大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Jul31

やった!メダル続出

 取るべき人が取れなくて、JOC関係者だけでなく日本の報道陣も「う~ん」という空気になりつつあった今日、柔道女子57K級で松本薫が金、男子73K級で中矢力が銀。
ロンドン 028.jpg 日の丸が揚がる瞬間は、やはり感動した。
 すでに松本選手とは話をした。「あの反則はどういうことだったの?」と聞く私に、「軸足を後ろから蹴ってはいけないということです」と笑顔で返してくれた。お父さんにも直接取材。こちらも終始笑顔。
ロンドン 026.jpg 今日は柔道だけでなく、体操男子や競泳陣が次々とメダル獲得。
 特に競泳女子100背泳ぎの寺川綾が銅メダルを獲得したのは嬉しかったな。
 「自分が成長したところを自分で確かめたい」という思いで臨んだオリンピック、最初、やや出遅れたものの、最後の15メートルで冷静に追い込んでいけたのは、まさに成長の証か・・・。
ロンドン 020.jpg 今夜はこれからメダリストに相次いでインタビューする仕事が。
 たとえば、松本薫が24時03分~だし、寺川はおそらくその後。100平銅メダルの鈴木聡美にも会えるかもしれない。楽しみな反面、(ホテルに戻れるのが今夜も3時か・・・)とちょっと溜息。ロンドン観光なんてやっている時間がまったくにゃい。

Jul30

ロンドンから今治西優勝オメ!

 母校・今治西が2年連続12回目の夏甲子園出場を決めた。(やったー!!) 強豪校がひしめくゾーンをよく勝ち上がってくれたなー。(うれぴい)
 さすがに甲子園までは行けないけど、後輩たちには、夢の舞台で大いに暴れてほしいものだ。
IBC 003.jpg さて、今、私がいるのはここ。
 オリンピックメインスタジアムからバスや電車で15分程度のホテル。
 NHKやテレ朝の取材陣も泊まっていて、山岸舞彩キャスターらに出くわすことも。豪華さはないけど、比較的新しいのとブレックファストにご飯が出るようになったのはありがたいかな。
IBC 004.jpg そして今から向かうIBC(=国際放送センター)はここ。
 世界から放送局の人間が集まるメディアの"選手村"みたいな場所。
 オリンピックパーク内にあり、そのエリアだけが厳しいセキュリティを受けたあとの別世界。
 土産もの屋からバー、美容室、郵便サービス等、何でも揃っていて、食事もそんなにまずくない。
IBC 032.jpg その中で私たちがいるのがこんな部屋。レポートしたり記事をまとめたり、ちょっと休んだり、あるいは昨夜と今朝のように、三宅宏美選手らメダリストをお迎えし、取材するのもここ。
 今日は、柔道の海老沼匡選手を迎えることになるはず。さらに注目は競泳男子100平だな。これから行かなくちゃ。

Jul29

もう体がボロボロですぅ

 今、銀メダルを獲得した三宅選手と平岡選手のインタビューを終えてホテルに戻ったとこ。もう深夜の1時半近くだ。
IBC 040.jpg 今日は柔道とウエイトリフティング女子を主に取材(写真は柔道会場の記者席)してきたが、柔道女子48キロ級で福見が負けるなんてね。
 私が準々決勝まで柔道を見て、隣のウエイトリフティング会場に移動したあたりまで、福見は完璧だったのに。
IBC 030.jpg 競泳の北島も準決勝6位通過とは・・・。
 やはり思ったほどメダル数は伸びないかも。
 さて、きのうの開会式。いい演出だった。前半の、田園風景から産業革命へと変わるあたりは、英国の歴史絵巻を見ているようで感動した。
 オリンピックっていいな、と思った。が・・・後半は爆睡。早朝から翌日未明までというローテーションなので、さすがに疲労がたまる。
IBC 038.jpg こんな大変な取材は湾岸戦争以来かも。しかも今日はこのあと南海放送の番組に出て3時半。その3時間後には、2回目の三宅&平岡両選手へのインタビューが入っているので、すぐにここを出ていかなければならないんだよ~。
 まあ、三宅選手の銀メダル獲得を目の前で見られたのでよしとするか。


