大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Nov30

ほぼ整った両親の新居

 朝から先に購入した家具や家電が新居に届き、やっと終わって焼肉で腹ごしらえ。(アンタ、先週も韓国で焼肉三昧だったでしょうが?)
引っ越し.jpg 本格的な引っ越しは来週だけど、家ってモノが入るとそれらしくなるね。
 80になる両親があと何年使ってくれるかわかんないけど、新しく買ったレンジも洗濯機も、そしてTVもフルに使ってくれたらいいんだけど。
引っ越し4.jpg ただ、まだ買い物は道半ば。
 愛媛で着ていた普段着はたぶんこっちで外出着にはできないだろうし、平均的に四国より関東の方が寒い。 
 写真のように大まかなものは揃ったけど、収納BOXをはじめ、親が来る前に用意すべきものはまだある。
引っ越し3.jpg 実家からどれくらいの荷物が来るのか見えないし、ホンネを言えば、「本当に来るの?」とまだ半信半疑。とりあえず介護用ベッドを借りる前のつなぎに市販のベッドを用意したりはしたんだけどね。とにかく来週、再来週がヤマ。
 

Nov29

学力テスト成績公表は危険!

 昨夜は自民党代議士元秘書と有楽町で食事。政治の裏話やら大学教授転身の話やらで盛り上がった。写真は有楽町駅前のイルミネーション。
忘年会2.jpg LED化されて街が輝きを増した感じ。
 さて、きょうは「学力テスト」成績公表の話。
 これまで学校による公表しか認めてなかったのに、文科省は、自治体の教委の判断で学校別の成績公表を認めた。「順位づけしない」など条件付きだが、運用が始まればそうはいくまい。(写真下は私の授業風景)
小学校2.jpg 都道府県別ランキング同様、成績だけが注目される。
 当然、学校序列化や競争激化を招く。何より、教委のメンバーや自治体の首長に必ずしも学校教育への深慮があるとは思えない。大阪・泉佐野市長などは早くも「結果を教育予算配分に生かしたい」だと。愚かである。
学校1.jpg 学テは今の学力を把握し授業の改善を図る指針として利用すべきもの。
 全国や県内での位置づけなら公表せずともわかる。公立校教員の質を上げるなら採用や研修でやればいい。識者もいれば見識の低い人もいる教委や首長に委ねての公表は危険すぎる!
 
 

Nov28

今年の師走も忙しそう...

 今朝、出社したら受付前にクリスマスツリーが...。もうそんな季節なのね~。何も大きな前進がないまま、もうすぐ師走かぁ。
Xマスツリー.jpg これから暮れにかけては心躍る大好きなシーズン。
 この先、両親の愛媛・今治から埼玉への引っ越し、拙著第35弾のゲラチェック、第36弾のプロット作り、そして特番制作をこなしつつ、楽しい気分で来年を迎えたい。
DSC00822.JPG 右の写真はソウルのロッテ百貨店入り口。
 すでにいくらかはクリスマスの雰囲気を楽しめた。
 あとは自分の気持ちの問題。「今年もやりきったぞー」という手応えがないので、あと1カ月で1歩でも2歩でも先の展望につながる何かを得たいなー。
おせち2.jpg なんてことを考えていると番組班に「おせち料理」が。
 ラジオショッピング用の見本。正月もすぐそこって感じになるね。
 総選挙に韓国出張などが重なった去年よりはハードじゃないけど、親の介護もいよいよ始まるし、年の瀬はかなり忙しくなりそうだなー。
 
 

