大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Dec31

皆さま、よいお年を!

 きょうがやっと仕事納め。きのうまでは特番制作やら番組出演で立て込んでたけど、きょうは昼夕のニュースを送出するのみ。(やっと不振の1年が終わる~!)
角松QR前.jpg 今年も当ブログをご愛読いただきありがとうございました。
 また、私個人ならびに文化放送をご支援たまわり心より御礼を申し上げます。来たる2014年が皆さまにとって幸多き1年となりますように!(祈念しちゃうよ~)
角松.jpg 写真は今朝の文化放送本社。
 私の2014年は次の3つかな。
 ①文化放送内外にかかわらずメディアへの露出を増やす、②納得のいく本を複数出す、③大学教員への転職を実現させる、を目標にやってくよ。
角松2.jpg 他には、82キロのままの体重を78キロまで落とす。
 飲むと確実に体調を崩すので宴席は年間10回以下に抑える、といったあたり。
 職場内は箱根駅伝モード。すぐ新年も始まるね。箱根での早稲田はあまり期待できないけど、私は早稲田スピリットで自分の未来を切り拓く年にしたいな。
 
 

Dec30

福井謙二グッモニ

 今朝は5時にタクシーが迎えに来て出社。文化放送の朝ワイド「福井謙二グッモニ」の臨時コメンテーターをするため。(朝型だから余裕だぜぃ!)
芝大神宮.jpg すでに正月ムードの芝大神宮を見ながら職場へ。
 コメンテーターの仕事はパーソナリティーのピンチヒッター依頼より自分に合ってる。
 ただ、前フジテレビアナの福井さんとは初顔合わせだったので不安もあったけど、最初の掛け合いで吹き飛んだ。
グッモニ2.jpg 今年4月に誕生したこの番組(写真は発足当時の広報写真)。
 福井さんの茶柱のような語りっぷりと水谷加奈アナの軽妙なトークが売り。
 福井さんは話しやすく、呼吸も合う感じで、自分の出来はさておき、気持ちよく仕事ができた。
吉野家.jpg たとえば朝日の記者は、「朝日で本を出しても値打ちがない」と言う。
 日経の記者も、「系列の雑誌で書いてもあまり嬉しくない」と語る。
 でも、私の場合は、文化放送から露出を増やしていかないとねー。(なんて思いつつ、番組後、半年ぶりの吉野家で「牛すき膳」を食らうアタシ)

Dec29

取材納めは菅官房長官

 今年の取材納めは内閣官房長官、菅義偉氏。新春特番の収録で議員会館を訪ねた。
 安倍総理の軍師。単なる「女房役」や「政府のスポークスマン」ではなく、調整力は歴代長官の中で群を抜く。
菅事務所2.jpg 中韓どころかアメリカも反発する安倍総理の靖国参拝。
「アメリカは心配ない」
 菅官房長官はこう言い切った。普天間移設については、外務、防衛など担当大臣と調整し、「何としても今の時期に実現したかった」「仲井真さんがああ言ってくれて本当に嬉しかった」と安堵の表情を見せた。
菅事務所1.jpg アルジェリア人質事件では少ない情報を精査し国民に会見で開示。
 情報はきちんと公開する姿勢と総理のリーダーシップを強調し、まだ歩き出して間もない内閣を軌道に乗せた菅長官。
 TPPではUSTRのフロマン代表をも一喝したと語る姿は、来年の大河の主役、軍師・黒田官兵衛以上かも。 
菅事務所4.jpg「ニュースを持ってる人のインタは面白いね」とは特番アンカーの後藤謙次さん。
 その後藤さんに、キャピトル東急ホテルで、安倍さんも好物という排骨麺をご馳走になりながら、「いい番組になる」と確信。オンエアは1月3日午後2時半から箱根駅伝終わりだよ~。聴けるエリアの方は聴いてね!