Jul28

これから開会式

 朝まで雨が降っていたロンドン。今は回復して青空が見える。こちらの夜9時(=日本の28日午前5時)に始まって4時間かかるらしい。
ロンドン 001.jpg まだメインスタジアムには入っていないので楽しみだが、夜7時半までに入らないとエリアが閉鎖され、また式典が終わって70分経過しないと報道陣も客も外に出られないらしいので、ホテルに帰るのは未明の2時か3時になりそう(泣)。
ロンドン 021.jpg これが開会式と閉会式のプラチナチケット。
 すでに手に入れているチケットもあれば、入手の手段すらおぼつかないハイデマンド(=超人気)の競技チケットもあるので、明日からの取材はかなり大変かな。
 明日からは、柔道、ウエイトリフティング、10メートルエアピストルでメダルの可能性があるから頑張らないと。
ロンドン 023.jpg さっきもテニス男子の取材に行ってきたように、今日までは事前会見やら公開練習の取材+ロンドン街ネタ取材がメインだったけど、いよいよ始まるね!ロンドンオリンピック! 楽しみな反面、本当に忙しくヘロヘロになるのはここからだ。
 

Jul27

マラソンコースを試走してみたよ

 ロンドン塔やバッキンガム宮殿など観光名所を回るマラソンコース。狭い路地裏、90ヶ所以上も直角に曲がらされるカーブ、そして石畳・・・各メディアが「結構、タフなコース」と伝えていたので、実際に走ってみた。
ロンドン 014.jpg 写真は、ロンドン金融街"シティ"と呼ばれる地区。
 中世の名残をとどめるギルドハウスの前が、まさに狭さと直角を併せもった問題の場所。
 これだけ直角で曲がらされると、ストップ&ゴーの連続になり、結構きつい。
ロンドン 017.jpg 私がいい年のオッサンということを差し引いても、選手にとってはなるほどタフなコース設定。
 しかも左の写真のように、道路幅が3~4メートルで、しかも滑りやすい石畳の上を走るわけだから、必ずしもケニアやタンザニアの選手が勝つとは限らない気がするんだよね。
ロンドン 013.jpg 今日は男子サッカーがスペインから金星を挙げたので、話題はそっちだろうけど、今日、取材に行った卓球男女など他の種目も順調に仕上がっているので、また、ロンドンから明るいニュースを日本に伝えることができるのでは、と思う。
 私がロンドンの街中を走り、すっかり疲れ切っている頃、母校・今治西は高校野球愛媛大会で準決勝進出。日本からの良い知らせが力になるね。
 

Jul26

今日も夜中までお仕事

 オリンピック開幕前に、主だった会場⇔ホテル⇔IBC国際放送センターの距離感をつかまなきゃ・・・ということで体操会場のノースグリニッジアリーナ(写真上は内部、写真中は外観)に出かけた。
IBC 017.jpg 連日、各国が時間を決められて公開練習をしているが、同時に会場のほうも着々と準備が進んでいる。
 注目競技の1つとあって、アリーナ内の記者室、共同会見室は広め。ここで日本男子体操チームの金メダルが見られるといいんだけど。(やってくれるさ!)
IBC 016.jpg 外観はまだ若干工事中。競泳会場などもまだペンキを塗っているし、足場が組まれたまんまの会場もある。
 あさってには開幕というのに大丈夫だろうか??? まあ、あの中国だって間に合わせたのだから、きっと帳尻を合わせるのだろう。
 あ、そうそう、今日はやはりメダル量産が期待される競泳陣の記者会見にも出てきたよ。(写真下)
IBC 023.jpg 毎日、公開練習やら事前会見があって、それらをまとめて文化放送の昼と夕方のニュースでレポートするから聴いてね!
 とはいえ、早朝の5時頃起き、深夜の2時前後まで仕事。今、このブログを更新しつつ寝入りそうになっちゃった。開幕前でこうだと、土曜から競技が始まったらどうなっちゃうんだろ?

Jul24

ロンドンなう!

