大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Mar30

考えてみれば今年7回

 今日は体が重い。今、スポーツジムで普通にメニューをこなしてきたけど、なんかダルオモォ~(´ε`)
はる11.jpg 理由は簡単。きのう飲んじゃったからだなー。
 午前中、高校野球を見ながら原稿書いてたせいもあって、全くペンが走らない状態。
 試合が終わっても集中できなくて、庭先の花木を眺めては気分転換し、辛うじて今日のノルマは達成したっス(-"-;)
 飲めないので宴席は年間10回と決めつつ、早くも今年7回。このペースはやばい。
 この先、テレ朝の松井くんと一緒に、FM東京に決まった中村亜裕美アナと弊社に決まった加納有沙アナの祝勝会をしたら当面打ち止めだな。
はる12.jpg それにしても庭の木々がすっかり芽吹いてきた。
 南庭の主木、エゴノキもこのとおり!
 今日は、庭が春らしくなってきたこと、済美高が愛媛県勢として久々に甲子園で8強に進出したこと、そして、母校の今治西が、春季愛媛大会で松山商に圧勝したことが救い。
 また、雑誌の取材が入ったりして、週明けから本業以外でも忙しくなりそうなので、なんとかこのダルオモォ状態から抜け出さないとやばい(>_<)

Mar29

番組終了打ち上げ会ラッシュ

 今夜は、東京・浜松町のいたるところで送別会が行われていて大賑わい。私たちも某カラオケ店で番組終了打ち上げ会を挙行。
kosupure2.jpg 写真は左から、私がイチオシする文化放送のニューフェイス、加納有沙アナ。
 真ん中がテレビでおなじみ、関西大学の白石真澄教授、そして右が同期の太田英明アナ。
 加納ちゃんは、九州朝日放送から正式には1日に移籍。
 文化放送ファンの皆さま、とってもいい子なので、是非、応援してあげて!
 白石さんは私が尊敬するコメンテーター、太田アナはうちのエースなんだけど、白石せんせ、さすがノリがいい。(良すぎる!) 
kosupure1.jpg 目ざとく店の入り口からコスプレ衣装を持ってきて、さっそく女子学生に。
 期待の新星、加納ちゃんまでメイド姿に変身。(あらま)
 すごいのは歌唱力。太田もだけど、白石さんは見事! 加納ちゃんも博多で単独JAZZライブをやるだけのことはある、すごい歌唱力!(白石さんのテレサ・テン、加納ちゃんの絢香はホントにサイコーです!)
 番組対抗歌合戦があれば、たぶん優勝か準優勝はいけるんじゃないかなー。(フジテレビさん、作って~)
kosupure3.jpg それにしても今日は、打ち上げラッシュ。
 午前中は、かつて私がプロデューサーを務めていた朝ワイド、「吉田照美ソコダイジナトコ」が終了したのでお疲れさん会。
 4月以降、照美さんは午後ワイドで、唐橋ユミさんも土曜ワイドで引き続き出演することになるけど、一応、区切りだからねー。
 土日を挟んで、さっそく新番組が始まるので、私もニュースの送り手として、またときに解説者として、サポートしていかなくちゃねー。
 

Mar28

番組改編、制作部は多忙、報道部は・・・

 年度末、弊社9Fのスタジオフロアでは、いたるところで新番組のランスルー(=通しリハ)が行われてる。
ほほえむ3.jpg 社内には、新番組をPRするポスターが貼られ臨戦モード。
 なにせ、一気に5つの新ワイド番組が誕生するからねー。
 うちは、このところ聴取率がアップし、押せ押せムードだから、5ワイドともに成功してくれたらいいんだけどねー。
 私は他の制作陣とは違い、ラジオ番組はパーソナリティの力が9割占めると思っていて、最初の数週間で「この番組、聴きたい」と思うかどうか決まると信じているので、4月のスタートは大事。
hohoemu.jpg 制作部や編成部の多忙さとは対照的に、今日の報道部はヒマっす。
 毎週木曜は朝から取材で国会や省庁などに出かける日なんだけど、Mデスク代休のため内勤。
 内勤はモチベが低下するので、女神さま(=桐谷美玲さん)の写真を飾ってテンションをあげあげにして、各ワイドに供給するニュースをシコシコ書いてるとこ。
 幸い、デカい事件がないので、今のところ、センバツの鳴門対聖光学院戦も見る余裕があるよ。
ほほえむ2.jpg で、余裕がありすぎて、社内をウロウロしてたら、変なお菓子のパッケージを発見!
 え~っ?「白い恋人」でも大阪の「面白い恋人」でもなく、「白ぬりの濃い人」???
 京都の新名物らしい。(なんとまぁ)
 北海道銘菓「白い恋人」のパロディ騒動が下火になったかと思えば、また新たな火種ですかぁ?放送局ちゅうところは、話題先取りグッズがいっぱいあるとこだねー。
 衆院選をめぐる区割り審の勧告以外、凪の状態が続けば、明日の番組終了打ち上げに備え体力温存しようっと。
 