Dec28

2013年、今年のワタシニュース②

 今年の私的な出来事の中で重大ニュース上位3つは、①南海放送降板、②両親を愛媛から埼玉へ、③大手ポータルサイト、gooで連載開始...だろうか。
DSC00839.JPG そんな中で今年も海外に2度、遊びに行けたことは楽しい出来事。
 写真はソウルの仁寺洞。
 ひらがなの「し」の字の形をしたアイスが人気で、ずっとお供をしてくれた通訳の李銀映さんと寒いのを我慢して食べたなー。
DSC00626.JPG 3年連続、家族でハワイへも。
 何度も行くと新鮮味は薄れる反面、「へえ~、こんな面もあったの?」と気づくことも多い。
 NYもパリも、そしてソウルやホノルルも、数回訪ねてみてわかる良さもある。(旅慣れてる風に言うな!)
DSC00866-2.JPG 国内の旅では故郷の愛媛だ。
 親の引っ越し等で今治(写真は駅前)には何度も行った。3~4年、帰省しない時期もあったのに、帰るときは帰るもんだねー。来年も、せっせと旅行代を稼いで、遊びでも講演でも知らない土地にも行ってみたいやねー。

Dec27

2013年、今年のワタシニュース①

 安倍総理の靖国参拝...アメリカの自制要請を無視した形なので尾を引きそう。
 今年は良くも悪くも安倍さんの1年。「今でしょ」とばかりに金融緩和と財政出動。
安倍2013.jpg 汚染水の実態を隠した「おもてなし」(=表なし)で五輪をゲット。
 そして最後はアメリカをも「じぇじぇじぇ」状態にした靖国参拝。
 同盟国アメリカと、中国政府にバランスの取れた報告を上げている知日派の程永華駐日大使の顔を潰すと「倍返し」されるよ。
講演2013.jpg さて私自身だけど、近年では最悪の1年だった。
 まずは南海放送の番組コメンテーターを降板したこと。講演&大学講師も平日のオファーが多くて、せっかくの依頼に応えられないことが多かった。
 年間の飲み会数が私にしてはかなり多い15回に上り、頭と体がだるい日も多かったかな。
のびのび取材.jpg それでも著書は4冊も出せた。
 きのうもPHPの取材を受けたけど、雑誌からインタビュー取材を受ける回数も増えた。
 また、NTTレゾナントが運営するサイト、gooでの連載も、昨夜、編集者との忘年会で継続が決定した。
 南海放送は失ったけど、「福井謙二グッモニ」等、社内の番組で露出が増えつつあるし、頑張らないとね!

Dec26

毛沢東生誕記念日に靖国参拝???

 防衛省で取材していたら、安倍さんが靖国を参拝するとの情報が。すぐ靖国に移動し中継レポート。
 安倍さんにとっては政権発足1年で好機でも、中国は抗日の祖、毛沢東生誕記念日だよ。
暮れの靖国.jpg 別に中韓の肩を持つ気はない。
 ただ、相手国が嫌がる現役総理の参拝は神経を逆なでする行為。これも安倍さんが言う「積極的平和主義」の1つとすれば、私はその外交姿勢を支持しない。
「いつもなら師走は閑散としている」(宮司談)はずの境内が騒然となった。
kaieda.jpg 靖国での中継から戻ったあとは特番の準備。
 きのう、民主党の海江田万里代表に会ってインタビューした内容を編集中。
 民主党にとっては、韓国軍への銃弾供与、95兆円に膨らんだ予算案、そして安倍さんの靖国参拝と突っ込みどころ満載。 
防衛省会見.jpg あとは安保や憲法問題で党をまとめきれるか。
 都知事選でしっかり対応できるかだな。
 海江田さんも代表就任1年が過ぎた。ここまで苦労されてきた海江田さんには、安倍政権の暴走を止めるべく頑張っていただきたい。(某局のK田さん、私は決してアンチ民主党じゃないよ、覚えといてね!)

Dec25

さすがに胸が詰まってますぅ・・・

 昨夜のイヴは、6号サイズのバタークリームデコレーションケーキにありついた。(やっほー!)
 これがないと、マー君のいない楽天、戦地で銃弾がない韓国軍みたくなっちゃうからねー。
イヴ14.jpg バターデコのおかげで、ちゃんとクリスマス気分になれたよ。
 特注してくれた妻子のおかげっす。しかし、このケーキを食べる前に、ケンタッキーフライドチキン&Lサイズのピザを食べたせいで、一夜明けた今も空腹感ゼロ。
イヴ13.jpg それどころか胸が詰まり、ワイド番組班の宇野ディレクターに胃腸薬をもらう始末。
 昨夜は、イブを楽しんだあと、ジムで45分走り、腹筋も200回やってきたんだけど、それでも胃の中にピザが残ってる感じなんだよねー。(ほえほえ~)
イヴ15.jpg みんなのイブはどうだったかな?
 私は娘からプレゼントをもらったよ。
 AKB48の高橋みなみクリアファイル。(いいでしょう?) 娘には秋にスマホを買ったのでイブは何もしなかったけど、今年も無事、サンタが来たみたいでなによりだわー。

