大人も子供も笑顔になれる社会に 清水克彦公式ホームページ

最新情報

Aug31

吾輩は犬であるⅦ

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。3歳の女の子。今日は、ご主人様の会社の後輩ディレクター、吉野ちゃんがパリに移住するため退社したらしいワン。帰り際、立ち話したらしいけど、「彼女ならやがていい物書きに転身できるだろう」なんてブツブツ。(ねえ、おしっこシート、そろそろ替えて~)
CAJFYZF4.jpg 考えてみれば、ご主人様も、最初の頃は、原稿を書いて出版社に持ち込んでもボツの連続だったみたいだワン。ご主人様こそ、「一生、どじょうで金魚になれない」って思ってたワン。(新しいおしっこシート希望ですぅ)
 それが、いよいよ9月15日に発売になる平凡社新書『政治主導の落とし穴』で25冊目。11月には朝日新聞出版から26冊目よ。(本はいいからシートをちょうだいな)
2cnZCkUFOlchw_3-27017-1-attach-d1.JPG おまけに、5月に出した40代向け本は、丸善オアゾ店で3位、文教堂浜松町店でも4位キープしてる。なんでも、兵庫・伊丹空港の書店では1位だったらしいワン。
 この分だと、もっと上質のおしっこシート買ってもらえるかも。あ、シートの話してたらウンコしたくなっちゃった。(ウンコしたらシート替えろー!!)ブー。うわっ、くせっ。

Aug30

仙谷の勝利、小沢の敗北

「僕らが思い描いた通りになったな」とは昨日の代表選後の岡田さんの弁。野田陣営の顧問を務めた岡田さんと藤村さん、前原陣営の仙谷さん、そして鹿野陣営の大畠さんが連携を強化し、「2位3位連合」どころか「2~4位連合」を形成したことが、今日の野田内閣総理大臣誕生の決め手になった。根回しした仙谷さんは、擁立した前原総理実現はできなかったが、反小沢勢力結集という意味では、誰が2位であっても勝利を手にできたことになる。
野田.JPG 対して小沢さんは自身を含め、海江田さん敗北によって3連敗。オークラ別館12Fを舞台にしたキョーレツな引き剥がし工作が皮肉にも敗北の主因となってしまった。
「ノーサイドにしましょう、もう」と述べた野田さんは、小沢さんと近い輿石さんを幹事長に据えるらしい。代表選での「どじょうは金魚のまねをしてもできない」は、輿石さんから紹介された書家・相田みつをの作品「どじょうが金魚のまねすることねんだよなあ」から引用したもの。
 この配慮で輿石さんを口説き落とした野田さんは、この後の人事で小沢Gや鳩山Gを納得させ、内戦状態を終結させられるか・・・注目したい。
 一方の海江田さんは、秘書からのメールによると「さばさばしている」らしい。無役になって時間ができたら慰労会でも開いてあげようかな。
「経産省の言いなりか?」「泣くなんて政治家としてNG」などの批判もあったが、もともとは経済財政担当。それが与謝野さん入閣で専門外のポストに横滑りさせられただけ。気苦労は閣内で一番だったと思うので、ねぎらってあげたい。

Aug29

逆転で野田総理誕生へ

 1回目の開票結果が発表されたとき、「海江田さんは勝てない」と直感した。野田さんの、このところの討論会での弁舌は明快で、支援の輪が拡大し始めていたので、1回目でWスコアにならないと、海江田さんは厳しいと思っていたからだ。
民主.jpg 決選投票の結果は、215対177。思った以上に、海江田さんは、小沢&鳩山G以外の議員に広がりを欠いた。個人的に、海江田さん自身は親しい方だが、「小沢傀儡」の色が表に出過ぎた。
 対して、野田さんは愚直の政治家である。
 当選回数を重ねても東船橋の駅頭に立ち、自身の主張を訴え続ける政治家で、それだけに、5候補の中でただ1人、耳障りの悪い「増税」を打ち出したのも、その愚直なキャラによるものだと私は思う。
 今後の焦点は人事だが、とにかく今は、反小沢や親小沢と言っている場合ではない。一丸となって復旧復興、円高対策等にあたることができる政治体制を作ることが急務である。
 私としては、合コンに現役の総理を呼べなくなって残念(笑)だが、野田さんは期待する政治家の1人。民主党のために、ではなく、被災地や国民のために頑張ってもらいたい。