 

Mar27

旅立ちの季節に・・・

 サッカー日本代表のしょぼい試合を最後まで見てしまったから眠い。シュート打たないんだもん、ありゃ負けるよ。
 さて、きのうは東大の卒業式(学位授与式)だったねー。東大はどんな式典だったのかなー。
そつご.jpg 私は3年前、早大の大学院の学位授与式に出た。
 成績を知らせる教務課からのメールにPDFが添付されていて、「総代に決まりました。おめでとうございます」とあったときは、感動で涙が止まらなかったなー。
 おかげで、研究科を代表して総長から学位記を受け取るときは、数千人の学部生や院生が見ている前なので、足の震えが止まらなかったけど。
早稲田写真2.jpg 今春卒業した人たちの中には、不本意な大学に通い、不本意な学生生活を過ごし、不本意な就職をした人もいると思う。
 でも、大学再入学や大学院で学ぶことは社会人になってもできるし、取り返す機会はいくらでもあるよ。
 上や下の写真は、私の院生時代o(*^▽^*)o~♪
かもがわ1.jpg ジェラルド・カーティス先生や元NHKの手嶋隆一先生らに国際政治を学んだり、安房鴨川の早大セミナーハウスで合宿し、徹夜で政策を作ったり、学部生時代とは違う体験もできた。
 何歳になっても軌道修正は効くので、私もだけど、みんなも新年度、楽しくやろーぜぃ\(*⌒0⌒)bがんばっ♪

Mar26

1票の格差は立法府の不作為の罪

 愛媛・済美高、センバツ初戦突破オメ!(安楽投手すげぇ、でも高めを振らなければ崩せる・・・グフフ)
 さて、今日も各地で、先の総選挙を違憲とする判決が相次いだ。広島高裁岡山支部では2例目となる「無効」判決。
高等裁判所.jpg こちら東京高裁でも違憲判決。
 国民1人1人に平等に与えられている「1人1票」の権利が守られていないわけだから判決は当然。
 しかも、最高裁大法廷が2年前、「違憲状態」と判断を下しているにもかかわらず、立法府(=国会)は何の改善も講じていない。
 今月6日以降相次いだ違憲や「無効」判決は、立法府の不作為に、「司法をなめんなよ!」とあいくちを突きつけたものと言えるだろう。
gijidou009.jpg しかし、与党は「0増5減」を急ぐと言う。
 ちゃんちゃらおかしいぜ、この小手先の改革は。
 国民の要望でもある議員定数の大幅な削減を急ぎ、区割り自体も抜本的に見直すべきだ。
 折りしも今日は安倍内閣発足3ヶ月。アベノミクスは好調でも選挙に関しては甘ちゃん。政治家生命に関わる問題は出足が鈍い。もっとも、泥棒に刑法をいじらせると全く進まないのと同じか。(安楽、頼む!って関係ないか・・・)

Mar25

東京えひめ人

 今日は昼休みに、ふるさとの地元紙、愛媛新聞社の取材を受けたよ(o^∇^o)ノ
 日曜版に「東京えひめ人」ってコーナーがあって、4月7日(日)に掲載されるんだって(*^.^*)エヘッ
ehime223.jpg 私なんかより、東京で活躍している愛媛の人、たくさんいるはずなのに、申し訳ないなー。
 で、どんな話をしたかって? それは7日の朝刊のお楽しみぃ(*^-^) ←いつまでキリタニ気分?
 愛媛新聞、読んでない方は、7日以降に、ネットで「東京えひめ人」って検索すると読めるよ、たぶん。
 カメラあるでしょ? T記者に写真撮ってもらったんだけど、キリタニは映りが心配デス(^▽^;)
ehime222.jpg でも、ふるさとと色々な形でつながりが持てるというのはいいネ。
 この写真は、私がたまに愛媛の食材(お菓子とかも)を買いに行く新橋のアンテナショップ。
 うどん、タルト、じゃこ天、ちりめん、醤油、それに、ゆるキャラのバリィさんストラップまで揃ってる(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ
 一度、立ち寄ってみてはいかが? 私は、取材を受けているうちに松山と今治が懐かしくなったので、4月半ばに帰省することにしちゃいましたよー((o(*^^*)o))わくわく