 きのうロンドン入りし、IBC国際放送センターをベースに取材開始。今日は選手村への日本選手団の入村式、上村春樹団長の会見、そして午後は、オリンピックパークを出て、イーストロンドンの貧しい人たちが住むエリアを取材してきた。
IBC 007.jpg 先週とはうって変わり、ロンドンは連日の晴天。ミュージカルスタイルの入村式の演出(写真は選手村)に感動しつつ、きのう、ヒースロー空港に到着して以降、結構、トラブル続きで早くも睡眠不足を覚えつつ、すでにレポートも2本こなした。
 日増しに各国のメディア、選手の数が増え、メインスタジアムでは連日リハが行われているのを見ると、臨戦モードになってきている。
IBC 008.jpg 私がいるIBC(=国際放送センター)自体も国際色豊かで、「いよいよ世界の祭典が始まるんだな」という実感は日を追うごとに感じている。
 ただ、今日は、ニューハムやハックニー地区で、オリンピックパーク建設のため締め出された人たちの声も聞いてきたので、華やかな祭典の裏で光が当たっていない部分にもスポットを当てなければ、と思う。
 あと問題は、メシだな。10数年ぶりのロンドンで「英国=メシがまずい」という鉄壁の方程式を毎日実感。よくこんなパサパサのスクランブルエッグが作れるもんだと感心してるよ。

Jul22

ロンドンに行ってきます!

 いよいよ明日、オリンピック取材のためロンドンへと向かう。
 ロンドンは7月に入っても雨が多く寒いと聞いてるが、そろそろ夏の大会らしくなってくるだろう。
ロンドンイラスト9.jpg オリンピック取材は初めて。同じ海外取材でも、サミットなどとは勝手が違い、準備段階で面食らうことも多かった。
 ただ、「俺も行きたかったな」「私、実は狙ってたんです」という同僚もたくさんいて、そういう人たちから「体に気をつけて頑張って来てください」と託されているので、彼らの思いも背負って、ひとまず、政治の動きや他の仕事のこと(高校野球のことも)は忘れて、3週間、取材していきたいな。
五輪サッカー2.jpg 最初は男女サッカーから。私は、サッカー担当ではないので、コベントリーやグラスゴーまで行く必要はない。
 その分、早くメインスタジアム周辺の会場配置と、IBC国際放送センターでの生活に慣れ、いいレポートやインタビューをお届けできるようにしたいと思っている。
 1週間のうち5~6回は更新してきた当ブログも、毎日更新とはいかないかもしれないけど、取材の合間を縫って、3日に1回くらいは更新しようと思っているので見てください!(できなかったらゴメン) 
 では、行ってきます!
 

Jul21

日帰りの長崎、滞在は4時間

 長崎は今日も雨だった♪・・・そんな歌がピッタリの街に日帰りで行ってきた。滞在時間は4時間余り。(ワシゃ、野田総理か?)
長崎1.jpg 長崎は実に久しぶり。雲仙・普賢岳噴火のときなどに取材で長期滞在し、ひと通り観光した記憶はあるが、土地勘はまったくない。
 今日も、長崎の大学で用事があり、そのためだけに行ったので、大浦天主堂もグラバー邸も平和公園も行かずじまい。
 大阪人風に言えば、ピャーッと行って、ガーッと喋って、パパッと帰ってきた感じ。
長崎2.jpg 初めて訪問した長崎県立大学は、これまで、ドイツ人医師、シーボルトを校名にしてきた公立大学。
 キャンパスは新しく、広く、先生方や事務局の方も親切で、いいところだと感じた。こういう環境なら、世界に窓を開いてきた長崎の歴史とあいまって、優秀な人材を世に送り出すことができそうな気がする。
 さあ、ロンドン出張前の最後の用事が終わったので、ここからは一気に五輪モードに切り替えるよ。
  

Jul19

猛暑の東京でラーメンをすする

 熊:「今日は、東京都心も35度だっちゅうじゃねえか?」(ズルズル)
 八:「でも、暑い日に熱いそばってのも乙じゃねえかい?」
soba1.jpg熊:「ところで、八っつあんのロンドン行き、かなり近づいてきたねえ?」
八:「そうそう、23日に出発ときたもんだ」
熊:「で、準備のほうはどうだい?」
八:「てんでダメだよ。その前に、オイラの夢、実現させるために、21日に日帰りで長崎に行ってこなくちゃなんねえ」
熊:「へえーっ、長崎?」
八:「熊さんの土産に、いい知らせとちゃんぽんを買って来てやっからよー」
soba2.jpg熊:「おめえは毎日、人の何倍も動いてるねえ」
八:「そりゃそうさ。だって、今のままじゃあいらんねえもんなあ」
熊:「で、どうだい、ここのラーメンは?」
八:「喜多方ラーメンの『坂内』(写真上)はチャーシューがいいねえ。でもよぉ、池袋の『大勝軒』(写真下)は思ったほどじゃねえな」
熊:「そう言えばよぉ、おメエの地元、愛媛じゃあ宇和島東が負けたそうだな」
八:「高校生ってのは、わかんねえもんだなー」
熊:「まあ、気になることは色々あるんだろうけど、頑張ってくれよ」
八:「ああ、ありがとよ、熊さんもな」(ズルズル・・・汗)