Aug28

海江田さんリードで明日の投票へ

 ホテルオークラ別館9Fの海江田選対は、さぞかし活気づいているだろう。小沢Gと鳩山Gが支援を決めたことで基礎票は100を超え、5候補の中ではトップに立っているからだ。海江田さんも1回目の投票で過半数を取るまではいかないので、2位以下連合の行方によっては、予断を許さないが、海江田総理誕生まであと一歩
のところまで来ているのは確かだ。
imageCALR9N7P.jpg 私は過去、2度、足かけ4年にわたり、海江田さんと一緒に仕事をしてきた。中でも浪人中は、政界復帰を果たしたいという思いがヒシヒシと伝わってきて、2009年総選挙で返り咲いたときは、地道な地元活動を知っているだけに、メディアの人間の立場を離れて、「ホントに良かったな」と思ったものだ。
 これは当選後のパーティでの写真だが、来賓を代表して挨拶したのは小沢さんで、もともと小沢さんとは距離を置いてきた海江田さんが親密になっていったのは、このパーティ以降だったと思う。
 それが功を奏するのか裏目に出るのか・・・。政界の頂点である内閣総理大臣に今、もっとも近いのが、何度も一緒に飲み、食事をし、バカ話もし合った、あの海江田万里であることは確かだ。

Aug26

ゲリラ豪雨と永田町

 菅総理が公式に退陣表明。さっそく、野田さん、鹿野さんが代表選に出馬表明した。後はまだわからない。樽床さんは前原さんに乗る? 海江田さんと小沢鋭さんは海江田さんで一本化する? その場合、馬淵さんはどうする?・・・構図がはっきりするのはこれからだ。
CA9THVXI.jpg
 いざ、永田町・・・しかし勤務先の浜松町はゲリラ豪雨。傘があっても出られない状態。
 永田町もきっと今晩はゲリラ豪雨。告示は明日。PRの機会は、明日2時からの日本記者クラブ主催討論会、あさっての中継が入る党主催の討論会しかない超短期決戦・・・それにしても、今回も、親小沢か反小沢かで趨勢が左右されそうな点に、政治の貧しさを感じるなー。

Aug24

着信履歴は議員からでいっぱい

 今日は国会議員やら議員秘書やら電話が多い日だ。こっちが情報収集に、とかけていることもあるが、民主党代表選告示に向けて、議員もメディアも情報収集の最中なのだ。
馬淵.jpg 立候補予定者の1人、馬淵澄夫前国土交通大臣と話をした。いい方である。「前原さんが出て、20人の推薦人は厳しいのでは?」と聞いたら、「毎日、出たり入ったりです」と、独自のグループを持たない候補者の本音が聞かれた。
 立候補予定者は7人。たぶん、20人を集められない候補、他の支持に回る候補が続出するはずなので、実際には3~4人か。
 注目は、小沢Gの動きだが、野田、馬淵、樽床、海江田、鹿野、小沢鋭・・・と6人が名乗りを挙げた時、小沢さんの頭には「該当者」はいなかったのではないか。今日、私には馬淵さんの熱い思いが伝わってきたが、小沢さんの目には、6人が何をやりたいのか釈然としないのではないか。
 きのう、前原Gの大番頭、仙谷さんと会った話が広まっているが、おそらく仙谷さんも同じ思いだったのではないだろうか。
 小沢さんと仙谷さんは「水と油」だが、今度の政権が持つ意味は熟知している政治家同士。7人目として舞台に上がった前原さんが、小沢さんの目に叶うかどうか、そして他の候補がどういう動きを見せるか・・・情報戦はまだまだ続く。