Mar23

卒業式に桜が満開

 娘が中学(下の写真は学校の正門から続く桜並木)を卒業。早いもので来月から高校生。よく成長したねぇ、無事卒業オメ!
sakuranamiki.jpg 義務教育の9年間なんて、ホント、あっと言う間。
 これからの高校3年間なんて、瞬く間に過ぎてしまうんだろうなー。
 東京周辺は、きのうソメイヨシノが満開に。(卒業式に桜ですかい)
 お酒が飲めず、大勢での宴会も苦手だから、花見は好きじゃないんだけど、桜自体はいいねー。(・∀・)イイ
 3年後、大学に進むことになる娘にも、最高の気分で、満開の桜を眺めてもらいたいもんだわ。
sakuranamiki3.jpg さて、こちらは自宅から近い大宮花の丘公園。
 さいたま市はまだ7分咲きってとこかな。
 今、また忙しくなっちゃって、今日も朝から執筆に追われているので、ゆっくり桜をめでたり、庭の花木を眺める時間がない。
 でもまぁ、こうして少しでも前進していれば、いつか自分ももっと大きな花を咲かせられるかなーって、キリタニはそう思ってがんばっています(〃ω〃) ←きのうの続きかい?
sotugyou2.jpg あっ、そうそう、夕べ、カラオケ行ったらね、こんな看板を発見したよ!(^▽^)/
 卒業シーズンだから、卒業生や保護者を呼び込もうという企画。
 しかも、この店、東京六大学の校歌とかならわかるんだけど、「区立○○小学校、区立○○中学校の校歌、全室で歌えます!」だって。♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
 で、私が何を歌ったかって? それは仲間だけのヒミツです。(*^.^*)エヘッ ←だからキリタニかっ、ちゅうに!

Mar22

目指すべきは桐谷美玲風ブログ?

 昨夜のTBSテレビ「あぽやん」の最終回見た? 桐谷美玲さん演じる森尾ちゃんのセリフ、良かったねー。
「この1週間、私がどんな気持ちでいたと思っているんですか!」・・・(カァーっ、男たるもの、一度は言われてみたいやねー)
sake_karasu-img450x600-1317635688b5e9mc98041.jpg 桐谷さんって、文化放送でも番組やってる(写真は弊社広報誌)けど、日テレ「NEWSZERO」でもキャスターでがんばってる。
 彼女のアメーバ上でのブログも好評。
 やっぱ、文字数は少なくて、それでいて、ストレートな気持ちが書かれているスタイルが受けるのかな。
 読んでいて楽しいし、心がホクホクしてくるもんね。(アタシも、以下、さっそくマネてみよう)
ともろー.jpg ジャーン、これが今、発売している『BIG tomorrow 』(青春出版社)。
 巻頭が先日お目にかかった眞鍋かをりさんで、数ページあとがアタシの記事。
 どんな記事なのかな。 (∩_∩)!
 写真つきだとドキドキしちゃう(*^o^*)
 でも、お料理記事じゃないですよぉ。
 ちゃんとした記事にしたつ・も・り。(^_^;) だから読んでみてネ! あっ、こちらも今、発売中デス。
dream_navi_201305.jpg 進学塾・四谷大塚の雑誌さん。
 さて、どんなインタビュー記事なのでしょうか?(゜_。)?(。_゜)?
 それは読んでのお楽しみぃ。o(^o^)o
 さて、世間はお花見ですね!
 でも今日は、新しい本の打合せが。
 夜は寺島尚正アナウンサーらとカラオケですよー ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
 キリタニは、この季節、ケツメイシさんの「さくら」を聴きたくなります。
 何、歌おうかナ。新しい曲、マスターしてないけど、とっても久々だし楽しみ・・・。o(^-^)o ワクワク


 


Mar21

熱血先生、再び!

 今日は代休。(うれぴー) そこで、群馬県高崎市にある育英短大の非常勤講師説明会に出てきた。(小ぢんまりした綺麗な大学!)
いくえい100.jpg 私は現代コミュニケーション学科の所属。
 教える科目は「キャリアプランニング」。就活や社会に出てからに備えて、時事問題&キャリアデザインを教える特別講義ってとこ。
 数年前まで教えていた千葉県柏市の江戸川大学とは違い、毎週はとても通えないので、前期と後期で数回ずつ、本業に支障をきたさないよう行くことになる。(クルマで行ったら片道80キロ。結構距離があるので疲れた・・・)
いくえい101.jpg 副学長や学科長の説明を聞いて、育英短大の良さと学生指導に関する課題もよくわかった。
 今日も「池上彰さんみたいな感じでお願いします」と依頼されたので、いかに平易に、飽きさせないよう進行するか考えないと。
 私立大学の学生の授業料を履修しなければならないコマ数で割ると、1コマ当たり4000円前後のお金を払って授業を受けていることになる。
 これは親御さんにとっては大変な金額なので、それに見合う授業をしないといけないね。(責任重そう)