Jul18

もうすぐヴィッツ君とお別れ

 5年近くタウンユースで使っていたトヨタのヴィッツ君が、もうすぐ愛媛に。実家の父のクルマがダメになり、その愛車になるためだ。
ヴィッツ.jpg 私はあんまりトヨタのクルマが好きじゃなくて、ヴィッツ購入時も、「やっぱりクルマはトヨタかな?」と言う妻と、「いや、フォルクスワーゲンにしようよ」と、クルマには頑丈さを求める私とで話し合った結果、しぶしぶヴィッツ君に落ち着いた経緯がある。
 しかし、この5年、駅への送り迎え、日々の買い物等で、ヴィッツ君はなかなか頑張ってくれた。
 父に譲るので、愛媛に行けばまた乗れるのだけど、いざ手放すとなると、やっぱり淋しいねえ。
メルC.jpg 代わりに妻の足となるのが、今、私が乗っているメルセデス君。
 もう7年乗っているが、とても性能が良く、何より頑丈なので、きっと家族を守ってくれるだろう。
 となると、今度は私用のクルマ選びだ。日曜から悩んでいるものの、全然決まらにゃい。7月から始まったトレンディドラマで、主人公がレクサスに乗ってると、アンチトヨタの私も「レクサスもいいなあ」と思うし、「いや、強い衝撃を受けた場合を思えば絶対にドイツ車」という思いもある。高い買い物だけに、決断できないよー。 今の政治を「決められない政治」って批判する資格ないね・・・(笑)
 

Jul17

初勝利キタ━━(゚∀゚)━━ !!

 苦節2年・・・ついに某エントリー先で書類選考突破! 初めて夢への扉が開いたよ~!!
  大卒者の就活とは違い、書類選考=1回戦で、次の面接が決勝。面接を突破すれば、ついに大願成就だ。
今西野球.jpg ただ、決勝進出を決めたものの、面接の日取りは7月31日。
 その頃はロンドンで取材中ではないかーっ。一応、先方に事情を説明し、日程を調整していただけるよう必死でお願いしてみたけど、どうなるか分からない。
 どんな世界でも初戦突破は難しい。
 今日の高校野球野球愛媛大会。相手の松山東は好チームだけど、10-3くらいで勝たなきゃいけない相手。なのに、今治西(写真は今西グラウンド)は、本塁打で2点を奪われ、そのまま中盤までリードを許した。
熊谷.jpg 母校のグラウンドを訪ねたとき、挨拶してくれた檜垣君の逆転本塁打がなければ、負けてたかも。
 あー、それにしても、やっと手に入れた面接をチャンスを不戦敗というのは、あまりに哀しいなー。
 今日は、午前中、ニュースを書きながら、今治西対松山東で熱くなり、午後は、やはりニュースを書きながら、「せっかく書類で合格したのにぃ」と考えてたら、梅雨明けで一気にきた猛暑を忘れてたよ。
 写真の熊谷(埼玉)は37.7度、館林(群馬)は39.2度だってぇ? 
 

Jul16

NO NUKE!

 海の日の今日は関東地方で猛暑日に。うっ、あぢい。36度を超える酷暑の中、東京・代々木では、「さようなら原発10万人集会」とデモが続いている。
原発デモ.jpg 取材に出した2人の記者の報告をまだ受けていないので、詳しいことは分からないが、作家の大江健三郎さんや、ミュージシャンの坂本龍一さんが、代々木公園を埋めた群衆に向けて、「脱原発」「NO NUKE!」を繰り返し訴えたらしい。
 今日の集会前までに800万人の署名を集めたというから、「脱原発」の声は相当なもの。
 毎週金曜日の夕方から総理官邸~霞ヶ関で行われている脱原発デモ(写真下)と合わせ、政府のエネルギー政策に大きな影響を与えるのは確実。
東京デモ.bmp 野田政権が、政権与党の責任としてクリアしなければならないのは消費増税だけじゃない。
 脱原発へのエネルギーシフトと当面の再稼動の両立、オスプレイ配備問題と沖縄の不信払拭、特例公債法案の早期成立と補正予算の編成、他にも、TPPや議員定数是正等々、わんさかある。
 野田さんは「やるべきことをやりきったあと」解散する考えなので、普通に考えれば、当面の解散・総選挙はなく、10月解散、11月総選挙かな。(秋の選挙なら、うっ、あぢい・・・という思いをしなくていいや)
 