Nov27

秋の夜長に読みたい本

 毎晩、フィットネスクラブに通い、また、自分の執筆時間も必要なので、読書時間が激減している私。
 そんな中、今、読んでいる本を、きょうは3冊ご紹介!
日本の会社の40の弱点.jpg 1つめが『日本の会社の40の弱点』(文春新書)。
 外国人労働者が見た日本企業の不思議さが逆に興味深い。
「なぜ、日本人の上司は質問すると黙り込んで瞑想してしまうのか?」
「反対意見を疎んじられるのはどうして?」
「自己紹介で、社名、部署、名前の順に語るのはどうして?」
 なるほど、確かに、うちもそうだ...と思ってしまう実例が豊富に盛り込まれていて面白い。部課長クラスのいわゆる中間管理職の方には特にオススメかも。
官房本.gif 2つめは『官房長官を見れば政権の実力がわかる』(PHP新書)。
 日テレの政治記者が書いたもので、ソウル旅行の前に購入し現地で読了した。
 私もちょうど、官房長官の研究を始め、年末に菅官房長官をゲストに特番を担当するのでためになった。
 菅さんについてはもとより、野中さんら歴代の官房長官の実態が政局とともに描かれている本。読みながら、私も別の視点で、安倍内閣とその後の日本をテーマに1冊書きたい気持ちになってきた。
猪瀬本.jpg 最後は『突破する力』(青春インテリジェンス新書)
 渦中の猪瀬直樹さんが副知事時代に書いたもの。
 読み始めたばかりだけど、作家として孤独と向き合い、中野駅北口のワンルームから活動を始めた頃からの人生が語られている。
 それにしても昨日の会見...あの借用書がホントに原本だったにせよ、捺印なし、返済期限も利息も無記入なんてありえない。
 猪瀬都知事に都議会での追及、有権者の不信感を「突破する力」があるか注目したくなる1冊だ。
 
 
 

Nov26

晩秋のソウル②~気づき編

 今回、ソウルを歩いて感じたのはタイやベトナム人の観光客が増えたこと。数次ビザ発給の影響だ。
 日本も追随し外国からの訪問者数を増やしてはいるけど、韓国政府に後れをとっているなー。
DSC00837.JPG 写真は大統領府の青瓦台前。
 産業や観光面ではライバルでも日韓協調は大事。
 竹島問題では折り合えなくても、対中国および対北朝鮮では協力し合えるはず。特に中国の防空識別圏設定は、韓国当局にも大変な問題だし。
DSC00850.JPG 北朝鮮問題も同じ。
 ソウルの街ではあちこちでシェルターを見かける。
 明洞や仁寺洞を歩けば楽しく、ファッショナブルな若者も多い活気ある街だけど、一方で、"戦時中"という側面を随所に見ることができる街でもある。
DSC00826.JPG 私が訪ねた時期は北朝鮮が延坪島を砲撃してちょうど3年という節目。
 光化門にある世宗文化ホール前では、写真左上のような展示も。
 そういう状況下にある韓国だからこそ、日本と手を組める部分はたくさんあると思うんだよねー。
DSC00831.JPG いろんな意味でソウルの旅は楽しかった。
 景福宮など史跡観光にセールが始まったロッテ免税店での買い物。放射性物質を恐れて魚を食べる人が減り、寿司屋が閑古鳥状態なのもわかったけど、何より韓国は大事な隣人だってことが実感できてよかった。また行きたいねー、ソウル!

Nov25

晩秋のソウル①~交流編

 猪瀬東京都知事への徳洲会からの資金問題、中国の防空識別圏設定問題が浮上する中、アタシはお気楽ソウルの旅。それも羽田から金浦へ大韓航空のビジネスクラスで。(へへ)
DSC00838.JPG ソウルは大好きな街の1つ。
 食べ物はうまい、新旧の文化が興味深い、さほど反日感情も感じない。そのうえ、秋は冷え込むから紅葉がとてもきれい。
 写真は景福宮の裏庭のものだけど、萌えるような紅葉は京都の秋に匹敵する美しさ...。
DSC00825.JPG 大学院時代のクラスメートで、現在は、韓国外務省(外交部)の官僚と豪華焼肉。
 朴槿恵政権の評判や韓国側から見た安倍政権に対する本音が聞けて良かった。外交の軸足を米中に置く韓国。
 安倍外交へのアレルギーも相当で、日韓関係の改善は厳しそう...と実感。
DSC00843.JPG 去年、韓国大統領選で通訳をしてもらった李銀映さんとも再開。
 竹島を抱える島根と韓国の友好の橋渡し等を仕事にしてきた彼女。
 街を案内してくれながら、あるいはプルコギをつつきながら、冷静に、また明るく、日韓両方の社会について話してくれるのでありがたかったなー。
DSC00846.JPG そして日韓友好で頑張ってくれている仲間たちとマッコリで宴会。
 マイレージ消化と気分転換に訪れたソウル。こうした交流も旅の醍醐味の1つ。
 あっ、猪瀬氏問題に戻ると、29日から始まる都議会で自民党が降ろしにかかるはず。百条委員会を作って攻めたてるから続投はかなり厳しい情勢。
 
 
 