Mar20

センバツもいいけど愛媛大会も気になる

 今日はイラク戦争開戦から10年。開戦の日、特番キャスターを担当したので感慨深い。
 結局、大量破壊兵器は見つからず、無垢な市民と多くの米兵を犠牲にしたあの戦争は間違いだったと私は思う。
だっぐあうと2.jpg さて、いよいよセンバツが始まるね!
 四国の4チームには頑張ってもらいたいけど、注目は済美の剛腕、安楽投手(2年)。
 右上の写真は母校・今治西の練習風景。夏は済美を倒さないと3年連続の甲子園はないので、センバツに先駆けて始まる春の愛媛大会で優勝し、第2シードとして夏の県大会には臨ませたいなー。
ダッグアウト.jpg 今年の今治西は、去年より投打に力強い。
 神野-越智樹の新2年生バッテリーは期待が持てるし、タイプの違う投手陣が豊富。安楽くんだのみの済美と決勝で当たるなら勝機はあるかも。
 明日から始まる春の県大会できっちり勝って、おそらく第1シードになる済美と決勝まで当たらない第2シードになれるよう東京からエールを送りたい。(頼むぞ石垣!中西!桧垣!)

Mar19

福島第1原発、ようやく一部復旧

 さっき、文化放送昼ワイド「大竹まことのゴールデンラジオ」に出演し、停電した福島第1原発の現状を解説してきた。
 今日のアシスタントは、眞鍋かをりさん(愛媛・西条高校出身)。あらためて、「ボクは今治西ですから」と念を押してきた。(なんの話や・・・)
だいいち1.jpg 福島第1原発の話だけど、1、3、4号機の冷却システムが止まったというのは、かなりまずい。
 今月1日、敷地内を取材した際、東電側は「燃料がメルトダウンしていない4号機だけは順調に進んでいる」という話をしていた。
 しかし、停電で4号機のプールの温度が上がったことは、いまだ予断を許さない現状であることを物語っている。
 下の写真は、これは先日見せてもらった共用プールの写真。6300余体の燃料を冷却保管している施設。
だいいち2.jpg  ここも停電でシステムがストップ。放射性物質を除去する施設も稼動できない状況になった。
 さっそく、中部大学の武田邦彦教授に電話。
 武田さんは「停電というより、一度停まって、その後、動かない状態ではないか」と話す。そして「4~7日程度、猶予はあるので復旧できる」とも。
 その言葉どおり、徐々に復旧してはいるが、菅官房長官が語った「心配ない」は当てはまらない。停電はこれで3度目。冷やせなければ危険度は増す。福島第1原発は依然として「そこにある大きな危機」であり火薬庫だという認識を、もっと国民は持つべきだ、と思う。
 
 

Mar18

珍しくTBSを見ちゃったよ

 WBCとドラマの『とんび』。TBS(写真右下)が予想以上の高視聴率や反響に歓喜したという2大コンテンツが終わったね。
TBS.jpg WBC日本代表は良くやったと思う。
 3連覇なんてなかなかできることじゃないし、むしろ3大会連続で4強以上という結果を評価してあげるべきだね。(拍手!)
 TBSなんて、「振り向けばテレビ東京」と揶揄されるように、在京キー局の視聴率戦争では4位が定位置だったから、日本が準決勝まで進んでくれて高い数字が取れただけでもありがたかったのでは?(どのみち決勝の放送権はテレビ朝日だし・・・)
 TBSと言えば、日曜劇場『とんび』も良かったね。見てた?
とんび.jpg 原作者の重松清さんは私と大学時代の同期。(トホ、えらい違いや・・・)
 父子愛というか家族&周囲の人間たちの絆が描かれていて感動した。
 さすが、民放の雄として、お高くとまっている社員が多いくせに、昔からハートフルなドラマを作っては「ドラマのTBS」と呼ばれてきただけのことはある(TBS嫌いがバレバレかな・・・笑)。
 このところ珍しくTBSを見る機会が多かったけど、これからまた執筆&講演で多忙になるし、当面、テレビを見るのはニュースと高校野球くらいになっちゃうかなー。
 

Mar16

吾輩は犬である(21)

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。6歳の女の子。フィギュアオタクのご主人さま、今回は日本勢が不振だからか、全然、TVを見ようとしないワン。(じゃあ、アタシを見て~❤)
nu-i-.jpg でも、センバツ高校野球は熱くなりそうね。
 母校は出ていなくても、四国の4チームを応援するらしいワン。(済美の安楽ってな~に?食べられる?)
 アタシがプードルの視点で分析すると、仙台育英、大阪桐蔭、京都翔英あたりは強そうね。だけど、ご主人さまは夏をにらんで、愛媛春季大会での今治西の出来に注目しているっぽい。
 どうやったら、済美の安楽(えっ?人なの?)を打ち崩せるかって。(アンタは監督か?)
ぬーいー2.jpg 野球と言えばWBCよね。
 アタシ、食い意地が張ってるから、WBCって「ワンちゃんもビックリ、チャイナ風ドッグフード」かと思ったわ。
 ご主人様行きつけのスポーツバーには、次の相手が「アメリカだといいなー」なんて張り紙があったそうだけど、負けちゃったわねー。
 もし日本が優勝したら、ジャーキーとか食べさせてよ~。あっ、食べ物を想像したら、出すもの出したくなっちゃった。ご主人さまが原稿書いてる隙にブーっ、うわっ、くさい~。
 