Aug23

吾輩は犬であるⅥ

 吾輩は犬よ。名前はアプリ。3歳の女の子。アタシのご主人さまと前原誠司さんは同い年。飼い主のご主人さまは、アタシから見て、えら~い人だけど、前原さんがなりそうな総理大臣ってどうなのよ。(ゴハン、いっぱいくれるかなぁ?)
CAT8VM7E.jpg ご主人さまったら「野田さん、キビシイなあ。海江田さんもなー」なんてブツブツ言ってるワン。(誰がアタシにゴハン、いっぱいくれるかなぁ?) 
 でも前原さんって脇が甘いんだって? 今日は、「政治生命をかけても・・・」って言ってたし、ご主人さまが気にしている「ゲンパツ問題」とかも、しっかり話してたけど、実力はどうなのかしら。(5年前の偽メール問題ってなーに? アタシで言えば、偽ドッグフード事件みたいなもん?)
 ご主人さまに言わせれば、反中親米の人だそうだけど、争点が小沢処分問題になりかけてた中、「ゲンパツ」の話を取り上げたのだけは偉いわ。
 あとは小沢さんが前原さんて人を応援すれば決まりね。どう? トイ・プードルだって甘くみないでね、ちゃんと政治を語れるのよ! なんて力んで言ってみたら、ウンコしたくなっちゃったワン。 ニュースの前に済ませちゃうワン。ブー。

Aug22

スイカのない夏

 番組リスナープレゼント用に、と、北海道・当麻町から取り寄せた超高級スイカ"でんすけすいか"が2個、私のデスクに届いた。(美味しそう・・・黒光りしておるわ)
CAZO0BY2.jpg 考えてみれば、この夏、スイカを食べてない。あれだけ猛暑日が続いたのに。
 縞がない独特の色をしている"でんすけすいか"も、もう季節的には最後。普通のスイカだってそろそろ終わり。(さびしいなー。原発と高校野球と執筆活動に熱中するあまり、食べるの忘れたーっ・・・泣) 
 今日は、日中、日本橋や新宿でリスナーへのプレゼント探し。途中、大手書店をのぞいたら、5月に出した『40代 あなたが今やるべきこと』(中経文庫)は、依然、丸善で3位、文教堂で4位。ありがとー!
 原発問題等で迷走した国会とマスメディアの問題点を書き綴った著書、『「政治主導の落とし穴~立法しない議員、伝えないメディア』(平凡社新書)は今日が校了。来月15日には店頭に並ぶ。(読んでねー) 
 そして、今、初校ゲラのチェックが終わった原稿も、11月に朝日新聞から発売になる。(これも見てねー)
 しかし、スイカと本にかまけてらんない。今週後半から永田町取材と新番組の準備で忙しくなる。(やっぱり、モチベ上げるために、1個くらいスイカ食べたいなー)
 

Aug21

twitter不要論

 きのうわが家に届けられた「新潮45」9月号に、前内閣府特命大臣、蓮舫首相補佐官の記事が掲載されていた。「メディアの風向きは一気に変わる」と題した記事には、なでしこ祝辞でtwitterが炎上したこと、140字という制限の中でつぶやくtwitterは議論を挑むような場ではないこと、蓮舫氏自身、twitterを「感覚をつぶやくもの」としてとらえていること等がつづられている。
top2010.png 私自身、twitterはやらない。オバマ大統領や鳩山元総理ほか要人がtwitterでメッセージを発するようになり、フリーのジャーナリストがマスメディアでは報じられない情報を流してくれているので、情報源の1つとして大切なものとしてとらえているが、有名人の一挙手一投足まで面白おかしくツイートされてしまう現状や、炎上までしてしまう状況を思えば、自分では到底やる気にはなれない。
 特に政治家がtwitterでメッセージを発信するようになって言葉が軽くなった。文化人やジャーナリスト、タレントや我々一般人がtwitterをやる分には、「どうぞご自由に!」だが、政治家だけはtwitterなんぞに手を染めて欲しくない。

Aug19

セシウム除染にはエビがいい

 民主党代表選・・・海江田さんが鳩山さんや小沢さんに支援を要請。「泣く大臣なんて総理としてはひ弱い」などといった批判もあるが、年齢も考え勝負に出たのだろう。それにしても、候補者乱立の雲行き。20人の推薦がなければ出馬できないので、最終的に何人に絞られるか・・・。
 永田町の政争をよそに、今日も関東地方は、通常より高い放射線量が計測された。私が住むさいたま市も0.063マイクロシーベルトだったそうだ。各自治体で行われているコメに対する検査でも、茨城・鉾田の玄米から微量とはいえセシウムが検出されたらしい。
DpQhmj8isKbhM_3-28036-1-attach-d3.jpg そこでエビである。今日は夜九時半から収録があり、夕方、有楽町で映画を見て時間を潰し、エビの卵とじ定食を食べて、今、会社に戻ってきた。(朝4時から出社してるから、もういい加減疲れたよ~)
 なぜ、エビなのか、だが、今朝、番組出演した医師が、「りんご、エビ、カニ、ワカメ、ビールが、放射性セシウム除染にいい」と語っていたから。
 微量とはいえ、吸収するよりはしないほうがいい。万一、体内に入っても、りんごやエビを食べると、セシウムともども排出してくれるというので、さっそく食べてみたのだ。
 残念ながら、こんなところにもナーバスにならなきゃいけない生活は当面続く。誰が総理になっても、バラマキ4Kなんてどうでもいいし、大連立だろうと何だろうと構わないから、まず、福島第1原発から今なお出ている放射性物質を止めてくれ!
 