Nov21

ニュースパレード優秀賞

 2年連続でNRN系列全国ネット番組「ニュースパレード」で優秀賞を受賞!(やったねー!V2!)
 昨夜は、系列32局が集まり表彰式と懇親会が行われた。(ありがたいねえ!V2!)
DSC00807.JPG 何で受賞したかと言うと、3月1日に放送した福島第1原発からの中継レポート。
 力作が揃う中、まさかって感じ。最近、会社では、医務室で「よくダイエットしたね!」とほめられる程度なので、1年の後半に賞が取れてよかったわー。
DSC00805.JPG 去年は福島・双葉高卒業式レポで受賞。
 いずれも震災&原発関連。
 受賞自体はうれしいものの、それだけずっとニュースであり続けているということ。復興や廃炉までの長い道のりを思うと複雑。もちろんちゃんと報道するつもりだけどね。
DSC00811.JPG ただ、伝えなきゃいけないものは震災&原発関連だけじゃない。
「一票の格差」判決もあれば国会での隠れた重要法案も。しっかり報道し、その結果、賞がついてくるなら理想かな。
 さて、私、今夜から数日、旅に出るよ。次回のブログ更新は日曜もしくは月曜ね!
 

Nov20

さいたまで楽しむモーターショー

 東京・有明で東京モーターショーの報道公開が始まった。一般公開は23日からだよー。
モーターショー.png 単なる新型車の展示会ではなく、ECOや自動運転をテーマに、国内外33ブランドが技術の粋を披露する場。
 トヨタの豊田社長曰く「CO2排出や事故...ネガティブな要素を伴うクルマが、いかに便利で楽しいものであるか、ポジティブな要素を打ち出す」イベント。
 そのトヨタは燃料電池車や体重移動で操作するクルマを出展。軽自動車メーカーもSUVやスポーツカーを展示するみたいだから楽しみ。アタシは予定が詰まってて行けそうにないけど(>_<)
BMWニュー3.jpg だからせめて埼玉で楽しもうかなと。
 ほぼ毎晩通っているフィットネスクラブで見つけたBMW3シリーズ。これはいいクルマ。
 最近、これまでのスポーツ路線からラグジュアリー路線に舵を切ったけど、プラグインハイブリッド車の「i3」も注目だよ!
メルセデスニューA.jpg お次はわがメルセデス。
 写真は人気のAクラス。レザーシートのオプション付き。
 ダイムラーはBMWとは逆にスポーツ路線に変えつつあり、新型CクラスやAクラスのSUV版に期待大。
 メル3号を買う余裕はないので、有明に行かないほうが購買意欲をそそられないからいいかも。
kaienn.jpg アタシが好きなドイツ車と言えばコレ。
 ポルシェのカイエン。
 芸能人ご用達の高級車。
 しかし普通のグレードで1000万円以上。最上級モデルだと1700万円だよ! そんなお金ないから欲しいとも思わないや。額に汗してコツコツ働いて、遠い将来、メル3号を買わせていただきます。

Nov19

デスク3題

 現場に行ったY記者から「沿道は人がいっぱいでケネディさん見えませんでしたーっ」との電話。
 秋晴れの東京、GHQ本部があったビルから皇居までの馬車列...私も見たかったなー。
信任状2.jpg 王室がないアメリカで抜群の知名度を誇るケネディ氏。
 駐日大使就任は、いくつかの選択肢の中から彼女自身が選んだもの。
 外交の経験はなくても、その思いと、知名度&豊富な人脈という武器を生かし、同盟関係の深化に寄与していただければ、と願う。
明治神宮大会3.jpg 2つめは明治神宮大会。
 この間、母校・今治西の堅い守りを褒めたら3失策。
 人工芝に足をとられるなどのアンラッキーもあって日本文理にまさかのコールド負け。
 センバツまで4か月...2番手投手と打線を鍛え、春こそ頂点を目指してほしい。
西山毎日.jpg そして3つめは西山太吉さんインタビュー企画。
 きょうから3日間、全国ネットラジオ番組「ニュースパレード」でオンエアだよ。
 82歳とは思えない力のある言葉を聞いていると、特定秘密保護法成立の先にあるものが見えてくるはず。カットした部分がもったいないくらい...。
 

Nov18

よしっ!82キロ!