Mar15

人は誰しも何かの天才

 プロデューサーやニュースデスクとして後輩記者やスタッフを見ると、「人間って得手不得手があるなあ」とつくづく思うことがある。
hirasawa100.jpg かく言うアタシは、取り柄が少ない凡才だけど、鳥を捕まえることにかけては天才。
 セミもそう。まず百発百中。(日々の仕事にも、この先の人生にも何のプラスにもなんない特技だなー)
 今朝も、歩道脇のガードレールにとまっていたスズメを見て、「往年のテクを試してみるか」と思い立ち、捕獲を試みたら見事成功!ほら、このとおり。
 俊敏なスズメでそうなのだから、ハトだと楽勝で捕まえられる。鳥捕獲偏差値なら80はいく。(困ったねえ)
 さて、下の写真は、自民党・平沢勝栄衆議院議員の番組の今朝の収録風景。
ひらさわ.jpg 月末で最終回を迎えるため、今日が最後の収録で、平沢さんとは近々、食事に行く約束をして収録終了。
 考えてみれば、平沢さんも外交や警察行政の天才で、聴衆を一瞬で惹きつける演説の天才なのだが、ファッションとかグルメはてんでダメ(笑)。
 アタシとは次元が違うけど、誰しも何かの天才で、同時に別の面は凡才なのだ。だからアタシも、職場では部下の得手な部分を活かし、個人的にも得意分野で頑張っていきたいもんだわねー。(はぁ?鳥の捕獲で頑張るんですかぁ?)
 

Mar14

嗚呼、ホワイトデー

 楽あれば苦あり・・・とでも言うべきか、今、先月のバレンタインのお返しを配り終わったとこ。(もらうときもだけど、こっそり返すの大変っす)
ホワイト.jpg ホワイトデーコーナーができているデパートやエキナカは男ばっかり。(お返しも悩むよねー、センスが問われるもんねー)
 同期の太田英明アナもちゃんとお返ししたのかな。くれた女性の名前を手帳に書き込んでいるようなマメな男だから倍返ししたんだろうなー。
 さてと、来年はいくつチョコをもらえるかな?(う~ん、わかんない! ローラか?ワシは)
ホワイト2.jpg 私の場合、社内で仲良くしてくれている女性陣は圧倒的に派遣の子だから、ごっそりいなくなって、来年は「0」の可能性が高いなー。
 バレンタインもホワイトデーもコミュニケーションが円滑かどうかのバロメーターとも言えるので、これから1年弱、せっせと励まなくちゃ(笑)。
 今日はこれからSデスクが外出のため、午後から私がピンチヒッターでデスク。
 全人代にコンクラーベ、日銀同意人事にTPP等あるのでお仕事、お仕事。(う~ん、いっぱいありすぎてわかんない!)
 
 

Mar13

18年落ちのメルセデスベンツ

 妻のメル1号を車検に出したら、古~い代車がやって来た。18年落ちのメルセデスベンツC220。
 ファンの間ではW202型と呼ばれるものだ。(ヤナセさん、どうせなら新型のAクラスとか乗らせてよ~)
W202.jpg 実はこの型、私が最初に購入したベンツとほぼ同じ型。
 私のはC200だったけど、代車は、当時、高くて手が出なかった憧れのC220。
 レザーシートでサンルーフまで付いている。
 オンボロだけど外観は今なお重厚感があり、シートもへたっていない。11年乗った私のベンツは、ここまでゴージャスじゃなかったけど、おおむねこんな感じだったのだなと懐かしくなった。(ヤナセさん、こいつで良かったよ~)
W203.jpg 一番良いのは角目のヘッドライト。
 テレビ朝日の同期に、「角目が好きで20年近くE250を乗り続けている」という友人がいるけど、その気持ち、わかるなー。
 妻のメル1号はひょうたん型。私のメル2号は切れ長で上がり目のヘッドライト。
 W203型や現行の204型よりも、202型のほうがベンツらしく、今となってはクラシックで良い。
 あさってには返却しなくちゃいけないので、今夜あたり運転してノスタルジーに浸ろうかな。数ヶ月も乗れば飽きちゃうトヨタ車とは違って、メルセデスには色あせない価値がある。(ヤナセさん、この車、ちょうだい!)