Dec24

Merry Christmas

 きょうはクリスマスイヴだね~(ワクワク)。私はまだ昨夜のフィギュアスケート全日本選手権の興奮が冷めやらない。
聖夜イラスト.jpg やっぱり五輪への思いが強い選手が選ばれたね。
 高橋か小塚かという議論はあるだろうけど、個人&団体でのメダルを狙うにはベストな顔ぶれ。
 今度の冬季五輪は、ノルディックのジャンプ&複合陣も好調。前々回のトリノのように、メダルは荒川の金だけ...なんてことはないはず。今からソチが楽しみになってきた。
DSC00823.JPG さて、クリスマスイヴの話に戻ろう。
 みんなはどこでイヴを迎えるのかな?
 誰と過ごし、何を食べ、どんな会話を交わすのかな。みんなにとって聖夜が素晴らしいひとときとなりますように...。
Xマス夜景.jpg 私は家族と過ごすよ。
 イルミネーションを見ながら恋人と街をそぞろ歩く年でもないし。
 何より、街に出ても、バターデコにはありつけないからねー。妻が特注してくれているであろう6号以上のバターデコとシャンパンがあればそれでOK。
 

Dec23

書籍化へ長く険しい道

 知人のフリーアナウンサーから「本を出したい」と相談を受けた。先日も某タレントさんから同じようなお願いをされたばかり。
ISBN4-569-64006-0.gif 編集者を紹介するのはもちろんOK。
 ただ、これまでのべ20数人紹介し、出版までたどり着けたのは2人だけ。
 その20数人の多くが、テレビやラジオに出演している著名人なのだけど、出版の世界はまた別のハードルがあるみたい。
 右は拙著第1弾。
 これは知人の編集プロダクションの社長さんがPHPの敏腕編集者につないでくれて実現したもの。3刷までいったので1発目としては上出来。
978-4-901330-55-8.jpg 左は拙著第2弾の子育て本。
 ここからはホント苦労した。
 出版社に原稿を持ち込めば断られ、電話だと門前払い。
 この本も数社で屈辱を味わったあと、社員わずか3人の小さな出版社、子どもの未来社でやっとGOサインをもらった。
 このご恩は生涯忘れないし、この本が4刷までいったことが、その後のベストセラーにつながったのだから人生はわからない。
daisannsaku.jpg そして10数連敗した挙句、出版できた第3弾が『ラジオ記者、走る』。
 これも当時の編集長、Mさんと現在のG編集長のおかげ。
 書籍化には、編集者⇒編集会議⇒営業会議⇒役員決裁という段階を踏む。
 前にも書いたけど、厳しい県大会を経て甲子園に出るのと似ている。
 これらを突破して35冊も出せたことが不思議。本を出したい人から相談を受けていると、自分もまたフレッシュな気持ちで頑張らなくちゃと思えてきた。
 
 
 

Dec22

う~ん、悩ましい

 フィギュアの五輪代表決定戦、全日本選手権をテレビで見るため、それに合わせて夕食を食べてきた。今夜もイタリアン。ピザ食べ放題。
itariann.jpg すぐ近くのさいたまスーパーアリーナが戦いの舞台。
 しかしチケットが入手できず断念。でも、まあ、うまいピザが食べられて満足。すっかり馴染みの客になっていて、黙ってても、てりやきチキンピザが出てくるのにはビックリ。
角上.jpg それまでは父の付き添いで日曜も開いている市役所で諸手続き。
 その後は、新潟の寺泊港直送の鮮魚が買える店へ。
 また車で迷子になると困るので、生活に必要なエリアの道は土日でしっかり教えてきたよ。
角上2.jpg きのうときょうで気づいたのは親父の脚力の劣化。
 杖こそついていないものの、私の支えがないと歩けない。「要支援2」どころじゃないよ、あれは。
 車の乗り降りも苦労しているので、あまり外出させないほうがいいのか、これ以上劣化しないよう連れ出すべきなのか...。
 