 
 

Jul15

クルマ選びは難しい・・・

 今日は、午後からクルマ選びに出かけた。きのうに続き、何軒かディーラーをはしごしたけれど、なかなか即決はできないもんだね。
audi.jpg きのうと今日とで、合計4車種を試乗したり、実際に触れてみたが、結論は、ロンドン出張以降に持ち越しになりそう。
 一番、気に入ったのは、右上の写真のアウディQ3。とはいえ、欲しいオプションをみ~んな付けていくと、600万円!(ガーン、無理)
 これまでセダンタイプばっかりだったので、今回はSUVを・・・と探してみたものの、一番、コンパクトなアウディQ3で600万なら、他のSUVには手が出ない。
ベンツ.jpg こうなると、前に当ブログで「気に入った」と書いた、メルセデスB180ということになるが、さすがに600万円の豪華版アウディを見たあとは、やはり少し差を感じるかなー。
 いきなり食卓周りが、クルマのカタログと見積もりだらけになっちゃった。妥協しすぎると後悔するし、かといって、子育て世代は何かと物入りだから、クルマにだけ投入するわけにもいかないし、なかなか難しいね。
 

Jul13

ラジオなんですけど頑張らせていただきます

 文化放送第1スタジオ前に大きな花輪が1つ。大竹まことさんの昼ワイドが首都圏聴取率でV23を達成したのをお祝いしたもの。TBSに大差をつけての1位はさすが。
スタジオ3.jpg 先輩の寺島尚正アナの夕方ワイドも6局中2位と健闘。
 半年前まで私がプロデューサーを務めていた「吉田照美ソコダイジナトコ」もこれまでの数字をキープした。
 うちにとって悪くない話なのだが、ラジオ全体ではお寒い限り。
 100人のうち「6.4人」しか、ラジオに接触していない現状が明らかになったのだ。これは過去最低の数字。
 残念なことに、震災で「もっとも役立った」と言われたラジオメディアが、また下り坂に入っちゃったということ? 
スタジオ2.jpg 現場の人間は、うちもそうだし、ニッポン放送もTBSラジオも、それにNHKも頑張ってるんだけどねえ。
 オリンピック中継で、私もラジオならでは、のリポートをするから聴いてちょうだいね!
 まあ、私は、これまでどおり、夢が叶うまでは、ラジオの仕事をしっかりやって、それ以外の仕事ももちろん全力投球でいきますよ! 
 今日は、メディアファクトリーの編集者から、おそらく拙著第31弾となるであろう新書のタイトルが決まったとの連絡も受けたし、夏以降は、オリンピック&政治取材、執筆に講演で、のんきに「相棒」や「海猿」の録画を見ている場合じゃなくなるべなー。
 
 

Jul12

拙著第30弾、まもなく完成!

 ロンドンに行く前に、やっておかなくちゃいけないことがあったよ。(汗) 8月末か9月上旬に大和書房から発売される拙著のゲラチェックだ。(あ~、忙しい)
大和ゲラ.jpg 昨夜、サッカー壮行試合のあと、おそるおそる編集者のFさんから届いた梱包を開けてみたら、あんまり直しがなくて、ひと安心。
 さっそく、きのうのうちにやっつけて、今日、Fさんあてに送り返した。
 就学前の男の子を持つママとパパに向けての育児書。これまで小中学校受験を取材してきた全てを注ぎ込んだ1冊で、しかも私にとっては30冊めの節目となる本。
 子育て奮闘中の若いママやパパに買ってもらえたら嬉しいんだけどなあ。
まんが.jpg 全部で220ページくらいの単行本で、中には、このようなイラストも入って、読みやすく仕上がるはず。
 カバーや最終的なタイトルは、私が五輪取材に行ってしまうので関わることができず、編集者のFさんにお任せするが、いい本になると思うよ、きっと。

Jul11

なでしこ、やるねえ!

