!
20140906_184817.jpg 試合は長野のグランドスラムで巨人が逆転勝ち。
 優勝が少し見えてきたかな。
 きのうは大竹を早々に降板させての必勝リレー。2点のビハインドでも西村を登板させ、勝ちを拾いにいった原監督の狙いどおりの展開。
20140906_180858.jpg きのうの試合は面白かったけど、プロ野球、見なくなったわ。
 地上波で中継してないこともあるけど、球場に行かなくなった。
 結果、巨人の選手はまあまあわかるけど、ヤクルトなんて山田、川端、畠山くらいしか知らん。先発の石山って誰?的な状態。見てるとサッカーのほうがスリリングだし、錦織の快挙に沸くテニスなどのほうがスピーディで面白いんだよね。
20140906_194436.jpg プロ野球はゲーム内容によっては眠気がくる。
 やっぱり野球なら高校野球が一番だよ。
 その高校野球はセンバツに向けた秋季大会が始まる。わが母校は近年最弱。新人戦Vはまぐれ。あと2週間でどこまで投手陣を整備できるか...。
 

Sep06

広島で考えたこと~核より団子

 広島は久しぶり。数年前、日本IBMの講演で日帰りして以来か...。今回は2泊...となれば観光もしなくちゃ、ということで取材の合間に街へ繰り出してみた。
20140904_104559.jpg お城好きの私は広島城へ。
 あの黒田官兵衛が築城に関わった城。
 毛利、福島、浅野...といった大名ゆかりの城。天守閣に上っているヒマはないので5分だけ眺めて取材先へ。中継レポが終わり広島市内に戻ると今度は平和公園。
20140904_180824.jpg「あやまちは繰り返しませんから」
 石碑の前で合掌し、核のない世界、そして、原子力と決別できる社会の到来を願う。唯一の被曝国で未曽有の原発事故も経験した日本だからこそできることがある、とあらためて思った。
20140904_175837.jpg 原爆ドームを見ながら元安川沿いを歩く。
 アングロサクソン系だけでなくスラブ系の外国人観光客も大勢いて、関心の高さをうかがわせる。
 安倍さんは、いい面、悪い面、海外に向けていろいろなメッセージを発信しているほうだけど、それはあくまで歴代宰相との比較にすぎない。原発の売り込みや安保法制だけでなく、核廃絶とエネルギーシフトをもっと世界にアピールすべきではないか。
20140904_181617.jpg しかし、広島って結構都会だよね。
 さすが120万都市。
 広電でもJRでも多少走ったくらいでは街がなくならない。土砂災害の現状取材が目的の2泊3日だったけど、合間に散策できたことで初めて「広島っていい街だな」と思えた。
20140904_190522.jpg 昔からアンチ広島カープの私。
 楽しみはもっぱら食。
 安佐南区八木と災対本部を往復する中で立ち寄ったのが人気お好み焼き店。絶妙な味だわ。炭水化物だらけだけどね。朝はもみじ饅頭、夜はお好み焼き...短い自由時間の割には堪能できたかな。
 
 

Sep05

広島で考えたこと~自然災害と首長

 広島出張から今、帰宅。先週はホノルルにいたのに、土砂災害の現場を目にしてきた今は、ハワイなんてもう「ずっと昔の話」という感覚だよ。
20140904_105224.jpg 出張の最初はRCC中国放送の訪問から。
 これまでの番組協力のお礼と地元局だからこそ把握している情報をもらいにね。前日まで組閣と自民党役員人事の情報集めに専念していたので、RCCで被災地の現状を聞けて助かった。
20140905_124707.jpg そして安佐南区へ。
 今なお400人余の被災者が避難している梅林小学校。
 この学校の裏手が、テレビの映像で目にしてきた土砂災害の現場。90%撤去されたという割には、そこかしこで土砂が堆積したまま。
20140904_135424.jpg 私自身が小4生のとき体験した土砂崩れの記憶が蘇る。
 枕元まで泥が流れ込み消防隊員に背負われて公民館まで避難したあの日。そのときと同じ光景だ。また大雨が降れば、堆積した土砂が二次災害をもたらす危険性もあるなあ。
20140904_134710.jpg 直面しているのは住居問題。
 全壊半壊だけでなく無事だった家の人も、二次災害のリスクから仮住まい探しの最中。でも抽選などによって、近くに決まる人とそうでない人との濃淡がはっきりしてくると妬みや不満が強くなるよね。
20140905_110237.jpg 私が感じた問題はこの人。
 広島市の松井一実市長。
 初めて記者会見に出てみたけど、「さすが元官僚!」と言うべきか、無難に「逃げの説明」を繰り返すだけ。避難勧告の遅れは首長の責任。優秀な人なんだろうけど、有事にスピーディに動けないトップじゃあ困るね。
 