Aug18

節電の必要はないけどラジオを聴いて!

 首都圏や関西圏では、連日、「でんき予報」なるものがテレビ等で流れている。一時、電力不足に陥りかけた東北電力を東京電力からの融通によってサポートできたように、実は電力受給には余裕があり、節電は「ねっ?だからやっぱり原発は必要でしょ?」という原子力ムラからのブラフ(=脅し)のようなものと考えるべきだ。関電管内の堺の火力発電所のトラブルだって、「だからピンチ」と額面どおり受け取っていいものかどうか・・・。
 そんなわけで、節電に神経質になる必要はないというのが私の思いだが、節電自体は、原発問題うんぬんに関わらず悪いことではないのでオススメするのが、「テレビしか見ないという人も、たまにはラジオも聴いて!」である。
 私がプロデューサーを務めている文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」では、パーソナリティ以下、スタッフの総力で、来週、『原発のウソ、そしてホントの話』をシリーズで放送する体制が整った。
 京大の小出裕章先生、自民党の河野太郎さん、立命館大学の安斎郁郎先生、そして、脱原発でアクティブな動きを見せる俳優の山本太郎さん、民主党代表選への出馬に意欲を見せる馬淵澄夫前国交相・・・とちょっとすごい顔触れ。今からお目にかかれるのが楽しみだ。
 このブログは組織を離れた立場で書いているメッセージなので、滅多に担当番組のPRをすることはないが、ホント、すごいので首都圏エリアの方は、是非、来週22日~26日の朝は文化放送を聴いてね!
 
 

Aug17

わが家でクマゼミが鳴く日

 職場がある東京・浜松町には、芝離宮という庭園がある。そこで今日、「シャア、シャア」と鳴くクマゼミの声を聞いた。
くま.jpg 近年では、関東南部でもクマゼミの生息が確認されているが、基本的には西日本に生息するセミだ。それが、東京でも普通に聴けるとは、日本もホントに亜熱帯化してしまったということか・・・。
CA9WGUUL.jpg これは、わが家の南庭の植栽スペース。過去、庭を訪ねてきたのは、アブラゼミとツクツクホウシだけ。ミンミンゼミやヒグラシは、たまに挨拶に来るが、いまだかつてクマゼミの訪問はない。しかし、温暖化が進行し、35℃以上の猛暑日が長く続けば、あの「シャア、シャア」という鳴き声が庭先から聴こえてくるのもそう遠くはあるまい。
 猛暑日と言うなら、永田町も寒(=菅)気が去ると決まってから、いきなり酷暑になってきたよ! 民主党代表選については、また後日ね!! クマゼミは「シャア、シャア」、政治家は「イケシャアシャア」と鳴きます・・・。


Aug16

食と放射性物質

 このところ、連日、番組宛に「福島県産の桃」やら「茨城県産の梨」が送られてくる。どれも美味しそうなものばかりだが、今年の特徴は、段ボールを開封すると知事等の署名入りで、付着している放射性物質が暫定基準値以下であったことを示す証明書が同封されていることだ。今のご時世、風評被害を招かないためには大事なことには違いないが、「戦艦大和は沈まない」などと同様、曖昧な安全神話で原発を誘導してきた自民党政権時代を含めた政治と原子力ムラへの怒りも禁じえない。
CAM2KEHH.jpg ここは近海で獲れた魚をネタに繁盛してきた、やや高めの寿司店。お盆最終日とあって今日も満員。「輸入ものが多い100円回転寿司より安全だろう」ということで通い始めた店だが、今は果たしてどうなのかと考えてしまう。
 それは、まもなく出回る新米もそう。首都圏では古米に人気殺到。各県でもチェックするというが、秋には放射性物質の問題で、ちょっとした「平成のコメ騒動」が起きそう。
 そんな中、北海道の泊原発3号機が、営業運転再開になる見込みとか。最初は抵抗していたかのように見えた高橋知事が容認に転じたのは、やはり経産省出身だからか。まだ一報は目にしていないが、もし再開となれば、ドイツをはじめとする脱原発の世界の潮流に、原発事故を引き起こした当事者の日本だけが逆行するという醜態をさらすことになってしまう。