 国立競技場でのロンドン五輪壮行試合。なでしこジャパンが豪州代表を圧倒した。
サッカー1.jpg 川澄、宮間、大儀見が得点に絡み、そして千両役者の澤が、ダメ押しの3点目。お見事!
 スウェーデンでの親善試合でアメリカに完敗し、澤の調子もあまり上がっていない感じを受けていたので、「目標は金メダル? う~ん、メダルは取れても金は厳しいのでは」と思っていたら、ここへきていい仕上がり。
 とにかく、スキのない勝ち方ができたことは大きく、五輪1次予選で最初に対戦する、体の大きな選手が多いカナダを考えたとき、不安のない戦いができたことは最高の収穫。
サッカー3.jpg なでしこの場合、サッカーを楽しんでいる感がとてもいい。
 本番では、決勝の舞台ウェンブリーで、一番いい色のメダルをかけてアメリカと戦う彼女たちを見たいものだ。だって、競泳や陸上、女子レス担当の私は、決勝に進んでくれないと取材できる機会がない。(それでも厳しいのに)
 五輪本番ともなれば、男女ともに楽な戦いはひとつもないだろう。それを乗り越えるのはチーム力。1+1を3にも4にもできる「絆」の強さで勝ち上がってもらいたい。
 あ、そうそう、すっかり忘れてたけど、小沢新党が設立されたんだってね。えっ?党名は「次の選挙が第一」?
 

Jul10

前途多難のWTO

 大阪維新の会を率いる大阪市の橋下市長が、「野田さんは着実に『決める政治』をされていると思う」と高く評価した。
 確かに、党が分裂しようと、ブレることなく消費増税を決め、原発も稼動させ、TPPにも参加しようとしている姿勢は、ドスンパンチが売りの野田さんらしい。(個々に異論はあるけど)
自民党.jpg 対してWTO(=渡辺喜美さん、谷垣禎一さん、小沢一郎さん)の前途はしんどい。
 渡辺さんは気さくな政治家だが、みんなの党のトップとして新たな展望がない。小沢さんも明日、新党を作るが、頼みの橋下さんが野田さんを評価している現状では連携は難しい。
 谷垣さんは、もっとつらい立場で、野田内閣を解散に追い込めなければ、2年数ヶ月、何をやってたんだ!という評価になり、自民党本部(写真)の総裁室から追い出されることになる。
イスタ.jpg 自民党内で谷垣再選を叫ぶ人はおらず、このまま行けば、河野洋平さんに続き2人目の"総理になれない総裁"になる可能性が大。
 さて、今日、私は夕方の全国ネットニュースのデスクだが、新党結成も消費増税法案の参院審議入りも明日ということで、今日は定時で帰れそう。(ムフフ)
 大和書房から、来月出る本のゲラが届いていれば、そのチェックがあるが、まだなら、近くのモール(写真)にあるフィットネスクラブにでも行って、五輪と政局に備え、体でも鍛えるかな。
 

Jul08

甲子園への熱く険しい夏

 きのう、全国でも最激戦区の神奈川で地区大会が始まり、東西東京大会など各地で甲子園を目指す球児たちの熱い夏が本番を迎えている。
坊ちゃん2.jpg 私の地元、愛媛大会も13日からスタート。(写真は坊ちゃんスタジアム)
 夏の甲子園で全国最高勝率を誇る愛媛では、私が見るところ、シード校云々は別にして、宇和島東、西条、松山商が3強。それを追うのが、今治西、済美、今治工あたりだろう。夏は、ある程度、投手のコマがないと勝てないので、左右2枚ずつの投手陣を擁する母校・今治西も、ノーシードながらチャンスはある。
西武.jpg ただ、順当に行けば、松山東⇒今治工⇒西条⇒小松⇒松山商⇒宇和島東という順に、いずれも強豪校を撃破しなくちゃならないのでしんどいよねー。(池内、もっといいくじ引けよなー)
 野球で言えば、きのう、ちょっと嬉しいことが。
 早稲田3羽ガラスの1人、西武・大石が楽天戦でプロ初勝利を挙げたこと。
 広島の福井や日ハムの斉藤佑よりもプロ向きと言われていたにもかかわらず、実績で水を開けられてきただけに、中継ぎでの勝ち星ではあったけど、きのうの勝利は浮上のきっかけになるんじゃないかな。
 