Dec20

ナビなしヴィッツ君で道に迷う父

 親父がさまよっている。きのう、愛媛の実家からトヨタ・ヴィッツが届き、道も知らないのに運転したから。
 何度も「僕が教えるまではくれぐれもハンドルを握らないよう」クギを刺したんだけどなー。
沼南1.jpg ヴィッツはもともと妻がご近所を走るために購入したもの。
 ゆえにカーナビない、埼玉の地図すら積んでいない状態。
「今ねえ、沼南駅の近くにおるんよ」と言われても、こっちも埼玉都民だから詳しくない。
いなげや2.jpg「いなげやの駐車場に来たんよ」と言われても、住宅街でランドマークがないため説明できない。
 そうしたら、最初に泣きの電話がきてから1時間後、「今、大宮駅。かみお(=上尾のことか?)の方に走ればええんか?」と言う。どこ走ってんのよぉ? 
帰還.jpg さまよい始めて4時間...やっと新居の近くへ来たらしい。
 トイレを借りた吉野家の店主が案内してくれたとか。(お礼に毎日牛丼食え!)
 80歳の親父が不慣れな街で運転し続ける以上、カーナビをつけるとか、走るエリアを制限しないと危ない、危ない。
 
 

Dec19

勝ち抜けなかった猪瀬知事

 猪瀬直樹東京都知事の辞任会見を取材。猪瀬氏は、200人を超える報道陣を前に、「疑念を払拭できなかった」と頭を垂れた。
猪瀬さよなら2.jpg およそ1年前、「リーダーシップを示す」と意気込んだ就任会見と同じ7階ホール。
 そのときの面影もなければ、3カ月ほど前、五輪招致に成功し、「これまでで一番幸せ」と笑って見せた姿もない。
「政策通でも政治的にはアマチュアだった」...猪瀬氏は何度もこのフレーズを繰り返した。
猪瀬さよなら3.jpg 私は都庁記者クラブから2本の中継レポ。
 このあとも全国ネット枠の「ニュースパレード」でレポートする。師走も押し迫ったこの時期、各党ともに後継候補選びに一気に走り出したね。
 カナダに匹敵する予算規模、そして何より五輪開催を控えているので相応な人になってもらわないと。
猪瀬さよなら1.jpg 都庁2階の三省堂書店には、きのう発売された猪瀬氏の新刊が。
 タイトルは『勝ち抜く力』。中には「これからが正念場」の言葉が躍る。ただ、職員で手にとる人は皆無。惜しむ声すらない。
 辞めても疑惑は残り、告訴されている状態が続く限り、ノンフィクション作家としての展望も開けまい。

Dec18

育英短期大学2年目は???

 群馬の育英短期大学から「来年度も継続して講師をお願いしたい」との書面が届いた。
 今年は休日に、前期だけ教壇に立ち、「キャリアプランニングⅠ」を担当させていただいた。
育英講師.jpg 講義の中身は、政治をメインに時事問題を教えてきたわけだけど、さて2年目、どうしよう...。
 さいたま市から高崎市郊外までメル2号で往復3時間。
 1コマだけ教えて帰るのはあまりに効率が悪い。
 執筆に割く時間やジムに通う時間が減るし、加えて、親の面倒をみる時間も必要になってくる。
「来年度もまたやって!」のオファーは、今年、好評だった証なので名誉なことなのだけど、文化放送の仕事との絡みもあって、継続か否か悩ましい。
育英講師2.jpg 書面によれば、来年度は後期担当らしい。
 担当科目は「現代社会のしくみと生活」。
 後期だけにしていただいた上、政治から教育問題まで幅広く教えることができる科目を任せてくれる配慮はホントにありがたい。でも迷うなあ...。(小池学科長、いっそ専任の教授にして~)

Dec16

これもアリヨシ効果?