 83キロ台でとどまっていた体重がまた減少に転じはじめた。十何年ぶりの82キロ台。それも82.1キロ。(ぐふふ)
ベルト.jpg 先日、またベルトの穴を1つ開けてきた。
 これで穴5つ分=13センチ、ウエストが細くなったことに。(ぐふふ)
 お笑い芸人「髭男爵」の山田ルイ53世なんて、私を見るたびに、「痩せることが快感になってきたんちゃうん?」と聞いてくるけど、その通りかも。
しゃぶ虎.jpg ランチ抜き&運動が結果につながってくると嬉しいからね。
 で、自分へのご褒美におとといは「しゃぶしゃぶ」へ。そしてきのうはピザ食べ放題へ。
 連日、30分以上走りこんでいるので、これがなければもう80キロなんだろうけど、リバウンドしないために無理のし過ぎは禁物。
しゃぶ虎2.jpg あとひと月半で78キロ
台まで落とせば公約達成。
 それまでに、韓国旅行、松山遠征、クリスマスがあるからな~。
 ソウルでブルコギ、松山で巻き寿司、クリスマスで7号サイズのバターケーキを食う分(食うんかい?)、フィットネスクラブでランと腹筋に精を出さなくちゃ。
 
 

Nov17

明治神宮大会、準決勝進出!

 母校・今治西の応援に神宮球場へ行ってきた。四国大会で優勝したうちが全国で通用するかを把握するには絶好の大会。
DSC00792.JPG 相手の八戸学院光星は投打ともに全国トップレベル。
 しかし結果は5-1で危なげなく今治西の勝利。エース神野の好投と安定した守りで東北大会の覇者に付け入るスキを与えなかった。(今年は普通に強いかも)
DSC00796.JPG 写真の3番越智樹は3打点の活躍。
 スーパー1年生の秋川と杉内も魅せた。
 それより光星とうちの決定的な差は守り。試合前のノックを見て「光星の守備はスローイングが雑」と思ってたら4失策。(その点、今治西は鍛えられてる)
DSC00798.JPG 後半にあと1点欲しかったけど秋は強いね~。
 準決勝は行けないけど期待できるわ~。
 きょうは今治弁が飛び交う1塁側で応援。2~4期下の後輩たちとも会え、横断幕の前で記念撮影。神宮で母校の試合を見る機会なんてそうそうないからね。
DSC00801.JPG 先週から南海放送の出番がなくなりポッカリ空いた日曜日。
 番組のことが気になりつつ観戦。
 でも後輩たちの完勝で元気をもらったよ。横断幕の「全力野球」じゃないけど、すべてに「全力投球」してきた自分のスタイルを今後も貫くだけ。
 

Nov16

わが家の庭を冬バージョンに

 知人から「最難関の私立小に子どもが合格した」との知らせ。拙著第1弾『わが子を名門小学校に入れる法』(PHP新書)が役立ったらしい。おめでとう!
DSC00786.JPG 役立ったという話は著者冥利に尽きる。
 大人も子どもも笑顔になれる社会作りに貢献できる本をこれからも書いていけたら、と思う。
 さて、きょうは講演用の資料を作ったあと、わが家の庭を冬支度。
DSC00785.JPG コンテナにシクラメンやビオラを植えた。
 ヒメシャラやヤマボウシに肥料を施し、根元周りの土も少し入れ替えて完成。
 庭って手入れしている家とそうでない家との差が歴然となる。家+庭で「家庭」だし、メンテはとても重要。
庭です.JPG 猫の額ほどのスペースでも、落葉期に手入れしておけば、春にはこんな感じに美しく芽吹く。
 あ~、ガーデニング、マジでプロだわ。教育問題や政治を追いかけ、番組作ったり、番組でしゃべる以上に好きかも。草花や花木は人を陥れたり、騙したりもしないし...。
 

Nov15

「西山事件」の当事者に聞く

 沖縄密約をめぐり小説化されドラマにもなった「西山事件」。その当事者である元毎日記者、西山太吉さんに話を聞いた。
西山太吉1.jpg 特定秘密保護法案について、「特定秘密を作れば永久秘密になる」と語る西山さん。
 政府に都合のいい情報はリークする。都合が悪い機密は隠す。
 野党不在の国会で、「それに待ったをかけ、暴き出すことができるのはメディアだけ」という、政治記者の大先輩からの言葉は説得力があった。
西山太吉.jpg 32局ネット「ニュースパレード」で私の担当曜日の火曜からシリーズでオンエアするね。
 きょうも国会では衆院で介護度が軽い人へのサービス事業を自治体に移す社会保障プログラム法案や改正自衛隊法案が採決された。教科書検定の基準も、近現代史で政府見解を尊重するよう改正されるとか。
ケネディ.jpg「官邸主導」はいいけれど危うさも伴う。
 総理と内閣官房に情報が集中するから。
 西山氏曰く、機密はほとんど日米関係絡み。キャロライン・ケネディ氏の駐日大使着任は歓迎だけど、日本がアメリカにがんじがらめにされ、その実情が国民に知らされない事態は勘弁願いたい。
 