Aug15

「熱闘甲子園」より「暗闘永田町」

 全国高校野球選手権大会10日目、第4試合の智弁学園-横浜は面白かった。1-4と3点をリードされ、ゲームの流れから言っても完全に負け試合の智弁学園が、9回に怒涛の8得点。
 今大会は、各校の力が接近し、9回になってもつれる試合が多いが、智弁のミラクルは、その中でも特筆すべきものだ。
 さて、舞台は永田町だ。ポスト菅をめぐる民主党各グループの動きが活発化する中、私の焦点は、海江田さんがいつ大臣を辞するか&本当に野田さんが本命なのか、という点。
 インドネシアから帰国した海江田さん、すでに辞め時を失ったという声もある中、それでも菅内閣総辞職前に辞任すれば、男の意地は立つ。小沢&鳩山Gが、誰を推すか決めかねているなら一気に候補に浮上する目もまだある。
 一方の野田さん。大連立構想に岡田さんや前原さんも同調したことで、今日現在は大本命。しかし、財政再建で増税を明言し、マニフェストの見直しに言及したことで、小沢&鳩山Gの大半は、野田さん以外を支持するはず。
 そうなると、永田町で、甲子園の智弁学園以上の思わぬミラクルが起きる可能性もある。今日、甲子園では徳島商が負け、四国勢は全滅しちゃったし、これからは「熱闘甲子園」だけでなく「暗闘永田町」にも足を運ぶようにするかな。

Aug14

私の甲子園

 きのうは執筆とお墓参り、今日は執筆と南海放送出演と甲子園TV観戦でお盆を過ごした。高校野球は、今日も3試合ともいい試合! 出ている学校の多くは、いわゆる野球エリート校だけど、いいね、やっぱり高校野球は・・・。
CAZ8ZHWD.jpg ラジオでは何度か話しているんだけど、執筆→出版は、私にとって甲子園。概して言えば、本を出すには、編集者→編集会議→営業会議→役員決裁と、出版社の中で予選を勝ち抜かなければならず、売れそうにないもの、企画内容がイマイチなものは、その予選の過程で振り落とされていく。
 それらを勝ち抜いて本になり、店頭に並べば「甲子園出場」。初版で終われば初戦敗退、重版になれば校歌が歌え、5万部超えで3回戦進出、10万部いけばベスト8進出・・・といったイメージだ。ミリオンセラーになれば深紅の優勝旗ということに。
 私は過去に24回出場(=24冊出版)。これは母校・今治西の23回(春12回/夏11回)を上回る。来月出る政治本が25回目、今、書いている原稿が、たぶん27回目の出場に相当する作品になるが、甲子園と同様、書き上げるまでに精魂使い果たし、出してからも初戦突破は甘くない。
 ただ、「まえがき」と目次ができれば、家で言う基礎と骨組みが出来上がったことになるので半分書けた気分になる。今度の作品は、完成すれば220Pくらいの文庫になる予定だが、今日で60Pまできた。ここまで来れば、あとは流れに乗って書ける。とはいえ、野球同様、完成までには何度かピンチを迎えるので、けっして楽な作業じゃない。
 それでも私は甲子園を目指す。27回、28回・・・と出場を目指す。嬉しいことに新作を待っててくれる読者も増えてきたようなので、毎日コツコツ書いていこうと思っている。目標はいつも「全国制覇」!!