 有吉さんが私の職場に来てくれた。同じ有吉でも『有吉反省会』や『有吉ジャポン』のアリヨシじゃない。
 神奈川新聞社論説委員の有吉敏さん。政治記者時代の盟友。
神奈川書評2.jpg 菅官房長官をゲストに作る新春特番。
 菅さんの代議士秘書時代や市議時代を語ってもらうために来ていただいたわけ。本格的な準備はこれからだけど、民主党の海江田代表の収録なども含めて、安倍政権の未来が見えてくる番組にできたらと思ってる。
SB新書2.jpg わざわざ横浜から来てくれた有吉さん。
 実はきのう15日付の神奈川新聞「読書欄」で、拙著の紹介までしてくれた。
 忘年会や新年会の季節を引き合いに「気乗りしない誘いの断り方など、人間関係が上向く手法を網羅している」と書いてくださった。
 私の記者時代の話なども書いていただいて気恥ずかしいが、盟友というのはありがたいとつくづく思う。「ポスト猪瀬は誰か」など政治談議にも花が咲き、あっと言う間の再会だった。
神奈川書評.jpg 拙著紹介の記事が左の写真。
 発売1か月で売り上げはまあまあ。
 でも、海外版も含め、これからジワジワ売れてくれるといいんだけど。
 加えて、優れた政治記者と久々に会話しながら、「こっちもちゃんとしないと」と思えてきた。
 


Dec15

師走の引っ越し大作戦④~一応完了編~

 愛媛・今治の実家から荷物が届き、朝から搬入。「らくらくパック」は楽だけど、それでも大変。
 さすがは老人。必要ないガラクタや古着、ふとん類がわんさか。(捨てて来いって言ったのに!)
引っ越し中.jpg「これは2階の部屋」「こちらは1階の和室に」
 作業員はテキパキ動いてくれるのだけど片づかない。(だから捨てて来いって言ったのに!)
 中に私の大学の卒業証書まで。(ないと思っていたら、こんなところにあったんかい...)
DSC00666.JPG 一番不安視していたのが盆栽。
 100鉢近くあったのをどこまで絞ったのか、荷造りに立ち会っていない私としては最大の懸念だった。
 まあ、40鉢前後にはなっていたかな。作業開始から1時間ほどで、下の写真のように配置完了。
引っ越し中2.jpg 問題は他にあって、座布団10数枚(笑点じゃあるまいし要らねえよ)、動かないレトロな壁掛け時計(オブジェにもならんわ)、タオル類(さすが今治...ってムダに多すぎんだよ!)、衣服(パリコレにでも出るんかい?)などなど。
引っ越し今治5.jpg でも何とかクローゼットに押し込んだ。
 目の前が湖畔の公園だった今治とは環境がまったく違う150万都市、さいたま。今度は転入届等の手続きが必要に。こっちはもう仕事を休めないから、ちょっと酷だけど、老夫婦に頑張ってもらうしかないなー。
 


Dec14

師走の引っ越し大作戦③~好物編~

 先週の母親に続き、今週は今治から父親を連れて埼玉の大宮まで帰ってきた。
 今回は1泊。母親に比べれば父親の移動は簡単なので、「地元の好物を食うか」と思い立った。
引っ越し今治3.jpg これは実家近くの"菓舗なかにし"。愛媛名物タルトの餡は普通、茶系。なのに、中西のタルトは薄緑色。でも素朴な味わいが好きなんだよな。
「今月いっぱいで店を閉めるかも」と語るご主人と時間を忘れて話し込んじゃったよ。後継者がいないんだって。私みたいなファンもいるのに残念だなー。
引っ越し今治2.jpg こちらは、松山「すし徳」の上巻きと松山にある今治風焼き鳥の店「桃介」の逸品。
 昨夜はANAが2時間遅れて松山着。「すし徳」の閉店に間に合わないとヤバイと思い羽田から電話注文し、松山空港からタクシーを飛ばしてギリギリセーフ。その直後、初めて立ち寄った「桃介」もいい店だったなー。
引っ越し今治4.jpg そして今回は久々に悲願の店へ。鍋焼きうどんの店「アサヒ」。
 甘めの出汁とトッピングの牛肉が何ともまいう~。ランチ抜きのポリシーはどこへやら、2杯も完食。
 おしゃれな店なら東京や埼玉にも山ほどある。松山に行かれたら、是非、これらの店をのぞいてみて!
引っ越し今治.jpg 肝心の父親の移動は無事完了。
 がらんとした実家の自分の部屋に入ったら、高校時代に使っていた志望校の赤本がそのまま残ってた。
 ギターも問題集もそのまんま。私は過去を振り返らないタイプだと自認してきたつもりだけど、ドアを開けた瞬間、懐かしさがこみ上げてきた。
 