Nov14

島倉千代子さん葬儀告別式

「東京だヨおっ母さん」「からたち日記」...まもなく首都圏に引っ越してくる愛媛の実家の母が、よく口ずさんでいた歌だ。
告別1.jpg きょうは、午前中、年始の政治特番の準備のあと、先日、75歳で亡くなった島倉千代子さんの葬儀告別式を取材してきた。「お千代さん」と呼ばれ、愛された歌手だけに、青山葬儀所では弔問客が後を絶たず、数百メートルに及ぶファンの列もできた。
告別2.jpg 私が記憶しているのは「鳳仙花」あたりから。
 でも島倉さんの歌=母のイメージだったので、昭和30年代~40年代の高度成長期を生きた姿は母の人生とかぶる。芸能レポーターばりに演歌歌手への囲み取材をしながら、ふと実家のことを想った。
告別3.jpg あと数週間で、「埼玉だヨおっ母さん」を言うことになる。
 私が愛媛大学にでも進み、地元で学校の先生か県庁職員でもしていれば違った人生もあったろう。
 慣れない街で介護を受けながら暮らす晩年...斎場で流れた「人生いろいろ」のメロディが心に沁みた。
 

Nov13

「コールド負けはしない」という生き方

 15日発売の拙著の見本が届いた。装丁と帯がいい感じ。もちろん中身も自信作(笑)。
 6年前、同じソフトバンク新書(現:SB新書)から出した40代本は発売5日で重版になった。今回も続きたいなぁ。
ベストセラー1.jpg 先日、家族の次に大事にしていたものを失った。
 見事に私のロストゲームだよ。
 でも、それで下を向いていては、高校野球で言うコールド負け。たとえ10点取られてフルボッコにされようと、最終的に2点でも3点でも返せば次につながる。「一方的にやられた」感も緩和される。
ベストセラー.jpg 今度の新刊は、人間関係に悩む皆さんに有益な1冊であると同時に、私自身も「これで反転攻勢だ」という気にさせてくれるもの。右上の子育て本シリーズみたいに、まさかの30万部超えといきたいね。
 何があってもコールド負けしそうにないのがこの方、小泉元総理。(写真:毎日新聞)
小泉 毎日新聞.jpg 脱原発を唱える狙いは最後のご奉公という意識。
 言い続ければ変えられる確信があることと講演料による活動資金の確保か。
 賛否が割れる問題は、賛成2割、反対2割、どっちつかずが6割いるもので、小泉さんは賛成を3割にすれば世論は動くと見てる。この勝負勘、私も学ばなくちゃ。

Nov12

ロンドンピカデリーの会

 あ~、二日酔いっす。ビール3杯でこの状態。昨夜は、ロンドン五輪取材チームの親睦会"ロンドンピカデリーの会"。
ピカデリー2.jpg 銀座の英国風パブで遅くまで飲んでしまった。
 今年12回目の宴会。自分の年間規定を2回オーバー。道理で今年は不調なわけだ。でも、他局のみんなとオリンピック話で盛り上がれて楽しかったな。
ロンドンビッグベン前.jpg ロンドンなんて数年前の感覚。
 TBSやニッポン放送と手分けして取材したあの日々が懐かしい。このまま文化放送にいれば、リオは無理でも東京で同じような興奮が味わえるのか...。でも7年後だもんなあ。
ピカデリー1.jpg 英国と言えば、ビールにフィッシュ&チップス。そしてローストビーフ。
 しかし、小さなグラスとはいえ3杯は限界を超えてたな。きょうはこれからニュースデスク。完投できるかなあ。う~、気持ち悪い。
 

Nov10

おー、新記録!