Aug12

いつまでもデブと思うなよⅩ

 このところ、後輩ディレクター宇野クンの机に何も置かれなくなった(それどころか、胃腸薬の「わかもと」が置かれてる・・・まだ若いのに)のでお休みしていた金曜恒例のコーナー。今日もお休みかと思いきや、フリーのディレクターさんとチキンタツタを袋から取り出している宇野クンの後姿をはっけ~ん!
CA78X9IH.jpg 「宇野クン、キミの肩越しに写メ撮っていい?」と聞く私。「いいっすよ」と訳も聞かず快諾してくれた宇野クン。しかし、フレンチフライのいい香りに、「1本ちょうだい」と言いたくなる金曜の昼下がり。
(あ~、宇野のやつ、いきなりチキンタツタにかぶりつきやがったなー)(写メ撮ってる最中にブレるじゃねえか)(しかしキミぃ、「わかもと」常飲しながらマックランチたぁ、どういう了見だい? 太るよぉ)
 私も宇野クンのことは言えない。春以降、ちっとも痩せにゃい。今はハワイ焼け&甲子園焼けで色黒のためゴマカシが効いてるけど、色が褪めたらデブだよ~っ。(今夜も食後にアンデスメロン食べちゃった)(土日、フツーに食べるとまたデブるなー) いつになったら、伊勢丹のデブ専売り場を卒業できるやら・・・。
 

Aug11

動き始めた政局

 菅総理がきのう公式に退陣に言及したことで、永田町界隈は急速に「ポスト菅」をめぐる民主党各グループの動きが活発化した。
 すでに月刊「文藝春秋」で前向きな意向を表明した野田さんと馬淵さんに加え、鹿野さん、前原さん、樽床さん、小沢鋭さんも民主党代表選への出馬を検討している。
 今度の代表選は、「震災復興や原発に替わるエネルギーにメドをつけ」、「ねじれ国会の中で自民公明からもある程度信任が得られ」、「財政問題できちんと手を打てる」総理大臣を選ぶレースになる。
 それを、特例公債法案や再生エネ法案が成立した後、三日程度の論戦で決めていいのかという問題もあるが、実質的にお盆明けには臨戦態勢に入っていくことになるだろう。
 誰が立とうと注目していただきたいのは、財政問題に対する考え方だ。震災復興や原発問題に関しては、どの候補もほぼ同じ考え方のはずなので、大きく異なるとすれば「増税するか否か」という問題になるからだ。
 増税に言及するのは、おそらく野田さんくらいだろうが、日本を第二のギリシャやアメリカにしないために何が必要なのか、各候補の主張には注目しておこう。
 
 

Aug09

あの総選挙は何だったのか?

 菅総理退陣3条件のうち2次補正はすでに成立。残るは特例公債法案と再生エネルギー法案の2つになった。今国会の会期は月末までなので、民主党としては、2つとも今週中に衆院を通過させたいところ。
 当然、自民公明の協力が不可欠になるが、民主党は今日、与野党協議で、バラマキ4Kのうち、すでに廃止を打ち出した子ども手当てに続き、高校無償化など3Kについても見直すことを飲んだ。
CA123QR0.jpg 「あの総選挙は何だったのか?」と右の写真(自由報道協会会見、金田千里氏撮影)の方の怒りが聞こえてきそうだが、ここまで修正した以上、国民に説明する責務があると思うのは私も同じ。
 マニフェストは万能ではなく時代の趨勢とともに修正はやむをえないと思うが、このバラマキ4Kに踊らされて投票した有権者を思い、自民党が下野することになった歴史的意義を考えれば、「特例公債法案を通すために引っ込めました」では済まされない。また、うやむやにしてしまえば、選挙までの公約が当たり前だった時代と、マニフェストを掲げて政権選択を問うようになった今の時代と何の違いもなかったことになりかねない。
 政治が迷走している間に、円はロンドン市場で76円まで進んでいる。きのうのG7会議も、結局は言いだしっぺがイタリアで、欧州の財政問題が主要議題だったために、円ドル相場に変化なし。底なし沼の状態だ。世界同時株安も心配。日本の無策をあざ笑うように、世界経済は悪化の一途をたどっているように見える。

Aug08

「非日常」の大切さ

 先月、ハワイに出かけ、週末、関西へと出かけたことで、自分の中に少し変化が生まれた。先月前半から中盤にかけて続いていた得体の知れない不調を脱したのだ。
 これは、オアフの青い海、甲子園球場の熱気という「非日常」を重ねて体験したことが大きい。
Nature1-012.jpg 私は子どもの頃、あまり遠出をした記憶がない。両親はよく車で松山には連れて行ってくれたが、松山城も道後温泉も、見慣れてしまった私からすれば「日常」の延長でしかなかった。
 別に「もっと遠い所へ連れて行ってほしかった」と言っているのではない。旅の醍醐味は距離でも費やした時間でもない。「非日常」があるかないかだと思う。私の場合、ハワイも関西も遠出の範疇に入るが、近距離で短時間であっても、「非日常」があり、見たことのない風景に心躍る場面があれば、気持ちはかなりリフレッシュされることだろう。
 もうすぐお盆休みが始まる。ストレス社会に生きるご同輩の皆さん、わずかな時間でも「非日常」を経験することで、心を休めていただきたい。
 こっちは、番組制作のルーティンワーク、新番組の準備、頼まれている3冊の執筆・・・とすっかり「日常」に戻っちゃったよー。