Jul07

七夕に願う「1勝」

 雨が降っては止む不安定な天気の中、池袋で買い物をし、学校帰りの娘と待ち合わせてAKBショップへ行き、一緒に劇団四季のミュージカル「アイーダ」を観劇してきた。
アイーダ.jpg 劇団四季は好きで、1年に何回か見に行っているのだけど、「アイーダ」はおすすめ。
 エジプトの若き将軍と、敵国の王女の悲恋が、出演者の抜群の歌唱力と舞台構成で見事に描かれている。広報担当が薦めてくれただけあって、ミュージカルと呼ぶにふさわしい演目だと思った。
 さらに言えば、こうした大人のミュージカルが楽しめるようになった娘は、それこそ大人になったなあと思う。「ライオンキング」がちょうど良かったのに。
演劇博物館.jpg そうそう、今日は早稲田(写真は早大キャンパスの名所、演劇博物館)にも寄ってきた。
 教育学部の事務局で、卒業証明書と成績証明書をもらう。(成績、悪いねえ。学生時代、勉強してなかったんだねえ)
 さらに、政治経済学部の事務局に行き、大学院の修了証明書と成績証明書をゲット。(へっへっへ。オールA=全優だもんね。やるときゃやるんだよ)
 これらを某所に送り、今度こそ私の夢を叶えるぞ! 「アイーダ」の「愛」もいいけど、七夕の願いは、「内定」「合格」「勝利」の2文字がほしい~っ。
 
 
 

Jul05

オリンピック鬱だよぉ

 小沢新党の概要が固まってきた。社民党が早くも政策によって連携を示唆しているので、野田さんにとっては正念場の長い夏になるね。
 そんな中、今日は取材には出ず、ひたすらロンドン五輪の取材の割り振りに没頭中。(ドッヒャー)
ゴリンレスリング.jpg 我々取材陣は3人。1人は英国各地で開催される男女サッカーの試合に割かねばならず、となると、ロンドン市内で同時に行われる競技のカバーが満足にできないことが判明。(ガーン)
 たとえば、7月31日、残る2人のうち、1人が柔道に取られるので、私は体操女子団体決勝⇒卓球女子シングルス準決勝⇒競泳男子200平泳ぎ決勝と回らなければならない。
 8月5日で言えば、1人が女子マラソンの取材に行くと3時間は拘束されるので、私が、射撃⇒体操男子種目別⇒陸上ハンマー投げ決勝&男子100Mと動く必要が出てきてしまうのだ。(ゲロゲロ)
ゴリンタイソウ.jpg もう完璧、オリンピック鬱だよ~。
 レポーターがもう1枚いれば、かなり緩和されるのだけど、これじゃあ、アスリート以上に、ロンドンの街を走り回らなければならない。
 国民としては残念だが、野球とソフトボールがなくて良かったわー。
 これでメダル有力の2種目があったら、確実に「テムズ川で死す」だよぉ。
 明日は、同僚の寺島尚正アナと美人編成部員が、鬱な私の壮行会をやってくれるというので、まあ頑張るとすっかな。

Jul04

LCCは本当に「買い」か?

 きのう、LCC(=ローコストキャリア、格安航空会社)のジェットスター・ジャパンが国内線就航を果たした。 
成田2.jpg 成田(写真)が拠点なのが不便なのと座席幅が少々狭いのを除けば、料金は大手の半額以下。定着すれば、日本の空は大きく変わるよね。
 羽田に空の玄関を奪われたくない成田は、今後、エアアジア・ジャパンをはじめLCCを充実させ、200億円もかけて専用ターミナルまで作る計画だが、「機内サービスは有料」「払い戻しは不可」といったLCCの欠点に加え、便数が少なく、おまけに昨日のように最終便が欠航するトラブルがあるようでは、ビジネスユースには不向き。
夏ハワイ.jpg 狭さとかサービス有料は割り切れば済む。
 ただ、空港での駐機時間を短縮することで儲けを得ているLCCが、さらに価格競争に入れば、現状では問題ない安全性が脅かされるのでは・・・という不安もあるなあ。
 左の写真は、昨夏、ハワイ・オアフ島のホテルの部屋から撮った風景。実は、わが家は今年も夏休みはハワイへ。(ウッシッシ)
 ロンドンから帰国した後、なけなしのお金をはたいて、LCCじゃない航空会社で行く予定。今年は震災自粛ムードが緩和されたせいで、ハワイ線は混んでいて、大学講師時代の教え子で旅行会社に勤務している女の子を拝み倒し、何とか3席分確保した。(ふーっ)
 とはいえ、8月末の夏休みまで、まだ遠いなあ。ロンドンで疲弊し、執筆で忙殺され、場合によっては選挙特番の準備もしてからでないと、常夏の島へは行けない。(くーっ)