Mar12

私のTPP大作戦

 高支持率に支えられている安倍総理。でもここから、政治家の思惑がもろにぶつかる問題がヤマ場になってくるね。(お腹、痛くなっちゃうかな?)
TPP1.jpg その1つ、TPP問題は今週がヤマ場。
 うちはね、はっきり割り切っているところがある。
 農産物は国産。かつての牛肉オレンジもそうだけど、アメリカ産のものが国境を越えて入ってきても、食卓には極力入れない。
 それでも小麦粉とかバターとか、どうしても輸入ものになってしまうけど、日本の野菜は美味しいし、アメリカ産よりは安心だから。(お腹、痛くなんないし)
TPP2.jpg 幸い、わが家はコメ&野菜の多くを群馬や茨城から直送してもらってるので、台所における国産品シェアは相当高いはず。
 牛肉だって、家では国産牛がメイン。ノーブランドなら高くないし、美味しいもん。
 家電はほぼ国産。クルマは絶対ドイツ車。時計はスイス製。
 食べ物にしても機械にしても「安全・安心」が、私の判断基準なんだよねー。
 安さを求めるならそれもよし、TPP参加後は、ハッキリした物差しを持って、賢い消費者になりたいもんだねー。
 
 

Mar11

PM2.5入り黄砂、キタ━(゚∀゚)━!!

 WBC、侍ジャパン、3大会連続決勝T進出オメ! 投打が噛み合ってきたので期待大!
黄砂2.jpg オランダ戦の6本塁打は、「キタ-(゚∀゚)-!!」の連続だったけど、きのうは来てほしくないものまで来ちまったなー。
 写真はさいたま市内。空が砂ぼこりでかすんでいる。
 気象学上は「煙霧」と言うらしいけど、地表の塵が強風に巻き上げられただけじゃないよ、これ。
 PM2.5入りの黄砂だよ。(中国め、尖閣に来るヒマがあるなら国内環境を何とかせい!)
 右下の写真を見て! 洗車後、わずか1時間でこれだよ。
黄砂.jpg たった1時間、泊まり勤務の前にフィットネスクラブの駐車場に停めておいただけで、フロントガラスにはこんなに砂塵が。
 拭き取ると黄色いんだもん。
 ホントに日本の内陸部の土ならいいけど、これから本格的に黄砂の季節になると思うと憂鬱。花粉症とは無縁でマスクなどしたことがない私がたまらず顔を覆ったほど。
 今、職場で泊まり勤務中。久々なので新鮮かと思いきやチョー退屈。1回、速報をスタジオに入って読んだだけ。実につまらん。日勤デスクが来たら速攻帰りして車洗おうっと。

Mar10

放射能が消えないまま2年

 今日は後輩記者たちに被災地出張を譲って、午後から泊り勤務。毎回、私じゃ悪いからね。
 Y記者は今日慰霊祭が行われる福島県いわき市、Ⅰ記者は岩手県宮古市で取材するはず。
iwaki1000.jpg 阪神淡路大震災を現地に10数回入って取材した経験で言えば、大きく違うのは、特に福島県内に放射性物質の脅威がいまだに残っているということ。
 もちろん、岩手、宮城などでも仮設住宅をどうするのか、高台移転で本当に良いのか、など大きな問題は残っているけど、乱暴な言い方をすれば、スピードか合意か、どちらを優先させるか決めれば自助努力と復興予算で何とかなる。
iwaki2000.jpg ただ、放射性物質だけは人知を超えたものがあるので、除染を進めてもいたちごっこ。
 帰還困難区域などの再編を進めても、「もう戻れない」と断念する方々の割合が年々増えていく状態。
 写真は、先日お邪魔させていただいたFMいわき。
 ここでも阪神淡路とは違う、放射能が消えない状態での復興の現状と難しさをいろいろ聞かせていただいた。
3gouki1.jpg 左の写真は、この間取材した福島第1原発の3号機。
 メルトダウンした燃料は高い放射線量を放ち、作業員たちをまったく寄せつけない。
 政府としてはすべての県で復興を急がなければならないが、福島県下の自治体とは、除染、中間貯蔵施設建設など、じっくり向き合うしかない.。私たちメディアも現状を伝えることしかできないのがもどかしい。
 

Mar08

本が出ますよ~!

 昨夜のフジテレビ「ニュースJAPAN」。私がIOC評価委の会見後、会場で爆睡している姿が映ってたらしい。(マジっすか・・・) そりゃ寝るよ、朝型人間だもの。
 ちょうどIOC会見が終わり東京招致委会見に移る間の30分だったから油断したなー。(不覚デス)
PHP祖父母.jpg そんなスキだらけのアッシではござんすが、来月、半年ぶりに著書を発売しますぜ。それも2冊!
 まず1つ目がこちら。
 PHP文庫から「頭のいい子が育つ」シリーズ第4弾となる祖父母本。
 来月2日ごろから全国の書店に並ぶ予定。
 詳しくはまた書くけど、孫育てに熱心な祖父母を「イクジイ」(=育爺)などと呼ぶ昨今、同居、別居、それぞれどのように関われば、孫を伸ばせるか、っちゅう話。
shasinndesu.jpg もう1つが、来月26日発売のビジネス本。
 メディアファクトリー新書から、わかりやすい図解入りで出版予定。
 で、写真は何かと言えば、新書の裏表紙に略歴などと一緒に載せる著者の写真撮影のひとコマ。
 プロのカメラマンと編集者が来て、東京・港区の芝離宮でパチリ。
 そんな中、また2冊、お話が舞い込んで、さっそく今日、その中の1社と打合せが本格化する。
 再来週にはもう1社との打合せが始まり、大変ありがたいことに、時間的にまた無死満塁のピンチになりそう。やっぱ、会見の合間には爆睡するつもりでござんす・・・ZZZ。