 きょうの南海放送「木藤たかおの日曜プレスクラブ」どうだったかな?
 普通、いきなり降板はしないものだけど、別に誰かにセクハラとか悪いことをしたわけではアリマセン。
愛しの日曜プレスクラブ4.jpg リスナーのみんな、これからも、写真の木藤、月岡コンビをよろしくお願いします!
(写真は番組HPからパクってしまいました...ごめん)
 それにしても、素朴な驚き。いつも日曜午前10時58分には、スタジオからうちに電話がかかってきていたのに、かかってこないという違和感。
DSC00398.JPG でも、出演者や制作陣から「必ず帰ってきて!」「待ってます!」というメールが相次ぎ涙が・・・。(ぐしゅん) リスナーさんからも、私のHPの「メールはこちら」を経由して、「突然でびっくり」「介護してても出演くらいできるでしょ?」「何かあった?」という声が多数。
介護買い物1.jpg 事情は木藤さんが放送で話してくれたと思うけど、いろんな反応を思い起こしながらジムで走ってると、800キロカロリーも消費しちゃったよ。これ、新記録!
 一方で、両親の受け入れのため、家電やら家具やら買いまくっているんだけど、買いすぎちゃったよ。
介護買い物3.jpg 家やクルマを買う以外に、1日の買い物総額で三桁台に乗せるってのも新記録かな。
 高額でも年寄りが使いやすいものならいいや的な感覚で、「洗濯機? 15万? よし、買おう」みたいに決めてるから早くも軍資金がピンチ。番組のことも気になりつつの買い物だから、金額に無頓着な部分もあったりして...。
介護買い物2.jpg そういうわけで、私もこれから、番組に戻れる日を夢見て精進します。
 これまで以上に「日曜プレス」をごひいきに!
 まだ私には、文化放送、出版、ウェブサイトというメディアが残されてる。このHPだってみんなとつながれるので、今後ともよろしくお願いします!


Nov09

南海放送「日曜プレスクラブ」バンザ~イ!

 四国地方で、南海放送「木藤たかおの日曜プレスクラブ」を聴いて下さっているみんな!
 突然ですが、私、番組コメンテーターを降板することになりました。
 これまで、愛媛だけで放送されていた時代から数えて7年9か月、実に383回、休まず出演させていただきましたが、私に384回目はありません。
愛しの日曜プレスクラブ3.jpg 当ブログでも書いてきたように、これから、親の介護が本格化すること。
 そうなれば、放送がある日曜日にもこれまでとは違う動き方が求められること、などあって、かっこ良く言えば「卒業」、正しくは「中退」せざるをえなくなりました。
 毎週、楽しみに聴いて下さっていたみんなに、心から「ごめん」を言わせてください。
愛しの日曜プレスクラブ2.jpg 諸事情で、最後に「また会いましょう」すら申し上げることができず、本当にごめんなさい。
 ここに掲載している写真は、私がスタジオ出演した際、木藤さんや月岡アナ、それに先代の中塚アナと撮ってもらったもの。
 中にはデブ時代のものもあるけど、8年弱の日々は、四国のみんな、それに番組関係者とつながることができた宝石のような時間でした。
2愛しの南海放送.JPG この間には、リーマンショックがあり、政権交代があり、また震災や原発事故があり...と、あまりに伝えるべきことが多すぎて、「きょうはうまくできた」と思える日はほとんどなかったというのが実感。
 それでも、他メディアでは伝えていないことを1つは伝えること、そして「言ってなんぼ」のコーナータイトルどおり、権力を恐れず、組織にもおもねることなく真実を語る姿勢だけは最後まで貫けたかな。
 そんな私を使い続けてくれた南海放送の仲間たちにも心から感謝してる。とは言いつつ、やっぱ淋しいよね。
愛しの日曜プレスクラブ.jpg 本当はこの先も、「ガッツだぜ!」の曲紹介で噛む木藤さんを支えたい。
 出来事の背景にあるものをみんなにお伝えしたい。南海放送のみんなともさよならしたくない。悲しいよ、つらいよ、くやしいよ。
 ハワイで遊び呆けているときも、ロンドン五輪取材で忙殺されてるときも休まなかったのは、四国が好き、愛媛が好き、そしてこの番組と仲間が好きだったから。
DSC00538.JPG 左の写真を見てもわかるとおりアホな私は番組を去ります。
 稀代のパーソナリティ、木藤さんがこれ以上曲紹介で噛まないよう、また月岡アナとディレクターの稲垣ちゃんの美人コンビがハッピーライフを送れるよう祈りつつ、当面は今のラジオの仕事や両親の世話、講演やら執筆でがんばります!
 もみじが秋に葉を落とすのは春に芽吹くため。「再入学」できるよう諸条件を整え、いつかまたお耳にかかりたいと思っています。「日曜プレスクラブ」バンザ~イ!!

Nov08

来週15日、拙著第34弾発売!