Aug07

良くやった花巻東

 昨日の甲子園の疲れから、今日は自宅でのんびり。と言っても、午前11時からは南海放送に出演し、その前後は、政治本の再校ゲラをチェックするなどして過ごした。
CABLWIUH.jpg 合間に、一回戦で注目していた花巻東-帝京戦をTV観戦。強打の帝京に先行され、走塁妨害など不本意なジャッジを受けながらも、食らいついていく花巻東打線の粘り強さは実に見事だった。
 3度にわたる同点劇を演出したのは、「とにかく次打者につなごう」という意識だ。今大会は震災復興を意識し、各選手が「がんばろう日本」と書かれたステッカーをヘルメットに貼り、大会自体も「つながる」をテーマにしているが、強豪・帝京を相手に健闘した花巻東は、被災地の代表校として、岩手をはじめとする各県の人々に何かを感じさせる試合運びだったと思う。
 

Aug06

夏が終わった・・・

 健大高崎は思った以上に強かった。打者が思い切り良く、鋭く振り抜いた打球が残念なことにことごとく今治西の内野の頭を越えた。それでも勝ち試合に持ち込んでいただけに、最終回の守りは悔いが残る。
CA9MS7B9.jpg 朝7時すぎに乗り込んだ甲子園。「卒業生です」と伝えるとアルプス席のチケットがもらえ、未明に今治を出発したという同期のご家族と開会式から観戦した。開幕試合は、式典も見られるので感動が二倍になる。
 試合は負けたが、今年は思ってもみなかった甲子園。こうして応援でき、開会式を見られただけでも、後輩達に感謝である。
CAYUZ119.jpg
 とはいえ、またしても愛媛と全国の差を痛感させられた。かつて野球王国と言われ、今なお夏の甲子園で最高勝率を誇る愛媛も、今は他県に学ぶ時代を迎えている。このところ初戦負けが続いているが、それは明らかに投手力と打撃力の差である。
 コストがかかることだけに、できることは限られているかもしれないが、狭い四国の中で「強い」「弱い」を競っているだけではなく、投手は180センチ以上あって140キロ以上を投げるのが当たり前の関東や関西の有力校とどんどん試合をして、自分たちが弱いことを肌で感じるところから始めてもらいたい。選手権である以上、勝負である。参加できるだけでも立派だが、それで終わらせてはいけない。

Aug04

「政治主導」の落とし穴、最終ゲラ

 今日は、京都大学原子力実験所の小出裕章先生が衆院会館で講演されるというのに、新番組の準備等で行けず、残念だった。
 帰宅してみると平凡社から宅配便が。来月15日に発売になる『「政治主導」の落とし穴~立法しない議員、伝えないメディア』の再校ゲラが届いたのだ。
2011080420590000.jpg お盆明けに菅さんを取り巻く情勢がどうなるか分からず、そこまで織り込めないのが、新聞や週刊誌などと違って書籍の悩ましいところだが、これまで政治記者としてやってきた自分なりの力は、ほぼ注ぎ込めたかなと思っている。発売されたら、是非、お読みくださいねー! 平凡社新書で780円だからねー!
2cnZCkUFOlchw_3-27017-1-attach-d1.JPG 既刊の『40代あなたが今やるべきこと』も依然として好調。文教堂で文庫ランク3位、丸善で同5位と衰えていないのは、ホントにありがたい。原因不明の不調から脱した私は、おとといから、来年1月に発売するPHP文庫の執筆に入った。これもベストを尽くしたい。
「ベストを尽くす」と言えば夏の高校野球。(かなり強引な持っていき方かぁ)やっぱり現場で後輩たちの活躍を見ようと、明日、仕事終わりで大阪に向かう。あさって土曜は開会式から堪能して、試合後は校歌を歌ってくる! 
 

Aug03

健大高崎?開幕試合?