Mar07

へそ曲がりでしょうか?

 行きたかったIOC評価委関連の取材に行ってきたよ。2つの会見に出た感想は、「やっぱりイスタンブールでいいじゃん!」だ。(ごめんなさい、へそ曲がりで)
IOC2.jpg 東京都の猪瀬知事は、「4年前の経験が生き、今回は、皇室、政財界、東京都、スポーツ関係者・・・オールジャパンの姿勢がIOCに伝わった」と自信を見せた。
 竹田理事長は「放射線量のデータを提示し、問題ないことを伝えた」と明言した。
 しかし肝心の「なぜ東京なのか?」に対する明確な答えが用意できたとは感じない。
「コンパクトで安全で、きちんとした大会運営ができます」は、その答えではない。
IOC1.jpg 確かに、評価委のリーディー委員長は東京の姿勢を評価した。
 皇太子さまや安倍総理、トヨタの張会長らがこぞってお出ましとあれば、そりゃあ「ダメだった」などとは言うまい。
 これから続くイスタンブールやマドリードしだいだけど、金額を言えないほど接待した結果がどう出るのか、確信は持てないなー。
 データを示したとはいえ、外国人から見れば、福島も東京も隣合わせに見えるし・・・。
IOC3.jpg ただ、日本が開発したドーピング検査車はすごかった。
 選手の待合室、採尿採血スペース、トイレが一体となり、どの競技場にもさっと行って検査ができるスグレモノ。
 選手村開村の前に来日しトレーニングする国々の選手にとっても、事前にチェックを受けやすいので、これはアピールポイントになったかも。
 いずれにしても、ブエノスアイレスでのIOC総会まであと半年。メンツをかけた招致合戦はここからがヤマ場だね。
 
 

Mar06

慶応の日

 今日、3月6日は「慶応の日」。何も公式な記念日じゃない。私1人でひそかにお祝いしている記念日だ。
慶応1000.jpg 32年前の今日は、「東京でやっていける」という自信を得た日。
 当時、「全国区の人間になる!」という思いで東京の大学を受験していた私。
 まず大丈夫だろうと踏んでいた上智大文学部に落ちて、「やっべえ、春からは代ゼミ生か」と半分覚悟を決めつつある中、慶応義塾大文学部に合格。
慶応2000.jpg 文学部だけは早稲田より難しかった慶応に勝利できたことは、「努力はウソをつかない」「ボクでもやれば通用する」という確信につながった。そのことは、今も心の支えになっている。
 11160・・・合格掲示板で輝いて見えた受験番号の記憶を忘れず、負け続けてもあきらめずに頑張っていきたい。(じゃあ翌7日、前日のドンチャン騒ぎがたたって、本命の国立大入試で不戦敗というのはどう説明したらいい?)

Mar05

なりふり構わぬ五輪招致

 IOC評価委の東京視察が続いている。きのうから、スカイツリー(写真下)や東京タワー、レインボーブリッジなど、通勤の動線で目にする施設がオリンピックカラーにライトアップされてとってもきれい。(あ~ちょっと食べ過ぎた)
ライトアップ.jpg それにしても、政府を挙げての招致運動、気持ちはわかるけど、度が過ぎてない?
 きのうの安倍さんの歌。今日は午前のプレゼンで菅官房長官が「赤字になったら政府が補填する」とまで言い切った。(うっ、ジャムパンが胸に詰まってるぅ・・・)
 その分、前回より手応えもありそうだけど、IOCのメンバーを接待漬けにして、今日も東京体育館で子どもたちに卓球やらせて、取って付けたような趣向の数々。(やっぱ、カップうどんだけにしときゃあよかった)
orinnpikkushouchi.jpg 左の写真がプレス用のアクレディ(=記者証)。
 私はどちらかと言えば、「イスタンブールでいいじゃん」派だけど、どこかのタイミングで、サイトビジット(=競技会場訪問)かブリーフィングの取材に行ってみたいなー。
 開催が決まれば、それはそれで盛り上がれるので、招致委がどう結実させようとしているのか見ておきたいなー。(最初のメロンパンが効いたわー。さて、結局私は、ランチで何を食べたでしょう?)