Dec13

金正恩独裁体制は危険

 北朝鮮で張成沢氏の死刑が執行された。外資誘致を担い、中国とも太いパイプを持ってきた張氏の処刑は、権力を金正恩第1書記と朴奉珠(パク・ポンジュ)首相に集中させるためか...。
ピョンヤン.jpg これで正恩独裁体制が強化される。
 経済は朴首相、軍事は崔竜海(チョ・リョンヘ)軍総政治局長と李永吉(イ・ヨンギル)総参謀長。17日の金正日死去2年を前に、内向きな側近政治が始まる。日本はこの事態にNSCを招集しないのかな?
DSC00836.JPG 写真の韓国大統領府(青瓦台)は緊急に安保会議を開いた。
 経済優先の北朝鮮がただちに軍事挑発に走る可能性は低いものの、核再開発や韓国に近い黄海沿いに大砲200門を設置するなど新たな動きがあるので要注意だね。
しまなみ2013-3.jpg さて私は今夜、2週連続で松山入り。
 明日はドックのクレーンが林立する今治(旧大西町)に父親を迎えに行く。
 実家の荷物が15日に届けば引っ越し大作戦は完了。きのうも書いたけど、夜は松山の「すし徳」で巻き寿司三昧。(今夜は1人だから淋しいけど食うぞ~!)
 
 

Dec12

籠城作戦、崩せず...

 今日は会社を休み、1人、見知らぬ土地で暮らし始めた母親のケア。最大のネックは極度の出不精。
 「目の前のスーパーに食材買いに行こうよ!」と誘うと「今日は行かんけん」。(じゃあ、明日は行くのかよ?)
吉野町3.jpg「クルマで鮮魚専門の店に連れてってあげるよ」
「行きとうないけん」(それで魚が食べたいだぁ?)
 けっして悪い人間ではないのだが、愛媛時代から続く出不精だけは困るわ~。歩かないと余計に足腰が弱るし...。
吉野町2.jpg さいたま市に来てまだ5日。
 不安があるのはわかるけど、ありゃ、戦国武将ならずっと籠城し、兵糧攻めで白旗揚げるタイプだね。
 もうすぐ父親が出て来るからいいようなものの、誰も買い出しに行かなくなったらどうすんだっちゅうの。
吉野町.jpg ただ新居は気に入り、新しい家電にも適応できてきた。
 今日は飾り棚にシクラメンを置き、外構も花で埋めてきたので、快適な生活を満喫してくれたらいいんだけど...。
 明日は再び松山。今度は父親を迎えに行く。夜9時には二番町の「すし徳」だぜ。(ぐふふ)
 
 

Dec11

"そのまんま"じゃ嫌?

 東国原英夫氏がさっきブログで離党&議員辞職を表明。日本維新の会のガバナンス、特定秘密保護法など政策面で自分とは乖離があるというのが理由。
東国原辞職.jpg ただホンネは「このままじゃ嫌」ということだったのではないか?
 タレント⇒県知事と目立つポジションで生きてきた東国原さんも維新では埋没中。
 目立つのは橋下さん以外では、松野さんや首都圏で首長経験がある中田、山田両氏。メディアから軽~くスルーされる現状が耐えられなかったのではないかなー。
 当然、ポスト猪瀬をうかがっているはずだし、いろんな意味で「辞めどき」と判断したのだろう。
軽四2.jpg 師走国会のもう1つの注目は税制改正。
 消費税10%時の軽減税率もヤマ場だが、疑問なのは軽自動車税増税。軽四は庶民の大事な足だよ!
 普通車は下げ、軽四はアップするというのは、アメリカの要求に屈しすぎてはいないか? 財務省は900億円でも税収が増えると嬉しいんだろうけど。
女子学院入試.jpg 年収1200万円超の世帯への増税も間違い。
 この層は全体のわずか7%だ。
 しかし、いいクルマに乗り、外食でお金を使い、子どもに中学受験(上は女子学院中入試)をさせる層を締めれば、消費の低迷を招く。どうして改悪するかねえ?そのまんまじゃ嫌なのかねえ。
 
 