 ソフトバンクから社名を変えたSBクリエイティブの編集者、Kさんから書影が送られてきた。
 いよいよ、来週15日発売。16日か17日には全国の書店で平積みされる。(よしなに~!!)
SB新書.jpg 話し方をテーマにした本は過去に1冊ある。
 だけど、さらに踏み込んで、人間関係の上手な構築法に触れたのはこれが初めて。
 それだけに売れるかどうか、いささか不安。
 職場や学校、近所づきあい等で、一番の悩みは人間関係だと思うし、これを読んでいただければ、かなり緩和されると思うので、ご一読いただけたらありがたい。
 適度な「距離感」をキーワードに、心理学の要素も多分に盛り込んだ今年最後の作品。
DSC00700.JPG 大学院で学び直してから3年あまり...。
 まだ、なけなしの200万円を投入して勉強しただけの成果は得られてない。逆に、個人ではどうしようもない壁に阻まれ後退した感すら漂うありさま。
 そんな私としてはいい本に仕上がったと思うので応援よろしくお願いします!
 
 
 
 
 
 

Nov07

出来事は1枚めくってみると面白い

 きょうは久々の遅出(午後1時出社~8時まで)シフト。でも、雨が上がり時間を有効活用したかったから、いろいろ取材してきた。
第二議員会館.jpg 今夜、訪朝していたアントニオ猪木議員が帰国。
 何が目的だったのか、あくまで推論だけど、とある議員に話を聞いた。参院からは「書類不備」で処分される可能性があるけど、猪木氏は痛くも痒くもないはず。
トヨタ1.jpg 午後は、個人的にも興味がある東京モーターショーの説明会に。
 自工会の豊田章男会長(=トヨタ社長)の話は明快。御曹司ではあるけど、たいした経営者だなと実感。「自動運転」など新たな技術と次世代カーが揃うショーになりそう。
トヨタ2.jpg ただ、猪木氏訪朝で言えば、拉致解決にどんな影響があるのか不明。
 モーターショーで言えば、またしてもアメリカのビッグ3が不参加で、同時に米中でモーターショーが開かれる事態に、東京の地盤沈下も囁かれる。取材は1枚めくってみると面白い。


Nov06

飛べないアヒル

 宇宙飛行士の若田光一さんが、明日午後、4度目の宇宙へ飛び立つ。アジア人で初めて、ISS=国際宇宙ステーションの船長も務めるとか。
若田1.jpg 私が今住んでいる町の出身。
 年齢は私より1学年下。
 なのにすごいよ。
 ロボットアームを使いこなす技量はNASAも認めるところ。おまけに船長としてクルーの人望も厚いという。才能だけでなく努力のたまもの。
若田3.jpg 加えて、その力を見抜き、引き上げた第三者の存在もあるはず。
 私の家がある最寄駅は打ち上げ成功を祈るイルミネーションがまばゆいばかり。
 アメリカ、ロシアの飛行士と半年間、宇宙に滞在するそうだが、ミッション成功と無事の帰還を祈りたい。
若田2.jpg 同年代でもこっちは飛べないアヒル。
 いや籠の中の鳥か...。
 才能はないけど精進だけはしてきた。そこは誇れるしズルく立ち回りもしない。
 あ~誰か引っ張り上げてくれんかなあ。狭い了見で考えず任せてくれたら力を出すタイプなんだけどなー。
 
 

Nov05

減量6か月...15キロ減!

 GWに一念発起してダイエットを始め、きょうで6か月。98キロの超デブ状態から83キロへと15キロ減量に成功。
キッズウェルネス日進.jpg 仕事でベストを尽くしたあと、アフターファイブに自分用の取材&原稿執筆。
 それに加えて、写真右上のフィットネスクラブに出かけては、週4~5日トレーニングする毎日は結構タイトでストイック。ランチもほぼ抜いてるしね。
かっぱ1.jpg ただ、ランチを抜くと、牛丼とかラーメンとか、回転寿司などが食べられなくなるのがツライ。
 そこで、久々に100円寿司に行ってきたよ。お~、何とも懐かしく、かつ、庶民的な味。おいしさとかを通り越して、「100円寿司だな」と思えるのがイイ。
かっぱ2.jpg 15皿食べて1575円。いいわぁ~。
 しかし15キロ減では不満足。
 次の目標は「今年中に20キロ減」。ここからの5キロはきついけど、今年は何も達成できてないダメな1年なので、78キロまで絞り「これだけはやった」感を味わいたい。
 

Nov04

浜祭、開催中!