Jul03

父が退院しました

 日曜の深夜、愛媛・今治に暮らす父が脳梗塞で緊急入院。78歳と高齢なので、入院すると聞くと心配になる。
jitakuniwa.jpg でも、症状は軽く、言葉もしっかりしているということで、1泊しただけで退院したらしい。まあ、ひと安心かな。
 この写真は、父が心血を注いできた盆栽。サツキ、五葉の松などざっと50鉢以上ある。この間、帰郷したとき撮影したものだ。
 いずれも年季が入ったシロモノなので、私なんぞにはとても管理できない。
 ガーデニングが趣味の私も盆栽は得意じゃないので、父には長生きしてもらって、ちゃんと世話してもらわないと。
 しかし、高齢の両親だけで暮らしているのは心配だなあ。父は心臓も悪いしね。
本気でLONDON.jpg さて、勤務先の文化放送では、ロンドン五輪サイトがオープン。現地では、我々レポーター陣がブログも更新するよ。
 文化放送で検索すれば、すぐサイトが見られる(しかも写真つきで・・・脱いでないけど)ので、ご覧くださいませ!
 ロンドン出張の最中、父に倒れられてもどうしようもできないので、「とにかく元気でいて」と祈るほかないね。
 

Jul02

私も離党したくなっちゃった

 小沢元代表らがついに離党届を出した。数は衆院で38、参院で12。先月29日の当ブログで予想した数字(衆院で40前後、参院で12~15)に近い結果に。
小沢離党.jpg この数は、小沢さんの神通力に翳りが出たことを物語っている。
 土日に数を伸ばせなかったということに加え、土壇場で当選2回組の議員2人が、「私は離党しないよ」会見を開くテイタラク。
 鉄の結束崩壊どころか、詰めの甘さを露呈した小沢新党の先行きは決して明るくない。地域政党と緩やかな連携を目指す"日本版オリーブの木"(=イタリアで最近、こういうのあったよなあ)も、これでは思い通りいくまい。
がんばれ日本.jpg 詰めの甘さ、段取りの悪さでは、私もいい勝負。
 今日、ロンドン五輪を取材する報道陣を対象に説明会が開かれたが、選挙やサミットとは違い、五輪取材は初めてのアタシ・・・飛び交っている用語がチンプンカンプン。
 こりゃ大変だわー。せっかく派遣してもらうのだから、いい現場レポートを、と思う気持ちだけが空回りだよ~。アタシも取材陣から離党したい気分。

Jul01

番組アシスタントって

 私が毎週、出演させていただいている南海放送「木藤たかおの日曜プレスクラブ」から、今日、中塚眞喜子アナ(写真右 ※中央は私、左は木藤さん)が卒業。
RNB1.jpg ラテ兼営局の場合、特に女子アナは、テレビに思い入れが強く、ラジオは二の次というパターンが多い中、ワイド番組での掛け合い、ニュース読み、ナレーション・・・すべてに気持ちを込めて言葉を発する、素敵な喋り手だったなあ、中塚さんは。
 番組のアシスタントって、主役のパーソナリティを立て、ゲストトークを含め、いい雰囲気を醸し出す難しい役。うなづくだけではダメ、さりとて出しゃばっても良くないという厄介なポジションを、見事にこなしてこられただけに、卒業は残念。 
ちんちん.jpg でも会社を辞めるわけじゃないので、無事、ご出産のあとは、さらに様々な見識が深まって、きっと、南海放送にとどまらず、ラジオ界を引っ張っていく女子アナの1人になられるんじゃないかな。
 松山を舞台にした名曲に、新井満さんの「この街で」があるが、その歌詞のように、穏やかな城下町で働き、結婚し、子どもを育てることができるなんて、私にしてみれば、とても羨ましいし、何とも理想的。育休後の中塚アナとの再会を楽しみにしておこう。
 

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.