 今週は、政治への関心が薄い。毎日、全国高校野球選手権大会に出場する各校の戦力分析ばっかりやってるから。(そんなことしたって今治西には何のプラスにもならないのにネ!)
 今日の組み合わせ抽選会。今治西の相手は群馬の健大高崎、しかも開会式後のオープニングゲームに決まった。(まさかでしょ? しかし注目度は高いか・・・)
 相手の健大高崎は継投策で勝ち上がってきたチーム。機動力がありコツコツ打ってくる打線が特徴。しかも、妻の地元、高崎の学校。(絶対負けられないな。去年、宇和島東が前橋商に負けた時も、妻は勝ち誇った顔だったもんなー)
 今治西も継投策でノーシードから勝ち上がった点は全く同じ。ただ、甲子園経験組が、レギュラー陣に、見乗、合田、林、有友と四人いる分、緊張する開幕試合では有利か。(妻の地元の高校だけには負けられんゾー)
 四国勢では、明徳が北海、英明が糸満、徳島商が藤代。まあ、明徳は事実上、大阪代表みたいなもんだが、英明と徳島商にも初戦突破してもらいたい。
 さて、問題は甲子園に乗り込むかどうか、だな。(ハワイで全財産使い果たしたばっかりだからなー)(もし健大に勝てば次は12日に対横浜か・・・雨でもし流れると二回戦もいい具合に土曜。じゃあそこで行くか)
 などと考えているから、政治に目が向かない。対戦相手が決まったら決まったで、今度は健大高崎の分析。(そんなことしたって今治西には何のプラスにもならないのにネ!) わかっちゃいるけど、やめられない♪

Aug02

祝!なでしこ国民栄誉賞

 サッカー女子W杯で優勝した「なでしこジャパン」に国民栄誉賞が贈られることになった。澤穂希選手も「大変光栄」とコメントしているようだし、喜ばしいニュースではある。
 しかし、団体の受賞は初めて。しかも王貞治さんのように引退後や、森繁久弥さんのように故人に贈られることが多かった賞が、18歳の岩渕選手をはじめ若い現役選手に贈られるというのはどうなのだろう。菅内閣の政権浮揚策の匂いがどうしても付きまとう。
 もちろん、「なでしこジャパン」の皆さんには「おめでとう!だ」。佐々木監督以下、これを励みに厳しいロンドン五輪予選の戦いに臨んでいただきたい。
 さて、スポーツで言えば、いよいよ明日は全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選が行われる。我が今治西は、日刊スポーツの評価では「C」(泣)。優勝候補とは言わないまでも、最低の「C」評価はムカつくわー。
 すべての地区大会をチェックしているわけではないが、日大三、帝京の東京勢に被災地・福島の聖光学院、福岡の九州国際大付あたりは強い。他にも剛腕投手のいる金沢や唐津商も一回戦では避けたい。まあ、どこと当たっても後輩たちならやってくれるだろう。
 原発不安に国会迷走、それに円高と聞こえてくる話は何一ついい話がないが、これから甲子園、世界陸上、W杯予選等のスポーツ大会はいずれも楽しみである。
 

Aug01

それでも円高は続く・・・

 1ドル=76円台と史上最高値に迫った円は、アメリカの民主共和両党が債務上限の引き上げに合意し、「借金払えないよ~」となる前に国債発行に目鼻をつけた後も、依然として78円台で推移しているようだ。
 これによって、オバマ政権は、大統領選が終了するまで辛うじてデフォルト(=債務不履行)から逃れられることになったが、まだまだ予断を許さない状態と言えるだろう。
2011080120550000.JPG ドル安円高の最大の当事者はアメリカだが、日本も、先週、菅さんが「注視する」(=つまりは見ているだけで介入しない)と発言するなど、問題意識がどうかしている。野田財務大臣も、被災地復興や輸出産業に大きなダメージがある現状に対する危機意識が、その言動から伝わってこない。
 こうなれば、もう円高メリットを享受するっきゃないと、銀行へドル買いに出かけてみると、軒並み売り切れ、もしくは2時間待ち(泣)。誰もが考えることは同じかぁ。明日こそは1000万円分くらい換えてくるか・・・(ブログで見栄はるなー)

TOP | 最新情報 | プロフィール | 出版書籍 | リンク
メールはこちら
Copyright © shimizu katsuhiko right reserved.