 リスナーの皆さんとつながる祭典、浜祭が、現在、東京・浜松町界隈で開催されてる。
 私は報道部を離れられないので、今回、初めて、イベントにも物販にも関わってない。
浜サイト光景.jpg 昼休みだから外に出たら大賑わい。
 朝は小雨だったけど晴れ間も出てきてよかったよ。
 今年は公開生放送などのステージが、芝の増上寺に作られているので、いつもと勝手が違うけど、いい感じで進んでいるみたい。お祭りを通じてラジオファンが増えてくれれば嬉しいなー。
アナカレ.png 物販コーナーでは今年も出演者にちなんだグッズを販売中。
 人気があるのはアナカレかな?
 室照美アナと加納有沙アナが加わったせいか、例年より華やかかもよ。2000円デス。
 私も、ラジオ人としてはこうした顔が見えるイベントを、そして個人的には、講演や著書の手売りの機会を大事にしていきたいと思ってまーす。

Nov03

吾輩は犬である(30)~7歳編~

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。きょうが7歳のお誕生日の女の子。あ~、アタシ、犬年齢だとすっかりオバサンだわ~。
アプリ7歳.JPG ご主人さまに、大好きな門柱の上に出してもらったんだけど、秋風が身に染みるぅ。
 ご主人さまは、今朝、35冊目の原稿を仕上げて、いつものように南海放送の番組に出て、これからフィットネスクラブみたい。(お誕生ケーキは?)
アプリ7歳3.JPG さっき、お誕生日だからと、いつもはくれないランチにありついたワン。
 きのうはシャンプーしてくれたし、気分よく7歳を迎えられたけど、ケーキとかジャーキーとか「サプライズはないのか」っちゅう話よ。(なさそうね...)
アプリ7歳2.JPG 今、出かけてる奥さまとお嬢さまが帰宅すれば...と思って待ってるんだけど。
 でもまあ、仲良し家族に囲まれて幸せね。吠えると怒るのやめてほしいのと、うんこすると「しちゃったの?」的な顔するのだけはやめてほしいワン。今するから今日くらい変な顔しないでね、ブーっ。
 


Nov02

ここが親の介護の舞台

 今日は、両親が住む家の契約を済ませ、カーテンとかを購入する前段階として採寸に行ってきた。ジャーン、ここがそう。
DSC00768.JPG 気分は渡辺篤史さんの「建もの探訪」。
 介護認定を終えた老夫婦が住むには、手すりは多いし、当然バリアフリーだし、いいんじゃないかな。
 要介護度が高くないと施設には入所しにくい。しかも集団生活がイヤとなると我慢してもらうしかない。
DSC00761.JPG ここがキッチン。
 明るい色調で悪くない。
 出窓のおかげで、曇り空にもかかわらず採光は十分。あとはここに冷蔵庫などを置くだけ。
 中に入るのは2度目だけど、築浅だから全体的にキレイだし、駐車場の広さもまあまあ。
DSC00753.JPG 執筆は峠を越えた。
 講演も1月までない。
 プライベートな時間は、当面、親の引っ越しに専念だな。あ~、今日はジムで1時間走ってきたせいか、それとも契約のせいか疲れた。日本シリーズでマー君応援して寝るよ。
 
 
 

Nov01

11月の私の楽しみ

 今月の焦点は国会。きょうはまだイチョウの葉は緑だったけど、色づく頃には、TPP交渉含め、懸案事項や重要法案の質疑がヤマ場を迎える。
国会東.jpg 山本太郎議員の問題や訪朝した猪木議員の一件もあるし。
 さすがにAKBのドラフトには興味がないので、当面は記者やデスクの立場で国会情勢を追うのが楽しみ。
 中旬になると注目は明治神宮高校野球大会。ここで優勝した高校は意外とセンバツであっさり負ける。
朝日高校野球.jpg だから母校の勝ち負けにあまりこだわってない。
 ただ、最初の相手、八戸学院光星は北條くんを軸にした強打のチーム。今治西(写真は朝日高校野球より)がどこまで通用するかの試金石になる。
 まずは四国増枠のために頑張り、負けても冬に鍛えればいいと気楽に観戦したい。
ソウル東大門.jpg マイレージ消化のため土日の弾丸ツアーで行くソウルも楽しみ。
 日韓関係が冷え込む中、現地でこの1年の変化をどう感じるか、だね。
 ただ、一番の楽しみは、いい面悪い面含め、スリリングな私の日常生活。新刊が出るし、高齢の両親の引っ越しも佳境に入るから頑張らないと。
 

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.