Dec09

江田氏らが打ち上げる冬の花火

 特定秘密保護法成立のプロセスで強く感じたのは、政府・自民の強引な手法だけではない。
 民主、維新、みんなの迷走ぶりだ。抵抗は線香花火のように風に揺れてはすぐに消えた。
江田憲司.jpg このうち、みんなの党が分裂確実に。
 午後4時に江田憲司前幹事長が離党会見を開く。
 渡辺喜美代表が安倍政権に接近し、党是である政界再編&脱官僚と矛盾する行動をとってきたことへの不満が爆発した形。特定秘密で譲歩しすぎたね、渡辺さんは...。
記者会館3.jpg 江田氏はあす、民主・細野、維新・松野両氏らと勉強会を立ち上げる。
 ただ、細野、松野両氏はすぐさま離党するわけじゃない。
 自民が衆院で295議席、参院でも115議席を占める1強時代。小党内の分裂劇で終われば、政党助成金を得て、また弱っちい野党が誕生するだけ。
モンカレー.jpg 野党の中にはオリジナルのレトルトカレーを作ってPRしている議員も。
 その必死さはわかるが、今後は、憲法、消費税、TPP、エネルギーなど国の先行きを決めるようなテーマで与党も巻き込んでいかないと、江田氏らが打ち上げる冬の花火はスターマインにはけっしてならない。
 
 
 

Dec08

師走の引っ越し大作戦②~やっぱり松山~

 南海放送「木藤たかおの日曜プレスクラブ」コメンテーターを中退して以来初めて、スタジオに寄ってきた。写真は私の第2のファミリー。
DSC00863.JPG 歓迎してくれて感謝。
 誰の為でもなく、木藤さんはじめ写真のみんなやリスナーの皆さんの為に、いつの日か復帰できるといいなー。またお菓子をもらったり、駅まで送ってくれたり...ホント、ありがとうね!
DSC00853.JPG 帰省の目的は母を埼玉に連れて行くこと。
 でも松山に行ったからには「すし徳」へ。
 見てよ、これ!これが大好物の穴子入り巻き寿司。店の人が「食べられます?」と怪訝な顔をする中、3本頼んで軽~く完食。
DSC00855.JPG 晩メシに付き合ってくれた南海放送テレビの吉尾亜耶ディレクターもビックリ。
 木藤さん、玉井さん、稲垣さん、月岡さん、松本さん、中塚さん、日野ちゃん、三好さん、藤田さん、吉尾さん、江草(旧姓橋口)さん...。
DSC00862.JPG 大事な人、番組、惜しんでくれるリスナーさん、それに好物が揃うのは松山だけ。
 さて、母親の引っ越し大作戦の件。なんとか無事に新居に送り届けた。久々の長旅で疲れていそうだったけど、馴染んでくれるといいな、新しい街に。
 

Dec06

師走の引っ越し大作戦①~さらば今治編~

「暴走1強国会」(朝日)、「民主主義の否定」(東京)など、特定秘密保護法案強行採決に対する批判が大見出しで踊る今日、私は夜、松山へ。
しまなみ2013.jpg 埼玉へ引っ越す両親のうち、まず母を迎えにいくため。
 瀬戸内海に面した今治から海なし県へ。最初はいろんな部分でとまどうだろうけど、離れていては介護はできないからねー。当面は辛抱してもらおう。
しまなみ2013-2.jpg 母にとっては見納めになるかもしれない今治城。
 小学生の頃は、母に巻き寿司を作ってもらい、石垣脇のベンチでよく一緒に食べたものだ。今はさびれて無くなっちゃったけど、高島屋や今治大丸にもよく行ったなー。
しまなみ2013-4.jpg 実家裏の公園散歩もさせてあげられなくなる。
 環境の変化でボケるらしいから心配。
 国会や都議会、W杯抽選も気になるけど、最優先しなければならないのは母の引っ越し。万一、「私は行かない」と言い始めても、これだけは与党にならって強行?しなくては...。
 
 

Dec05

猪瀬直樹都知事、アウト!

 東京都議会の代表質問を取材してきた。徳洲会事件で批判に晒されている猪瀬さん、立場はかなり厳しい。
 五輪招致の功労者ではあるけれど、2020年を知事として迎えることは99%ないし、あってはいけない。
都庁1.jpg 担保も返済期限もない不可解な借金。
 道路公団民営化で抵抗勢力と対決していた頃の猪瀬さんなら激しく追及するはず。いざ自分が批判の対象になると逃げ口上では有権者はソッポを向く。
 代表質問では、自民党からも「知事の言葉を信じる有権者はいない」と手厳しい指摘が...。
都庁2.jpg しかも知事の所信表明に対する質問なのに、答弁したのは局長クラス。
 自公が「知事に政策に関して語る資格なし」と突き放したからだ。
 来週には徹底追及の場が設けられる。予算と解散権を握る知事に、各会派が腰砕けにならず迫れば、年明けは都知事選から政治が動くことになるんだけど。
どり^むなび.jpg 特定秘密保護法案と甘利大臣の舌がんで国会も大変だけど都議会もヤマ場。
 さて、私は夜、四谷大塚の受験雑誌「ドリームナビ」の取材を受けた。今年もいろいろ取材を受けたけど、年内はひとまず終わり。
 拙著第35弾となる子育て本の再校ゲラも、さっきチェックを終えたので、当面、政治モードだな。
 