Mar04

フィアット「チンクエ」が欲しい

 最近、フィットネスクラブの駐車場でよく目にする気になるクルマがあるんだよ。それが右下のクルマ。
meru2000.jpg イタリアの車で「フィアット500」。
 イタリア語で「500」は「チンクエチェント」と言うので、「チンクエ」と呼ばれている。
 この「チンクエ」、1240CCで一応4人乗り。約220万円也。
 特にイエローがかわいくて、ダッシュボード周辺までボディと同色で統一されているので、とてもオシャレ。
 日本車の同クラスって良くできているけど、何か安っぽくてすぐ飽きちゃう。その点、ヨーロッパ車のデザイン性は見事だよね。
meru1000.jpg 私のメル2号のような凄味はないけど、愛くるしい姿にいつも見とれてしまい、ジムに行く前に立ち止まっちゃうんだよねー。
 妻のメル1号はもうすぐ7年目の車検。こいつをあと数年乗らせて、次を「チンクエ」にすっかな。
 でも、実際、購入するとなると、フォルクスワーゲンの「UP!」とどっちにするか悩むなあ。
 ただ、待てよ。そんな購入資金どこにある? メル2号購入で軍資金は使い果たし、先立つものがない(泣)。「チンクエ」が欲しけりゃ、せっせと働け!っちゅうことだな。
 

Mar03

桃の節句はアイスでお祝い

 わが家はこれから「ひなまつりパーティー」だよ!和室には、いつものように、ひな壇飾りがお目見え。
hinamaturi1.jpg 娘の成長を喜び、幸せを祈る気持ちは、親としてはいつまでも変わらないもんねー。
 このひな壇飾り、人形の町と呼ばれる埼玉県鴻巣市の老舗人形店で買ったものだけど、あれからもう15年。
 あっと言う間に高校生になり、あっと言う間に大学に進学し、あっと言う間に社会にはばたいていくんだろうな。
hinamaturi3.jpg で、ひな壇飾りだけじゃ、娘も満足しそうにないので、さくら餅を買い、ケーキの代わりに、サーティーワンアイスクリームで、ちょっと贅沢なパーティーセットを購入。
 びっくりしたんだけど、ちゃんとひな祭り用のメニューとかあるんだね。
 お店の前は長蛇の列。寒空でも、同じように、アイスで娘の成長を祝うご家庭って結構多いんだね。
 さあ、これからWBCの日本対中国を見ながら(それじゃあまずいか・・・)お祝いだ。

Mar02

わずかな被ばくで生還!

 28日にいわきのホテルに入り、翌日1日、朝起きてびっくり。朝食会場が、東芝、日立のプラント会社の作業員、鹿島や竹中工務店の下請け社員で満員。
hukusimadaiichi.jpg しかも、朝6時すぎにホテルを出て、福島県広野町のJヴィレッジまで向かう道路も、作業員を乗せたクルマやトラックで大渋滞。
「ここは放射能との戦場なんだ」と実感しつつ、Jヴィレッジから東電が用意したバスで福島第1原発に入った。
 東電は信用できなくても線量計は正直だ。Jヴィレッジではゼロを示していたデジタル数字が、免震重要棟に来ると22.60マイクロシーベルトまで上がる。(ドキッ)
hukusimadaiichi8.jpg 左の写真は、私たちが4号機を取材している場面。
 ここの線量は高くなかったけど、1号機の排気口前や、水素爆発で外壁が吹き飛んで以降、むき出しの3号機のタービン建屋前では、一気に1040.00マイクロシーベルトを記録した。(うわっ)
hukusimadaiichi2.jpg 私たちは、取材機材をすべてラップで防護。
 体も、サージカルマスクやタイベックス(=防護服)で全体を覆った。
 手は綿の手袋の上からビニールの手袋を2枚重ね。靴下は2重、靴もビニールで裏までカバー。
 それでも、現地で5時間取材した私は、89.00マイクロシーベルト被ばくした。ただこれは、胸部X線検査での被ばくと同程度で、ホールボディカウンターでも「異常なし」。(ふうっ)
ふくし~1.JPG ただ、毎日働いている作業員は大変。
 日々400トンもの汚染水が増え、メルトダウンした1~3号機の使用済み燃料は取り出せるメドすら立たない中、見えない放射能と戦い続けている。
 作業員の拠点となっているJヴィレッジにも免震重要棟にも、全国から届いた千羽鶴や激励の手紙が飾られていたけど、廃炉まで30年近く、この壮絶な戦いが続くのだ。
 原発事故からまもなく2年。再稼働を望む経済界や原発マネーで生きてきた自治体の気持ちはわからないではないが、福島を見てもそう言えるか、是非とも問いたくなった。
 


TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.