Sep03

安倍さん、守りの人事

 う~ん、注目の幹事長は谷垣さんかぁ・・・。とってもいい方なので、個人的には取材しやすいのだけど、安倍さんは"守りの野球"に入ったね。
9784569820194.jpg 派閥均衡で留任と再入閣組が多い第2次安倍改造内閣。
 各メディア、なかでもテレビはどう論評するんだろうね。(この本、面白いよ!)
 きのう、「小泉進次郎幹事長なら早期解散」と書いた。
 もしそうなれば、大安の10月14日告示で、やはり大安の26日選挙説もあった。
 しかし、谷垣幹事長に代表される守りの人事で、早期の解散は遠のいたのではないかな。消費増税に原発再稼働、新安保法制に地方創生など、着々とやっていく意思の表れだと思う。
無題.png 1977年、当時の宰相、福田赳夫は、ライバルの大平幹事長を閣内に取り込めず、次の総裁選で敗れた。
 その意味で、石破さんを地方創生担当大臣に起用し、一定の封じ込めに成功した。
 人柄のいい谷垣幹事長起用で党内融和を図り、女性5人を閣僚に起用したことで有権者にもアピールにはなる。
 あとは、個々の政策が、この内閣でどう進められていくかだ。近く出る古賀茂明さんの著書『国家の暴走』にあるような手法が続くようだと、長期政権に黄信号が灯る。
安倍政権の罠3.jpg 政権奪取からきょうで617日。
 これまでの安倍政権については、是非、拙著を読んでいただきたい。
 きょうはすでに、午前ワイド「くにまるジャパン」で7~8分の解説。午後からは「大竹まことゴールデンラジオ」でも少し解説する。
 そのあとにはPHP研究所の女性編集者と打合せがあって、それが終わると広島行きの新幹線に飛び乗るので、さすがのアタシもあんまり余裕がないわ~。
 
 

Sep02

もし、小泉進次郎幹事長なら「年内解散」

 写真は、私が国会&官邸キャップをしていた当時の自民党本部。当時は小泉総理人気全盛だったことが見て取れる1枚。
小泉自民党.jpg 約10年後の今、安倍さんが政権を盤石にするため党人事と内閣改造で最終調整中。
 私の注目は、小泉進次郎氏が33歳の若さで幹事長に抜擢されるかどうかだ。40歳の小渕優子さんの線も消えてないけど、重鎮の間で慎重論が根強い。
小泉自民党2.jpg ならば、と浮上したのが小泉進次郎というカード。
 古くは竹下、海部、最近では麻生、安倍といった宰相経験者が務めた自民党青年局長出身。
 思えば、2003年、小泉総理が若き安倍さんを幹事長に抜擢した際は、2か月後に衆院解散に踏み切った。
 仮に進次郎氏を党の顔、選挙の要である幹事長に抜擢できれば、野党の準備が整わぬ年内に、解散・総選挙に踏み切る可能性が高くなってくる。その点で閣僚人事よりも大きな焦点。
さいびこう.jpg そんな中、飛び込んできたのが、愛媛・済美高野球部の上甲正典監督の死去。
 すごく淋しいし残念でならない。済美高に移っての野球スタイルは好きじゃないけど、野球王国を牽引してきたのは紛れもない事実。心からご冥福をお祈りしたい。
 

Sep01

ハワイから帰国~アウラニ編

 ハワイ夏休み報告2日目はアウラニ編。ワイキキからクルマで45分ほど走ると、オアフ島西南の沿岸に突如出現するのが、ディズニーアウラニリゾート。
JNf3hWSAL8SGE.3-42744-1-attach-d2.JPG コオリナ地区一帯は、マリオット系の高級ホテルがあったり多数のヴィラがあったりと、ワイキキの喧騒を離れた大人のリゾート地。
 その一角にアウラニリゾートはある。
 さすがディズニー直営ホテルだけあって、ミッキー&ミニーなど人気キャラクターがお出迎え。
 チェックインの際は、レイやウェルカムドリンクのサービスもあって、ワイキキで言えばハレクラニ級のホスピタリティー。
JNf3hWSAL8SGE.3-42744-1-attach-d4.JPG スタッフの対応もフレンドリー。
 ただ点数をつければ70点くらいかな。
 まずプライベートビーチがイマイチ。一応作りましたよって感じ。プールもスライダーや流れるプールはあるのだけど変化に乏しいんだよなあ。ショップも2店しかないし...。
JNf3hWSAL8SGE.3-42744-1-attach-d6.JPG 10歳未満の子ども連れには最適なんだろうけど、大人には物足りない。
 ディズニーブランドに期待していくとちょっとガッカリかも。1泊しただけだからちょうど良かったけど、2泊、3泊と連泊すれば飽きそう...。ホテルの周囲はど田舎だしね。
JNf3hWSAL8SGE.3-42744-1-attach-d3.JPG もちろん施設そのものは全然悪くない。
 部屋は高級感があってミッキーの形にアメニティが用意されてるのもうれしい。広めのバルコニーから見える眺望もサンセットもきれい。「1泊するだけなら最高の変化球」になるかもね。
JNf3hWSAL8SGE.3-42744-1-attach-d5.JPG 朝はキャラクターズブレックファストが楽しめる。1人32ドルのブッフェスタイル。
 1時間くらいいると何度もキャラクターが回っくるので、「ねずみの王国」好きにはたまらないひとときになるのでは?以上、ハワイ報告でした。さあ仕事、仕事!
 
 

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.