 

Dec04

甘利さんはシンガポールに間に合うか?

 昨夕の安倍―バイデン会談で、アメリカ側はあらためて農業と自動車で日本側に一層の協力を求めた。
 TPP交渉はいよいよ大詰め。週末のシンガポールでの閣僚会合がヤマ場だ。
TPPシンガポール.jpg そんな中、担当大臣の甘利さんが不可解な入院。
 裏で話を聞こうにも誰も把握していない。
 ただ、数日間の入院のはずが、官邸が、大事な閣僚会合に西村副大臣を代役に立てようと調整を始めたのを見ると、単に検査入院しただけとは思えない。
TPPシンガポール2.jpg 牛肉豚肉、コメや麦など日本が挙げた重要品目は聖域。
 自動車も環境基準をアメリカ流に合わせることはできない。
 最終的には政治決着...ということになるが、甘利さんがもしその場に出席できないとなると日本は厳しい。
ガタガタ.jpg 厳しいついでに言えば私の体だよ。
 体重が82キロから落ちないので夜の走り込みを増やした。このところジムのマシンで1時間走ってる。
 そうなると体が悲鳴を上げる⇒翌朝疲労が抜けない⇒マッサージに行く、の悪循環。入院しないようセーブしなくては...。
 

Dec02

久々、静岡放送に出演!

 通勤途中に静岡放送(SBSラジオ)の朝ワイド「朝だす!」に電話出演。
 拙著新刊、SB新書の話題。大石岳志アナ、ならびに戸田友美子ディレクターに感謝!
SBS.jpg 通勤客であふれる大宮駅で約10分の掛け合い。
「あの人何やってんの?」的な視線にさらされつつ、大石さんの質問に答える形でオンエア。
 SBSラジオへの出演は、「中村こずえのsmile for you」を含め4度目(かな)。
SBS2.jpg 本社には行ったことないけど、東京支社はこんな変わった建物。
 実はこの建物、わが母校・今治西OBの建築家、今は亡き丹下健三さんの設計。 
 その意味で「静岡放送さんとは縁があるなあ」と勝手に思っていたので、こうして出演の機会をいただけたのは素直にうれしい。
 拙著の紹介で言えば、先週も、神戸のラジオ関西「羽川英樹ハッスル!」で紹介の時間をいただいた。
ベスト~1.JPG それも8分間。
 羽川さんありがとうございます。
 南海放送「日曜プレスクラブ」の出演者&スタッフ&リスナーさんもそうだけど、苦しいときに声をかけてくれた方への恩義は決して忘れない。
 捨てる神あれば拾う神あり。師走になってやっとエンジンがかかってきた。
 
 

Dec01

吾輩は犬である(31)

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。7歳と約1カ月の女の子。今、夜8時半。やっとメシ(あら、失礼、お食事)にありついたワン。
DSC00852.JPG ご主人さまと奥さまが引っ越し準備とやらで朝から晩までいないんだもん。
 アタシはずっと留守番で腹ペコよ。こっちはやっと夕食だっちゅうのに、奥さまとお嬢さまったら、すっかり食事を済ませ、デザートのモンブラン食べてるワン。
家1001.jpg でも、アタシがいい子で留守番してたおかげで準備は整ったみたいね。
 きょうも収納BOXとか生活用品を買っては、ご両親が済むことになる家に運んでたらしいワン。(おやつを買ってはアタシの口に運んでよん!)
家1000.jpg ご主人さまは、まずお母さまを愛媛に迎えに行くそう。
 これからよねー、介護は。
 アタシだって介護が必要になるんだからねー。老後のこと考えてたら緩んできちゃったワン。このうんこ、誰が最初に始末してくれるかしら、ブーっ。
 

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.